はるお さん プロフィール

  •  
はるおさん: お義母さん、出て行って。
ハンドル名はるお さん
ブログタイトルお義母さん、出て行って。
ブログURLhttp://springman0302.blogspot.com/
サイト紹介文念願のマイホームに転がり込んできた義母への愚痴ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2016/03/03 07:55

はるお さんのブログ記事

  • 友人からの相談。
  • 友人からメールで相談を受けたのだが、友人が現在交際している彼女が、某新興宗教のメンバーらしい。新興宗教とまるで縁がない友人は、結婚を考えていた彼女が新興宗教に所属しているとわかって、とてつもなくショックを受けている。ただ、不幸中の幸いと言えるのかはわからないが、その彼女自身は自分から入信したわけではなく、信仰している両親が、その彼女が小さい時に勝手に彼女を入信させていたということだ。その彼女が友人 [続きを読む]
  • ごめんなさい。
  • 家に帰るのが、気が重い。家の中の空気が殺伐としており、自分の家にも関わらず、居場所がない雰囲気だ。まあ今に始まった事ではないのだが…。今日は仕事の帰りに、どうしても一人で飲みたくなった。適当に入った居酒屋で、時間を潰した。妻には、嘘をついてしまった。「残業があるから、遅くなる」と言ってしまったのだ。残業といった手前、お酒の匂いを充満させるわけにはいかないので、お酒はほどほどにした。飲んでいるうちに [続きを読む]
  • 語らない義母。
  • 妻の話によると、義弟の妻と会ってきた義母は、とても機嫌が悪く帰ってきたらしい。何も話したくないらしく、妻にも詳細を告げない。その義母の態度は明らかに、義弟の妻が義母に対して何か気に食わない言動をしたということを物語っている。妻からその話を聞いて、ありありとその光景が想像できてしまい、同居の長さを実感し溜め息がでる。そろそろ何を話したのか聞き出したい頃なのだが、義母は一向にその件に関しては口を開かな [続きを読む]
  • 義弟の妻の動向が気になる。
  • 妻から聞いたのだが、義母が妻に「今日、息子のお嫁さんに会ってくるわ」と言って出かけていったそうだ。息子のお嫁さんとは、妻の弟の妻、僕にとっては義弟の妻である。何で会うのかと妻が聞けば、義母は「久し振りにお茶しましょうと誘われたの。どこどこの羊羹を持ってこいって要望もあったわ」と、納得いかない表情をしていたらしい。ついに動き出したかという感じだが、やっぱり僕は義弟の妻はおかしい気がした。実母にならま [続きを読む]
  • 義弟の妻の独りよがり?
  • 義弟の妻の目論見を、僕たちだけでなく義母もまだ知らない。何故義弟の妻は、好条件の今住んでいる家(妻の実家)を売り、義母が建てる二世帯住宅の敷地内に、家を建てたいと言い出したのだろうか。もしかしてお金に困っているのだろうか。だから例えどんない嫌でも、義母と同じ敷地内に住むことで、金銭的な援助を期待しているのかもしれない。とはいえ、これはあくまで僕の予想である。そして、これは義弟夫婦の総意というわけで [続きを読む]
  • 恨みは大きい。
  • また問題が発生した。妻が生まれ育ったの実家には、現在義弟(妻の弟)夫婦が住んでいる。当初の予定では、義母は実家に住み続ける予定だった。しかし、義弟の妻が色々とごねたせいで、義母は実家を追い出される形になり、我が家に転がり込んできたのだ。妻の実家は、家も土地も大きい。その実家を半ば奪った義弟の妻に、一体何の不満があるのかはわからないが、実家を売りたいと言っているそうだ。そしてその実家を売り、義母が計 [続きを読む]
  • 不気味な事 2。
  • 先日書いた、誰かに後をつけられている話。僕の勘違いかもしれないと思っていたが、少し心配だったので、妻に相談した。すると妻も、「えっ!?はるおも?私もなんだけど」と言ったのだ。先週末妻は、ホットヨガに出かけた。普段妻は車で出かけるのだが、その日はホットヨガの後にデパートに買い物に行く予定があった。なので、車よりも交通機関を利用する方が便利だと判断し、地下鉄でホットヨガに出かけたらしい。しかし家を出た [続きを読む]
  • 不気味な事。
  • 妻が出した提案を真剣に考え出した義母は、僕と妻に「検討させて欲しい」と言ってきた。いつもなら即否定したり、頭ごなしに反論してくる義母が、「検討させて欲しい」と言うのだ、もしかしたら事態は良い方向に動くかもしれない。実は先週末、怖いことがあった。仕事が終わって帰宅している時、誰かにつけられているような気がしたのだ。地下鉄で本を読んでいた僕は、最初は全く気づかなかった。しかし、肩が凝ったのでふと本から [続きを読む]
  • 事態が好転したかも…?
  • 義母の計画はこうだった。お隣さんのFさんの土地を購入し、Fさんの土地と我が家の土地の間に、二世帯住宅を建てる。二世帯住宅完成後、今の家(僕と妻が建てた家)を取り壊す。取り壊した土地に車庫を作る。妻が義母に提案したのは、今の家は取り壊さず、 このまま妻と僕が住み続ける。義母と川谷さんはFさんの土地に新居を建て住む。その方がお金もずっと安くなるし、家を壊す必要がなくなるし、二世帯ではないけれど隣同士なのだ [続きを読む]
  • 妻からの一言。
  • 日曜日の夕食の時のことだ。この日、義母は夕食に川谷さんを招いた。義母は二世帯住宅が完成次第、川谷さんと一緒に住む予定らしいのだが、今はまだお互い自分の家に住んでいる(といっても毎日のように川谷さんは我が家に来るのだが)川谷さんはいつも日曜日に用があるらしく、義母と川谷さんはほとんど日曜日には会わない。しかし昨日は川谷さんがフリーだったようで、我が家にやってきたというわけだ。日曜日は川谷さんの顔を見 [続きを読む]
  • 二世帯住宅にまた一歩…
  • 僕の隣の家に住むFさん一家が、栄転のため、今住んでいる土地を売りたいという話。その土地を購入して、そこに二世帯住宅を建てる…というのが義母の計画なのだが、この度正式に義母はそのFさんの土地を購入することになった。購入する…って、義母は資金などをどうしているのかと思ったが、それは大きなお世話だったようだ。元々義母の実家は資産家だったようだし、亡き義父も資産家だったので、義母はかなりの資産を持っている。 [続きを読む]
  • 低糖質ダイエット2。
  • 義母は一度こだわりだすと、とことんこだわるタイプである。今糖質制限に力を入れている義母は、糖質制限の本を読みあさり、ネットで糖質制限の食材を買い込んだ。連日宅急便が届き、その中身は全て糖質制限に関する食材だ。義母が糖質制限の食事にこだわり始めたので、僕も糖質制限について調べてみた。確かにダイエットには最適だと思う。糖質以外の物は、しっかり食べられるのだから。糖質がなくても、料理次第でいくらでも美味 [続きを読む]
  • 義母の財力。
  • 義母が建てようと躍起になっている二世帯住宅の、総予算が出た。びっくりするような額だった。現実的な額ではないのは明らかだ。とてもじゃないが、こんな大金を支払えるわけがない。おそらく支払いは折半になるはずだが、折半だからといえども、僕には手の届かない額である。しかしこれは、結構嬉しいことでもある。「この額を折半するのは厳しいので、僕たちはこれを機に引っ越します」と言える理由ができたということである。妻 [続きを読む]
  • 低糖質ダイエット。
  • 義母が突然、今巷で話題の低糖質ダイエットをすると言い出した。義母はジムで毎日運動をしているし、体型を非常に気にしている。義母は全く太っておらず、むしろかなり痩せている。妻も、「ママは昔からずっと痩せている」と言っていた。話を聞くと、糖質制限ダイエットが必要なのは、川谷さんらしい。川谷さんを応援するため、義母も低糖質な食事を心がけるそうだ。僕は低糖質ダイエットではなく、偏りなくしっかり食べて痩せたい [続きを読む]
  • 親の面倒?
  • 僕の知らないところで、敷地調査が行われていた。義母の仕事の早さには、驚かされる。数日後には敷地調査の返答があり、概算見積もりが出る。まだ確定ではないが、概算見積もりを出してもらうため、義母は家の間取りやプランを考えるのに、大忙しだ。仕事が上手くいかなかったことも相まって、ついイライラして、義母の事を「全く…この暇人め…」と呟いたら、妻が「ごめん…私なにもしてなくて…」と悲しそうな顔をしてしまった。 [続きを読む]
  • やるせない。
  • 胃痛が治らない。妻の胃痛はだいぶ良くなったようで、習い事に行ける程完治した。僕は何とか休まず仕事に言っているが、あまり集中できない。妻は昨日、通っているパン教室でパンを作ってきた。教室ではいつも1度に2種類のパンを作っているらしいのだが、昨日は1度に4種類作ったらしい。思いの外大量にできてしまったようで、いつもより多くパンを持って帰ってきた。僕は妻のパンが大好きで、妻のパン教室の日はすごく楽しみだ。そ [続きを読む]
  • もうだめかもしれない。
  • 妻が胃潰瘍になったと思ったら、僕も胃潰瘍になっていた。一昨日から胃がとてつもなく痛むようになり、胃薬を飲んでも治らなかったため、病院に行った。そこで、僕も胃潰瘍になったと判明した。予兆は今思えばあったのだ。すぐ傍に同じ病気で苦しんでいた人がいたと言うのに、まさか自分が胃潰瘍とは思い至らなかった。いくら胃潰瘍と言えども、仕事を休むわけにはいかないので、痛みと戦いながら仕事をしてきた。痛みを我慢してな [続きを読む]
  • 胃潰瘍。
  • ここ二日間、妻は体調が優れないようで、食欲もなく、日中は横になっていることが多かった。最初は暑さにやられてしまっただけかな、とも思ったが、酷い胃痛にも悩まされている。さすがに、このところの妻の様子と合わせて、妻の体調が心配だったので、午後を半休にして、今日妻に付き添って病院に行ってきた。妻はストレス性の胃潰瘍だった。入院を伴わない大きな病気ではなかったのが幸いだが、それでも胃痛に苦しんでいる妻は、 [続きを読む]
  • 妻が無気力だ。
  • 二世帯住宅のカタログなどが、今我が家のリビングに山ほどある。義母が二世帯住宅の設計を考えるため、様々な不動産会社などからカタログを取り寄せしているのだ。また義母は毎日のように、ネットで家のモデルやインテリアなどを検索。本当にこのままだと二世帯住宅ができてしまう。妻は本当に、この二世帯住宅の件に関わりたくないらしく、全てにおいて無関心だった。無関心を装っているのか、無関心にならざるを得ないのかはわか [続きを読む]
  • このタイミングで…。
  • なんでこのタイミングなのか不明だが、僕の隣のFさん一家が、転勤のため引っ越すらしい。転勤は三ヶ月前から決まっていたことらしいが、僕は今日はじめて、Fさん一家が引っ越しすることを知った。今日義母とFさんの奥さんが、偶然スーパーで会い、色々長話をしたらしい。Fさん一家の今回の転勤は、栄転だそうだ。つまりもうこの地に戻ってくることはなく、次の引っ越し先が生涯の地になるらしい。そこで転勤が決まった三ヶ月前から [続きを読む]
  • 勧誘の電話。
  • 川谷さんの宗教活動の所為だろうか。今朝我が家にその筋の方から、勧誘の電話が来た。電話に出たのは妻だったのだが、途中妻に代わって僕が対応した。電話の主は、強引な口調で断れない雰囲気を出してきたが、負けずにはっきり断った。朝の忙しい時間だったので、若干イライラしていたのが、弱気な僕にとって功を奏した。だがその後、自宅に来た川谷さんに、妻はこう言われたらしい。「あまりはっきり断ると、大変だよ」 と、まる [続きを読む]
  • 不動産屋が来たらしい。
  • 妻から聞いたのだが、今日の午後不動産屋が我が家に来て、二世帯住宅の相談をしたらしい。当初義母達は、今の家をどうにか改築して二世帯住宅にできないかと考えていたのだが、この考えは不動産屋にあっさり却下されたそうだ。今の場所が気に入っているのであれば、今の家を壊してから新たに二世帯住宅を建てるべきだと言われたそうだ。親身になってくれるとはいえ、所詮不動産屋も商売だ。改築するよりも、新築を建てる方がより商 [続きを読む]
  • 僕の母と義母との仲がこじれた。
  • 今日の昼間、僕の母が義母に二世帯住宅のことで電話をした。今朝、母からラインで、電話をすることを教えてもらっていたので、気持ちの準備はできていたが、それでも心はざわざわしていた。夕方には妻から「お義母さん(僕の母)から電話がありました。ママがイライラしています」とラインがきた。予想してはいたが、一気に背中に汗をじとっとかいた。その言葉通り、仕事が終わって帰宅すると、義母から「はるおさん、あなたのお母 [続きを読む]
  • 妻の元気が無い。
  • あと数日もしたら、不動産屋が家にやってくることになっている。二世帯住宅の相談のためだ。最初は、皆に内緒でキャンセルの電話を入れようかと思ったが、そんなことをしても根本的な解決にならないし、余計義母や川谷さんを刺激する気がしたので、やめた。実母が義母に電話するかもしれないこと、不動産屋が来ること、川谷さんは平気な顔で我が家に上がってくること、妻は戦う気力をなくして元気がないこと…本当に悩みが尽きない [続きを読む]
  • 久しぶりに楽しい日曜日だった。
  • 日曜日、僕は義母に、「僕の母がお義母さんにお話があるそうなので、近々電話があるかと思います」と告げた。義母はほとんど連絡をとっていない僕の母から、何故いきなり電話がくるのか、ちょっと腑に落ちないようだった。だが、ひとまず了承の返事が返ってきた。義母は川谷さんと、日曜日どこかに行っていたらしく、1日不在だった。妻は友達を会う予定があったので、僕は犬のダンちゃんを連れて、犬も利用できるカフェに行った。 [続きを読む]