t.ken(ペンネーム 田山健) さん プロフィール

  •  
t.ken(ペンネーム 田山健)さん: t.kenの「オーディオの実験室2」
ハンドル名t.ken(ペンネーム 田山健) さん
ブログタイトルt.kenの「オーディオの実験室2」
ブログURLhttp://audioweb2.blog.fc2.com/
サイト紹介文以前の「オーディオの実験室」は古い情報です。部分修正では対応できなくなり、ブログを作り変えました。
自由文以前のBlog「オーディオの実験室(http://audioweb.blog.fc2.com)」は古い情報となりました。部分修正では対応できなくなりましたので、ブログを作り変えました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供406回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2016/03/01 23:07

t.ken(ペンネーム 田山健) さんのブログ記事

  • 具体的には
  • 未来が見えて、思考という“情報”まで透けて見え、感覚面の劇的な進化、説明不可能な能力が自然と身に付く...etc「それ」が生み出した特性である。進化と絶滅は紙一重で成り立ってきたことも、よく理解できる。さて、「タイムリミット有」の意味が理解できただろうか。 [続きを読む]
  • 謎の西野カナ
  • しばらく前に、隣に並んだ車のカーオーディオから聴こえた2曲だが、何度聞いても音階が違う。半音高いので、イコライザーで調節しているものと推測するが、あの時の異様なツヤツヤ感がよくわからん。。。Live版かな?忘れないようにメモhttps://youtu.be/zWwsDUbR-OM(50秒頃〜https://youtu.be/FIa8T9jbG9Qにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ん?
  • ちょっと疑問に感じた、この記事http://www.phileweb.com/review/article/201704/27/2515.htmlから引用その技術の詳細は、特許や企業秘密に関わることもあって明かされていない。しかし効果は測定結果にも明確に現れていて、具体的には音質に悪影響を及ぼす電圧変動を大幅に抑制することでノイズをカットしている。特許では、技術について大まかに書かれているけどな。もちろん、パスコンの静電容量は0.22uFとか、そういう数値的な [続きを読む]
  • まさか・・・と思うけど
  • in vitroで検証して、おkおkin vivoへgoなんて思ってないよね・・・重要な性質を見落としてるから。それ、マジで困るし。((((;´・ω・`)))にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • プレイヤー/Amp/SP、それぞれの音質への影響度
  • 従来、ステップアップ(買い替え)を前提に、「スピーカーを予算配分の中心とした製品選び」こそ最有力と言っても過言ではない環境が続いてきた。そこで今回、新旧大小いくつかの機器を用いて、「各機器が占める音質への影響度」と「組み合わせ時の相性問題」について、簡易的に検証を行った。補足ではあるが、古い機器の場合、経年劣化する部品の交換は済ませてある(オーバーホールまたは改修済み)。電気的特性の劣化は、結果に [続きを読む]
  • 今日の一枚(海辺の鳥@ハイエンドコンデジ)
  • 先日のハト同様に、ハイエンドコンデジで撮影。センサーが小さい(1/2.3型)ので、画質が粗い。強い風に翼をなびかせて、ポージングしていた。そんなことはどうでもいいんだが、Amazonの価格変動が激しいのは周知の通りで、絶対に必要な本が半額で買えた♪22493円→10634円(新品)です、ちょーうれしい♪まだ支払ってないけど。wにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「病巣をどうするか?」は業界次第だな。
  • ふと目が合って(合い続けて)、気まずいからお互い見ないフリをしたんだが、卵を温めているハトです。視野的にも、見えてたな・・・悪いことをした。「逃げたくても逃げられない」という顔だった。(引用元明記)自然に接すると思い出すこともあるんだが、自然の法則性と言うべきか、必然性と言うべきか、適切な言葉は当てはまらないけれど、「○○をすれば、○○になる」という必然の流れは、教科書からでなく、自然から学ぶこと [続きを読む]
  • 「気象病」は、内耳の敏感さに影響を受けていた。
  • 「気象病」と言って、天気に影響される体調不良があるんだが、原因は、内耳の気圧感受センサーにあった。昨夜の記事に書いたけれど、気圧感受センサーが異常興奮してる時は、当然、同じ脳神経である「聴覚」の活動も、通常域から外れてる。まあ、この研究によれば、オーオタに多い「うつ」と気象病の因果関係も指摘されており、広義では「鬱の聴覚アテにならん」と示唆している部分も感じられる。なぜならば、気象病発生のメカニズ [続きを読む]
  • 重要:「比較の方法」
  • まあ、医学論文を読み慣れてる人は、読み飛ばしてくれていいんだが、悪いけどおいら、化学とかの論文はサッパリわからんので、医学論文系の思考に基づいて書きます〜物事を比較する上では、オーディオ雑誌のように主観的で抽象的、文学的な言い回しで「語彙遊び」するような方法は超最悪で、ポエムと同類です。金払って読む記事じゃない。wそれなら、カタログを買う方がマシだ。wそこで、重要なのは「比較の方法」であるが、「A [続きを読む]
  • PCの電源部「コンデンサー&抵抗」交換
  • 貴重な確認音源を高音質で聴いて頂こうと思い、PC電源部のCR交換を済ませました。心なしか、立ち上がりが早い。画像の深みが違う。まあ、元々入っていたコンデンサーは、中華モノなんで信用してない。wそもそも、中華コンデンサーは、容量と電圧の割に、異様にコンパクトなことも多い。ハッキリ言って、容量面でも耐圧面でも、うさんくさい。w注意点は、抵抗そっくりのダイオードなどがあるんで、基板のシルク印刷を念入りに確認 [続きを読む]
  • 「HDR」で遊ぶ
  • 暗さが気になったので、現像やり直した。まあ、肉眼で見たのは、こんな光景じゃないが。w明日は、日の出でも見に行こうかと悩み中。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今日の夕陽(初のHDR)
  • 今は、iPhoneのカメラにも搭載されているHDR(high dynamic range imaging)という機能の仕組みは、「普通の明るさ+暗い画像+明るい画像」と明暗の異なる3種類の同構図を撮影し、暗い部分と明るい部分の差(ダイナミックレンジ)を拡大する技術である。人間の目は、HDRの画像に近いと言うんだが、おいらの視覚は、HDR系には思えない。ですが、初のHDR撮影です。綺麗なのかもしれないが、個人的にはあまり好きじゃない。wおいら [続きを読む]
  • そんなことより、伊勢海老だ。
  • 売ってたので買って来た。w味噌汁になりました。まあ、そんなことはどうでもいいんだが、ちょっと昔に遡ると、リーズナブル価格でアワビが売ってた。生きたタコも。買いに走って、帰って「アワビの刺身」とか「アワビのバター焼き」とか楽しんだんだが、〆に失敗して、殻無しの状態で、まな板を逃げ回るアワビを見てから、可哀想になって料理できなくなった。生きたタコは、その場で〆た状態で買ってきたんだが、料理中ずーーーっ [続きを読む]
  • 記事は正確に書かないと・・・
  • このように書くと、とても魅力的思えるがhttps://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20170420-00070091/どこかの臨床病理学教室は、その辺に、全摘後ホルマリン固定された腎臓とか子宮とか、ふっつーに置いてある環境だったが。で、病理解剖(剖検)なんだが、少し時間が経つと臓器が液状化するんで、開腹後の強烈な腐敗臭が身体に染み着くわけだ。生身の腹腔内の臭いも血生臭さが強烈だが、病理解剖は比較にならん。尊敬できる仕 [続きを読む]
  • みなさん、GWの予定は決まりましたか?
  • まあ、おいらは一部が決まったんだが、というわけで、宜しくお願いいたします。一時、大阪から離れますので、急ぎの連絡は携帯宛にお願いします。>GWなお、以前にも書きましたが、 080-2 から始まる番号は、機種の故障により解約済みです。もう一台の 090 の方にお願いします。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「オッカムの剃刀」と言うんだが
  • オーディオ業界の詐欺師の中には、「オッカムの剃刀」を熟知している者もいるらしいんだが、簡単に言うと、以下の通り。「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」 by wikipedia要するに、物事をシンプルに考えるべきだという話なんだが、オーディオ業界は、逆向きに行ってた。正しくいうなら、逆向きに進めたい勢力があった。わけだ単純に考えれば良いんだが、1) オーディオシステムに、見た目は重 [続きを読む]
  • ナノテック金(接点復活剤)の効果
  • オーディオというのは、耳で聴いて、おまけに「感覚的/個人差アリ」というオマケがつく。耳で聴くというのはいい加減なもので、最たるものは「言った/言わないの水掛け論」です。そこで、重要なのは「生の声の再現性」なんだが、当ブログでは貴重な音源もご用意しております。水掛け論にも至らないという貴重な音源を無償で公開しております。何なりとご利用くださいませ。(個人使用&オーディオチェック&聴力チェック用途に限 [続きを読む]
  • 思考は単純に
  • 知ってる一番めんどくさい女がいて、おいらがターゲットにされたんで「他府県に引っ越した」ことにして逃げたことがあるんだが。wそいつの発想は、「5重6重に考える」だった。あー言ったら、相手がこう思うはずだから、そこを見越して、予めこういう態度を見せて、そしたら相手がこんなリアクションをしてくるはずだから、そこも見越したうえで、こんな風に布石を張っておくと、相手の展開から外れて、全部私の思い通り。みたい [続きを読む]
  • ギターアンプの改造、ちょっとやり過ぎた。w
  • RSから届いたまま放置してた抵抗を交換した。内部配線のSPケーブルを交換した(SHコネクタ使用)。得体の知れないボリューム(可変抵抗)は、ALPSの100円台のボリュームに変更。ついでに、実験で使った高級フィルムコンデンサー(中古)などを、電解コンデンサーにパラレル接続。どーせ中古なんで、タダで使ってあげちゃう♪先週土曜日、南港ATCで多くのギターアンプを聴いてきたが、音のクオリティーの面では、ちょっとやり過 [続きを読む]
  • めも
  • おいら実は、あらゆる音や雰囲気を短時間で記憶する習性があるんだが、もっとも難しいのは「人の声」の再現だと思う。https://youtu.be/I5W1qyDQRmY?list=PLCD70A415C40CB6C9にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • オーオタが超気にしているらしいんだが・・・
  • 昔の秋葉原というのは、改札を出た途端に悪臭が漂うな場所で、当時、日本で秋葉原にしか存在しないという「おでんの缶詰自販機」があり、オタが駅の前で食っている、という地獄絵図だった。今でこそ、商業施設DUXを中心に美人OLがランチを楽しむ場所なんだが、昔、おいらも行くのが嫌だった。wまあ、某社のボッタ栗アンプのボリュームが壊れたから、仕方なく部品買いに行ったんだが。wところで、オーオタは「オタっぽくない/オ [続きを読む]
  • 電気接点の導通不良/接点復活材など
  • オーディオ製品は、愛用される機械ほど長寿命の傾向があり、劣化という面では、コンデンサーと電気接点はチェックポイントだ。電源スイッチのスパークは、バリスタによってある程度は防げるが、安全性という観点からすると、コンデンサーと同時期に変えてしまう方が良いかもしれない。一方、可変抵抗(ボリューム、VR)やリレーなどは、同等品の入手が不可能に近い例も多く、電気接点のクリーニングで「延命」させたりする。そこで [続きを読む]
  • 本日は「京都」へ
  • 用事を済ませに、京都へ。ついでに写真。いつもの超広角レンズを使用。と言っても、超広角レンズの中では、最も安いヤツだ。wレンズとバッテリーには、ナノテック金を塗布。Lightroomで現像する際に、パラメーター調整の「勘」とズレているような気がした。色彩やコントラストのズレというか・・・思い当たるのはナノテック金。悪いようには作用していない。どうでもいいことなんだが、おいらが愛用している「ハイエンド傘」は、 [続きを読む]
  • 春らしさ
  • 超広角でレンゲ草を撮影。こういうのもアリだな。ちなみに、レンゲ草の花言葉は、「your presence softens my pains(あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ)」らしいんだが、花言葉を意識しないと、とんでもない誤解を生みます。(爆おいら、高校生の時に、年上のお姉さんにバラの花束をあげたんだが、花言葉的には、ちょっとやり過ぎた気がする。使用頻度の高いレンズの接点が擦れてきていたので、久々に「ナノテック金」を塗った。ナ [続きを読む]