小笠原誠治 さん プロフィール

  •  
小笠原誠治さん: 経済ニュースゼミ
ハンドル名小笠原誠治 さん
ブログタイトル経済ニュースゼミ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/columnistseiji/
サイト紹介文経済ニュースを通して世の中の出来事を考察するブログです。難しい経済や金融の話を易しく解説します。
自由文ようこそ「経済ニュースゼミ」へ。当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。私は2004年以降、一般の方々に経済ニュースを分かりやすく解説する仕事をしております。経済のニュースは難しいことが多いですし、それに誤解を呼びそうな報道も多いからです。皆様が、このブログをお読みになって、ご自分で考えることができるようになることを望んでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供397回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2016/03/04 20:17

小笠原誠治 さんのブログ記事

  • 安倍総理のネトウヨ答弁
  •  昨日、安倍総理は参議院の決算委員会で昭恵夫人からの寄付について否定する根拠を聞かれた際、次のように応酬しました。 御党の辻元議員との間にも同じことが起こっているじゃないですか。辻元議員は、メールの中で書かれていたことが、今日、産経新聞に『3つの疑惑』と出ていましたね。これ、一緒にするなとおっしゃってますが、そんなことがなかったと辻元議員は真っ向から否定しているわけであります。これも証明しなければ [続きを読む]
  • 籠池詢子副園長が昭恵さんに腹を立てる理由
  •  籠池詢子という人は、相当変わった人であるとは思います。 近所の子供をいきなりどついて有罪判決を受けた人ですから。 メディアを毛嫌いする一方で、ときには元気いっぱいに手を振るのですから。 はっきり言って私は、分かりません。 しかし、それでも籠池詢子さんが何故昭恵さんや安倍総理に腹を立てているかは直ぐに分かります。 貴方も想像が付くでしょう? まさにそのとおり。 だって、愛国小学校を一緒に作ろうとい [続きを読む]
  • 籠池氏が総理夫人付に送った手紙の内容が判明(速報)
  •  総理夫人付の谷さんからの送られたファックスの内容は分かっているのですが、籠池氏側が総理夫人付に送っていたとされる手紙にどんなことが書かれているかはまだ明らかにされていません。 単に、テレビで映像がぼんやりと映されていただけなのです。 一体、何が書かれているのか? それが分かれば、事件の全容がもっと鮮明になる筈なのに… そう私は思っていたのですが、インターネット上で発見した映像から、手紙の解読に成 [続きを読む]
  • 安倍総理側の「ゼロ回答」だという主張は説得力なし
  •  森友学園に対する格安での国有地売却に安倍総理や昭恵夫人、或いは安倍事務所が関わっていたと思う国民が多いと思うのですが… しかし、安倍総理はそれをきっぱりと否定しているのです。 それは、そうでしょう。 安倍総理は、自分たちが関わっていたのであれば、総理や国会議員も辞めると言っていたからです。 で、安倍総理が、自分たちは関与していないという根拠はと言えば… 総理夫人付が国有地売却の件で財務省に照会し [続きを読む]
  • 今井尚哉総理秘書官の証人喚問が必要な理由
  •  江田憲司氏が記者会見をして、今回の森友学園事件のことについて意見を述べているのですが… あの昭恵夫人付きの役人というのは、二種の人だと言っていました。 私、彼女が籠池氏に送ったファックスの内容をみて、「何かございましたらご教示下さい」という言い方にはやや違和感を感じたのですが、それ以外は極めて理路整然とした典型的な役人の文章だと思っていました。 簡潔で分かりやすい! でも、江田憲司氏が言うのです [続きを読む]
  • 参考人招致の意味のなさ
  •  自民党の竹下国対委員長が、一区切りついたし、これ以上証人喚問をする必要はないと言っています。 どうしようもないことしか言わない竹下国対委員長。 おい、DIGO! あのおじさんに何とか言ってくれ、と言いたい。 どうしてこれで一区切りなのでしょうね?! 疑惑は益々深まるばかりではないですか。 何よりも早く幕引きをしたいという姿勢がアリアリ! 昨日は、元理財局長と元近畿財務局長を参考人として呼んで、茶番劇 [続きを読む]
  • 安倍昭恵さんのfacebookの記事はおかしい!
  •  本日3本目の記事です。 安倍昭恵さんが昨日の籠池氏の発言に対する反論をfacebookに書いています。 でも、多くの人が感じていると思います。 これ昭恵夫人が本当に自分で書いたのか、と。 「しかしながら」なんてこの人が書くのか、と。 但し、言いたいことを官邸の役人に要約してもらったというのであれば分からないでもありません。 でも、全体として余りにも理路整然とした文章であったために、違和感を感じたのは事実 [続きを読む]
  • 酒井弁護士を証人喚問すべき理由
  •  よく事件が起きると、誰が主犯なのかはその事件が起きたことによって誰が得をしたかを考えれば分かるなんて言われます。 では、今回の森友学園への格安の国有地売却によって誰が一番儲けたのか? 普通に考えれば、籠池氏側です。 但し、この問いに答えるには難しい問題があるのです。それは、森友学園の小学校設置が途中で頓挫してしまったからなのです。 これが、首尾よく小学校開設になっていれば、もちろん籠池氏一家が一 [続きを読む]
  • 安倍氏側の関与は明らか!
  •  昨日の籠池氏の証言に対し、チーム安倍が大反論のキャンペーンを繰り広げています。 一番批判の対象は、総理夫人付きから籠池氏へ送付されたファックスについてです。 籠池氏は、昭恵夫人に対して留守番電話を入れ、それに対して総理夫人付きがファックスを送ってきたと言うが、昭恵夫人は何も返事をしていない。総理夫人付きがファックスを送ったのは、森友学園から封書で照会があったからであって、昭恵夫人は関係がない、と [続きを読む]
  • 籠池証人の狙い
  •  多くの国民が、国会の証人喚問を見ていることと思います。 参議院の部は終了しましたが、午後2時50分からは衆議院の部が始まります。 それにしても、いろんな名前が跳び出しましたね。 それに、昭恵夫人への言及がなんと多いことか! そして、昭恵夫人と詢子夫人との間でなんと頻繁にメールのやり取りをしていたことか! ところで、100万円の寄付については、どう思いますか? ここまではっきりと言い切る籠池氏は何か他に [続きを読む]
  • 安倍内閣は嘘つき製造機
  •  本日、2本目の記事です。  国会中継を見ていて呆れたものだから、書かずにいられなくなりました。 先日、ある動画が大いに関心を集めていました。 「もったいない学会」の動画で、京都大学名誉教授の松井三郎氏と見られる人物が、次のような発言をしていたのです。 「理事長と私が首相官邸のところに行きました。あの人(安倍昭恵)すごいですね。その晩に首相に話してくれて、 首相からすぐに連絡が入ってですね、ぐるっと [続きを読む]
  • 籠池氏に尋問すべきこと(役所が聞かれたくないこと)
  •  2月19日、私は「疑惑の愛国小学校設立案件がクロであることを証明する写真」と題した記事を書きました。 覚えていらっしゃるでしょうか? その写真はこれ。 何故、この写真でクロであることが証明されるかと言えば…「建築計画のお知らせと書かれた標識なのです。 標識の設置年月日は、平成26年11月6日、つまり2014年11月6日であり、大阪府への小学校設置の認可を申請した後であるものの認可は降りておらず、また、国有財産 [続きを読む]
  • 森友学園事件解明には田中一穂元次官の証人喚問が必要
  •  23日に籠池氏の国会での証人喚問が行われます。 嵐の前の静けさというか、昨日、今日とやや落ちつているようにも見受けられます。 それにしても、全く理解できない与党の対応ぶり。 否、本当はよく分かるのです。 籠池氏にしろ、他の官僚にしろ、国会に参考人や証人として呼ぶのは本当は本意ではないのですよね。 だって、真相が明らかになって困るのは自分たちですから。 だから籠池氏についても、本当は呼びたくはなかっ [続きを読む]
  • 寿司友田崎氏の言い訳
  •  安倍昭恵さんが森友学園に100万円を渡したというのは本当のことなのか? まあ、本当はどうでもいい話ですよね。 但し、もし、それが本当であれば、安倍夫妻とイメージが著しく低下した籠池一家との関係が相当に深かったことが立証できるのです。 しかし、だからこそ安倍総理としては、100万円を寄付するなんてことはあり得ないと言っているのかもしれないのです。 でも、安倍夫妻と籠池一家の関係が深かったことは、安倍昭恵 [続きを読む]
  • 羽鳥君のモーニングショーがひど過ぎる件
  •  当初とは違って森友学園の件を盛んに報じるようになった各テレビ局ですが… なんですか、このアンコン振りは!? 「俺が外遊している間に事態を収拾させておけ」とでも言われたかのような雰囲気です。 安倍総理の太鼓持ちみたいな輩ばかり出演させ、悪いのは籠池氏であり、総理の側には何の問題もないみたいな印象操作をする、と。 まあ、山口敬之氏が出ていたのでは、彼が総理擁護の発言をすることは当然予想できた訳ですが [続きを読む]
  • 森友学園への国有地売却を決定した人(?)が写っている写真
  •  山田厚史という人がいます。 この人が、森友学園事件の財務省側の黒幕について大変興味深い解説をしています。 菅野完氏とは全く趣が異なりますが…なかなか説得力があるのです。 で、そのなかで名指しされているのが、田中一穂元財務次官。 理財局長を経て、主計局長になって、そして、事務次官へ。 かつて安倍総理の秘書官を務めていたこともある、と。 そして、安倍さんを怒らせてはならないと常に言っていた人なのだ、 [続きを読む]
  • 池田信夫が「寄付」は籠池氏の自作自演だと言い張っている件
  •  池田信夫という経済学者というか、しょぼいおっさんがいますが、その人が今回、籠池氏が、安倍総理から100万円寄付されたというのは彼の自作自演だと言い張っています。 ほほー、と言いたい! なんで、あんたがそんなこと分かるのや? 彼は言います。 森友学園が森友学園に100万円振り込むとは、どういうことなのか、と。 籠池さんは何故そのようなことをしたのか、と。 そしてまた、9月5日に寄付してもらっておきながら、 [続きを読む]
  • 安倍昭恵さんからのメール
  •  菅野完氏が、安倍昭恵さんからのメールを公開しています。 ジャーン!  「私も修行。来月私の親しい人が教育勅語の本を出します。今はそういう時なのでしょう。」とあります。 私も、ということは籠池諄子氏と同じだということなのでしょうか? そして、籠池諄子氏が先に、私は今、修行だと思って耐えていますとでも、書いたのでしょうか?  いずれにしても、これは単なる事務的なやり取りのメールではないのです。 率直 [続きを読む]
  • 菅野完氏のライブ糾弾
  •  まだ、一般の方々は気が付いていないと思うのですが… テレビは、本日、菅野完氏が公表した証拠資料について触れていないようですが、先ほどからインターネットではライブで、菅野氏が仕切るなか、籠池氏の長女が各社の記者の質問に答えていました。 なんという凄い試みなのでしょう! 一部には、胡散臭いという向きもあるのですが… しかし、記者の様々な疑問に答えさせているのですから…そして、そうした受け答えを通じて [続きを読む]
  • 菅野氏が公表した証拠の信ぴょう性
  •  安倍総理が実は森友学園に100万円寄付したと、昨日、籠池氏が暴露し、その発言を巡って憶測が飛んでいます。 幾ら籠池氏がそのように主張しようとも、安倍総理の側が否定すれば何とも立証のしようがないのではないか…なんて考えていたら、またまた予想もしない展開になっています。 あの菅野完氏が、安倍総理の寄付があったのではないかと推測される物的証拠を提示したのです。 画像をご覧ください。 この画像からは、森友 [続きを読む]
  • 米国の利上げ
  •  FRBが利上げに踏み切りました。 事前に十分予想されていたのでサプライズはありませんでしたが、何故今また、利上げを行ったのでしょうか? イエレン議長の記者会見の一部をご紹介します。 長文ですので、ポイントだけでいいという人は、最後の方の金融政策の部分だけでも読んで下さい。Today, the Federal Open Market Committee decided to raise the target range for the federal funds rate by 1/4 percentage point, br [続きを読む]
  • 籠池氏を証人喚問
  •  籠池氏を証人喚問することで与野党が一致したと報じられています。 私は、少し前から、参考人招致でなく証人喚問が必要だと訴えていたので、その意味で私の意見が実現して嬉しく思います。 しかし…しかし… 理由がおかしいではないか、と与党に言いたい! 与党が籠池氏を証人喚問することに同意したのは、籠池氏が安倍総理から100万円寄付してもらったと言うのは、総理に対する侮辱に当たるからだというのです。 へー、と [続きを読む]
  • 森友学園事件における菅野完氏の役割
  •  菅野完と名乗るジャーナリストが一躍脚光を浴びています。 余りにも急な表舞台への登場で、知らない人が多いと思います。 それに、そもそも名前の読み方が難しいですよね?  すがのたもつ、と読みます。 但し、この森友学園事件を関心を持って見ていた人のなかには、菅野氏のことをある程度は知っているという人はいると思うのです。 菅野氏は、籠池一家のことについていろいろと調べて、それをツイッターで発信していたか [続きを読む]
  • 森友学園事件の全容が分かる年表
  •  森友学園事件の経緯を年表としてまとめてみました。 誤りがあるかもしれませんが、その際はご容赦頂きたいと思います。 いずれにしても、これまでの経緯をじっくり眺めていくと、なんとなく全容が浮かんで来るのです。 先ず、ご自分で年表をじっくりと見てください。拡大すればよく見えますので。 如何ですか? 私は、かねてから言っていましたように2012年7月に国が新関空会社にこの国有地を現物出資しておきながら、どう [続きを読む]