カウンセリングルームWhereabouts さん プロフィール

  •  
カウンセリングルームWhereaboutsさん: 心と体の健康のために
ハンドル名カウンセリングルームWhereabouts さん
ブログタイトル心と体の健康のために
ブログURLhttp://whereabout.sblo.jp/
サイト紹介文子育て・発達障害・その他、人間関係など色々な問題に向き合い、認知の変化を目指します。
自由文食べ物も日用品も豊富にあふれ、
生きていくには幸せな時代。

現代だからこそ生きにくい理由や
辛さがある人も多くいるかもしれません。


小さなことに喜びを。
些細なことに感謝を。
誰にも気付かれないほどの
ちょっとした行動にご褒美を。

そんな生き方を一緒に探してみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/03/02 09:56

カウンセリングルームWhereabouts さんのブログ記事

  • よく気が付く人の特徴
  • 会社を離れて長い私には現代の職場は想像でしかありませんが、少なくとも私がOLをやっていた頃の会社では男性よりも女性のほうが気遣いのできる人が多く、また仕事上でも求められることがありました。そしてカウンセリングの中で【気遣いのできる人になりたい】という話題が出ることが比較的多くあります。気遣いは、媚びたり計算高い面が見られると嫌がられますよね。では、本当に気遣いの上手な人はどんな風に振舞えているのでし [続きを読む]
  • 人を傷つけないのは難しい
  • この頃の人間関係においては【相手を気遣って】言いたいことを言えないというケースが多く本音を語れる場がとても少なくなっています。そうなってしまったのは【傷ついたら被害者】という認識が強調されてきたからです。ですが本当に傷つけられた人が被害者かどうかはその時々によって違います。でも世間では傷つけられた人が被害者だと思いこむ人が殆どです。例えば、どんなに気を遣っても言葉を選んでも【傷つくときは   傷つ [続きを読む]
  • あなたの子育ては大丈夫?
  • アメブロ元ネタはこちら⇒以前記事にした「外向的な人」と「内向的な人」でも似たような内容を書きました。どちらかと言うと内向的な人のほうが色んなことを考えているケースが多いとされています。どちらにしても子供が大きくなった時自分のことが分からないとなると親も心配ですよね。少しは自分の気持ちを理解して伝えられる子供でいてほしいですよね。そこで気になるのは、【親自身はどうですか?】ということなのです。当ルー [続きを読む]
  • 子供とのコミュニケーションに不可欠なもの
  • 子育ての方法に正解も不正解もないですが子育て経験者として提案があります。今は夫婦共働きで子供を構ってあげる時間には限りあるご家庭ばかりでしょう。その中で週末のコミュニケーションのために普段親は何をしておけば良いのか、その一つとして【ニュースについて考える】というのが子供が大きくなるにつれどんどん必要になってきます。というのも、子供が小学生くらいであれば「ママ、○○ってどういうこと?」など質問された [続きを読む]
  • 発達障害支援者に必要なスキル=誘導=
  • 特に会社内において問題となりやすいケースですが、発達障害の傾向を持つ人には独特の感性がありますし着眼点も変わっています。その能力が、良い方向へ結びつけば【新しく斬新な発想】につながりますし悪い方向へ結びつけば【会話がかみ合わない】といったことにつながります。具体的なケースで例えると企画会議が開かれ、参加者からは月並みな意見しかでず悩んでいる時、独特な着眼点と発想力があれば【新しい作品(企画)を   [続きを読む]
  • なぜ謝れないのか
  • 誰かを傷つけた時仕事でミスをした時自分の考えの間違いに気づいた時いろんな場面で人は謝ります。でも、悪いと分かっていても謝れないタイプの人もいます。それは、単に恥ずかしいからという理由ではなく、謝ることで・自分を否定することになる・惨めな気持ちになる・世の中に負けてしまうと思えてしまうからです。このタイプの人はきっと自信がない人なのでしょう。謝ることの行為が【自身の存在否定だと】誤解しているのですね [続きを読む]
  • やる気が続かない時
  • 生きている以上はやらなくてはならないことが色々とあるものです。学校で学ぶことも働くことも家事をすることも、ずっと逃げるわけにはいきません。でも、どうしても【やる気が起きない】【集中できない】という時ってありますよね。そういう時の対処法は人それぞれですがここでは3つにまとめてみました。①作業を小分けにする⇒人によっては 一度に全部終わらせてしまおう まとめて済ませてしまおうとして 失敗するケースがあ [続きを読む]
  • 話がそれる人の3つの特徴
  • ADHDの人と会話していると「あれ…何の話だったっけ?」となりがちです。どんどん話がそれていってしまうことはよくあることです。また、アスペルガーの人と会話しているときも同様です。ですが、【話がそれるきっかけ】の作られ方が微妙に異なるのです。①例え話が増えていく何かについて話しているときそれを例え話にした方が分かりやすいこともありますね。それによってメインの話に説得力が増したり理解できるものですがADHDタ [続きを読む]
  • 異性に健全な興味を持つこと
  • アメブロ元ネタはこちら←過去の記事を自分で読み返して「結婚が長くなるのも同じだな、こりゃ…」なんて思ってしまいました(^^;さて、私たち人間は男と女で成り立っています。ここでは性に関する障害などの話は別のこととして考えてくださいね。人が子供から大人になる時特に思春期あたりから【異性に興味を持つのは普通】のはずなのですが【忙しい子供は、    その余裕がない】というケースが増えています。私も子育てを [続きを読む]
  • 人の気持ちが分からないアスペルガー
  • アスペルガーの人は人の気持ちが分からなかったり気持ちを察知する力が弱いと言われています。そのため、相手を平気で傷つけても自覚がなく周りに敬遠されてしまいます。でも、中には【気持ちが分からないからこそ】相手がどう思うのか迷惑ではないのかなど考えすぎてしまって【言葉が出てきにくい】タイプの人もいます。また、今回の記事メインとしてもう一つ考えられること【強い信念や過剰な自信】があるために相手の気持ちが分 [続きを読む]
  • メモの取り方
  • 読者の方からリクエストですw【書記になっちまったどうしよう】について考えてみたいと思います。書記の役目は【メモを取ること】会議で言うところの【議事録担当】です。話し合いにおいてみんなの出し合った意見や結論を記述する仕事なのですが、【メモが下手だと】仕事を成立させることが難しくなってしまいます。例えば、・どの部分を  メモすれば良いのか・メモしたけれど   読み返すと分からない・焦りすぎて  文字が [続きを読む]
  • 裏切られたことがない人
  • 5/10(水)発行のメルマガでは【人を信じられなくても大丈夫】というタイトルで裏切りと、信頼関係について書いてあります。その前に、ブログでは珍しいケースについて書いてみます。というのも、【裏切られたことがない】と言い切る人と稀に出会うことがあるのでそれについて考えてみたいと思ったのです。裏切りとは、他人によって【不利益となること】【悲しい思いをすること】【敵になること】などマイナスの行為や言動のことで [続きを読む]
  • シンプルに伝えることが大切
  • 悩みを抱える人たちは自分の思いを心に抱え一人で苦しみます。そのことを誰かに聞いて欲しくてカウンセリングを受けたり友達に話したりするのですが、辛い分だけ、長く抱えた分だけ【言いたいことが   山ほどあります】ですから、いざ話すとなると何日かかるのか…何時間かかるのか…というくらい長くなるので【聞いてもらう気力を失う】場合があります。「長すぎて、話すのが疲れる」という状況です。こういうときはいつもの【 [続きを読む]
  • 貸さない、借りないルール
  • アメブロ元ネタはこちら←この、貸し借りに関する人間関係のトラブルは尽きませんよね。じゃぁ、根本的にどうやって解決するか考えてみましょう。例えば、何かを貸す人の中には【断れないタイプ】の人がいます。頼まれると、イヤと言えないのです。そのため、【不本意ながらも】しぶしぶ何かを貸してしまって【返してと言えないまま】終わってしまうことが多いです。このタイプの人は貸し借り以前に【断っても良い権利】を知ること [続きを読む]
  • 自分の発達傾向が気になったときは
  • どこかから発達障害について耳にしたとき誰かとの話題で発達障害について聞いたとき「もしかして自分もそうかも…」と感じてカウンセリングや病院に行く人がとても多いこの頃です。その際、ネットで予め情報を調べます。自分がどんなタイプなのか、どういったことが苦手で何が得意なのかまでネットで情報を得ることができますので診断の下りる病院であったり診断のない見立てを求めてカウンセリングに行ったりするのです。こういっ [続きを読む]
  • 子供が興味を持たなくなるきっかけ
  • アメブロ元ネタはこちら←以前の記事では、子供に興味を持ってほしいことは大人も一緒に楽しもうということを書きました。逆に、子供が興味を持たなくなるのはどんな時か考えてみます。例えば、親の仕事についてです。親が仕事を楽しむ姿や、何かを達成して家族に褒められる姿、人として、尊敬できる姿などを見たり聞いたりして子供も影響を受けて親と同じことに興味を持ち始めます。ですが、親が嫌々働いていたり教師などで言えば [続きを読む]
  • 幸せそうに見える外向的な人の悩み
  • アメブロ元ネタはこちら←前回は、内向的な人の話を書きました。発達障害傾向で言うとアスペルガータイプに多いです。今回は、その逆の【外向的な人】について書きます。外向的な人は自分と向き合う時間が少なく【人と関わることで  自分を満たすタイプ】と言えます。【友達の多さ】や【人脈の広さ】が【自分の価値を高める】と考えている場合もあります。発達障害傾向では【ADHDによく見られるタイプ】です。ADHDの人は誰にでも [続きを読む]
  • アスペルガータイプは内向的
  • アメブロ元ネタはこちら←【内向的な人は  自分の話をしたがりません】内向的な人ってどんな人か分かりますか?例えば、大勢でさわぐより、一人で静かにいたい。複数人でより、1対1で話したい。たくさんの友達より、1人の親友。といったように【おとなしいイメージを持ちます】その内向的というのは【自分に向いている】と考えてください。ですから、【自分と対話する時間が長い】と言えます。発達障害傾向の人で、哲学などが好 [続きを読む]
  • 発達傾向の人に見えている世界は狭い
  • アメブロ元ネタはこちら←発達障害の傾向を持つ人たちは【興味の対象が狭く深いので】それ以外のことを知らないという場合が多いです。だいたい一般的に知られていることも当事者たちが興味を持たなければ情報として不要だと判断し、聞く耳を持ちません。広く浅く知ることは、【何も意味がない】と思っていることがあります。ですから知らないことが多い分、【予想外のことが起きる確率が高い】と言えます。この考え方に近い人ほど [続きを読む]
  • 過集中の後の感覚
  • 発達障害の傾向を持つ人たちは興味のないことには見向きもしませんが興味のあることが見つかると周りの音さえ耳に入らないくらい【集中しすぎるクセを持ちます】その集中力はとてつもないもので【寝食を忘れることも】あるようです。ところで、当ルームは移転したことをきっかけに改めて新規の顧客獲得に迫られています。車だと10分かからない距離に異動したのに路線一本違うと、まるで異国(^^;そこで、チラシやパンフレットの [続きを読む]
  • 感じ方や考え方は違って当たり前
  • ⇒アメブロ元ネタはこちら人と関わると、色んな考えを聞くことができます。その人の信念や、悪いときは思い込みまで知ることになります。それが自分の考え方や感じ方と違った時【自分を正当化したくなる】のが人間です。正当化したくなるのは当たり前ですよね、もし自分と間逆の考え方を受け入れたら【自分を否定したことになる】のと同じなのですから。だから人は、「あの人が悪い」とか「考え方がおかしい」などと悪口を言いたく [続きを読む]
  • 春に病みやすいわけ
  • 春先は自殺が増えますね。冬季うつというものがあると言われているくらいだから温かくなれば元気になれるのではないかと思えますがそう上手くはコントロールできないものです。その理由は何でしょうか。■環境の変化学校や職場など、4月は環境が変わる確率が高く新しいことや新しい状況についていくのが精一杯。覚えることはたくさんあるし、こなす作業がほとんど自分の知らないことの場合もあります。このような状態で一生懸命、 [続きを読む]
  • 断れない人の断れない3つの理由
  • アメブロ元ネタはこちら←ちょっと今時のブログっぽく書いてみようっとw=断れない人の断れない3つの理由=何でも安請け合いして引き受けてしまう人や誰の誘いでも必ず参加する人、みんなに優しく等しく接することができるタイプの人がいますが、その中で断りたいのに断れないという本音を抱えるタイプの人もいます。本来、都合が悪ければ誘われたことに感謝しながらも断る権利がありますし、断ればよいのにできないのはなぜでし [続きを読む]
  • 下手なのに魅力的な人
  • アメブロ元ネタはこちら←昨日、古くからの友達に招待されノラ・ジョーンズのコンサートへいきました。昨年は、ワンマンライブを開催させていただいたくらい音楽に近いところで暮らしていたのに上京してからコンサートに行ったのは初めてで。英語圏の人たちは、会話自体複式ですので歌声が太く、小声で歌っても安定感抜群なのです。羨ましい。さて、過去ブログの「ヘタウマ」とは?下手なのに上手く感じることです。それがその人の [続きを読む]
  • 書かなければ言葉はまとまらない
  • アメブロ元ネタはこちら←相変わらず手帳を愛用している私。だんだんと、こだわりが出てきて同じメーカーのシリーズばかり使っています。最近では外出するのもスマホがないと不安でスーパーでの買い物はメモ機能を活用していますが【脳を休ませすぎない】ことは心がけています。スマホは親切すぎます。・漢字候補を出してくれる・次候補を出してくれる・先生が常駐している日常がどんどん便利になるとともに【脳がどんどん退化して [続きを読む]