こ哲 さん プロフィール

  •  
こ哲さん: のんびり、ゆったり投資の備忘録
ハンドル名こ哲 さん
ブログタイトルのんびり、ゆったり投資の備忘録
ブログURLhttp://kotetsu35.blog.fc2.com/
サイト紹介文ポンコツ父さんが寄り道しながらも、主にインデックス投資を通して、色々思いをつづるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/03/06 12:51

こ哲 さんのブログ記事

  • 「リボ払い」はカード会社からの悪魔の手。
  • 意図せぬ「リボ払い」 ご注意クレジットカードのリボルビング払い(リボ払い)に関するトラブルが増えている。 気づかずにリボ払いを続けた結果、思いも寄らない手数料を負担していたという例は多い。 カード会社は注意喚起しているが、消費者側もリボ払いについての正しい基礎知識を身につけておきたい。 (5月20日 日経新聞)「リボ払い」はクレジットカードにて支払いをする際、自分で設定した一定額を毎月支払う方法ですね [続きを読む]
  • 2017年5月の積立投資
  • 2017年5月の積立投資をしました! 前月に続き、投資ファンド、投資比率ともに先月から変更なし。現在積立しているファンド以外にもっと信託報酬の安いファンドが出てきていますね。いろいろなところで話題になっているので、説明する必要もなさそうです。以前は信託報酬の安い、新しいファンドが出るたびに乗り換えしようか、どうしようかと悩んだりしていましたが、最近はそういう気持ちもなく、これまでのファンドを淡々と [続きを読む]
  • クレカ入会 まさかの審査落ち(どころではない。)
  • クレカ入会 まさかの審査落ちクレジットカードの入会を申し込んだものの審査落ち - 。 こんな経験をした人も中にはいるのではないでしょうか。 (中略) 延滞が多い、同時に何枚もカードを申し込んでいるといった場合、入会を断ることがあります。 (中略) 注意したいのは信用情報機関に加盟するのはカード会社に限らないことです。 例えば携帯電話会社で分割払いで機種を買った、日本学生支援機構から奨学金を借りた、銀行で住 [続きを読む]
  • ふるさと納税 還元されているような、いないような。
  • ふるさと納税のワンストップ特例制度が導入されてから、納税申告はすべてワンストップ特例制度を使って申告しています。(特例制度を使うためには、”寄付先が5自治体以内”などの条件がありますので、その条件を考慮して。)ただ、”申請はしたものの、本当に税金が控除されているの?”と心配だったので、昨年の記事(ふるさと納税の還元(還付)始まる。(ホッ))の通り、実際に住民税が減っていることを自分の目で確認した上で [続きを読む]
  • あえて毎月分配型投信を保有してみた。(その8)
  • いろいろなところで批判的に言われている毎月分配型投信ですが、あえて保有してみて、その性能(パフォーマンス)を自分の目で確かめてみようという趣旨の第8回目です。 (前回の記事 : あえて毎月分配型投信を保有してみた。(その7))前回から2か月経過しましたので、保有中の毎月分配型投信の運用状況も確認してみました。まず現在保有中の投信と資産割合の確認から。 (資産割合に特段の意図はありません。&すべてNISA [続きを読む]
  • ドル建て日経平均 17年1か月ぶり高値!
  • ドル建て日経平均 17年1か月ぶり高値海外投資家が重視する日本株のドル建て運用収益が改善している。2日の東京市場ではドルベースの日経平均株価が続伸し、200年4月依頼、17年1か月ぶりの高値となった。日本企業の業績好調を受けて、為替の円安による目減り分以上に期待収益が得られると見た海外投資家が資金を振り向けている。(5月3日 日経新聞より) ドル建て日経平均は17年1か月ぶりの高値だそうです。国内 [続きを読む]
  • ふるさと納税 上限3割を要請 (総務省)について
  • 返礼品競争に歯止め総務省は31日、4月1日からふるさと納税の返礼品を寄付額の3割以下に抑えるよう地方自治体に要請すると発表した。 (中略) さらに一部の商品はふるさと納税の趣旨に反するため、金額や換金性、生産地にかかわらず一律に自粛を求める。 具体的には商品券やパソコンやタブレット、自転車、宝飾品などだ。 (4月1日 日経新聞)最近ふるさと納税を問題視する記事を多く見かけるようになりました。多額の返 [続きを読む]
  • やってしまいました。。 (ATM手数料)
  • 久しぶりにやってしまいました。つい先日、提携ATMから引き出したところ、手数料216円の表示が。。たった1万円の引き出しに2%もの手数料をとられてしまいました。すかさず、銀行のホームページを検索し、手数料のかかる状況を確認したところ、”期間中3回まで提携先コンビニATM利用手数料を0円(無料)でご利用いただけます。”と。コンビニATMを使うときはありますが、それほど頻繁に出し入れすることはなく、月 [続きを読む]
  • 2017年4月の積立投資
  • 2017年4月の積立投資をしました! 投資するファンド、投資比率ともに先月から変更なし。当たり前といえば、当たり前ですが、毎月変わり映えしないですね。なにも考えることなく淡々と積み立てというのが一番のメリットではありますが。4月に入って、国内株価はじりじりと下げてきています。相変わらず国内株価は力強さがないですね。 今に始まったことではありませんが、ここ20年でもパッとしないので、外国株式と国内株 [続きを読む]
  • 「複利」を投資の味方に!(でも要注意)
  • 少し古新聞ですが、4月8日の日経新聞にこんな記事が出ていました。「複利」を投資の味方に長期投資では「複利」を味方につければ、お金を大きく増やすチャンスが広がります。 利益がさらに利益を生んでいく複利の効果の大きさは、物理学者アインシュタインが「人類最大の数学的発見」と言ったとされるほどですが、個人投資家には過小評価されがち。(日経新聞 4月8日)長期運用における複利効果の重要性はいろいろなメディア [続きを読む]
  • 株主優待(MUFG)を受け取りして思う。
  • 保有中のMUFG株から株主優待を頂きました。去年のピーターラビットのタオルセットもよかったのですが、変えてみました。今年はキッチンプレートとコースター (2枚)です。どちらも耐熱ガラス製で、なかなかしっかりした作りです。ただ、ものはよさそうなんですが、割れそうで、個人的にはタオルの方がよかったかも。。 (もらっておいて、すみません。)株主優待はその会社オリジナルのものを送ってくれる場合が多いので、うれ [続きを読む]
  • 損の悲しみは深く。。
  • 3月23日の日経新聞にこんな記事が出ていました。損の悲しみは深く益と同額でも感じ方が違う。 数値データを重視する経済学は、すべての人間が利潤を最大化するように行動すると規定し、理論を組み立てる。 対して、「人は機械ではない」と心理学的要素を加えるのが「行動経済学」だ。 (中略) 借金=損失は脳内で恐怖体験として処理されるため確率50%でも損を避けられるなら、可能性に賭ける。 それほど「痛い」のだ。 ( [続きを読む]
  • ”株主優待バブル 過熱” バブル? 過熱?
  • 4月2日の日経新聞 (それも1面!) にこんな記事が掲載されました。株主優待バブル 過熱自社製品などを株主に贈る株主優待を導入する企業が続々と増えている。(中略)ただ配当を重視する機関投資家は不満を強めており、行き過ぎの弊害を指摘する声も増えてきた。(中略)機関投資家の不満は大きい。 個人向けに設計されており、保有が100株でも100万株でも優待内容は同じという例は多い。(中略)「個人を金券で呼び寄 [続きを読む]
  • バリュー投資か、グロース投資か。
  • 今回は自分の頭の整理用記事です。バリュー投資とグロース投資という投資法がありますね。(他にもテクニカル投資やモメンタム投資等もありますが、ここでは割愛。)バリュー投資とは、証券の現在の本質的価値を推計し、価格がこれを下回ったときに買うもの。グロース投資とは、将来、価値が急増する証券を見つけ出そうとするもの。と言われています。この2つの投資方法について、わかりやすく説明している文献がありましたので、 [続きを読む]
  • 確定拠出年金の運用利回りが良すぎるので、リバランス。
  • 以前(2月25日)の記事で、今積立中の企業型確定拠出年金の資産割合を確認したところ、自分が計画している資産割合と全く違っていた! という記事を書きました。たまたま運用成績がいい状態ですが、いい方に動いただけの結果と思っています。高いリスクで運用していたので、含み益が出ているうちにリバランス。リバランス前。そして、リバランス後。若干ずれていますが、大体自分の計画した割合になりました。(国内債券分は無 [続きを読む]
  • 2017年3月の積立投資
  • 2017年3月の積立投資をしました! 投資するファンド、投資比率ともに先月から変更なし。外国株式・国内株式も今まで通りの積立投資。外国株式(主に米国株価)の基準価額が上がっていくのは頼もしいですが、その上がり幅が急すぎるような。(最近はそうでもありませんが。)市場サイクルは振り子なので、今年のどこかで調整が入るかもしれませんね。一方、国内株式は相変わらず、上がったり、下がったり。 こっちこそ、20 [続きを読む]
  • 配当利回り(優待含む実績)を集計してみたら。
  • 保有中の個別株の配当利回り(実績)を初めて確認してみました。個別株を買うときには配当利回りもチェックしてますし、優待利回りもあるので、それなりに還元されているはずなんです。実績としてどうなの? と、さっそく集計してみました。これは去年の1月から12月までの配当金と株主優待分を集計しています。(株式は複数銘柄を所有しているので、それらの合計です。)株主優待のない個別株は配当利回り2%以上を目途に購入し [続きを読む]
  • 初めての投信選び。
  • 3月11日の日経新聞に投信選びについてこんな記事が出ていました。初めての投信選びどれが自分に向いたファンドかわからない。 投信を買う際に多くの人が感じる悩みだ。 ありがちなのは足元の成績が好調なファンドに目を向けてしまうパターン。 しかし最初にやるべきことは、運用する期間や目的を明確にすることだ。 どの投信が儲かりそうかを考えるのは後回しでいい。 (3月11日 日経新聞)全く同感。 自分でも初めて投 [続きを読む]
  • いつかは不動産投資!も夢の1つなんですが。。
  • 不動産投資にも興味があり、自分なりに調べているところです。 メリットは定期的なインカムゲイン(家賃収入)があること、インフレに比較的強いこと、レバレッジが効く等でしょうか。(レバレッジが効くのはメリットでもあり、デメリットでもあり。) 一方デメリットもありますね。 投資額が大きいこと (集中投資になること)、流動性が低いことなど。書籍を読んでみたり、不動産投資のシミュレーションをしてみながら、これは投 [続きを読む]
  • あえて毎月分配型投信を保有してみた。 (その7)
  • いろいろなところで批判的に言われている毎月分配型投信ですが、あえて保有してみて、その性能(パフォーマンス)を自分の目で確かめてみようという趣旨の第7回目です。 (前回の記事 : あえて毎月分配型投信を保有してみた。(その6))前回から2か月経過して、市場がそれなりに動きましたので、保有中の毎月分配型投信の運用状況も確認してみました。まず現在保有中の投信と資産割合の確認から。 (資産割合に特段の意図は [続きを読む]