こ哲 さん プロフィール

  •  
こ哲さん: のんびり、ゆったり投資の備忘録
ハンドル名こ哲 さん
ブログタイトルのんびり、ゆったり投資の備忘録
ブログURLhttp://kotetsu35.blog.fc2.com/
サイト紹介文ポンコツ父さんが寄り道しながらも、主にインデックス投資を通して、色々思いをつづるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/03/06 12:51

こ哲 さんのブログ記事

  • 2017年6月の積立投資
  • 2017年6月の積立投資をしました! 前月に続き、投資ファンド、投資比率ともに先月から変更なし。今年ももう半分が過ぎようとしていますが、積立投資&保有で完全に手間いらずの状態が続いています。積立しているので当たり前ですが、投信資産額が増えてきているので、そのまま続けていく方針も変わりなし。こんな感じで資産額を増やしていくのがサラリーマンの投資なのかもしれませんね。(最近は仕事や家庭の用事が忙しくて [続きを読む]
  • 低コストの投信がよいとは限らない?
  • 6月10日の日経新聞にこんな記事が出ていました。(かなり長い引用ですみません。)積立NISA リスク恐れず例えば同じ指数に連動するインデックス型なら、信託報酬の安い方を選ぶのが合理的だ。 しかし、どんな場合でも単純に低コストの投信がよいとも限らない。 一例として、代表的なインデックス投信のニッセイ日経225インデックスファンド(税込み信託報酬0.27%)と、外国株で運用するセゾン資産形成の達人ファンド( [続きを読む]
  • 100円投資って?? と思っていましたが!
  • (今更ですが) 楽天証券やSBI証券で100円単位の投資ができるようになりましたね。100円投資って、意味あるの?、とあまり興味なく聞き流していましたが、さにあらず!保有中の個別株の配当金が年に1回とか定期的に振り込みされますが、ほとんど100株や200株なので、配当金が出ても、数百円とか、せいぜい1,000円。米国のDRIP制度(株の配当金を再投資してくれる仕組み)のように、配当金を再投資できる制度があ [続きを読む]
  • 2017年 保有中の株を棚卸し (3月決算を踏まえて)
  • 去年と同様、3月末の決算結果が出そろってきたので、決算結果をもとに保有している個別株を棚卸し (再評価) しました。と、その前に去年、売却と判断した個別株のその後の株価を確認。(1) サービス株(A) → 売却 (損切) (売値 234円 → 現株価 231円) ・・・ OK!(2) 化学株(A) → 売却 (損切) (売値 952円 → 現株価 950円) ・・・ OK! (3) その他製造株(A) → [続きを読む]
  • 日経新聞はインデックス投資の反対派?
  • 経済関連の情報源の1つとして活用している日経新聞ですが、最近こんな記事が出ていました。積み立てNISAと自助努力投資信託ビジネスは、会社の株主になる代わりに目利きにもうかるアイデアを競わせるのが本来の姿だ。 手数料の低いインデックス投信を買っておけば、金利ゼロの銀行預金やタンス預金よりは有利だ、という考えは王道とはいえない。 (5月27日 日経新聞)投信は『会社の株主になる代わりに目利きにもうかるアイデ [続きを読む]
  • 米国の学生ローンにビックリ。
  • 米家計の借金 最高米国の家計の借金が12兆7,300億ドルに達し、金融危機時の最高水準を更新した。 「主役」は危機時に問題となった住宅ローンではなく、学生ローン、自動車ローン、クレジットカードローンの3つ。 (5月25日 日経新聞)だそうです。特に学生ローンは2003年の0.2兆ドル程度だったのに、2017年は約1.4兆ドルと右肩上がり。自動車ローンやクレジットカードローンも抜き去って、住宅ローンに [続きを読む]
  • 「リボ払い」はカード会社からの悪魔の手。
  • 意図せぬ「リボ払い」 ご注意クレジットカードのリボルビング払い(リボ払い)に関するトラブルが増えている。 気づかずにリボ払いを続けた結果、思いも寄らない手数料を負担していたという例は多い。 カード会社は注意喚起しているが、消費者側もリボ払いについての正しい基礎知識を身につけておきたい。 (5月20日 日経新聞)「リボ払い」はクレジットカードにて支払いをする際、自分で設定した一定額を毎月支払う方法ですね [続きを読む]
  • 2017年5月の積立投資
  • 2017年5月の積立投資をしました! 前月に続き、投資ファンド、投資比率ともに先月から変更なし。現在積立しているファンド以外にもっと信託報酬の安いファンドが出てきていますね。いろいろなところで話題になっているので、説明する必要もなさそうです。以前は信託報酬の安い、新しいファンドが出るたびに乗り換えしようか、どうしようかと悩んだりしていましたが、最近はそういう気持ちもなく、これまでのファンドを淡々と [続きを読む]
  • クレカ入会 まさかの審査落ち(どころではない。)
  • クレカ入会 まさかの審査落ちクレジットカードの入会を申し込んだものの審査落ち - 。 こんな経験をした人も中にはいるのではないでしょうか。 (中略) 延滞が多い、同時に何枚もカードを申し込んでいるといった場合、入会を断ることがあります。 (中略) 注意したいのは信用情報機関に加盟するのはカード会社に限らないことです。 例えば携帯電話会社で分割払いで機種を買った、日本学生支援機構から奨学金を借りた、銀行で住 [続きを読む]
  • ふるさと納税 還元されているような、いないような。
  • ふるさと納税のワンストップ特例制度が導入されてから、納税申告はすべてワンストップ特例制度を使って申告しています。(特例制度を使うためには、”寄付先が5自治体以内”などの条件がありますので、その条件を考慮して。)ただ、”申請はしたものの、本当に税金が控除されているの?”と心配だったので、昨年の記事(ふるさと納税の還元(還付)始まる。(ホッ))の通り、実際に住民税が減っていることを自分の目で確認した上で [続きを読む]
  • あえて毎月分配型投信を保有してみた。(その8)
  • いろいろなところで批判的に言われている毎月分配型投信ですが、あえて保有してみて、その性能(パフォーマンス)を自分の目で確かめてみようという趣旨の第8回目です。 (前回の記事 : あえて毎月分配型投信を保有してみた。(その7))前回から2か月経過しましたので、保有中の毎月分配型投信の運用状況も確認してみました。まず現在保有中の投信と資産割合の確認から。 (資産割合に特段の意図はありません。&すべてNISA [続きを読む]
  • ドル建て日経平均 17年1か月ぶり高値!
  • ドル建て日経平均 17年1か月ぶり高値海外投資家が重視する日本株のドル建て運用収益が改善している。2日の東京市場ではドルベースの日経平均株価が続伸し、200年4月依頼、17年1か月ぶりの高値となった。日本企業の業績好調を受けて、為替の円安による目減り分以上に期待収益が得られると見た海外投資家が資金を振り向けている。(5月3日 日経新聞より) ドル建て日経平均は17年1か月ぶりの高値だそうです。国内 [続きを読む]
  • ふるさと納税 上限3割を要請 (総務省)について
  • 返礼品競争に歯止め総務省は31日、4月1日からふるさと納税の返礼品を寄付額の3割以下に抑えるよう地方自治体に要請すると発表した。 (中略) さらに一部の商品はふるさと納税の趣旨に反するため、金額や換金性、生産地にかかわらず一律に自粛を求める。 具体的には商品券やパソコンやタブレット、自転車、宝飾品などだ。 (4月1日 日経新聞)最近ふるさと納税を問題視する記事を多く見かけるようになりました。多額の返 [続きを読む]
  • やってしまいました。。 (ATM手数料)
  • 久しぶりにやってしまいました。つい先日、提携ATMから引き出したところ、手数料216円の表示が。。たった1万円の引き出しに2%もの手数料をとられてしまいました。すかさず、銀行のホームページを検索し、手数料のかかる状況を確認したところ、”期間中3回まで提携先コンビニATM利用手数料を0円(無料)でご利用いただけます。”と。コンビニATMを使うときはありますが、それほど頻繁に出し入れすることはなく、月 [続きを読む]
  • 2017年4月の積立投資
  • 2017年4月の積立投資をしました! 投資するファンド、投資比率ともに先月から変更なし。当たり前といえば、当たり前ですが、毎月変わり映えしないですね。なにも考えることなく淡々と積み立てというのが一番のメリットではありますが。4月に入って、国内株価はじりじりと下げてきています。相変わらず国内株価は力強さがないですね。 今に始まったことではありませんが、ここ20年でもパッとしないので、外国株式と国内株 [続きを読む]
  • 「複利」を投資の味方に!(でも要注意)
  • 少し古新聞ですが、4月8日の日経新聞にこんな記事が出ていました。「複利」を投資の味方に長期投資では「複利」を味方につければ、お金を大きく増やすチャンスが広がります。 利益がさらに利益を生んでいく複利の効果の大きさは、物理学者アインシュタインが「人類最大の数学的発見」と言ったとされるほどですが、個人投資家には過小評価されがち。(日経新聞 4月8日)長期運用における複利効果の重要性はいろいろなメディア [続きを読む]
  • 株主優待(MUFG)を受け取りして思う。
  • 保有中のMUFG株から株主優待を頂きました。去年のピーターラビットのタオルセットもよかったのですが、変えてみました。今年はキッチンプレートとコースター (2枚)です。どちらも耐熱ガラス製で、なかなかしっかりした作りです。ただ、ものはよさそうなんですが、割れそうで、個人的にはタオルの方がよかったかも。。 (もらっておいて、すみません。)株主優待はその会社オリジナルのものを送ってくれる場合が多いので、うれ [続きを読む]
  • 損の悲しみは深く。。
  • 3月23日の日経新聞にこんな記事が出ていました。損の悲しみは深く益と同額でも感じ方が違う。 数値データを重視する経済学は、すべての人間が利潤を最大化するように行動すると規定し、理論を組み立てる。 対して、「人は機械ではない」と心理学的要素を加えるのが「行動経済学」だ。 (中略) 借金=損失は脳内で恐怖体験として処理されるため確率50%でも損を避けられるなら、可能性に賭ける。 それほど「痛い」のだ。 ( [続きを読む]
  • ”株主優待バブル 過熱” バブル? 過熱?
  • 4月2日の日経新聞 (それも1面!) にこんな記事が掲載されました。株主優待バブル 過熱自社製品などを株主に贈る株主優待を導入する企業が続々と増えている。(中略)ただ配当を重視する機関投資家は不満を強めており、行き過ぎの弊害を指摘する声も増えてきた。(中略)機関投資家の不満は大きい。 個人向けに設計されており、保有が100株でも100万株でも優待内容は同じという例は多い。(中略)「個人を金券で呼び寄 [続きを読む]