歩き遍路一人旅 さん プロフィール

  •  
歩き遍路一人旅さん: 歩き遍路一人旅
ハンドル名歩き遍路一人旅 さん
ブログタイトル歩き遍路一人旅
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/huzikajp/
サイト紹介文四国の風景の魅力を俳句に乗せて発信しています。
自由文勤めもようやく終了!これからは、自分のために思いっきり生きたいと考えている60歳(2016/01/13)です。
興味あるものは、アウトドア、ダイエット、お遍路、俳句です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/03/04 20:39

歩き遍路一人旅 さんのブログ記事

  • 18番札所 恩山寺
  • 『つゝじ燃え石像映える恩山寺』 恩山寺には、大師が女人解禁の祈願を成就して母君を迎えたという話が伝わっています。。大師堂の右横の母公堂に「たらちねの 母こそしのぐ恩山寺 大師の利生あらたなりけり」... [続きを読む]
  • 18番札所 恩山寺
  • 『つゝじ燃え石像映える恩山寺』 恩山寺には、大師が女人解禁の祈願を成就して母君を迎えたという話が伝わっています。。大師堂の右横の母公堂に「たらちねの 母こそしのぐ恩山寺 大師の利生あらたなりけり」... [続きを読む]
  • 15番札所 国分寺
  • 『夏近し出番いつかと鬼瓦』 国分寺の本堂が改築中で、瓦は再利用するのでしょうか、パレットの上に丁寧に置かれていました。一番手前に竜の鬼瓦があり、1830年頃に作成されたもののようで、古いもの独特の迫力... [続きを読む]
  • 15番札所 国分寺
  • 『夏近し出番いつかと鬼瓦』 国分寺の本堂が改築中で、瓦は再利用するのでしょうか、パレットの上に丁寧に置かれていました。一番手前に竜の鬼瓦があり、1830年頃に作成されたもののようで、古いもの独特の迫力... [続きを読む]
  • 14番札所 常楽寺
  • 『子持猫遍路迎える常楽寺』 フジ猫が子持ち猫で、子猫を加えて玄関の前をウロウロしていたのですが、子持猫が季語と知らなかったので、その写真を撮るのを逸してしまいました。ここの住職さんは、動物を可愛が... [続きを読む]
  • 14番札所 常楽寺
  • 『子持猫遍路迎える常楽寺』 フジ猫が子持ち猫で、子猫を加えて玄関の前をウロウロしていたのですが、子持猫が季語と知らなかったので、その写真を撮るのを逸してしまいました。ここの住職さんは、動物を可愛が... [続きを読む]
  • 13番札所 大日寺
  • 『春惜しみ幸せ願う大日寺』 写真のしあわせ観音ですが、傍に樹齢100年をこえる 巨木があると説明書には書いてあったのですが、その巨木が見当たりません。枯れてしまったのでしょうか?春を惜しむ気持ちと相ま... [続きを読む]
  • 13番札所 大日寺
  • 『春惜しみ幸せ願う大日寺』 写真のしあわせ観音ですが、傍に樹齢100年をこえる 巨木があると説明書には書いてあったのですが、その巨木が見当たりません。枯れてしまったのでしょうか?春を惜しむ気持ちと相ま... [続きを読む]
  • 初雲雀
  • 『初雲雀仰ぎ探せど抜ける空』 調整区域に入ったのでしょうか?畑のど真ん中で雲雀の囀りが聞こえました。どこにいるのか探しましたが、見つけられませんでした。遍路道には、道に迷わないよう写真のような「四... [続きを読む]
  • 初雲雀
  • 『初雲雀仰ぎ探せど抜ける空』 調整区域に入ったのでしょうか?畑のど真ん中で雲雀の囀りが聞こえました。どこにいるのか探しましたが、見つけられませんでした。遍路道には、道に迷わないよう写真のような「四... [続きを読む]
  • 黄水仙
  • 『黄水仙ぱっと明るく田舎道』 焼山寺からの下り道、カーブを曲がったところで黄水仙の群れに出くわしました。この辺り一帯、華やかな雰囲気に包まれていました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黄水仙
  • 『黄水仙ぱっと明るく田舎道』 焼山寺からの下り道、カーブを曲がったところで黄水仙の群れに出くわしました。この辺り一帯、華やかな雰囲気に包まれていました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 変電所の桜
  • 『変電所桜の隙間そびえ立つ』 妻と一緒に、トレーニングコースで見つけた桜ポイントへ、出かけました。変電所の敷地内ですが、何組かの花見客に出会しました。変電所と桜は似合わない両者ですが、また違った雰... [続きを読む]
  • 12番札所 焼山寺
  • 「焼山寺身も震える名残の雪」 汗びっしょりでようやく着いた焼山寺。境内には昨日降った雪がまだ残っており、瞬く間に体は冷え切り、山奥の夕方という寂しさも合いまり、心まで寒くなるような感じに襲われまし... [続きを読む]
  • 12番札所 焼山寺
  • 「焼山寺身も震える名残の雪」 汗びっしょりでようやく着いた焼山寺。境内には昨日降った雪がまだ残っており、瞬く間に体は冷え切り、山奥の夕方という寂しさも合いまり、心まで寒くなるような感じに襲われまし... [続きを読む]