ゆうや さん プロフィール

  •  
ゆうやさん: 運動神経が無い子供を全国レベルに育てるテニス育成法
ハンドル名ゆうや さん
ブログタイトル運動神経が無い子供を全国レベルに育てるテニス育成法
ブログURLhttp://juntennis.blog.fc2.com/
サイト紹介文運動神経が無い、力が弱い、体力が無い子供でも全国レベルのトップテニス選手に育てる事は十分可能です。
自由文自分の子供は運動神経が無いから・・そのような理由で悩んでいませんか?確かに運動神経は大事ですが、潜在能力を生かす事が出来れば、全国レベルのトップテニス選手に育てる事は出来るのです。
http://juntennis.blog.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 199日(平均0.2回/週) - 参加 2016/03/07 14:52

ゆうや さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ボールとの距離感を上手くとる為の壁打ち練習
  • テニス習いたての子供の中にはボールとの距離感が上手くつかめないというケースがよくあります。ですので、ここではボールとの距離感を掴む為の壁打ちについてお話します。まず最初に自分でボールをバウンドさせて、自分にとってベストな打点を体に叩き込みます。左手でボールを自分の少し前に落としそれをひたすら壁に向かって打つ感じです。その時は地面にたたきつけるのではなく、自然に落ちる力を利用して落としてください。 [続きを読む]
  • 幼児でもフォームはしっかり覚えられる?
  • 子供が小学校入学前の幼児だと、「フォームをどこまで教えれば良いか?」迷うと思います。まず、幼児だと言葉をちゃんと理解してくれるかどうかもわかりませんし、覚えてくれるかどうかもわかりません。でも大丈夫です。幼児でもしっかりとフォームは覚えられます。幼稚園や保育園の発表会で幼児が皆で歌ったり、踊ったりしている所を見たことがある人もいると思います。誰一人自分勝手な行動をせず、皆と同じタイミングで踊ったり [続きを読む]
  • 勝った事よりも「何故勝てたか」を理解する事
  • もちろん試合の勝敗というのは大事です。子供が一生懸命頑張って勝った時に評価してあげるのは大切な事ですし、親やコーチの役目でもあります。しかももっと大切な事は「どうして勝てたのか?」「どういう点が優れていたから勝てたのか?」を理解する事です。また、良い点だけじゃななく悪かった点も冷静に考える必要があります。そうする事で今現在の戦術的な面や技術的な面の強みや弱みが明確になり、次に繋げる事が出来るように [続きを読む]
  • 試合数と練習量のバランスをしっかり保つ事
  • 夏休みのジュニアを見ていると、毎週のように試合をしている子供をよく見かけます。モチベーションを保つ為、ポイントを稼ぐ為など色々理由はあるかもしれません。仮にその試合場が遠方なら、丸一日試合に費やす事でしょう。試合の反省点を見つめなおす時間はありますか?自分の弱点や問題点を明らかに出来ますか?その問題点を克服するトレーニングをする時間はありますか?そうなんです。試合を多くするという事は自分の実力を高 [続きを読む]
  • そのフォームは本当に個性?個性と悪癖を見分けよう
  • 子供のフォームがモデルとしているフォームと違う場合は、それを個性として考えてしまう人もいます。しかし、そのフォームが本当に合理的なのかどうか、つまり個性か悪癖かしっかり調べる必要があります。打球が良かったから個性と認めてしまうのは早計です。たまたま打球が良かっただけかもしれません。もしかしたら非合理的な動作の可能性もあるのです。悪癖を個性と思って放置しておくと、せっかく優れた選手になる可能性の芽を [続きを読む]
  • ジュニアテニスでテクニックよりも大切な事
  • テニスで最も重要な事は「テクニック」と思っている人も多いと思います。確かに練習を積み重ねテクニックをつけるのは大切な事です。ただ、テニスが強くなる上で最も大切な事ではありません。テクニックよりも大切な事・・それはテニスに対する「愛」です。ちょっと観念的に聞こえるという人もいるかもしれませんが、これは本当の事です。ただ、注意して欲しいのは無差別に愛するという事です。つまり、ナイスショットだけではなく [続きを読む]
  • 過去の記事 …