miyabikun さん プロフィール

  •  
miyabikunさん: F1 えきぞーすとのーと
ハンドル名miyabikun さん
ブログタイトルF1 えきぞーすとのーと
ブログURLhttp://miyabikun.blog.jp
サイト紹介文F1の予選・決勝のテレビ観戦記をはじめ、懐かしの車やレース、データ分析を主体としたF1ブログです。
自由文1990年以降F1を観戦しはじめ早25年。様々な名ドライバーが生まれ、名レースが繰り広げられてきました。最新の技術を投入した世界最高峰の自動車レースにもかかわらず、環境問題や車離れ、勝者の偏りもありF1の人気は下降線です。メカにさほど強くない単なる乗り物好きのブログですが、予選・決勝のテレビ観戦記をはじめ、過去の車やレース、歴史に刻まれた記録やデータからF1の面白さやすごさを発信したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/03/07 08:28

miyabikun さんのブログ記事

  • F1第14戦 シンガポールGP予選
  • いつみても綺麗ですね。この景色を見る度に昨年書いた「横浜市街地ナイトレース」の想像が膨らみます。横浜がお膝元の日産が参戦してくれているのなら「やっちゃえ日産」と二番煎じのネタが言えるのになぁ。ホンダじゃ「トロ・ロッソに載ってグラ」止まりだな。また夜の横浜に行った時にニヤニヤしながらF1が目の前を高速通過する妄想でもして我慢します。 [続きを読む]
  • シンガポールGPから歴史と地理のお勉強
  • ヨーロッパを終えて、ナイトなシンガポール、スコールのマレーシア、秋の鈴鹿と再びアジアにF1が戻ってきます。 《国の基本情報ほか》国名称:シンガポール共和国 人口 :561万人(世界第113位) 面積 :719?(世界第176位) 設立 :1965年にマレーシアより独立主言語:英語、中国語、マレーシア語、タミル語 首都 :なし(シンガポール) 通貨 :シンガポール・ドルF1開催期間と数:2008〜(10回目)開催サーキ [続きを読む]
  • 過去のレースを振り返る 2006年トルコGP
  • えっと、今更グチャグチャだと気付いた英語からは離れまして〜、、 日本を筆頭にこの20年弱の間でアジアのF1開催が一時期増えましたよね。ただそんな流れもマレーシアGPが今シーズン限り、そして次戦シンガポールGPも開催終了の可能性がチラつくなど、徐々に減少傾向にあります。アジアでの開催は日本GPの鈴鹿を除くと全てヘルマン・ティルケが監修してきたものというのも特徴的です。コースレイアウトに賛否両論はあり [続きを読む]
  • F1から学ぶ英文法講座 Lesson 1
  • 「F1から学ぶ英文法講座」は今回から本格的にちょこちょこ始めます。前回はLesson 0 にもかかわらず多くの誤りをご指摘頂きありがとうございます。お礼と同時に、自身の未熟な部分を発信してしまっていることへのお詫びと恥ずかしさを感じた次第です(笑)「企画倒れ」にならぬよう、以降も自身の教養も深めることに精進し、今後も引き続きのご指導を賜りますよう、 よろしくお願いします。Lesson 1は重要な品詞の一つである「 [続きを読む]
  • F1から学ぶ英文法講座 Lesson 0
  • 世界各国で行われるF1の共通語は英語です。テレビ中継でも無線で英語が飛び交うし、ドライバーのインタビューや川井ちゃんが「アタマ聞き逃しちゃう」のも英語。英語が話せたり聞き取れたりすれば、通訳者の上手い下手、意図なく自分なりの解釈ができるようになるのでしょうが、英語は好きで特訓中ではあるものの、恥ずかしながらmiyabikun当人もまだできない部類です。そこで新企画「F1から学ぶ英文法講座」として何回かに分けて [続きを読む]
  • 名車を振り返る ザウバーC31
  • 歴史あるプライベーターも今や完全なるテールエンダーと化したザウバー。前にも振り返ったように、以前は大型スポンサーとしてペトロナスを味方につけたり、将来が期待される新人を多く輩出してきたチームでした。創設者であるペーター・ザウバーも身を引き、跡を引き継いだF1初の女性チーム代表モニシャ・カルテンボーンも第7戦カナダGPを最後に退任して「ザウバー」の名残はチーム名称とシャシー名くらいになってしまいましたね [続きを読む]
  • F1第13戦 イタリアGP決勝
  • 今回は録画も成功し、予定通り追いかけながら観戦できました!一安心。内容もさることながら「そんなレベル」にヒヤヒヤしています。ほら、観客はすでに出来上がってますよ! ポールはともかく、気になるのはいつもと異なる顔触れのフロントロウ、セカンドロウのこやつらで [続きを読む]
  • F1第13戦 イタリアGP予選
  • イタリアGPでは珍しい雨な気がします。以前にこのブログで振り返った2008年も雨で若きベッテルがトロ・ロッソでフリー走行から勤勉に走り込みを行い、初ポールから初優勝を遂げたのを思い出します。前も見えずダウンフォースを減らした上でパンピーな路面のモンツァが雨なら、この予選は荒れるぞきっと。 ちなみに今回はサインツが10グリッド、フェルスタッペンが15グリッド、リカルド20グリッドのそれ [続きを読む]
  • F1第13戦 イタリアGP予選予想!
  • イタリアGPは例年「様々な区切り」を設けるチームも多いです。ヨーロッパラウンドの最終であり、このあたりから来シーズンのシートの公表が始まったりします。地元を前にひとまず来シーズンのシートを決定したフェラーリはチャンピオンシップに専念したいところです。フェラーリのシートを狙っていたあんな方やこんな方、残念でした〜!来年以降に「空くかもしれない一つ」狙ってみて下さいね(笑) [続きを読む]
  • ドライバーの誕生月を祝おう!9月編
  • 今年の夏は暑いには暑いけど暑さがまだ足りない。あれよあれよと言う間に早くも9月に入りました。9月生まれのF1ドライバーは62人います。《9月生まれのドライバー》1994年9月1日 C・サインツ ◎1958年9月2日 O・グルイヤール1966年9月2日 O・パニス1990年9月2日 M・エリクソン ◎1939年9月5日 C・レガッツォーニ1963年9月5日 井上隆智穂1965年9月5日 D・ブラバム1910年9月7日 L・ウォラード1956年 [続きを読む]
  • イタリアGPから歴史と地理のお勉強
  • 頭切り替えてテンポよくいきましょう!次はイタリアですよ! 《国の基本情報ほか》国名称:イタリア共和国 人口 :5987万人(世界第23位) 面積 :30万1千?(世界第69位) 設立 :1861年の独立戦争を経て 1946年に共和国化主言語:イタリア語 首都 :ローマ 通貨 :ユーロ(以前はリラ)F1開催期間と数:1950〜(68回目)開催サーキット:モンツァ、イモラF1ドライバー数:99人F1チャンピオン:2 [続きを読む]
  • F1第12戦 ベルギーGP決勝
  • 今回も生放送を録り逃してしまいました。。この前のミス以来、番組表の録画マークを指差し確認しているはずなのになぁ。これはどう考えてもチューナー側のトラブルの気がするんだけど。。帰宅まで我慢できない!観ましたよ、4時からの再放送を。 [続きを読む]
  • F1第12戦 ベルギーGP予選
  • 唯一の地元ドライバーであるマクラーレンのバンドーンにはパワーユニット交換のペナルティでバスストップシケイン手前からのスタートが決まっています(笑)なんて冗談はさておき、地元だかの坊やはバンドーンでなくライコネンファン。 最近は子供にも支持されつつあるライコネン。ライコネンも今や一児のパパです。最後の優勝は君が生まれた [続きを読む]
  • 君の名は?!頭文字◯
  • このブログではドライバーを基本的にファミリーネームで呼び、歴史を振り返ったり重複しそうなドライバーがいる時は「◯・〜」という形でファーストネームはイニシャル表記で統一しています(本当は「◯.〜」が正しいのでしょうが) ドライバーの名前を見たり書いていると色んなイニシャルがある事に気が付きます。特にファーストネーム「J」の方が非常に多い。日本国内をみても、地域的なのか一般的なのか「多い姓 [続きを読む]
  • 過去のレースを振り返る 2004年ベルギーGP
  • 今回は2004年の第14戦ベルギーGPを振り返ります。2004年は昨シーズンのアメリカGP前にも振り返っており、その後のレースになります。シーズン全18戦のうち、このベルギーGP時点で早くもフェラーリのM・シューマッハが5年連続7回目のチャンピオン獲得に王手をかけています。ランキング2位のチームメイトであるバリチェロにも大きく差をつけ、13戦で12勝を挙げていますから、2ポイント差付ければ文句無しです。またフェラーリに [続きを読む]
  • ベルギーGPから歴史と地理のお勉強
  • 皆さん、いよいよF1が再開しますよ〜!夏休み明けのベルギーGPです。その前にワッフル以外のベルギーも少し学んでおきましょう。 《国の基本情報ほか》国名称:ベルギー王国 人口 :1112万人(世界第74位) 面積 :3万?(世界第136位) 設立 :1830年にネーデルランド連合王国 (オランダ、ルクセンブルク)から独立主言語:オランダ語、フランス語、ドイツ語 首都 :ブリュッセル 通貨 [続きを読む]
  • 2017年シーズン前半を振り返る③と後半展望予想
  • まもなく再開する後半戦を前に、先日行った2017年シーズン前半の印象的なシーンとシーズン後半の展開を個人的視点から書きます。 《目をみはる活躍、目にあまる失態》一番印象的な活躍はフェラーリの健闘、初めだけのハッタリではなかった強さでしょうか。昨シーズンは合同テストの期待を大きく裏切り、シーズン終了時はボロクソに書いてしまいました。そ [続きを読む]
  • 若手発掘チーム「ウィリアムズ」
  • またまた放置気味だった「F1登竜門チーム」を思い出したかのように復活させます。今回は現在もF1界に名を連ねる「ミスター・プライベーター」のウィリアムズです。皆さんよくご存知の車椅子のおじいさんが生業とする古豪の名門チームは「チャンピオンチーム」というだけでなく近年は特に「若手の発掘」もこなすチームにもなるといったワークスにはない「チーム存続の難しさ」や「時代ごとに変化する立ち振る舞い」などF1の縮図とも [続きを読む]
  • ヤンとヨス
  • 小生意気なこの顔はどこのクソガキだ?オラんだ!(笑) 「ぐりとぐら」みたいな端的なタイトルです。この2人、時代もカブるし名前の雰囲気も似ていて、当時はよく間違えました。若いファンの方々は息子達は知っていても、実のところチャンピオンでも優勝経験もない親父さん達はよく知らないことと思います。F1も夏休みに入りましたので、ココはゆるりとあまりフィーチャーされることも無かろういつもガレージで「ドヤ顔」 [続きを読む]
  • 過去のレースを振り返る 2010年ドイツGP
  • そして今回振り返るレースは2010年のドイツGPです。前回の「F10」でネタバレしてしまっていますね。調べてからの流れですが、決して手抜きではありませんよー(笑) 少し前にも振り返ったドイツGPは2000年で森を抜ける超高速レイアウトのホッケンハイムでした。2010年はヘルマン・ティルケによる改修を受けた現行のショートレイアウトです。似たアングルからの空撮をみると、2001年で廃止された旧コースはだいぶ森に還 [続きを読む]