智(とも) さん プロフィール

  •  
智(とも)さん: Blue あなたとわたしの本
ハンドル名智(とも) さん
ブログタイトルBlue あなたとわたしの本
ブログURLhttp://btomotomo.hatenablog.com/
サイト紹介文言葉と写真。感受性が豊かで、傷つきやすく、ひとりが好きで、優しすぎる、そんな〝あなた〟のサイトです。
自由文感受性が豊かで、傷つきやすく、ひとりが好きで、そして優しすぎる、そんな〝あなた〟のサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/03/07 21:35

智(とも) さんのブログ記事

  • 急な登り坂を走れ、己の名前を刻んだ旗をかかげ
  • Blue あなたとわたしの本 191 すでに出来上がったブランドネームにさ、 擦り寄って、 利用すれば、 そこそこはうまくいくんだよ、 たいていのことは。  さして好きでなくとも、 大してスゴいと思ってなくても、 それがブランドで ありさえすれば── 。 世の中、そういうところって、あるよな。 ところがあんたはさ、 己の名前を刻んだ旗を振り回しながら走ってるように見えるんだよ。 ブランドネームでも [続きを読む]
  • 宇宙人に一家もろとも連れ去られそうになった話
  • エッセイ Blue 19 あれは僕が小学校3年生の冬のことです。 学校が終わって、友達の Bくんと帰路についていました。ふだんは5、6人で帰るのが常だったんですけど、あの日はどうしてだか二人だけでした。 会話がふと途切れたときに、Bくんが、こう始めたんです。「智(とも)、神社のわきの路地を入った奥に、◯◯さん、っていう家があるやろ」 Bくんは神社の方向を顎で示します。僕は険しいその顔を見たあと、なんだろ [続きを読む]
  • 「ありがとうございます」って素直に言える人には誰も勝てないんだよ
  • Blue あなたとわたしの本 190 僕なんかにでもさ、「ありがとうございます」って 言ってくれる人がいるんだよ。 そんなときは ── いつも思うよ。 あぁ、この人の勝ちだな、って。 僕はちゃんと言えてるのかな、って 自問してしまう。 ありがとうございます、って 頭を下げられる人が、 立派なんだよね。 無敵じゃん、って思うよ。  ありがとうございます、って言える あなたが伸びるの。 素直 [続きを読む]
  • 読み手を引き込む文章を書く、たった一つの方法
  • エッセイ Blue 18 名文、悪文、美文、いろいろあるとは思うのですが、読み手を引き込むことができなければ、そこで終わりです。引き込み、最後まで読んでもらわなければなりません。 文章を読む、ということは、ほとんどの人にとって、しんどいことだと僕は思うんです。しんどいことを楽しく行ってもらいたいわけですから、方法が必要となってきます。 読み手を引き込む文章を書く、たった一つの方法 それは、  [続きを読む]
  • 青い猫のブルース
  • Blue あなたとわたしの本 189 * 主人公は女性です わたしの前を横切ったのは どこかで見かけた猫だった 道がゆがみ 柱まわる 目線の位置が なにか違う 人の膝下が 行き交う  うつむくと 毛むくじゃらの 脚と爪 どういうことよ? わたし自身が 猫になって 四つ脚で立ってる 慌てふためいて周り見回す 色味も消えてモノトーン 塀がゆがみ 家はまわる 見上げるとそこに 女の背中 肩越しに振 [続きを読む]
  • 心が休息を求めたら
  • Blue あなたとわたしの本 188 休みたい、って思うときはさ、 心とからだ が充電したい、って言ってるんだから、 それに従えばいいんだよ。「なにくそ」なんて がんばるのはさ、 根性でもなんでもないですから。 損得勘定 計算して、 自分を追い詰めてることが多いんです。 こざかしい理性じゃなく、 直感を信じるの。  心配してるようなことは起こらないから。  心を休息させてあげてください。 エネルギ [続きを読む]
  • アヒルのマーサ
  • Blue あなたとわたしの本 187ある日 アヒルのマーサ こころの中を 泳いでたよさびしい涙 浮かべて さまよいながらゆらゆら 遠くを見上げふわふわ ゆらふわゆら ふわふわマーサは 恋をしたみたいこころの奥が 熱いもの南の島の ペリカンの カミパに会いたい会いたい 飛んでゆきたいこの翼じゃ どこへもゆけないある日 飛んでみたマーサあっ 飛べた! カミパ カミパ いたわ!カミパは言うの 「空と [続きを読む]
  • ふしぎなワルツ
  • Blue あなたとわたしの本 186the cloudy nightthe silent nightsounds glints the lightyou′ll see this, right?闇のなかぼくは聞こえた庭から変な音ママとパパ窓辺へいそぐ妹は はしゃぐ青が はねて黄色が とぶのびる 緑ギルギルギル ぐわぁーラッパ パッパッピッパァふしぎの はじまりギルギルギル ぐわぁーラッパ パッパッピッパァなにかが きたthe cloudy nightthe silent nightsounds glints the lig [続きを読む]
  • 愛する人が仕事のことを理解してくれてなくて寂しいと感じている方へ
  • Blue あなたとわたしの本 185 どうしてこれだけがんばってるのにわかってくれないんだ、 ねぎらってくれないんだ、 これだけ技術も磨いたのに気づいてくれないんだ、 認めてくれないんだ、 励ましてくれないんだ、 こんなふうな悩みを持ったことはありますか? そんな、なんとも言えないさみしさを。 最近、そう言われる方につづけて会ったんです。「近しい人に理解してもらってないんだ」と、みな 一様に口に [続きを読む]
  • 書き下ろし小説「1パーセントの深い哀しみ」 note で公開
  • note.mu  note で小説を販売します。 定価は200円です。 物語は、上昇するエレベーターのなかで一人で暮らすことにする、17歳の女の子の話です。「引きこもり 幻想小説」といったところでしょうか。 作品冒頭の「安息の地」という散文詩を、この記事の最後に掲載します。 その17歳の女の子が書いたものです。 いきなりそんな?ネタバレ?していいのか? と思われるかもしれませんが── いいんです。すぐ [続きを読む]
  • 芽が出たとか出ないじゃなくてさ、情熱が あるかないかで決めようぜ
  • Blue あなたとわたしの本 184 なんでもそうだけどさ、 続けることがいちばん むずかしいんだよなぁ。 繊細で、 感受性が豊かで、 そして?そのこと?に関しても 才能のある人ほど、 続けることが むずかしい、ってところもあるんだよ。 なんていうか── 打ちのめされちゃうんだよなぁ。?結果?が出る前に── 。 結果が出るまでは、?時間?がかかるのが普通だからさ。 だから、 情熱のあるうちは  [続きを読む]
  • あなたが「いま この瞬間」に幸せを感じるための4800文字
  • もうひとつの Blue 3?いま?という瞬間にしか、人は存在することができない。?過去や未来?といったものは言葉の上だけの概念なのだ。 人は、いま、いま、いま、という以外のどこにも存在することができない。この事実を前提として、幸せというものについて考えてみたいと思う。あなたとわたしが幸せを感じられる原稿にしたいと思う。 そう、幸せとは?感じる?ものなのだ。「幸せになる」という言い方が一般的だとは思う [続きを読む]
  • 夢を行動に移すための(ある種 劇薬的な)思考法
  • もうひとつの Blue 2 今回の原稿は、「夢を行動に移すための(ある種 劇薬的な)思考法」というタイトルを付けた。?ある種 劇薬的な?部分については、終わりのほうで書くことになると思う。自己啓発書などでは今のところ読んだことがない。最後までお付き合い願えれば、嬉しい。 この世界で夢を実現するためには行動しなければならない。「行動力」というものが必要になってくる。あたりまえのことだが、難しいことで [続きを読む]
  • 気持ちが沈んだときの対処法
  • もうひとつの Blue 1 気持ちが沈むときというのは誰にでもある。 できることならば明るく前向きに生きていきたいと僕は思う。あなたもそうではないだろうか。 気持ちが沈んだとき、上向ける方法について考えてみた。      悩んでいるときというのは悩みそのものに焦点をあてている。 人はつらいことと楽しいことを同時に考えることは出来ない。悩んでいるときというのは悩みごとだけを執拗に考えつづけている [続きを読む]
  • 問題が起きるたびに強くなれる、ささやかだけれど強力な「つぶやき」
  • Blue あなたとわたしの本 183 問題が起きましたか? じゃあ、こうつぶやいてみようか。「どうせ解決するに決まってる」って。 このつぶやき、 すっごく強力。 すっごく大事。  それから質問しよう。「どうやったら解決できる?」   すると、 頭にいくつか 解決策が浮かぶでしょう? それを試してみよう。 うまくいっても、 うまくいかなくても、 全部 やってみよう。 大量の行動をとろう。 すぐに [続きを読む]
  • みんなで音楽を奏でよう
  • Blue あなたとわたしの本 182出口が見えないと人は言う閉じ込められしゃがみ込んでいると暗がりのなかにふり返ると ともる自分らしくあれた 夕映えの時みんなで音楽を奏でようそう みんなで音楽が流れればこころも変わるそう こころも暗闇に ひかりが射すよやわらかな色みもあらわれるほんとは笑いたい 無邪気に認め合ってはげまし合いたいよ開けはなったままで未来ばかり もとめ自分らしさ捨てた 悲しみの [続きを読む]
  • 親友へ 
  • Blue あなたとわたしの本 181 何か ひとつのことに ささげ尽くした 一生というのは、 滑稽なものかもしれない。 だけど、 そうできなかった一生よりも、 その?何か?を 見つけることさえ できなかった 一生よりも、 何万倍、 何十万倍、 美しいことか。 傷つくことだって多いだろう。 傷つけてしまうことだってあるだろう。 戦ってるんだもんな。 あきらめてないんだもんな。  ありったけの [続きを読む]
  • ?愛?なら?愛?らしく?愛?を──
  • Blue あなたとわたしの本 180 たとえば、 苦しみの渦中で のたうちまわっている人に、 他者に やさしくしましょう。?愛?を表現してください、って言っても ── 無理なんだよね。 それどころじゃないんだよ。 自分がつらくてつらくてしょうがないんだから。 僕たちにも そんなときってあったじゃない? でもなんとか トンネルを抜けだし、 流した涙で、 きれいになれたんだよ。 思いやりがなくもな [続きを読む]
  • 信号機がキライだ。
  • エッセイ Blue 14 信号機がキライだ、言われてもねぇ。なんぼアホな僕でも信号機がなかったらエラいことになることぐらいはわかってるんですよ。 24時間、365日働いてくれたはって、頭が下がりますよ、ホントに。でもねぇ〜、 あ、青信号はいいんですよ、なんとも思いません。「うむ、ご苦労さん」てなもんですよ。ピュー、っと行っちゃいますよ、たいてい自転車なんですけどね、僕は。 歩き か、自転車。 電動自転 [続きを読む]
  • あなたは何があれば、幸せを感じますか?
  • Blue あなたとわたしの本 179◯ たっぷりとした  時間を、  自分自身と  二人きりで  過ごすこと。◯ 文学、  音楽、  映画、  絵画、  演劇、  ダンス──  つまりは、  芸術全般。  そして、  何よりも、◯ 自由。  それで、  けっこう  幸せなんだよ。  僕という人間は。  あなたは何があれば、  幸せを感じますか? [続きを読む]
  • 好きな作家の新刊が出るとそれだけ持って旅に出ることにしている
  • エッセイ Blue 13 好きな作家の新刊が出ると、それだけ持って旅に出ることにしている。 その本を読むためだけの旅だ。旅というか── 日常から自分を切りはなすのだ。その作品世界だけに集中するために。一週間前後を、その本だけに捧げる。 たいして遠くへ行くわけではない。近すぎても気分が出ない。電車を乗り継いで 3、4時間といったところがいい。座席で読む。窓の外を眺める。またページに目を落とす。窓の外を見 [続きを読む]
  • 好きなことをやりつづけるための、ちょっとした考え方のコツ
  • Blue あなたとわたしの本 178 自分のやってみたいことだから、 大好きなことだから、 なんの苦労もなく、「わぁー、やっぱり楽しいぜ!」って いくかといえば──  そうでもないんだよなぁ。 やっぱり 大変だし、 めんどくさいことも いっぱい出てくる。 やる気が起きないときだってあるだろう。  だから、 大切なのは、 やってみたいことでも── 大好きなことでも── 大変で、 めんどくさい [続きを読む]