自然明光 さん プロフィール

  •  
自然明光さん: 自然を愛する日記ブログ
ハンドル名自然明光 さん
ブログタイトル自然を愛する日記ブログ
ブログURLhttp://sizenmeikou.blog.fc2.com/
サイト紹介文身近な風景を写真で紹介しています。自然の美を日々発見して、その喜びを分かち合うことが目的です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2016/03/02 02:03

自然明光 さんのブログ記事

  • 四月の銀座一丁目
  • 皇居周辺を撮るために車を止めたのは少し離れた銀座一丁目でした。銀座に行く時はいつもその辺りに駐車しているので迷うことなくそこに向かい、駐車しました。皇居のお堀で簡単に撮影した後、すぐそこに戻りましたが、早く家に帰らねばならない予定だったため、銀ブラをすることはありませんでした。('ω')しかし、カメラを持っていたので、せっかくと思い、銀座一丁目の街角を撮影しました。その通りには花桃?の並木があり、綺麗 [続きを読む]
  • 四月の日比谷濠
  • 10日前に所用で六本木まで車で行ってきましたが、当然桜などはもう咲いていませんでした。桜の花が終わった後は新緑が美しい季節となりますが、街路樹の若葉が清々しいのがとても印象的でした。帰り道、いつもと道を変えて皇居の近くを通ってきましたが、道路の角ごとに警官がおり、通りの警戒がいつもより厳重な感じがしました。後でわかったのですが、その日は米国の副大統領が来日していて、そのための警戒だったようです。国 [続きを読む]
  • 桜の木を見上げた風景
  • 去年と比べて今年は桜の開花が遅れましたが、咲いていた期間は去年よりも短く感じました。例年より低い気温の日が続いた後、急に気温が高い日が続くようになったため、桜も例年と違った咲き方をしたのだと思います。今年、私が地元で満開の桜を撮影できたのは無名の場所においてであり、桜の名所と言われる所においてではありませんでした。鹿沼錦鯉公園も桜の名所とは言われておりませんし、桜を見に来るのは近所の人がほとんどと [続きを読む]
  • 色とりどりの紅梅
  • 紅梅は深みのある赤い色をしていますが、色の種類も多くあるようで鹿沼錦鯉公園の梅林にあるものも様々な色に咲いていました。梅林は小山を上った所につくられており、その様子からは造園が続けられているようにも見えました。ここの梅林はそれ程広くはありませんが、釣り堀やバーベキューをしながら眺めるには程よく、寛いだ気分で眺めることができます。梅林は割と樹齢が短いものが多く見られ、釣り堀よりは後にできたように思わ [続きを読む]
  • 錦鯉公園の梅林
  • 鹿沼錦鯉公園の釣り堀池の周りは桜で囲まれ、まさに日本的な風景で、感動的でさえありました。その桜並木に混ざって僅かに紅梅も見られましたが、池の奥にある小山は梅林となっており、赤、白、ピンクの花がたくさん咲いていました。そこは梅林ということだそうですが、色も木の形も様々なので花桃が混じっている可能性はあります。釣り堀池は水が濁っていて透明ではなく、中を泳いでいるはずの錦鯉は見ることができませんでしたの [続きを読む]
  • 桜と紅梅
  • 鹿沼錦鯉公園の入口付近は桜がたくさん咲いていましたが、公園の奥の方には梅がたくさん咲いていました。満開の桜といっしょに紅梅が何本も咲いており、なかなか良い眺めでした。ただ、紅梅と桃の花は見分けずらいので、赤い花の中には桃の花が混じっているかもしれません。木の形も紅梅は木の樹齢によって特徴が違いますので、遠くからでは紅梅なのか桃の花なのかよく分かりません。しかし、赤い花の咲き具合もすばらしく、花見は [続きを読む]
  • 桜と男体山
  • 鹿沼錦鯉公園は周りから見ると普通の釣り堀のように見え、春以外では風景が美しいようには見えません。私も桜の季節でなければ、ここで撮影しようとは思いませんでした。ただ、桜の花を見に行ってみると、思ったより風景が美しい所であるのがわかりました。私が桜を撮影しながら池の周りを歩いた時、釣りをしている人は一人も見当たりませんでしたが、池の奥の方を見ると、たくさん仕切りがある場所が見え、そこが釣り堀に違いない [続きを読む]
  • 桜が咲く釣り堀池
  • 写真の鹿沼錦鯉公園は釣り堀としては流行っていないようでしたが、花見の公園として近所の人たちには親しまれているようでした。公園内には錦鯉資料館があり、その中では大きな錦鯉が見れるようになっています。錦鯉を観賞する場合は釣り堀の池ではなく、その建物の中になります。池は水が濁っているため、錦鯉は見ることができませんでしたが、鯉が育つためにはピッタリの水質なのだと思います。もし釣った錦鯉を持ち帰りできるよ [続きを読む]
  • 鹿沼錦鯉公園の桜
  • 宇都宮市森林公園は宇都宮市の西の外れにありますが、そこから約3.5kmほど行きますとお隣の鹿沼市に入ります。そしてさらに2kmぐらい行きますと、鹿沼錦鯉公園という釣り堀もある公園があります。その公園は国道から横に入った少し奥にあり、その国道を通る時は池があるのが見えます。その公園の先には大きなプールがある施設があり、子供が小さかった頃は夏によくそのプールに行きました。しかしその錦鯉公園はそれ程広くなく、特 [続きを読む]
  • 道路わきの枝垂桜
  • 去年、春に宇都宮市森林公園に撮影に行った時は、桜の花は既に葉桜となっていました。今年はほぼ満開の時に撮影できましたが、写真として絵になるような桜は一本の枝垂桜だけしか見つかりませんでした。結局、森林公園では僅かしか写真が撮れませんでしたので、周辺に足を延ばし、満開の桜を探すことにしました。そして、森林公園の近くで見つけたのが今回載せた写真の枝垂桜です。それは道際にあったので直ぐに目に止まり、道路か [続きを読む]
  • そよ風に揺れる枝垂桜
  • 宇都宮市森林公園の湖はダムによってできたものですが、その赤川ダムは昭和46年に完成したもので、写真の大きな枝垂桜はダムができる以前からそこに生えていたと思われます。ダム湖が造られて、結果的にその枝垂桜は湖の畔で咲くことになり、公園では最も美しい桜となりました。この桜は遠くから見ても美しく、桜の季節ではこの公園の目玉となります。写真を撮影した日は晴天でしたが、少し風があり、枝垂桜の枝が揺れていました [続きを読む]
  • 青空と枝垂桜
  • 昨日の記事で宇都宮市森林公園の湖畔に咲く枝垂桜について書きましたが、それに的を絞って撮影したのが今日の写真となります。この公園では思ったより桜の写真が撮れず、アップするのがチビチビになってゴメンナサイです。('◇')ゞもっとも、たくさん撮影したとしても、一度にたくさんアップするわけではなく、ブログに載せるのはやはりチビチビなので結局同じなのですが…ただ、枝垂桜の背景の空は広大に撮ることができ、思ってい [続きを読む]
  • 宇都宮市森林公園の桜
  • 今年は宇都宮市でも桜の開花時期が遅れましたので、予定を立てやすく、去年葉桜だけしか見れなかったところを桜が満開の時期に撮影することができました。宇都宮市森林公園の中は桜がたくさんありそうですが、それ程なく、見栄えのするのは湖の畔にある一本の枝垂桜ぐらいです。それ以外で大きな桜がまとまって咲いているのは公園入口の駐車場で、あまり絵になる場所ではありません。宇都宮市森林公園ではその枝垂桜に的を絞って撮 [続きを読む]
  • 夜桜と噴水
  • 上野公園はお花見が行われている通り以外にも桜が咲いており、そこで夜桜を楽しんでいる人たちもいました。公園内の池にある噴水はライトアップされ、水が踊っていましたが、お花見の雑踏を離れ、そこで静かに夜桜の公園の雰囲気を味わうこともできます。しかし、桜のお花見は日本人にとってお祭りのようなものであり、人々は噴水の明かりよりも提灯の明かりを求めて歩を進めます。 [続きを読む]
  • 上野公園の夜桜
  • 今年は六本木に行った後、所用を済ませてから上野公園に立ち寄り、夜桜を見てきました。東京で昼過ぎまで降っていた雨は既に止み、上野公園は花見を楽しむ人たちで賑わっていました。上野公園の花見は東京でも有名であり、お祭りに近い春の風物詩です。夜桜の花見は桜を眺めるというよりは春の雰囲気を味わいながら楽しい夜を過ごすのが目的と言えるでしょうが、やはり桜を撮影しようとカメラを持った人も多く見かけます。桜はライ [続きを読む]
  • ビルの谷間の桜
  • 国立新美術館から東京ミッドタウンに向かう通りの歩道沿いには桜の並木があり、桜が満開となる4月初めはお花見気分でそこを通ることができます。そこに並ぶ樹齢の経った桜の木はビルの谷間で枝を伸ばしており、窮屈な感じはしますが、美しく咲いた桜は十分目を楽しませてくれます。歩道の柵の反対側には下り坂の道があり、そこから桜を見上げれば桜の木は堂々としてビルにも負けず、存在感があります。ただ、この景色を見られるの [続きを読む]
  • 小雨の桜と美術館
  • この時期に毎年訪れている六本木の国立新美術館の周囲には桜が咲いており、今年も満開でしたが、天気は朝から雨でした。しかし、次第に小降りになり、桜を撮影した時には僅かに降っているだけでした。去年同じ場所で撮影した時には桜の回りに人がたくさんいましたが、天気が悪かったため、そこはガラガラで、私以外にはカメラを持った人が一人いただけでした。そのお陰もあって、去年とは違った構図で桜を撮影することができるよう [続きを読む]
  • 六本木の桜
  • 先日、六本木の国立新美術館に行ってきましたが、周囲の桜は満開で3月とは街の雰囲気が変わっていました。ただ、あいにく小雨が降っていたため、撮影に絶好の日とはなりませんでした。例年ですと、桜が咲いている場所にはカメラを持った人がたくさん集まっていますが、天気が悪かったため桜の周りに人は少なく、かえってスッキリした写真を撮ることができました。写真の桜の向こうには六本木ヒルズのビルが見えますが、桜も洒落た [続きを読む]
  • 道端の水仙
  • 今月最初の風景撮影では桜の花が見つかりませんで、見ることができたのは梅と桃の花でしたが、風景に色彩が乏しい中、街道の傍らに咲いていた鮮やかな水仙には目を奪われました。花自体は珍しい花ではありませんが、周りに鮮やかな色彩が見られない中、綺麗な黄と白がとても目立ちました。水仙を写真に撮ったことは今まで一度もありませんでしたが、その黄色の花と白い花の並びがとても面白く、まるでデザインされたようでしたので [続きを読む]
  • 春の変わり行く色彩
  • 写真は数日前のものですが、現在は桜も開花し、辺りの様子はかなり変わっています。春の花の移り変わりは早く、まさに生命が活気付いています。その景色の変化は微妙な色彩を生み、独特の雰囲気をかもし出します。その色彩の微妙な表情を撮ってみました。 [続きを読む]
  • 街道沿いの桃ノ木
  • 昨日は宇都宮市もぐずついた天気でしたが、桜の開花が見られ始めました。桜の開花は年によって日にちがズレることはあっても、咲く時はみな一斉に咲き始めます。桜前線という言葉がありますが、植物は大自然から送られるサインには敏感に反応するようです。写真は桜が開花する前に撮った桃の花で、桜が見られない中、きれいなピンクが目立っていました。この桃の木は街道沿いにあり、大きな古木なので花を咲かせるとけっこう目立ち [続きを読む]
  • 四月の梅の花
  • 今年は全国的に桜の開花が遅れているようですが、梅の開花も去年より遅いようです。近所で去年、3月の同じ時期には咲いていた梅を見ても、今年はまだ蕾でした。東京では桜が開花し、ブログでもお花見で賑わっている様子が紹介されていますが、数日前、近所を探しても綺麗な桜は見られず、蕾の状態で、梅の花が目立ちました。しかし、冬の木立の中で花を咲かせる梅はやはり美しく、風情があります。3月は野山で撮影することができ [続きを読む]
  • 虎石の下流の風景
  • 今年は宇都宮市でも桜の開花が随分遅れているようで、きれいに咲いているのは梅ばかりです。写真の大芦川の風景は冬ですが、現在も景色はほとんど変わっていないはずです。写真は虎石の辺りから下流を眺めた風景で、川の流れがとても美しく、風情が感じられました。ここの周辺の山々は針葉樹が多く、また川も深さがあって透明な緑色をしているため、色彩は殺風景ではなく、冬でも緑が豊かです。虎石はなかなか見応えがありましたが [続きを読む]
  • 虎石の上流の風景
  • 写真の虎石の近くには橋がなく、川の対岸に行くためには そこから600mぐらい上流へ行くか、下流に行くかしなければなりません。下の2枚目の写真は東側の川岸から撮影したもので、最初の写真は西側から撮影したものです。県道は川の東側を通っているため、最初は東側に車を止め、崖を降りて川岸まで行きましたが、川の西側の脇にも道路があることがわかり、東側で撮影した後に、車で移動して川の西側まで行き、川岸に下りて行 [続きを読む]
  • 木漏れ日を受ける川岸
  • 大芦川の虎石がある川岸は崖が続いており、川はいろんな形の岩に囲まれています。そのため風景も独特のおもしろさがあり、整備されて自然公園になったとしてもおかしくはありません。川は深さがあるため、美しく澄んだ緑色をしており、午後の木漏れ日を浴びた川岸は何とも言えぬ味わいがありました。 [続きを読む]