カウンセリングルームWhereabouts さん プロフィール

  •  
カウンセリングルームWhereaboutsさん: 心と体の健康のために
ハンドル名カウンセリングルームWhereabouts さん
ブログタイトル心と体の健康のために
ブログURLhttp://whereabout.sblo.jp/
サイト紹介文子育て・発達障害・その他、人間関係など色々な問題に向き合い、認知の変化を目指します。
自由文食べ物も日用品も豊富にあふれ、
生きていくには幸せな時代。

現代だからこそ生きにくい理由や
辛さがある人も多くいるかもしれません。


小さなことに喜びを。
些細なことに感謝を。
誰にも気付かれないほどの
ちょっとした行動にご褒美を。

そんな生き方を一緒に探してみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2016/03/02 09:56

カウンセリングルームWhereabouts さんのブログ記事

  • 素の自分を出せない理由
  • アメブロ元ネタはこちら←元ネタでは女子力のことを書いていて自分らしさが何なのか考えてみてね、的なことをお伝えしました。その「自分らしさ」を知っているのに出せなくて困っている人もいます。この悩み、カウンセリングで相談される中でダントツ上位を占めています。・本音が言えない・相手の求める答えを探す・言えなくてストレスになる・後に虚しさが残るなど、人によって抱える感情はさまざまとはいえ、多くの人が「自分ら [続きを読む]
  • ただの性格(個性)ですね
  • 発達障害の傾向を本人や周囲が自覚し病院で受診するという機会は増えてきました。脳波の計測や心理検査、日常行動などの聴き取りなど色々なことを総合して診断がされますが診断が下りる人と「大丈夫、ただの性格だよ」と診断が下りない人がいますよね。この「性格だから…」に傷つくのですよね。まるで見放されたようで。じゃぁ、どうすればいいの?と仮に質問したらきっと「あなたらしく、そのままで」とか言われてしまうのでしょ [続きを読む]
  • 物理的に距離が近い
  • 誰でも、相手に好意を持っていれば自然と距離は近づきまたそれが心地よいものです。でも、満員電車などでの人との距離って結構、精神的に辛いですよね。発達傾向を持つ人たちも悩んでいますし、気づかなくて困っている場合もあります。・特に好きでもない    ただの知り合いにも・相手の気持ちを    無視して自分を優先する・相手の身体の何かに    興味を持って触りたくなるこういったことが発達傾向の人の弱点ともい [続きを読む]
  • メモしてもできない
  • アメブロ元ネタはこちら←以前から、メモを推奨していますがそのメモにトライしてもなかなか上手く行かないという人もいます。・メモしたことを忘れる・勢いでその辺に書く・いつものメモ帳でないと落ち着かない・内容が多すぎて忘れるなど、悩みも人それぞれ。結局この方法も【習慣化させるまでは】長い道のりになってしまうのでそれまでの間は工夫しないと吸収できません。メモしたことを忘れる人は【定期的にアラームで確認する [続きを読む]
  • 周囲の人と仲良くなれないのはなぜ?
  • 以前、アスペルガータイプの人は距離感があってちょっと離れたくらいのところで見守るのが良いといった意味合いのことを記事にしたと思います。上記の言い回しってあくまでも定型発達側の視点になりますから、じゃぁ、発達傾向側の視点で【仲良くなりたいのになれない】ということについて考えてみたいと思います。結論から言えば【それは発達傾向の   問題ではないかも?】と私は考えます。なぜなら、純粋なアスペルガーであれ [続きを読む]
  • 愛されたい
  • 自分は愛されていない誰にも必要とされていないもっと求められたい人は、誰かの役に立つことで自己有用感が満たされ頑張る意欲が湧くものです。でも、誰からも愛されず必要とされなければ【意欲は激減します】カウンセリングを受ける人の中で「愛されたい」はテーマになりやすく話を伺っていると愛されなかったから【愛し方が分からない】ということを言われるケースが多いです。だから大人になってもいつも愛されたいと思いながら [続きを読む]
  • 着物買取
  • 今年、当ルームが移転したのはもうご存知の方が多いと思いますが実は、そのときに私、着物をどうしようかって悩んだ末捨てちゃいました〜!!!(泣)もうね、このサイト見てたら余計に思ってしまいます。あのときの自分を呪いたい…そのくらいすごいんです、ここのサイトの内容が。あのとき、知りたかったこと知らなかったことまでたくさん書かれていました。⇒「着物買取」いつも紹介しているサイト同様ランキング形式で記載され [続きを読む]
  • 発達障害の人とのお付き合い
  • 発達障害の人と付き合うのは大変なのだろうなぁ…と、定型発達の人は思うかもしれません。関係が悪くなったら困るので適度な距離を保ち続けそれ以上近づくことを避けているかもしれません。そんな人たちが発達傾向のある人たちともう少し仲良くなるために気をつけておくことをお伝えしますね。◆アスペルガータイプの人・基本的に冗談は言わない・未確定な希望を口にしない・明確な発言をする◆ADHDタイプの人・問題点を追求しすぎ [続きを読む]
  • アスペルガーの人は怖いイメージ
  • 今回は、定型発達目線で書きますね。時々出会う、怖い人。怖いといっても色々で上から目線で言うことを聞かせようとしたり怒鳴ったり支配的で自分はすごい人間だと偉そうにしたり…。そんな人と仲良くしたいなんて思わないことでしょう。ただ、【悪気のない怖い人】もいることを知ってください。特にアスペルガータイプに多く勉強ができ、知識が豊富で自分の得意な分野や自分の素晴らしい考え方を【ひたすら語りたい】という場合・ [続きを読む]
  • 忘れ物をしない方法
  • 前日の夜に準備すればいいのに面倒で後回しにして出かけるときになって慌ててバタバタと支度するタイプの人は忘れ物が多くて周りに迷惑をかけたり自分が困ったりすることが多いと思います。特に発達傾向を抱える人たちでADHDの注意性が危ういタイプなら尚更。そういった人たちの【忘れ物を減らす方法】は、いつも言っているとおり【メモが活躍します】今回は、メモの中でも【ふせん限定にします】ふせんは、貼り付けることができる [続きを読む]
  • 愛着形成で大切なこと
  • 「愛情をプレゼント」の記事ではママが初めて子供に愛情をプレゼントできますよ、最高の贈り物ですよ、など書きました。その際、読者の方から質問をいただいたので続きを書いてみようと思います。赤ちゃんが生まれてから1歳半くらいまでの間に愛着が形成されます。その相手は【絶対安全な存在】であり自分の心を守ってくれる特定の誰かになります。だから、ママが初めての「愛着形成対象」となるということを伝えたかったのですが [続きを読む]
  • 新しい環境を迎えるとき
  • 発達障害の傾向を持つ人は新しいことを始めることや新しい環境になることを過剰に恐れます。【どんな人に出会うのか】【どんな出来事が起こるのか】【どんな仕事に変わるのか】分からないことが多すぎてただでさえ【先の予測が苦手なのに】新しい環境などもってのほか、と考えます。こういう時は、【シナリオを作成】しましょう。当事者ができることではないのでフォローが必要です。職場の先輩や上司、学校の先生や親など【その環 [続きを読む]
  • 愛情をプレゼント
  • 子育てにおいて、親から子へ、子から親へ愛情を注ぐというのは【プレゼントを贈る】ということです。大人同士でも恋人同士でも同じですが、【子供の時には】この愛情プレゼントが【最も必要なのです】それは、どんな親でも当たり前のようにできているふうに思えて、実はうまくかみ合わないことも起きているのです。というのも、例えば物に例えたとしてあなたは今、「りんごがとても食べたい」と考えているとしましょう。そして、プ [続きを読む]
  • 役割を与えることが大切
  • 誰にでも、役割は必要です。押し付けられると「面倒くさい」と思ってしまうかもしれませんが、役割を与えられることで【居場所感が増します】学校での係などもその機能を果たしていますがやりたい係でないとサボる子が続出wwwさて、その役割は、【なるべく小さいうちから】与えておくと良いです。ただ、親自身の手伝いとなると嫌なことだらけでしょうが、そんなお願いではなく【子供ができるレベルで】短時間で済ませれるような [続きを読む]
  • 発達障害は親のせい?
  • 発達障害の診断を受けると特に母親は「自分のせいでは…」と落ち込むことがよくあります。ただ、発達障害は先天性ですから親のしつけのせいではない、とされています。【原因探しより、今後の課題を】考えることが大切ではあるものの、「じゃぁ、何が悪かったのよ?」とつい考えてしまいますよね。そして、以前の記事では【育った環境が影響する】と私は書きました。それについて、もう少し掘り下げてみたいと思います。私たちは、 [続きを読む]
  • 〜小学生からの子育て〜3つのポイント
  • 誰だって、親になるのは初めてです。最初から上手くできる人はいません。保育士など、子供に関わる仕事に従事する人だって我が子のことになれば戸惑うことは多々あります。そして、【子育てに失敗したくない】のは100%親が願うものです。そこで、小学生くらいから気をつけておきたいポイントをピックアップしました。あまりたくさんあっても戸惑うのでとりあえず3つにまとめてみました。反抗期の息子がいる私も改めて確認しながら [続きを読む]
  • 発達障害が増えた原因
  • 読者さまからの問いかけで続きを書きたくなりました。今、発達障害の人がとても増えている理由について。確かに、今では発達障害の診断が受けやすくなって疑わしい人は病院で検査しやすくなりましたよね。それによって、診断を受けた人が増えた、と。ただ、少なくとも当ルームでは【診断が下りない   軽度の人も増えている】というのが事実です。発達障害自体がグレーゾーンと言われていますがそれよりさらにグレーなところの人 [続きを読む]
  • 発達障害のおかげです
  • アメブロ元ネタはこちら←発達障害の診断は、WiscやWaisと言われる知能検査が利用されています。ほとんどの人が当たり前に持っている得手不得手の【差が大きいほど】発達障害の傾向が強まります。そういった人たちは変人扱いを受けます。そして、付き合いにくい人だと避けられたりからかわれたり恵まれた待遇にいる人はごく少数です。「変人を愛せよ」の記事では変人の良さを書きましたがさらに説得力を高めるために追記したいこと [続きを読む]
  • 電話占い口コミランキング
  • 何かに悩んだとき、迷ったとき、「占いに頼ってみたい…」と思ったことはありませんか?最近は男性も増えてきましたけど特に女性は占いが大好き♪私も、無料の占いを時々参考にしたりしていますがすっごい中途半端な内容で、その続きを読みたいと思ったら料金が発生する仕組みだから今までは、全部読むのは諦めてました(^^;でも、どうしても占ってほしいときお金を払って本気を出したいときどの占いにお願いするのかは前もって決め [続きを読む]
  • ダメ出しで自己成長できる
  • アメブロ元ネタはこちら←「私が悪かった」ただ、それだけの言葉なら大人であればおおよその人は言うことができます。ただ、その言葉は【言い訳も省略】してその場を逃れる方法に有効なものです。例えば、通販などのクレーム処理係ではお客様の言い分を「申し訳ございません」と言いながら聞き続けます。そして最後にどう対応するかを答えます。この方法は有効で、【怒りを受け止め続けると】時間とともに【クールダウンする】ので [続きを読む]
  • 営業電話が下手すぎ
  • アメブロ元ネタはこちら←サイト上でお断りしているものの当ルームにも営業電話が結構かかってきます。システムの売り込みや広告掲載の売り込みなど年々新しいものに変化します。ところで、昔から変わらないですが営業の電話をかける人は年齢層が低いです。電話でアポを取るのは営業の基本ですから新人が担当するのは当たり前です。ただ、変化を感じるのは・褒め方がおかしい・おどおどしている・お経を読んでるみたい・滑舌悪すぎ [続きを読む]
  • 安請け合いしてしまう
  • 「やっぱり 引き受けるんじゃなかった…」そんな経験をしたことはありますか?特に、発達障害の傾向を持つ人はこういった失敗談が少なくありません。例えば、ADHDタイプの人の場合は【その場のノリで】アスペルガータイプの人は【言葉の表面だけ捉えて】頼まれごとを引き受けてしまいます。両者とも【先を見通すのが苦手】で引き受けることでそれがどういうことか【理解しきれていない】ことも考えられます。正義感が強く心根が優 [続きを読む]
  • 発達障害の子離れ
  • アメブロ元ネタはこちら←発達障害の傾向を抱える人の中には成人後も長い間、【親との距離が近すぎて】どのタイミングで独立したらよいのか悩む人がいます。また、親のほうも心配して【なかなか子離れできない】というケースもあります。単純に、離れられないのではなく【生活の崩壊を心配して】手放せなくなっています。親心としてはそれも当然のことでしょう。周りからは過保護だと責められ、子ども側はマザコンだとからかわれ実 [続きを読む]
  • 上級食育アドバイザー取得
  • 最終試験の課題を提出し、本日認定証が届きましてきちんと私に肩書きがつきました。【上級食育アドバイザー】です!食品添加物の勉強も、生活習慣病も栄養学もきちんと勉強しました。こういった人には特に食事の見直しをお勧めします。・発達障害傾向の人・独身で一人暮らしの人・子育て中の人・無理なく痩せたい人・ハードに痩せたい人・ダイエットに何度も失敗している人方法としては、1週間分の食事内容をきっちり記入してきて [続きを読む]