瀬田桂 さん プロフィール

  •  
瀬田桂さん: 本読みの夢想所
ハンドル名瀬田桂 さん
ブログタイトル本読みの夢想所
ブログURLhttp://booksvisionary.blog.fc2.com/
サイト紹介文主に小説のレビューを綴ります。ミステリーやホラー、実験小説のような尖った作品が好き。たまに自作小説も
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/03/01 20:52

瀬田桂 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 東西ミステリーベスト100【国内版】
  •  2012年、『週刊文春』で掲載された「東西ミステリーベスト100」の一覧です。簡単に言えば、ミステリ小説のオールタイムベスト100。 何を読もうか迷った時には、このランキングの上位から適当に選んでいくのが私の常であります。目指すは完全読破。随時更新。 レビューもどきをつけた作品のタイトルにはリンクをつけてあります。国内版 読破数 37/100 順位 著者 タイトル 年 チェック [続きを読む]
  • 2017年4月の読書記録
  •  相変わらずの月イチ更新。ま、まあ、4月は仕方なかった。これまでにないほど仕事が忙しかったから……。 よって、読んだ数も少ない。一応、自分の中で一ヶ月10冊をノルマとしていたけれど、残念ながら今回は未達成。 数が重要でないのは理解しているのですが、とにかく自分は今までの累計読破数が少ない物でして、多少は数を読んでいきたいなと思っているのです。 というわけで、8冊のみですが今月の読書の振り返りを。 断然 [続きを読む]
  • 2017年3月の読書記録
  •  というわけで、まったくブログを一ヶ月近く更新しなかったのがバレる記事を今から記す。流石に一ヶ月に一度のこれぐらいは続けたいものですね。 不思議なものだけれど、こうして先月読んだ本の面子を眺めていると、初めの方に読んだ本がすこぶる過去の経験に思える。この感覚をどう捉えれば良いのか。いくらか考察はできなくはないけど、根拠が薄弱なので回答は後の機会に。 3月のベストは『アリス殺し』ですかね。小林泰三な [続きを読む]
  • 2017年2月の読書記録
  •  遅いけれども、二月の読書記録by読書メーターである。 この月のベストは「儚い羊たちの祝宴」と「眼球堂の殺人」ですかね。前者はいわゆる非フーダニットの短編集。謎がどうこうというよりは、犯人の心情にスポットが当てられていて、この中でも『五十鈴の誉れ』が良かった。後者はブログにも書いたけど、バリバリのクローズドサークルもの。新鮮みはなかったけれど、そもそもこのジャンルが大好きなので仕方ない。「九十九十九 [続きを読む]
  • 中身がないのにガワだけ拘る系。
  •  ふと気が向いて、ブログを大幅改修することにしました。 ろくに記事がない癖に……ってな感じですが、まあ、ここは完全な自己満足ブログにしようと思っておりますので。 イメージしているのは、ブログっぽくないブログ。今はもう衰退して久しい個人ホームページみたいなのを創りたいなと。 それで、自分用の読書or創作倉庫としての運用を最終形として目指しています。やはり、自己満足です。オフラインでやれと感は否めません [続きを読む]
  • 【周木律】眼球堂の殺人【感想】
  •  かなり久しぶりの更新となってしまいました。まあ、なってしまいました、というのはただの挨拶的文句であって、あまりしまった感は私の中でありません。つまり、反省はしていない。気が向いた時に、自分の読書メモを残すような感覚で綴っていきたいと思います。そのついでに、万が一このブログを読んでくださった方と少しでも小説の感想を共有できたらな、と甘い考えでおります。今回の感想は、周木律さんという若手作家による『 [続きを読む]
  • 【小栗虫太郎】黒死館殺人事件【感想(?)】
  •  今回は、日本探偵小説三大奇書にも数えられる「黒死館殺人事件」の感想を……と行きたいところなのですが、正直難解過ぎてその半分も恐らく理解できてません。なので、どちらかと言えば紹介に終始することになるかと思います。よって、ネタバレはありません。 三大奇書(時には「匣の中の失楽」を加えて四大奇書と呼称されることもある)については、また別の記事で述べたいと思っていますので、今回は単純に「黒死館殺人事件 [続きを読む]
  • 初投稿と自己紹介的な。
  •  はじめまして、瀬田桂と申します! 今まで「降瀬連斗」として活動を行ってきたのですが、この度心機一転改名をすることにいたしました。 それに伴い、ブログの方も引っ越ししようと決意しまして数度目かの初投稿となります。   一応、簡単な自己紹介をば。  ・名前 瀬田桂 ・年齢 秘密 ・職業 秘密(少なくとも物書きではない) ・好きな作家 筒井康隆 綾辻行人 倉阪鬼一郎 ・Twitter @eltbelts (あまり呟き [続きを読む]
  • 過去の記事 …