えいぶ ゆう さん プロフィール

  •  
えいぶ ゆうさん: 日々物見遊山
ハンドル名えいぶ ゆう さん
ブログタイトル日々物見遊山
ブログURLhttp://monomiyusan.seesaa.net/
サイト紹介文貯めた金で週末を活かして日本各地を旅してます。過去に行ってきた場所も順次アップしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/02/29 01:26

えいぶ ゆう さんのブログ記事

  • 穴場なのに何度でも行きたくなる!鎌倉「花の寺」光則寺
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==穴場なのに何度でも行きたくなる!鎌倉「花の寺」光則寺鎌倉にある「光則寺」は、数々の自然美をあわせもつ鎌倉寺院の中でも、境内の草木の種類が他の寺院よりも圧倒的に多く(約200種類超え)、「花の寺」と呼ばれています。季節ごとに彩りの異なる花が咲き、通年を通 [続きを読む]
  • ハワイアンズ 決死の給水
  • 極寒の屋外プールまでの距離をダッシュし、「もうここからテコでもでないもんね!」と必死な人々の隙間をぬって、自分もようやく暖かい湯船につかった。悲鳴をあげるほどの寒さの中を、濡れた水着で走ってきたものだから、その体感温度はすさまじいものだった。今思えば、このプールからでなければよかった・・・もし何らかの理由で事故にあうとしてら、凍死とかは絶対にいやだなあ・・・と思うものであった。一旦湯船に入れば、最 [続きを読む]
  • 「鎌倉」の語源はここにあり。鎌倉「浄妙寺」に残る御由緒を探る旅
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==「鎌倉」の語源はここにあり。鎌倉「浄妙寺」に残る御由緒を探る旅日本有数の観光地である鎌倉。鎌倉幕府によって多くの寺院が立ち並び、一大都市として栄えたました。その鎌倉は、もともとどういう由来で「鎌倉」という地名になったのかご存知ですか?いくつかいわれ [続きを読む]
  • ハワイアンズ 猛烈ダッシュの屋外プール
  • 幽閉塔のようなジャグジーを離れて、らせん階段をどんどん進むと、また少し開けた区画にでた。さっきのやたら閉鎖感の強い風呂場にくらべて、やったら解放感がある。そんなに広くはないが、こっちは全面的に窓なんである。そういえば、さっきのところは、まったく窓なんてなかったんだなあ。と初めて気づいた。窓のそばには、小さなプールがあって、既に数人がヘリに腰かけて、窓の外を見ている。窓には一か所だけ、ビニールっぽい [続きを読む]
  • ハワイアンズ 幽閉感覚の屋内ジャグジー
  • メインとなる屋内プールゾーンは、3つのウォータースライダーが設置されているためか、非常に天井が高い。屋内型の野球場みたいな感覚である。もっと大きなプールがメインなのだが撮り忘れたのだ。その高さを生かして、他の建物との連結路は2階にあり、ビーチサンダルを履いて、プールエリアの上にはられた通路を歩いていく。自分が歩いているところの真下の空間がプールとして使われてるわけだから、なんとなく中途半端に空中に浮 [続きを読む]
  • どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなのか、はっきりとわかっていない不思議な存在で [続きを読む]
  • ハワイアンズ サメと一緒に流れるプール
  • ついにプールである。300円で、たいぶ前に買っておいた浮輪もしっかり持参している。ここは流れるプールがあるから、しばらく流れに身をまかせてプ力プ力するのだ。うふふふふ。浮輪持参の客が大量にやってくる施設であるから、さすがに準備がよく口ッ力ー近くのプールエリアには、天井からホースが数本垂れていて、それが空気入れのようであった。空気入れが数本天井からだらりと垂れていた空気入れを浮わに取り付けると、ぷうぷ [続きを読む]
  • 一度は訪れたい!コーヒーの香り薫るアメリカ・シアトルを満喫しよう
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==一度は訪れたい!コーヒーの香り薫るアメリカ・シアトルを満喫しよう米国シアトルと言えばコーヒー!というほど、街のそこかしこにコーヒー店があります。意外だと思いますが、シアト [続きを読む]
  • 八丈島の神秘「唐滝」と「硫黄沼」を訪れるトレッキングルート完全ガイド
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==八丈島の神秘「唐滝」と「硫黄沼」を訪れるトレッキングルート完全ガイド羽田から小1時間のフライトで行くことのできる離島、八丈島。火山によって作られた八丈島には、豊かな自然を眺 [続きを読む]
  • ハンモックで最高の昼寝を〜首都圏から一番近い離島・静岡「初島」
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==ハンモックで最高の昼寝を〜首都圏から一番近い離島・静岡「初島」首都圏からちょっと気軽に、離島でスローな島時間を満喫してみたくはありませんか?「首都圏から一番近い離島」と呼 [続きを読む]
  • ハワイアンズ ふにゃふにゃほへ〜んのフロント
  • 行きのバスが、現地に到着すると、山のもともの地形ののままに建物をたてたのか、建物と建物の間には、人の足では結構な勾配に感じる坂が広がっていた。建物は、ハワイアンズそのものとその周りにホテルが3棟建っている。部屋のタイプや値段などいろいろ異なるが、でれもすべてハワイアンズのために作られたホテルなのだ。バスはハワイアンズとそのホテルが取り囲む勾配の中に、よっこいしょうと減速しながら走りこんできた。バス [続きを読む]
  • マジでタダで連れてってくれるんですかい?の疑惑のハワイアンズ
  • ちょっとした休みになった。世間は平日だが、会社の休みがあって、予期せず(他の人は当然知っていたのだが、自分は会社が定めたカレンダーをちゃんと見ていなかっただけなのだ)3連休となった。世間休み!行く!どこか!とカタコトになるくらい興奮した末に「どっか行くか!」と思ったわけだが、ハテどこ行くか、という問題にぶち当たった。3連休である。3日間フルで旅行するには、いさかか体力と気力が無いし(以前は、それだ [続きを読む]
  • 本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉 [続きを読む]
  • こんな景色はじめて!砂浜じゃなくサンゴ浜。波照間島の毛ビーチ
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==こんな景色はじめて!砂浜じゃなくサンゴ浜。波照間島の毛ビーチ南の島といえば、どのような風景を想像しますか?エメラルドグリーンに光る穏やかな海、ぬくもりのある柔らかい潮風、 [続きを読む]
  • 絶対にキレイな写真を撮りたい☆アラスカ天空にゆらめくオーロラ
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==絶対にキレイな写真を撮りたい☆アラスカ天空にゆらめくオーロラ見上げれば、光のカーテンが漆黒の夜空にゆらゆらと躍る。そんなオーロラを一生に一度は見てみたい!と思うものの、気 [続きを読む]
  • 昼寝鳥の龍安寺
  • 次に龍安寺に向かった。と思うのだが、ちょっと記憶が薄れてきてどういう順序で行ったか思い出せなくなってきた。というのも、京都には世界遺産に認定された寺院がたくさんあるわけで、たった2泊3日という限られた時間内で勝負しなければならないから、こっちも詰め込めるだけ詰め込んで、あたあたと息切れしながら観光している。で、本末転倒なのだが、焦って「はやくはやく、つぎつぎ」と見ているから結構いろんなところを覚え [続きを読む]
  • 枯山水的な銀閣寺
  • 金閣寺の次は当然、銀閣寺だ。こっちにも金閣寺ほどではないが、やはり外国人観光客が圧倒的に多い。 まあ、「金」と「銀」だから必ずセットで行くよなあ。Gold and Silver なわけだが、シルバ ーは「するばー」と言ったほうが、それっぽいということを銀閣寺を訪れていた他の観光客の会話を盗み聞きして知る。リピートアプタミ一、スルバー。さて、金閣寺と同じように銀閣寺もチケットカウンターで所定の金額を払うと、お礼状の入 [続きを読む]
  • 禅を知るならココに行け!鎌倉の荘厳な禅寺「建長寺」
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で旅行記事を書いてます。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。最近UPした記事はこちらです↓==ご紹介==禅を知るならココに行け!鎌倉の荘厳な禅寺「建長寺」たくさんのお由緒ある寺院が立ち並ぶ古都鎌倉。そんな寺院のなかでも「鎌倉五山」と呼ばれるお寺をご存知でしょうか?鎌倉時代に [続きを読む]
  • トラベルライターアワード2016編集部特別賞を賜りました。
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」に旅行記事を寄稿しています。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてます。どれだけマジメに書いたかっていうと、「トラベルライターアワード2016」で編集部特別賞を賜りました。いえーい。ここに謹んでご報告させていただきます。「精力的に記事を執筆いただいているえいぶゆう/TossyPhotoさんを編集部特別賞に選ばせていただきました。なにより [続きを読む]
  • 大量写真撮影の金閣寺
  • 金閣寺。金の閣の寺である。だいたい「閣」って何なのだ?辞書を見てみたら、「見晴らし台など、高く構えた場所」「政治を司るところ(内閣など)」とある。金閣寺をググってみたら、かつては政治の中枢のすべてが集約されていた、とかいう記述もあるから、 「政治を司るところ」の「閣」なんだろう。でも見晴らしもいいから、両方の意味なのかもしれない。とにかく金閣寺である。さすが金閣寺、きんきらの外観は誰が見てもわかりや [続きを読む]
  • 鎌倉の水の寺で大人の静寂を楽しもう「海蔵寺」
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」に記事を寄稿しています。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。==ご紹介==鎌倉の水の寺で大人の静寂を楽しもう「海蔵寺」鎌倉にある海蔵寺は通称「花の寺」や「水の寺」と呼ばれ、ゆったりと自然を楽しむ人々に人気のお寺です。常に観光客で賑わう鎌倉駅から少し足を延ばすだけで、すがす [続きを読む]
  • 鎌倉の恋の神様にご縁を願おう「葛原岡神社」
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」に記事を寄稿しています。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。==ご紹介==鎌倉の恋の神様にご縁を願おう「葛原岡神社」鎌倉の縁結びの神様として女性参拝者に人気なのが、「葛原岡神社」。縁結びのご利益を持つ神様はたくさんいらっしゃいますが、女性に人気なのは、至る所に女子力を高め [続きを読む]
  • 鎌倉で脅威の出世運を願うならココ!「佐助稲荷神社」
  • Web旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」に記事を寄稿しています。本ブログはダラダラした感じで書いてますが、もうちょっとマジメに書いてますので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。==ご紹介==鎌倉で脅威の出世運を願うならココ!「佐助稲荷神社」数々の有名な神社仏閣が密集する武家の古都・鎌倉。そんな鎌倉の中でも最強の出世運を誇る「佐助稲荷神社」。歴史上の超有名人をメキメキと出世させた実力を持 [続きを読む]