君に幸あれ・君に感謝 さん プロフィール

  •  
君に幸あれ・君に感謝さん: 統合失調症_症状が改善されてきたいきさつ_私の場合
ハンドル名君に幸あれ・君に感謝 さん
ブログタイトル統合失調症_症状が改善されてきたいきさつ_私の場合
ブログURLhttps://kiminisachiarekiminikannsha.muragon.com/
サイト紹介文私の統合失調症の症状が十数年前と比べて改善されました。そのいきさつをつらつらと書こうかと思いました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/05 08:31

君に幸あれ・君に感謝 さんのブログ記事

  • ご報告:子供が無事に生まれました
  • おかげ様で、子供が無事に生まれました。とてもありがたい話です。 それとともに、これからブログを更新する時間等が取れそうもなく、管理できないと判断いたしました。そのため、突然であり申し訳ありませんが、ブログを閉じようと考えました。よって、これまでの記事は、削除してしまいました。数日後には、このブログ自体を閉じようと考えています。 これからも、私は薬を飲み続けることになるかと思います。そして、私は私な [続きを読む]
  • 幻聴で「暴力の先輩」と聞こえた_一瞬ドキッ_7月12日
  • 昨日の7月12日の昼間に、頭の中で「暴力の先輩」という声が聞こえました。「えっ!暴力?!」と、その単語に少々危機感を覚えましたので、さっそく幻聴の声の人格たちに確認しました。すると、幻聴の声の人格たちのうちの一人が別の一人に対して言った言葉だといいました。そういえば、私(a)は家事ができるときはできるので、前よりも家事はできるようになったと思っていましたが、できないときもまだあったので、それと関係 [続きを読む]
  • 「Colors of the Heart」&「CORE PRIDE」_UVERworld
  • 一昨日の記事(2016年7月10日 01:39の記事)で、私の人生を立て直すきっかけを作ってくれた楽曲をご紹介しました。「自分のブログにリンクを貼っていいよ」という歌詞&動画の視聴サイトを今日になって見つけましたので、せっかくなのでそのサイトのリンクを貼っておきたいと思います。 「Colors of the Heart」という楽曲のリンク:私が辛いとき、希望をくれた曲です。    ↓ 「CORE [続きを読む]
  • 一つ訂正:昔の薬の処方_一つ公開:現在の薬の処方
  • すみません、記事を書くとき、十数年前からの記憶をたどりながら書いているので、思い出しきれてないこともあるようです。申し訳ありませんが、過去の記事で訂正しないといけないところがあることに気付いたため、記載しておこうと思いました。訂正したい箇所のある過去の記事(2016年6月22日 15:13)のリンクを念のため貼っておきます。    ↓ ◆過去に服用していた薬の名前を一つ思い出した_調べてみるとそれ [続きを読む]
  • ♪格好悪くたっていい 死にものぐるいで未来を変えてやる
  • ♪あの日僕の心は音もなく崩れ去った 壊れて叫んでも消し去れない記憶と暗闇が 瞳の中へ流れ込む もう色さえ見えない明日へと沈む と始まり、最後は、 ♪今は届かない優しい色も 全てはまたこの手で 描きなおせるから と終わる歌。唐突ですが、一曲ご紹介。歌詞をすべて書き出すことはここではしませんが、できれば歌詞全体をご紹介したいところです。歌詞は暗いかもしれませんが、当時の私の心境にぴったり当てはまってお [続きを読む]
  • 幻聴のいじめのぶり返し_最後は「ごめん」と言ってくれた
  • 先程、ファミレスに行きました。お客さんがいっぱいで、店内はザワザワしていましたが、そのザワザワの中に、「くさい」という幻聴が数回聞こえたように感じました。幻聴の声の人格たちに「私(a)に向かって言ったのか?」と確認してみると、彼らの一人がそうだといいました。「私(a)をいじめるためか?」と聞くと、「そう」という返事でした。今日の記事にも書きましたが、私(a)をいじめなくなったと思って喜んでいたのに [続きを読む]
  • 病的な気分の悪さ_幻聴の声の人格の「不安」が原因か
  • 先程、なんだか気分が悪くなり、2〜3時間眠りました。 ◆眠りにつく前に、幻聴の声の人格たちに聞いてみた◆ 普段は、さして気分が悪くなることはないので、何だか珍しいなあとか思いましたが、その気分の悪さは、「病的」なものであるのが自分で分かりました。しかし、先月の記事にも書きましたが、先月、ここ数年にしては珍しく「病的な不安感」を覚えた経験をしましたので、眠る前、幻聴の声の人格たちに確認してみると、彼 [続きを読む]
  • 幻聴の内容の変化_私をいじめる内容ではなくなった
  • 今日も、幻聴の声の人格たちと対話(頭の中での音読のような形で意思を伝える方法、または彼らが私の口でつぶやいて意思を伝える方法での会話、又は人差し指での筆談)をしています。たまに幻聴(頭の中で聞こえる声)もあります。その時はいつも、その幻聴の声の主を対話で確かめて、その発言の真意を聞いてみています。秘密だといって教えてくれないときもありますが、教えてくれることもあります。下に、今日の午後に、10〜3 [続きを読む]
  • 統合失調症_連れのご両親にもお伝えはしてあるが
  • 連れのご両親に2回目にお会いしたのは、確か、籍を入れる前の1年〜半年前でした(ということは、今から約3年くらい前のことになるかと思います)。そのときのことはとぎれとぎれに覚えていますが、その際に、「脳の病気」を患っています、を説明の入り口にして、「統合失調症」を患っています、とお伝えしておきました。確か、詳しい症状などの説明はしませんでしたが、いわゆる「心の病気」であり、薬を服用している、というこ [続きを読む]
  • 今の「連れ」に出会うまで_「恋愛」と「心の自由」
  • 今の「連れ」を含め、今まで何人かの方々とお付き合いさせていただきました。お付き合いをしているときには、今の「連れ」にもこの方たちにも病気のことは話しました。病気の症状は恋愛に影響していたかもしれませんが、病気をしている、ということだけでは大して問題にならなかったように私としては感じています。もしくは、その方々がそのように私に感じさせないようにしてくれていたのかもしれませんが。。。 ◆過去の方々には [続きを読む]
  • 幻聴の声の人格たちにとって復習になってた_ブログの記事
  • 何だか最近、幻聴の声の人格たちとの対話が、昔に比べて割と、とんとん拍子に進んでいたような気がしていました。いわゆる成長曲線を描くような感じであり、ここ最近になって彼らがググッと成長してきたのか?とか思いました。それになんだか、ブログを書くようになってから対話が進むようになったような気もするなあとかとも思いました。そういえば、私は自分のブログの記事を公開した後も、公開した記事を何回も読み直したりして [続きを読む]
  • 新しい課題_統合失調症を自分の子供へどう伝えていくか
  • 実は今年の秋に子供が生まれる予定です。 統合失調症の症状は軽くなってきたとはいえ、この病気を患いながら子供の世話をし、家事も仕事もできるのかどうか?という実質的な問題があります。しかしこれは、家族に協力してもらって、なんとかしていきたいと思っています。 一番これから考えておかなくてはならないと思っているのは、自分の子供に、いつ、どのように私の病気のことを伝え、遺伝のリスクもないことはない、というこ [続きを読む]
  • 幻聴の声の人格たちの心_「殺したい」と「辛い」が共存
  • 私は、昨日の記事に「心の自由」について私が思っていることについて書きました。「人のことを悪く思ったり、殺したいと思うことすらも、思うだけだったら自由だと思っています(実際に人に危害を加えたり、殺すという行動をとったりすることは悪いことですよ、もちろん。)」と書きました。逆に人に感謝の気持ちを持ったり、人の役に立ちたいと思っても、もちろんその人の心の自由だと思っています。幻聴の声の人格たちは、かつて [続きを読む]
  • 統合失調症になって気づいたこと_「心の自由」を認める
  • 私は統合失調症になって、幻聴の声の人格たちと対話してきました。彼らと話し、説得したりするうちに、私なりに気づいた大事な事があります。下に箇条書きにしてみました。これらは、私なりの表現で書いています。表現が違っているだけで、これらのことは知っている人は知っているし、気づている人は気づいていると思います。なので、この社会がある意味「平和に」成り立っている、と思っています。幻聴の声の人格たちを教育するに [続きを読む]
  • 統合失調症になったからこその収穫
  • 自分は「統合失調症」という病気なんだと認識・自覚するようになったころは、幻聴(陽性症状)の量は多少減ってきてはいたものの、それに加えてやる気がでない、体がだるくて動かない、やたら眠いなどの陰性症状がとても大きな症状でした。苦しくてしょうがなかったです。 ◆病気を認識・自覚したころ_私の心境、いろいろと考えて思ったこと◆ 私には「普通の人には聞こえない声が聞こえる」ので、「私は普通でない」、「私は異 [続きを読む]
  • いつの間に?「嫌い」から「好き」へ変化_今日確認
  • 幻聴の声の人格たちに、今日、「私(A)の心(a)は嫌いか?」と聞いてみたところ、彼ら6人とも、「好き」と言ってくれました。彼らは数日前まで、私(a)のことを「嫌い」と言っていたのに、いつの間に変化していたのでしょう?彼らは過去、相当な嘘つきであったということもあって、半分信じて半分信じていません。しかし、友好的になってくれて、そして「好き」とまで言ってもらうと、正直嬉しいものですね。 ◆幻聴の声の [続きを読む]
  • 幻聴の声の人格たちへの解説・説得で一番難しいこと
  • ◆幻聴の声の人格たちへの昨日の解説◆ 昨日も、幻聴の声の人格たちにいろいろ解説して教えてあげました。その解説にはトータルで約6時間かかりました。その内容を簡単に箇条書きにして表現すると、以下のようになります。 ◎時間は一定に進む、ということを教えてあげた。 ◎ある場所からある場所に物を移動させる、又は人が移動するときにも、時間が進んでいる、ということを教えてあげた。 ◎人が行動「する」とか、何かを [続きを読む]
  • 命の大切さ_「鬼子母神」と幻聴の声の人格たち_今日
  • 今日(2016年7月1日)は、幻聴の声の人格たちのうちの二人が、命を助ける消防士の話をテレビで見て泣いていました(泣いていたのは実際には私(A)の目なのですが、誰が泣いているのかと幻聴の声の人格たちに聞いてみると、その二人だったのです)。感動して泣いていたようです。なぜ感動したのか聞いてみると、「命は大事で、それをまた命がけで助けるなんてすごい。」ということで感動していたようです。二人のうちの一人 [続きを読む]
  • 「いじめることは弱いこと」と自ら言ってくれた_今日の話
  • 幻聴の声の人格たちのうち一人だけ、私(a)に「仕事はしない。aをいじめるため。」とぶり返したように言い始めました。よくよく話を聞くと、「今までaと話してきたが、納得したフリをしていた」ということでした。私(a)は少しがっくりしましたが、まあ、いつものことだと思いました。今日は、幻聴の声の人格たちのその他の人格たちの協力もあって、その問題の人格と話をしました。 ◆幻聴の声の人格たちのうち、問題の一人 [続きを読む]
  • もう一人の人格が隠れていたのを発見_チームAは7人_今日
  • 私の幻聴の声の人格たちは、私(A)の心(a)と直接対話(頭の中で音読するような感じの対話)ができていたのは今まで全員で5人でした。私(A)の心(a)は、実際に聞こえる幻聴の声(頭の中で聞こえる声)の話す内容から、実は人格はこれだけではないのではないかと、うすうす疑っていたのでした。今日、その人格が、とうとう出てきてくれたのです!!その5人以外のもう一人の人格と直接対話(頭の中で音読するような感じの [続きを読む]
  • 「家事」と「時間」の概念の理解⇒家事ができた!_昨日
  • 昨日は、幻聴の声の人格たちに「家事」について説明しました。その結果、家事をすることができました。 ◆幻聴の声の人格たちに、「家事」について説明した◆ 幻聴の声の人格たちに、「家の仕事って何か知ってるか?」と聞いてみました。「カジ」という返事でいした。「どういう漢字を書くか知ってるか?」と聞くと、「知らない」という人格がいたので、「「家の事」と書いて「家事」と書くんだよ」と言ってメモ帳に書いてあげる [続きを読む]
  • 「言葉を使って自分のことを伝え」てもらう_今日
  • 幻聴の声の人格の一人が、「うまい」というので、私(a)は「何がうまいのか?」と聞くと、「aの嫌なことをするのがうまい」と言いました。「あなたが私(a)をいじめるのが上手いということね?」と聞くと、「aをいじめるのが上手いのでない。aの嫌なことをするのが上手い。」と言いました。 ◆幻聴の声の人格の一人は、どうやら「いじめる」の定義が分かっていない◆ 私(a)としては、「いじめる」=「その人の嫌なこと [続きを読む]
  • なんだかよくわからないけど誤解が解けた_さっき
  • さっき、「私(a)にはワナはありませんでした」みたいな幻聴(頭の中で声)が聞こえましたので、それについて、その声の主と名乗る幻聴の声の人格と対話(頭の中で音読みたいな感じの対話)をしました。 ◆幻聴の声の人格たちの誤解が解けた◆ 「「私(a)にはワナはありませんでした」と聞こえたけど、どんなワナとおもっていたのか?私(a)があなたを殺すというワナか?」と私(a)が聞くと、首を振りました。「私(a) [続きを読む]
  • 統合失調症_薬の処方_私の場合
  • お薬に関してですが、そういえば、昔、統合失調症のテレビを見たとき、多剤併用大量療法での治療があることを知りました。そのテレビでは、何種類もの薬を併用して大量に処方されているという状況でした。患者の方が苦しそうだったという印象だけが残っています。ネットで見る限り、最近は「単独の薬を処方する方がよい」という風に変わってきているみたいなことが書かれています。 ◆私の場合◆ 初めは私も確か2種類の薬を処方 [続きを読む]
  • 統合失調症_今年の1月に発見された事があるそうです
  • 「統合失調症」アンド「脳科学」でネットサーフィンをしていると、次のことが発見されたことを知りました。 今年の1月に 「統合失調症の人は、脳の左右の「淡蒼球(たんそうきゅう)」が左側の方が大きい」 みたいなことが発見されたそうです。 病態解明に役立つかもしれないということです。 これからの脳科学にまたまた期待を持ってしまいます! Go!Go!脳科学!! ◆それでは・・・◆ 研究は少しずつですが、進ん [続きを読む]