f.c さん プロフィール

  •  
f.cさん: 模型とガジェットのブログ(たぶん)
ハンドル名f.c さん
ブログタイトル模型とガジェットのブログ(たぶん)
ブログURLhttp://craftsandgadgets.blogspot.jp/
サイト紹介文ガジェット(スマートフォン関係)とプラモデル(スケールモデル)なブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/03/05 19:50

f.c さんのブログ記事

  • 1/35 BTR-80 トランペッター製 その1
  • 昨今の模型は随分と高くなりました。数年前に買ったものが、ほぼ同じ内容で値段は2倍くらいに上がっていたり。スケール物のプラモデルは厳しい状況に見えますね。今時は自分で作る人、作れる人が少ない。さらに、ソモソモ、スケールモデルに興味が無かったりしますね。ガンプラとか、完成品フィギュアは人気ありそうですけど。さて、そんな中、不人気そうな物を買いました。BTR-80 パッケージこの車両は、装甲車です。正確には兵員 [続きを読む]
  • 1/24 キューベルワーゲン ハセガワ製 その4
  • 作業は進みます。大きな組み込みも無く、地味に細かい作業で詰めてゆきます。キューベルワーゲン 全体の進捗フィギュア大味です。どうするか迷いましたが、一応組み立てしておきます。1/35に比べて大きいので扱いは楽。でも、細かく加工したり塗装を加える気力はなく、とりあえず仕上げる感じに留めます。上半身と下半身2つの合計3ピースを合体。腕や頭はまだです。フィギュア関係ガレキなフィギュア(右側の女の子ボディ)今回 [続きを読む]
  • 1/144 飛龍 アオシマ製 双発小隊 その1
  • アオシマから発売された飛行機の模型です。発売時からちょっと気になっていて、買うかどうか決めかねておりました。お値段は安価ですから、別に重たく考える必要はありません。という事で手に入れてみました。 1/144 飛龍 パッケージ古い金型の製品です。パッケージには、昭和50年代の金型とあります。案外古くないですね。パッケージ側面というのも、プラモデル関係には古い金型を使っている物が多数あるのです。金型は開発に数 [続きを読む]
  • 1/24 キューベルワーゲン ハセガワ製 その3
  • 3回目になりました。それなりに進んでおります。キューベルワーゲン 今日までの全容 仮組み一通りの仮組みを行うと、車の形になっています。塗装もそれなりに進行し、シートなども綺麗になりました。同じく 視点を変えたもの別アングルでの1枚。前2席の後ろに置かれているのはジュリ缶です。深い意味はありません。椅子がコケ易いのでサポートでもあり、置いたときのイメージ確認でもありました。運転席の床運転席などの下、床 [続きを読む]
  • Fossill Q marshal フォッシル製アンドロイドウエアな時計
  • アンドロイドウエアとは、腕時計型の端末です。腕時計でもありますが、基本はスマートフォンの子機と思えば大体合ってます。昔の記事にも書いたとおり、初代のアンドロイドウエア「G watch」 などを使っていた経緯もあります。そして、OS のバージョンアップもあって、端末も新しいものが出てきました。しかし、それらは今ひとつで購入には至りませんでした。その間、ペブルを復活させていて、今も使ってはおります。ただ、この時 [続きを読む]
  • ソニー製 エクスペリア タブレットZ Xperia tablet Z
  • 今となっては相当に古い機材です。ソニーのスマートフォンは、少し前までZシリーズでした。今は、XZとか言う、意味の分からん名前で展開していますね。Zの初代は無印、その後Z1とかZ2で繰り上がってきました。タブレットの場合は、最初はタブレットZ。その後、Zタブレットの2と4です。Z3タブレットコンパクトというのもありましたね。私の手元にあるのは、最も古いZなタブレットです。Zタブレットではなくて、タブ [続きを読む]
  • 1/24 キューベルワーゲン ハセガワ製 その2
  • 引き続き製作を進めています。パーツを切り出して組めるところからスタート。そして、大物パーツを仮組みしています。キューベルワーゲン ボディ 下塗りこの絵では、ボディの大物パーツを仮組み。そして下塗りした段階です。サーフェイサーの後に、今回は気分で錆止め塗装をイメージした赤茶色をザックリと乗せています。水系塗料の筆塗りでラフな感じです。ボディ 下塗り 逆方向から同じくカメラの位置を変えての一枚。左手の [続きを読む]
  • バンダイの発光ユニットとジオコレの電飾キット
  • 以前作ったバンダイのミレニアムファルコン。その時にもご案内した別売の部品です。説明書を見る範囲では、部品扱いで直接請求する仕掛けでしたが、どうやら一般販売?もしているような感じ。見かけたので1つ買ってきました。パッケージ定価:2000円白色のLEDが2個付いている電池は別売(ボタン電池3個)2つのLEDはまとめて1個のコネクターに接続 分離できないコネクターはPC等に使われているアレ内容物の全て繋いだと [続きを読む]
  • 1/144 US−2 アオシマ製 その5
  • 少し前にサーフェイサーまで作業を進めました。それから、しばらく放置されておりましたね。最近、ちょっとだけ触っているのですが、いずれもヤスリやパテの地味な作業です。パーツ一式(加工中)スケール的に小さな機体です。その分、部品も小さく、パーツ数も多くはありません。単発レシプロ機だったら、嫌になりますね。この模型は4発でオリジナルが大きいため、まだ楽な気がします。プロペラプロペラは6枚羽。今時の飛行機っぽ [続きを読む]
  • 1/24 キューベルワーゲン ハセガワ製
  • 5月の静岡ホビーショーで見てきたあれです。何時もなじみのある1/35に比べて大きく、少し作りやすいような気がしました。後は気分ですね。けっして、フィギュア目的ではありません。たぶん。キューベルワーゲン with フィギュア上の画像は、以前貼ったものと同じです。敷物ミラーは車体裏面を見せたいのか、それとも、、、。購入してから思ったのは、この車両は一体何処の金型だろうかということ。OEMかなと?しかし、どうやら [続きを読む]
  • 1/144 Uボート レベル製 書き掛け
  • 前にも書いていた模型の話です。恐らく、こっちのブログではなく、前のブログ時代に上げたような気がしております。一応、本体は完成扱いにしてありました。しかし、空中線は張らずに、別途気が向いたらと思って放置。最近になって気が向いたため、少し手を入れてみました。Uボート 艦橋付近手を入れたといっても、前述の通り空中線を適当に張っただけ。空中線というのは、普通はアンテナ用の張り線です。波長の長い電波を使うの [続きを読む]
  • 静岡ホビーショー(2017年5月)
  • 今年の静岡ホビーショーも無事に見学できました。何時も通り、適当なレポート?です。バンダイ通常なら敢えて無視するバンダイですが、今回は特別に1点だけ掲載しましょう。正確な大きさは知りません。確か、3mというツイート?を見かけたような。でかいアンドロメダハセガワ個人的に注目したものはありませんでした。手堅いとも言えますな。エリア88辺りは従来目線で妥当。たまごひこーきは、イラスト一人歩きだったり、フィ [続きを読む]
  • 静岡ホビーショーは、明日から一般公開です
  • 明日、5月13日から静岡ホビーショーの一般公開日になります。土日の二日間、メーカー展示だけでなく、個人やサークルの作品展示もありますし、確か、ジャンクや特別販売などもあるかと思います。何時も通り、このブログでは画像を貼る予定です。明日、若しくは日曜日を目処ですね。色々疲れてますので、、、。明日は雨が降るかも知れません。それでも混雑するでしょうし、ましてや雨を避けた人は日曜に集中する可能性もあります。 [続きを読む]
  • 静岡ホビーショー
  • 一つ前の記事は4月の日付でした。既に5月で、ゴールデンウィークか。それに、休みももう終わりですね。表題のホビーショーは、来週開催されます。名前の通り、静岡でのイベントです。13日と14日の二日間が一般公開日。静岡と言えば、、、。普通はお茶とか?模型関係では、メジャーなタミヤとか幾つかのメーカーがあります。そのため、静岡が幅を利かせていると言うわけです。過去のホビーショーでも、出るはずのメーカーが不在だっ [続きを読む]
  • Alcatel one touch idol3 のハック カスタムロムなど その2
  • 一旦作業は終わりにしました。しかし、良く見たら中華フォントです。考えてみれば当たり前ですね。チューンして余計なものを落としたロムですから、日本語云々は考慮されていません。手動で入れるのがよろしいでしょう。既にroot 端末な訳ですから。でも、面倒なのでソフトウエア(play store のアプリ)を適当にテストしました。2つほどテストで入れてみましたが、何れも芳しくはありません。片方は日本語フォントはサポートして [続きを読む]
  • Alcatel one touch idol3 のハック カスタムロムなど
  • 以前ご紹介したスマートフォンのアイドル3です。カタカナで書くとおかしいですね。idol3 としておくべきでしょう。中国メーカーがフランスのブランドを冠して売っているスマホ。バックドアとかは分かりませんが、とりあえずは悪い話は耳に入っておりません。個人的には、仕上がりも悪くないと思って使っております。安くて、分相応に非力ですけど。さて、そんな端末ですが、気が向いたのでハックすることにしました。というのも、 [続きを読む]
  • ミニアート製 ヨーロッパの路面電車 mini-art european tramcar その10
  • ずるずると長引いております。今回で10回目とは、、、。少々だるくなったので、これで終わりに致します。トラムカーとベース、アクセサリーの全容最初に書いた気がしますけど、この製品は車両だけではなくフィギュアなどとセット化されたものです。ご覧の通り、ベースや街灯、フィギュアなどで構成されています。フィギュアは8体位ありましたかね。ベンチは2個、架線柱や街灯もあります。また、写真にはありませんが、マンホールな [続きを読む]
  • ガジェット関係 あまりネタもなく
  • 模型とガジェットと銘打っております。しかし、最近はネタが無い。模型関係は作業中のものや積み箱はあります。あったとしても、ネタにできる程の進捗等もありません。保管場所や気力・体力、足りないものは多いです。一方、ガジェットも相応にネタが無い。基本は何か買ってみてというスタンスだと、買い物しないと身動きが取れません。時々は、古い物でもと思うけど、今更ねとなるから出番も少ないです。今日もネタは無いのですけ [続きを読む]
  • MOTO G 4G のロム焼き断念
  • モトローラ製のスマートフォンです。少々古いモデルですから、既にゴミになっている端末が多いでしょうか。これは1世代前のMOTO G4 ではありません。MOTO G です。要するに初代のモデルなので、今年出ている第五世代から見ると、相当な古さとなります。最も、4年前くらいですか、人の感覚によっては昨日の出来事くらいにしか思わないかな。また、初代といっても3G のみの端末の方がより妥当かと思います。手元のコレは4G(LTE) 対応 [続きを読む]
  • 1/144 対潜ボート HMCS スノーベリー その8
  • 長くなりまして8回目です。前回でも、それなりに終わった感じまで進みました。これで終わりにするかも。全体像現状は、こんなレベルに上がっております。付属の黒い糸は、一部のみ取り付けてみました。やっぱり、あった方がベターですけど、面倒なので残りは止めておこうと思っている次第。 艦首付近艦首には碇を上下させるためのウインチや鎖があります。その後方には主砲があり、艦橋へと連なります。主砲は丸いステージ上にあ [続きを読む]
  • ハセガワ製 1/72 列車砲レオパルド その2
  • 2回目は途中経過をと思ったら画像がありませんでした。残念ながら、大型パーツの単独やサーフェイサー上がりの画像は無しです。そして、一気に完成?ざっと組み立てたところ 全体像この画像がもっとも古いものでした。既におおむね組み上げて、ジャーマングレーの塗装も入っています。台車も組み上げてあります。砲を上げて中を覗く砲の下というか、ボディの中を覗いたところ。砲の下部には支えるパーツがあり、それは内部の稼動 [続きを読む]
  • ミニアート製 ヨーロッパの路面電車 mini-art european tramcar その9
  • フィギュアは一応完成として、車内に設置してみました。車体全容載せたのは3体。それ以外は全く手をつけていません。とりあえず、運転士、座っているおっさん、それから立ち姿の婦人。左手にベンチもあります。これ以外にも石畳含めて細かい部品が入っています。そっちも適当に製作しておきます。 車体横から 天井の隙間前の記事にも書いておりますとおり、ボディと天井の接着には隙間の処理が必要です。今回は運転台方向の固定 [続きを読む]
  • ガジェットの廃棄処分
  • 長年ガジェットで遊んでいると、色々と物が蓄積されます。古い端末が積み上がり、放置されてゴミの山?に。定期的に処分しなければなりません。もちろん、使える物もあるのですが、、、。アンドロイドウエア Android Wear腕時計型の端末です。スマートフォンとリンクして使うため、単独では殆ど意味を成しません。初代のLG製とモトローラ製の2台を潰しました。両方共、それ程古くは無いけれど、動作に問題があります。今更復活 [続きを読む]
  • 1/144 バンダイ製 ミレニアムファルコン その3
  • 終わりにします。冒頭に雑感というか感想等を書きますと、バンダイの異常さを感じた模型でした。パーツの成型は綺麗ですし、ガンプラ同様に多色成型とかの凄さは分かっていました。しかし、今回の組み立てでは、それ以上にちょっと怖かった。というのも、下の全体像の組み上げには、接着剤は使っていないのです。もちろん最終的には補強とか脱落懸念の対処はいたしますが、そんな事気にしないなら接着剤は不要です。パーツも切り出 [続きを読む]