miyabikun さん プロフィール

  •  
miyabikunさん: F1 えきぞーすとのーと
ハンドル名miyabikun さん
ブログタイトルF1 えきぞーすとのーと
ブログURLhttp://miyabikun.blog.jp
サイト紹介文F1の予選・決勝のテレビ観戦記をはじめ、懐かしの車やレース、データ分析を主体としたF1ブログです。
自由文1990年以降F1を観戦しはじめ早25年。様々な名ドライバーが生まれ、名レースが繰り広げられてきました。最新の技術を投入した世界最高峰の自動車レースにもかかわらず、環境問題や車離れ、勝者の偏りもありF1の人気は下降線です。メカにさほど強くない単なる乗り物好きのブログですが、予選・決勝のテレビ観戦記をはじめ、過去の車やレース、歴史に刻まれた記録やデータからF1の面白さやすごさを発信したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/03/07 08:28

miyabikun さんのブログ記事

  • 過去のレースを振り返る 2007年ハンガリーGP
  • 今回はちゃんといつもの定義に戻り、2007年ハンガリーGPを振り返りたいと思います。BMWザウバーにレンタルされていたベッテルちゃんがこのレース前に解雇されたS・スピードに代わってレッドブル塾であるトロ・ロッソちゃんから正式にステアリングを握ります。今のフェルスタッペン並みにガキンチョです。 第11戦ハンガリーGPまで10戦を終え、ランキングトップは新人ハミル [続きを読む]
  • ハンガリーGPから歴史と地理のお勉強
  • 夏休み前最後のGPです。大人にも夏休みが欲しいですね。ヨーロッパの方達みたいに休みはしっかりと確保する風習が日本にもあるといいのですが。日本人って世界的にみて勤勉で真面目な人種ですよね。それが世界屈指の経済国、技術国であることを支えています。 《国の基本情報ほか》国名称:ハンガリー 人口 :998万人(世界第80位) 面積 :9万3千?(世界第107位) 設立 :1989年に社会主義 [続きを読む]
  • 「無冠の帝王」達の戦績を改めてみてみる
  • 2年ほど前に「チャンピオンになれなかった」ドライバーについて書きました。前回は近年30年弱の「チャンピオンに手がかかりそうでダメだった」ドライバーを挙げました。今回はもう少し定量的に、成績重視で全時代から選定してみていきます。前回とカブるドライバーも数名いたり、度々似たようなネタばかりな部分もありますが、グラフも使いつつ戦績をもっと掘り下げて「どこがどうダメだったか」を見ていきたいと思います。チャン [続きを読む]
  • 名車を振り返る ウィリアムズFW11,FW11B
  • 現在F1参戦第4期となるホンダエンジンはマクラーレンで3年目になります。世界中のファンの誰もが知るビッグネームとなって復活するも、2015年は10チーム中9位、昨年は11チーム中6位に上昇し、今シーズンは半分弱を終えて10チーム中10位の2ポイントでなかなか日の目を見ることができません。何が問題なのでしょう。チーム?シャシー?はたまたエンジン?いやドライバー?!触れてはならない「パンドラの箱」を開けるのも恐ろしいで [続きを読む]
  • 歴代F1名車が2017年にタイムスリップ?!
  • F1界によくあるタラレバ話「昔の名車(ドライバー)が今あったらどうなる?」当然答えが出るはずもなく、想像の領域を越えることはありません。そんな想像の助けになる面白いサイトを先日見つけました。既にご存知の方も多いかもしれませんが「過去の名車を今のレギュレーションに充てたらどう見えるのか」を絵に描いているデザイナーがいます。ショーン・ブルという方によるコンピューターグラフィックを用いた作品です。やりたく [続きを読む]
  • F1第10戦 イギリスGP予選
  • お、久し振りのインターミディエイトだ。中には果敢にスーパーソフトタイヤで挑むチームもみられましたが、フリー走行3回目の終盤に続いて予選も霧雨の中始まりました。雨が降っちゃうと性能差は変わってくるし、タイム向上も見辛い。 Q1序盤は結局全車インターミディエイトタイヤで臨み、ひとまずリカルドがトップタイム。の矢先に [続きを読む]
  • F1第10戦 イギリスGP予選予想!
  • ロンドンでF1のイベントがありましたね。テレビ放映をご覧になった方も多いと思います。伝統のシルバーストンも先があまり長くないかもしれません。市街地サーキットばかり増えてしまうのも個人的には残念です。フォーミュラEと似たり寄ったりになってしまいそう。 《イギリスGPの基本情報》 シルバーストンサーキット 全長:5.891km×52周=計306.332km《イギリスGPの個人的印象》 [続きを読む]
  • 過去のレースを振り返る 1991年ポルトガルGP
  • 伝統のイギリスGPを差し置いて、前回の続き「第2弾」をやります。第1弾の2年後となる1991年のポルトガルGPです。またポルトガル。シルバーストンでの開催が危ういイギリスGPは山のように歴史がありますから、せっかくなら旬なやつやりましょう!(え?最早熱りは冷めた?!)ま、まあ 飽きず呆れずお付き合い下さいませ(笑) 前回1989年の内容を覚えていますか? [続きを読む]
  • F1第9戦 オーストリアGP予選
  • あ、オレンジ!えへへ、あれはボクのだよ!と母国GPのないフェルスタッペンの応援団が目立ちます。母国がなければチームの母国を母国とすればよい、ってか。 レッドブル・リンクでは2連続ポールを獲得してきたハミルトンはフリー走行から好タイムを残してきましたが、ギヤボックス交換ペナルティが決まっており予選順位が5つ [続きを読む]
  • F1第9戦 オーストリアGP予選予想!
  • 昨シーズンより少し遅めにレッドブルが復調をみせ始めました。前回アゼルバイジャンで優勝したリカルドの連続表彰台が光ります。一方でフェルスタッペンは現在までの決勝の周回数を最も稼げず、我慢のシーズンを送っています。フェルスタッペンが猛威を振るうようになると、チャンピオンシップ争いがもう少し混沌としたものになるのですがね。そんな対局の2人が臨むホームGPです。 [続きを読む]
  • オーストリアGPから歴史と地理のお勉強
  • ガッツリなヨーロッパにまた戻ってきました。毎年イギリス、オーストリア、ドイツでどの順だったかな?!と忘れてしまいます。オーストリアとオーストラリアの違いくらいはちゃんとわかっているつもりです(笑) 《国の基本情報ほか》国名称:オーストリア共和国 人口 :836万人(世界第88位) 面積 :8万4千?(世界第112位) 設立 :1955年に永世中立国宣言し占領から解放主言語:ドイツ語 首都 :ウィーン 通貨 [続きを読む]
  • 過去のレースを振り返る 1989年ポルトガルGP
  • 今では見かけなくなったポルトガルも1980年代後半から90年代前半でF1が行われました。晩年はある人が度々「何か」見せてくれていましたよね。今回は次戦のオーストリアGPではなく、1989年の第13戦ポルトガルGP「第1弾」としてみていきます。 1989年はターボエンジンが禁止され、V8〜V12と気筒数に差はあるものの全車横並びで3.5ℓのNAエンジンに揃えられました。開幕戦ブラジルGPと第10戦ハンガリーGPでフェラ [続きを読む]
  • ベッテル三十代初年に課された難題
  • 2017年シーズンは第8戦を終えてベッテルが3勝6表彰台の153ポイントでランキングトップ。ハミルトンが3勝5表彰台の139ポイントでランキング2位。ボッタスが1勝5表彰台のランキング3位、リカルドは1勝4連続表彰台のランキング4位と続いています。前戦のアゼルバイジャンGPではポールポジションから逃げ切ると思われたハミルトンがアクシデントとインシデントの両方に見舞われて頭一つベッテル優 [続きを読む]
  • ドライバーの誕生月を祝おう!7月編
  • 2017年も半年過ぎて今日から後半戦です。早いですね。7月生まれのF1ドライバーは総勢72人います。 《7月生まれのドライバー》1947年7月1日 星野一義1989年7月1日 D・リカルド◎1987年7月3日 S・ベッテル◎★1948年7月4日 R・アルヌー1962年7月4日 R・ラッツェンバーガー1973年7月4日 J・マグヌッセン1936年7月7日 J・シフェール1959年7月7日 A・ナニーニ1982年7月9日 山本左近1928年7月10日 [続きを読む]
  • 名車を振り返る B・A・R006
  • 先日のアゼルバイジャンGPではようやくアロンソが9位入賞を果たしました。依然としてコンストラクター10位で最下位ともう少しカンフル剤を打ってあげないとダメそうなので、今回は第3期ホンダで未勝利ながら最も活躍した2004年のB・A・R006やります。 《設計》 ジェフ・ウィリス 《外見》 B・A・R(ブリティッシュ・ア [続きを読む]
  • F1第8戦 アゼルバイジャンGP決勝
  • フリー走行や予選などの限界走行ではこの細道が鬼門になりました。ハイネケンの看板がやたら壊されて、ある意味CM効果抜群。決勝はみんなビビり気味でココにお世話になる方は減りそうです。 この観戦記は大抵時系列でレースシーンを追いかけています。決勝をご覧になった方 [続きを読む]
  • F1第8戦 アゼルバイジャンGP予選
  • これは海ではありません。湖です。バクーに面する世界最大のカスピ海は37万4千?で日本の面積37万8千?とほぼ近似です。広大過ぎる。 先日書いたように、予選を前にサインツは決勝3グリッド降格、マクラーレンは2台ともパワーユニット交換ペナルティのために同じく順位降格が決まっています。また、ルノーのパーマーもマシンが燃えて予選までに修復が間に合わず、予選にすら参戦で [続きを読む]
  • F1第8戦 アゼルバイジャンGP予選予想!
  • 少し前に描いた「同縮尺のお手製サーキットレイアウト」のバクー市街地はやっぱり間違えていました。ターン3,4が手前過ぎだと今回DRS区間をおとして気付きました。これはもう大丈夫なはず!(前回のは反映していますが、最初のやつは放置!直してません。。)モナコ同様の市街地サーキットではありますが、モナコではなく、このサーキットをみると空想市街地サーキットを色々考えたくなります。でも新作はまだ整っていません(笑) [続きを読む]
  • アゼルバイジャンGP+αから歴史と地理のお勉強
  • 今年から知らない間にヨーロッパGPからアゼルバイジャンGPになってましたね。昨シーズンの同じ頃に「まずアゼルバイジャンを知ろう!」ということで特集しちゃっていました。よって今回はサラリと、過去のヨーロッパGPもサラリとやってみます。 《国の基本情報ほか》国名称:アゼルバイジャン共和国 人口 :980万人(世界第83位) 面積 :8万6千?(世界第113位) 設立 :1991年にソビエト連邦から独立主言語 [続きを読む]
  • 名車を振り返る ティレル019
  • 今日のF1はフロントウィングがノーズコーンから離れて吊り下げる形となり、近年はそのノーズ形状が「ダサい」原因の一つとされています。フロントウィングを微妙に持ち上げてフロントウィングでのグラウンド・エフェクトを狙うマシンは先日取り上げた「マーチ881」がありますが、ガッツリとノーズコーンを持ち上げた先駆けとなったのは、日本でも有名な1990年の「ティレル019」でした。戦績は決していいものとは言えませんが、今に [続きを読む]
  • ポールポジションが物語るもの
  • 多くのスポーツには予選と決勝があり、大抵は予選は弱い選手をふるいにかけて落とし、選ばれし者だけが決勝で全力を出して優勝にこぎつけていきます。ただF1をはじめとしたモータースポーツとなると考え方が少し異なり、予選は決勝のスタート順位を決めるものであり、スタートの位置が決勝における優勝への一番の近道となるため、決勝より予選の方がラップタイムは早いものとなります。勝敗を決めるのは決勝の順位であって、ポール [続きを読む]
  • 過去のレースを振り返る 2000年ドイツGP
  • まだ大阪出張中です。 あれ?!今回はこのタイミングで振り返り?!来週のアゼルバイジャンGP(ヨーロッパGP)はご存知の通りまだ1戦しか行われていないのと、先日までみてきた「初優勝」の絡みを考えて、今回は2000年ドイツGPを振り返ることにしました。ドイツGPを振り返るのは初、2000年レースは雨に荒れたベルギーGP以来2レースになります。バトンがデビュー年の2000年と聞くと最近のようでもう17年も前の話になるんです [続きを読む]