美咲 さん プロフィール

  •  
美咲さん: 禁断の恋の虜になった私たち
ハンドル名美咲 さん
ブログタイトル禁断の恋の虜になった私たち
ブログURLhttp://lovewithyou123.blog.fc2.com/
サイト紹介文遠距離恋愛中のふたり…それは不倫の恋だった…離れているからこそ大切なお互いの気持ち
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/02/29 23:44

美咲 さんのブログ記事

  • お久しぶりです?
  • 美咲と優也の禁断の出会い・・・お互いにパートナーがいるけれど、心はパートナーの元にはなかった・・・そんなことはふたりも分かっていたし、だからこそ、美咲と優也は愛し合えたのかもしれない。会えば微笑み合い、じゃれあい?もちろん体の関係も、ふたりにとってはお互いの愛を確かめる手段だった!美咲 「優也? ホテル行きたい?」今日のデートの予定は、食事をして夜景を観て・・・会える時間が数時間しかなかったので、 [続きを読む]
  • 第62話 とろけるようなキスを…
  • 一押し女優KAORIさんの一押し動の画です。KAORIさんは美咲のイメージそのものなのでドキドキします?男の人が求める理想…胸とおしりのメリハリ…グラマーなスタイルとエッチな表情を持っている女性です?このビデオでは、KAORIさんの色っぽさが随所に表現されて、特にお風呂場のシーンで、義息のモノを握る表情と触り方が色っぽ過ぎます??嫁の母親に中出ししてしまった KAORIKAORI〜 前回の続き 〜美咲「あ、ああああ・・・ [続きを読む]
  • 第61話 口に入りきらないわ?
  • 一押し女優KAORIさんの一押し動の画です。KAORIさんは美咲のイメージそのものなのでドキドキします?男の人が求める理想…胸とおしりのメリハリ…グラマーなスタイルとエッチな表情を持っている女性です?このビデオでは、KAORIさんの色っぽさが随所に表現されて、特にお風呂場のシーンで、義息のモノを握る表情と触り方が色っぽ過ぎます??嫁の母親に中出ししてしまった KAORIKAORI〜 前回の続き 〜美咲「男の人のモノって不 [続きを読む]
  • 第60話 前戯だけで…
  • 美咲「エッチでしょ?「セッ○ス」って…なんかいやらしいよ>< 」優也「だから、わざと言ったんだよ! 」美咲「もぉー…優也って…恥ずかしい>< でも、凄くエッチな気分になってきたわ? 」優也「もともと、エッチな気分だろ?! 」美咲「うん? でも…2人ともエッチな気分で、誰もいない空間で感じあえる?って考えるだけで、ジンジンしちゃうわ? 」優也「どれどれ…」 優也は、指を美咲のアソコ?にやった。美咲 [続きを読む]
  • 第59話 続きはお風呂で…
  • イク…イク…? あっ…美咲の口の中に優也は大量の精子を出してしまった…優也「美咲…ゴメンね>< 」美咲は、優也の大量の精子をゴクリと飲み込んで…美咲「うううん? いいよ? 優也…なんであやまるの? 私…優也がイって?くれて、私の口の中に出してくくれて、うれしいの? 」優也「でも、精子って苦いんだろ? イヤじゃない? 」美咲「うん…苦いよ! もし、優也じゃない人のだったら、私、飲めない…っていうよ [続きを読む]
  • 第58話 ペニスを咥える表情に…
  • 優也「美咲…大丈夫? 」美咲「優也のエッチ?? わたし…イっちゃったじゃない?? 」優也「美咲がイって?くれてうれしいよ! 」美咲「私だけ気持ちよくなるのヤダ>< 今度は私の番よ?? 」そう言うと、美咲は優也の大きくなったモノを握りしめた? そして…大きさを確かめると、ペニスの皮を少しおろし…赤く充血したペニス自身を出し、舌先をイヤらしく這わせた?美咲「優也…先の方から透明なのが出てきたよ?!  [続きを読む]
  • 第57話 どこ触ってるの??
  • 優也は、人差し指を美咲のアソコ?にゆっくりと入れ、指の腹で子宮の壁にやさしく刺激を与えた。美咲「ゆうや?? やだ…やっ…何してるの?? あん? あっ…、ダメ? どこ触ってるの? 」優也「どこって? 美咲が感じる…敏感なところ?だよ! 」美咲「わたし…そんなとこ…触られたことないわぁー?? こんなに感じちゃうなんて… ゆうや…上手?? 」優也「まだ、おしゃべりする余裕があるんだね…。 」優也は、美咲 [続きを読む]
  • 第56話 もっともっと感じて…
  • 優也は、美咲のアソコ?を舌で優しく舐めた?美咲「あん? 気持ちいいいわ?? 」美咲「でも…ちょっと恥ずかしい>< 優也…そんなに広げないで?? 」優也「美咲の大事なところ? … じっくり見せてよ? 」そう言いつつ…美咲の大切なアソコのヒダヒダを、優也はいやらしく口に含んだ?案の定…美咲の身体は、ヒクヒク震え…もの凄くエッチに感じているのがわかった…美咲「優也…気持ちいいわ? やだ…優也、凄く上手 [続きを読む]
  • 第55話 ソファーでエッチ気分に…
  • 国道沿いのファッションホテルに2人は入った?ホテルの駐車場に車をとめた2人は、我慢できずに車の中でキス?した。優也は、美咲のマシュマロのようなオッパイを服の上から触った?美咲の乳首の先端は、服のうえからでもわかるくらい硬くなり…美咲の感じる声に、優也も興奮した。美咲は…優也の股間に手をやり、ビンビンに硬くなったペニスの形を確かめ…なでるように触った??美咲「優也…優也のココ?すごい硬くなってるよ [続きを読む]
  • 第54話 強がりの裏に…
  • 美咲が用事をしている間、優也は近くの書店に足を運んでいた。優也はもともと読書好きなので、書店には何時間も居られる。時間つぶしの時は、何気なく本を読んでいる優也だったが、今日は少し違っていた…美咲の気持ち…女性の気持ちをもう少し知りたい…優也が美咲の街まで、はるばる訪れた原因は、美咲がメールを返してくれなかったからだった…美咲を不安に思わしたのが自分自身のメールのせいだと、優也は理解していたけど、 [続きを読む]
  • 第52話 離れていることの不安…
  • 金曜日になって…優也は職場の飲み会だった…優也の職場は総勢30名、上は50代から下は20代まで…男女比は半々…どこにでもあるような普通の職場だった。仕事が終わってから、優也は美咲とメールで会話をしていた?美咲は、優也の職場の様子はあまり聞いたことがなかったので、どんな感じか少し興味を持っていた。美メール「優也…今日の食事会の料理は? おいちいもの食べてるの?? 」優メール「今日はね…会席だよ。刺身と [続きを読む]
  • 第51話 離れていても…
  • 2人は、はじめて携帯で愛しあった??ちょっと恥ずかしい気持ちだったけど…お互いに秘密を共有できた感じがして…美咲も優也も幸せな気分になっていた…美咲「優也?? 優也もイっちゃった??? 」優也「うん? イって?しまったよ>< 美咲がエッチな声出すから… 」美咲「エッチな声は…優也だよ?? 」優也「さすがに、携帯でエッチ? はずかしいね?! 」美咲「うん?? でも、優也?好き? わたし…はずかしい [続きを読む]
  • 第50話 はじめての経験…
  • 夜になって…美咲は布団に入って、優也にメールをした…美メール「優也? 何してる? 」優也もちょうど布団に入ったところだった…優メール「こっちも…もう寝るところだよ?! 」美メール「ふーん?! 優也…もう寝ちゃうんだー… 」優メール「え! … いや… 」優也は…焦って、美咲に携帯をした。美咲「なに? もう寝るんじゃないの?? 」美咲は優也に意地悪をしたのだった。優也「寝るって言ったのは…寝る準備が [続きを読む]
  • 第49話 離れていても…
  • 初めて愛しあってから一夜明けた次の日…2人の日常は、いつも通りだった。それぞれに家庭があって・・・満たされない日常を過ごしていた。2人にはそれそれ子供がいた・・・ 満たされない日常にあって、子供の存在は癒しそのものであった。お互いに、パートナーとは冷め切った日常・・・でも、子供の存在が家庭をなんとか保っていた。世間では、不倫の恋は・・・よくあること・・・世間的には、うしろ指さされる関係・・・子供が [続きを読む]
  • 第48話 サイトとの別れ・・・
  • 駅へと向かう車の中で・・・ ふと、美咲が、美咲「優也、そういえば、私たちが出会ったサイト・・・まだ登録してるの? 」優也「そういえば、まだ登録したままだね。 最近、全然見ていないけど。 美咲は? 」美咲「うん。私も登録したままの状態よ。優也は私の他にもやり取りしている女性いたよね?! メールとかやり取りしてるの? 」優也「してないよ! 美咲とこうやってやり取りするようになってから、全然・・・。美 [続きを読む]
  • 第47話 帰りたくない・・・
  • しばらく唇を重ね・・・お互いの存在を確かめ合った2人・・・優也は、ふと、腕時計を探し・・・時間を確認した。優也「もう、こんな時間だね?! 」ホテルに入って、2時間・・・たった2時間しか滞在していなかったが、それ以上滞在することは2人にはできなかった。。美咲「そろそろ・・・帰らないと>< 」美咲が少し悲しそうに、優也に答えた・・・2人の恋は、世間でいう禁断の恋・・・いくら愛し合っても、一般的には受 [続きを読む]
  • 第46話 出会えて本当に良かった???
  • 一時の夜を一緒に過ごし、愛し合った美咲と優也は、裸のまま、布団をかけて、隣に愛する人の存在を感じながら幸せな気持ちでいた?優也「美咲・・・おいで? 」優也は腕枕をし、美咲を引き寄せた?美咲「優也・・・腕痛くなっちゃうよ!? 重たいでしょ?? 」優也「それって、美咲の頭がおっきいってこと?! 」美咲「優也のイジワル!? ぷー 」優也「ハハハハハ・・・。。 」美咲「優也って、わたしに意地悪だよね!? [続きを読む]
  • 第45話 心と身体が結ばれて・・・
  • 美咲「優也・・・わたし、またイっちゃった? 」優也「美咲、大丈夫?? 一回抜いちゃおうか? 」美咲「うううん・・・抜かないで・・・このままがいいわ? 」優也「いいの?! それなら、もう少し・・・ 」美咲「えっ・・・。まっ、まだ奥まで入るの??」優也「もう、半分ぐらいかな?! 」優也は、ゆっくり・・・さらに奥に進めた? 」美咲「ダメ?? 当たってる? なんか、子宮に当たってる感じがするわ?? こん [続きを読む]
  • 第44話 そんなに見ないで・・・
  • やっぱり、入らない・・・優也は、美咲のアソコの入口で、少し躊躇していた><強引に入れることはできるけど・・・たぶん、美咲が痛がってしまう><過去の経験上・・・すんなり挿入できたことは記憶になかった><特に、美咲のアソコの入口は狭いような気がしていた・・・ただ・・・美咲の優也への感じ方は尋常じゃなかったので・・・これまでエッチをした女性の中で・・・もっとも感じやすく?? 濡れやすいと、優也は感じて [続きを読む]
  • 第43話 ムリかも・・・
  • 優也は上・・・美咲は下に・・・優也は、美咲の顔を見ながら・・・美咲の唇に自分の唇を近づけた・・・2人は唇を重ね・・・お互いの舌を絡ませた??優也は・・・美咲とのキス?が、凄く好きだった・・・ディープなキス?だけど・・・いやらしさがなく、お互いを好きでいる気持ちが相手に伝わる幸せに満ちた口づけ??お互いの気持ちが伝わって・・・2人は余計に興奮してしまう??優也は・・・次に、美咲の左耳周辺に唇を這わ [続きを読む]
  • 第42話 入れて??? いいの?ホントに??
  • 美咲は、自分ばかり気持ちよくなっている気がして、優也に申し訳なく感じていた・・・美咲「優也、ごめんね>< わたしばっかりイって?しまって・・・ 」優也「なんでゴメン? 俺は、俺が美咲を愛して・・・それで、美咲がイって?くれるのが何よりも嬉しいんだよ! それに、お風呂の中でイかせて?くれたじゃないか?! 美咲って・・・かわいいね? そんな美咲だから・・・もっともっと愛したくなるんだろうね?!」優也 [続きを読む]
  • 第41話 そんなに見ないで??
  • 優也のモノを舐めながら、イったのは美咲自身だった・・・?美咲は、うれしかったけど・・・自分の身体がどうなってしまうのか?!と思っていた。(「どうしよー・・・。わたし、さっきから、イキっぱなし>< 優也にすごくエッチな女だって思われてるんじゃないかしら・・・。でもダメ・・・優也に触れちゃうだけで、身体が熱くなっちゃう?? こんな素敵なエッチ??があったなんて・・・ 」)優也は、そんな美咲の気持ちを [続きを読む]
  • 第40話 あたためてあげる??
  • お風呂から出た2人・・・美咲は、髪を乾かし、後ろで束ね、バスタオルで身体をおおった??優也は、上半身裸で、下半身をタオルで隠した・・・ベットに向かった2人・・・ちょっぴり体が冷めていたので、2人は布団にもぐり込んで、2つの顔だけ、ちょこんと出した。美咲「優也・・・あたためてあげる?? 」美咲は、優也にピタッと身体を寄り添わせた?優也は・・・そんな美咲の様子に、美咲をギュッと抱きしめた??少し冷め [続きを読む]
  • 第39話 この人となら安心していられる??
  • 2人は、湯ぶねで同じ方向を向いて座った。優也は前に座っている美咲を優しく抱きしめた??優也「美咲・・・?」美咲は、優しく自分を包み込む優也の腕に・・・(美咲「優也って、凄く優しい・・・??? 優也に出会えて・・・優也のぬくもりを感じられてよかった?? 」)優也は、優也で・・・美咲と出会えたことによろこびを感じ・・・、「この子を大切にしたい?? 」と心から思っていた。優也は、後ろから、美咲の乳房に両 [続きを読む]