中年親父 さん プロフィール

  •  
中年親父さん: 中年親父の車道楽ブログ
ハンドル名中年親父 さん
ブログタイトル中年親父の車道楽ブログ
ブログURLhttp://shinsyanebiki.com/
サイト紹介文カーライフを満喫する、私の勝手気ままな車道楽の三十年を書き綴ります。
自由文現在の愛車はミニ。久しぶりにバイクも乗りたいなと思ったり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/03/03 08:55

中年親父 さんのブログ記事

  • 郵便配達の赤バイクが電動バイクに
  • 赤いスーパーカブおなじみの郵便配達の赤いスーパーカブが電動二輪車になるというニュース。日本郵便とホンダは2017年3月23日(木)、現行の二輪車に替わる電動車両を用いた郵便配達による社会インフラ整備に向けた協業の検討を開始し、覚書を締結したと発表しました。50年以上も郵政カブとして知られた郵便配達のあのバイクが電動に変わるとのこと、大ニュースだと話題にするのは私らスーパーカブ好きです。覚書の内容は以下の通 [続きを読む]
  • 準中型免許制度で何がかわるのか
  • 準中型免許制度はいつから所要にて警察署へ出かけた際に、警視庁のパンフをみてここへきて新しい免許制度、準中型免許制度が2017年(平成29年)3月12日に施工されるということを知りました。免許制度が変わるという話はずいぶん前に聞いたものの、詳細は知らず。ちらっと聞いた話だと、私自身には関係ない話だとたかをくくっていたものの施工前になって自分の免許がどうなるのかというのはやっぱり気になってきました。準中型免許 [続きを読む]
  • ホンダ ベンリーCD90
  • ベンリー90についてT君のベンリー90です。私らがスーパーカブを物色している横で、「スーパーカブはニーグリップが出来ないので怖い」らしくて、独りカブと同じカブのエンジンを搭載したベンリーに乗るといい、もはや新車は手に入らないCD90を買うと宣言、数日後には本当にベンリーをヤフオクで探してきました。ベンリーのルーツは1953年にまでさかのぼります。1958年頃には50ccクラス:カブ51cc - 125ccクラス:ベンリイ126cc - 2 [続きを読む]
  • 阪神高速16号大阪港線 朝潮橋パーキングエリア
  • 朝潮橋パーキングエリアについて阪神高速16号大阪港線、上り線、環状線方面行きにあるパーキングエリア。大型車が7台、普通車が37台と小さなパーキングエリアですが、阪神高速名物の渋滞ゾーンの中にあるので、一度や二度は利用したことがある方も多いと思います。こじんまりとしたPAですが、お気に入りの一つ、欲をいえば下り線にもあればもっと便利なのにと思うのは私だけでは無いはずです。朝潮橋パーキングエリア 夜景朝潮橋の [続きを読む]
  • 豊岡 紅葉ドライブ
  • 豊岡市とは遊び仲間のK君の、クラブマンが納車記念にと、一泊二日で豊岡方面へ紅葉狩り・今シーズン初カニ鍋のドライブをたのしみました。豊岡は兵庫県の北部で、野生のコウノトリの生息地として知られ、コウノトリの保護や繁殖の事業が行われています。城崎温泉や竹野浜、神鍋高原などのスキーに出石そばなどが有名かも。大阪から豊岡までは3時間〜4時間ほどでしょうか。中国道〜舞鶴自動車道を使い、福知山から、もしくは春日IC [続きを読む]
  • 豊岡 紅葉ドライブ
  • 豊岡市とは遊び仲間のK君の、クラブマンが納車記念にと、一泊二日で豊岡方面へ紅葉狩り・今シーズン初カニ鍋のドライブをたのしみました。豊岡は兵庫県の北部で、野生のコウノトリの生息地として知られ、コウノトリの保護や繁殖の事業が行われています。城崎温泉や竹野浜、神鍋高原などのスキーに出石そばなどが有名かも。大阪から豊岡までは3時間〜4時間ほどでしょうか。中国道〜舞鶴自動車道を使い、福知山から、もしくは春日IC [続きを読む]
  • 信貴生駒スカイラインのドライブ
  • 信貴生駒スカイラインについて信貴生駒スカイラインは、生駒山地を南北に走る全長20キロほどに及ぶ有料道路です。南は信貴山の奈良県三郷町を通る奈良県道236号信貴山線と信貴山門料金所で連絡、北の生駒側は、阪奈道路と登山口インターチェンジで繋がります。正直、たった20キロほど走るのに、通行料金の高さはどうかと思いますが、夜景が綺麗、桜が綺麗、紅葉が綺麗、青空が綺麗、ドライブにこれほど適したコースは無いなと思い [続きを読む]
  • 淡路島 明石海峡大橋を見上げる 道の駅 あわじ
  • 道の駅 あわじ道の駅あわじ に立ち寄りました。秋晴れの空の下、久しぶりの淡路島ドライブ。秋の海岸沿いのドライブは心地よく、国生みの伊弉諾神宮や大鳥居で有名なおのころ島神社へお詣りしたりして遅めの昼食がお目当てです。この 道の駅 あわじ の人気ぶりはたいしたもので、週末ともなれば駐車場所に困るほどの混雑ぶりで、平日の昼過ぎでもかなりの車が停まっていました。淡路島の観光スポットの一つとしては外せないと思い [続きを読む]
  • マツダのキャロル
  • マツダ キャロル360マツダのキャロルが停まっていました。(他人様の車なのでボカしました)久しぶりの、通りすがりの名車シリーズ。もの凄く綺麗な車両。2ドアなので、1962年製の初期モデル、私よりも年上です。マツダがまだ東洋工業時代の車両じゃないかと思います。既に30年ほど前の話しになります。私が20歳そこそこの頃、5万円で買ったホンダのN360に乗っていた時期があり、友人が乗っていたのがこのキャロルだったと記憶して [続きを読む]
  • 大阪港第三突堤第七岸壁(ナナガン)の夜景
  • ナナガンの夜景知る人ぞ知る大阪市内のベイエリアの夜景スポットがあります、通称ナナガンと呼ばれる大阪港第三突堤第七岸壁です。なみはや大橋の下あたり、車を止めたナナガンからは、阪神高速5号湾岸線の港大橋を見上げ、ガントリークレーンを照らすベイエリアの明かりが独特の夜景を作り出しています。高い場所から眺めるだけが夜景ではありません。夕暮れ時からすっかり日が沈むまでのひと時に、岸壁に車を止めてお茶など飲み [続きを読む]
  • 堺のモーターヘッドサイクルショップ
  • 堺市の上野芝に、スーパーカブ・ベンリィの専門店があります。「モーターヘッドサイクルショップ」です。我々の遊び場、ガレージが堺にあるので、整備などでお世話になったりここでカブを購入したりしています。スーパーカブにベンリィとか、マニアックな店です。店先には、「他車はお断りするかも」とか書いてあったり、気弱な私らには間違いなく入りづらい雰囲気プンプンでしたが、物静かな店主の誠実な対応がとにかく素晴らしい [続きを読む]
  • 堺のモーターヘッドサイクルショップ
  • 堺市の上野芝に、スーパーカブ・ベンリィの専門店があります。「モーターヘッドサイクルショップ」です。我々の遊び場、ガレージが堺にあるので、整備などでお世話になったりここでカブを購入したりしています。スーパーカブにベンリィとか、マニアックな店です、確かに入りづらい雰囲気プンプンですが、物静かな店主の誠実な対応がとにかく素晴らしい。店の常連のお客さんも、風貌に似合わないフレンドリーな方が多く、素人の我々 [続きを読む]
  • めがね橋を渡ってリトル沖縄 大正区
  • 西成から木津川を渡って大正へと渡る「めがね橋」をスーパーカブで走って来ました。めがね橋、正しくは千本松大橋といいますが、界隈の者はみんなめがね橋と呼びます。実際に見ることは出来ませんが、上から見るとメガネに見える、という事からだとの事、三十数メートルもの高さがあってどんな大きな船でも通れるとか。バイクでも車でも、そんなメガネ橋のてっぺんから眺める景色は最高で、全長は1288メートルの橋は、特に今回の我 [続きを読む]
  • おすすめのドライビンググローブ CACAZAN
  • ミニに合わせて、ドライビンググローブを新調しました。CACAZANのある香川までドライブ。〜の、宇野経由で児島〜倉敷〜牛窓。ドライビンググローブって必要なのか?ドライビンググローブが必要かどうか?文字通りドライブするにあたって装着するグローブの事をドライビンググローブという訳ですが、サーキットでレースにでも出て走るのでも無ければ不必要じゃないか、ましてや何万円もするグローブなんて、、、そんな風な話はドラ [続きを読む]
  • スーパーカブ70 デラックス
  • スーパーカブ70デラックスが私のオートバイ。2000年の排ガス規制対応モデルが発表された頃、スーパーカブ70はカタログから姿を消したみたいで、暫くは新車も手に入ったみたいですが、2016年の今、やがて20年が経とうとしているスーパーカブ、新車が手に入る事は無いでしょう。「カブ通は70を好む」、という一言を聞いて、通だとか玄人という言葉に弱いミーハーな私は70を選んだワケですが、まったく乗り込んで無いので、らしいです [続きを読む]
  • スーパーカブ(小型自動二輪)ナンバープレート取り付け
  • 名義の変更をしたら、次はナンバープレートの取り付けです。名義変更はこちらのページ >>> 小型自動二輪の名義変更四輪には封印というナンバーが簡単に取り付け取り外しが出来ない様にキャップがありますが、我らが小型自動二輪はボルトで締め付けるだけの簡単な物です。軽四は無いらしいですし、防犯などを真面目に考えるならばどうにも良く理解出来ないルールですね。ちなみに封印はこんな感じで、後部のナンバープレートのみ封 [続きを読む]
  • バイクの自賠責保険の名義変更
  • ナンバープレートの交付、名義変更に続いて、今度は自賠責保険の名義変更です。私の購入したスーパーカブには、自賠責保険が結構長い期間(2年ほど)残っていました。新しく加入すると2年間の保険料は1万円弱にもなります、小さな金額じゃありません。当然、名義変更をしようという話になる訳です。バイクの自賠責保険について自賠責保険はバイクそのものに付く保険であって、契約者に付く保険ではないので、保険期間であれば、バ [続きを読む]
  • オークションで購入したカブ(小型二輪)の名義変更
  • 私のスーパーカブはオークションにて購入したのですが、初めての経験、心配だったのが10万円の買い物をオークションでする心配よりも、名義変更等の手続きなどを自分でしなければいけない、みたいな心配、面倒の方が大きかったです。正直、やってしまえば簡単な事ですが、やっぱり役所へ行くのが面倒なのは間違いなく、あれこれネットで調べてなんとか完了しました。ちなみに、大阪市の場合は市税事務所へと出向く必要があります。 [続きを読む]
  • BMW MINI★R@BBRICK が当たったみたい
  • GWの三日間、隠れ家にてBBQしたり、ドライブへでかけたりして遊んで帰ってきたら、MINIから何やら届いてました。何やらキャンペーンで当たったみたい。とはいえ、私には R@BBRICK なる物が何がなんだか判らない。ちょっと検索してきたら、出てきました。日本語ではベアブリック、MedicomToy社から販売されていて、「デジタルなイメージのテディベアを作る」というコンセプトで作られているフィギュアなんだそう。あれこれと、アー [続きを読む]
  • スーパーカブ90 デラックス
  • 既に新車を入手することが出来ないスーパーカブの90には、丸目のデラックスと角目のカスタムが有ります。人気は丸目ヘッドライトの[HA02型]で、1980年〜2008年頃までマイナーチェンジを繰り返しながら販売された質実剛健、これぞカブというロングセラーモデル。排ガス規制の実施に伴い、スーパーカブ110の登場で生産終了となった、キャブ仕様の最終モデルでデラックスとカスタム、どちらも90は3速仕様だという事に対しての良し悪 [続きを読む]
  • ホンダ リトルカブ
  • 前後のタイヤが14インチと、他のモデルに比べて一回り小さいのが特徴の50CCカブで、3速モデルとセルつきの4速モデルがあります。バッテリー上がりとか万が一の際にもキックスタートが出来るのは安心、かつツーリングの際などはやっぱり4速あるのは快適、という事で、私なら迷わずにセルつき4速を選ぶでしょう。そして、なんといっても可愛いカラーがラインナップされており、現在でも(2016年春)新車で購入できる、人気の丸目ヘッ [続きを読む]
  • ファミリーバイク特約
  • 以前、バイク保険の比較という投稿でも紹介したとおり、バイクの任意保険の加入率は車と比べたら3分の1程度しかない上に、バイク事故の発生率は自動車の1.5倍以上もあるという現実があると書きました。>>> バイク保険の比較事故を起こした際のリスクを考えれば、任意保険への加入はもはや必須だと思います。ファミリーバイク特約の値段保険加入率の低い理由に、任意のバイク保険の保険料の高さが上げられます。年齢にもよりますが [続きを読む]
  • 白ナンバーとピンクナンバー、原付と小型二輪の違い
  • 本日もスーパーカブ作戦の話。私の中では、50CCはありませんが、70CCと90CC、110CCのカブが候補にありますんで、街を歩いててもカブが走ってるとそりゃもう、テンション高くなります。そんな風に眺めてると白ナンバーのいわゆる原チャリと、黄色ナンバーにピンクナンバーがある事に気が付きました。黄色ナンバーとピンクナンバーの違いは???あれこれと調べた結果、ナンバーを管理する市町村で違うのだそうですが、概ね以下の様 [続きを読む]
  • 原付きの二段階右折
  • 今回、久しぶりのバイク、スーパーカブをあれこれ物色するにあたって、50CCのリトルカブなども、その可愛さから候補に上がった訳ですが、制限速度や2段階右折などがネックで却下となりましたが、その2段階右折。そもそも、私がバイクの免許を取った若かりし頃には、二段階右折等は無かったし、なんとなく耳にした事がある、程度の知識だったため、今回始めて二段階右折に付いて調べて見たわけです。原付きが二段階右折をしなくては [続きを読む]