ひじり さん プロフィール

  •  
ひじりさん: こいすてふ…不倫迷路
ハンドル名ひじり さん
ブログタイトルこいすてふ…不倫迷路
ブログURLhttp://ameblo.jp/afair/
サイト紹介文まさかの不倫…この私が!既婚男性との間で一喜一憂する30代(アラフォー)独身女の赤裸々回想日記。
自由文まさかの不倫、あろうことかどハマリ。
シアワセ(もちろん)来たらず。
ピリオド打ち…切ろうともがき中。

断ち切るためのアウトプット
As Far As I Remember…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2016/03/08 12:18

ひじり さんのブログ記事

  • 暗雲立ち込める誕生日の見通し
  • 実はこの都会街で、例のイベントが開催されることになっています。全支社から、関係者が一堂に会するこのイベント。お客様も、そしてグループ会社を含めた社員(スタッフ)も。社長さんももちろん参加です。今年はワタクシ、スタッフを外れていました。というのは、まず場所が遠かったというコト。それから、社長さんのストップがかかったというコト。実は前回のイベントでワリを喰って、理不尽な扱いを受けたのです。(揉め事があ [続きを読む]
  • ゆったりと旅行気分を満喫…する努力
  • 私の予感は見事に当たりまして…ココはのんびりするところみたいです。都会なんですけどね、人々はせかせか動いているんですけどね。私の周りはのんびり時間が流れるようになっているのかうーん…なんだかしっくりこないなぁ。まぁ住むわけじゃないしいっか。日差しが強いこの地方。眩しくてサングラスが手放せません。(オシャレではなく実用の意味で必要…)あ、そう言えばこのサングラス、以前買っていただいた(重たい)ヤツ。 [続きを読む]
  • 思い出の屋台村
  • 私「どこかおススメとかある?観光でも食べ物でも」一応下調べしてきたものの、現地の人(?)に聞くのが何より確実。社「え?知らねぇ」ハイ、秒殺社「俺だってまだ数回目だもん」イヤ…まぁ…そっか。実はココ、社長さんと一緒に来たことがあるのです。友蔵と待ち合わせした関の向こうが、ココだったのです。が、あの時はイベントでしたからねー。街の探索なんてほとんどしていないのです。社「あん時のあの屋台村…なんつったっ [続きを読む]
  • とりあえずは…何事も流し気味で
  • ココは…これまでで随一の都会でございます見渡す限りの高層ビル…ってわけでもないけど、でも建物だらけ。そんな中にもちゃんと公園のような緑も組み込まれている。なかなかに練られた都市計画が随所に垣間見えます。社「あ、そうだ、ちょっと待って」外へ出る前にコンシェルジェと何やら話している社長さん。聞かないで済むことはなるべく耳に入れないように…と私はロビーで待機です。社「ひじり!」呼ばれたので行ってみると… [続きを読む]
  • (社長さんの)新アジト
  • ついに…やってきました。社長さんの新しいアジトに。(社長さんはちょっと前から来てたので、ひとりで移動でした)ソコはね、アパートホテルというんですかね、カテゴリー的には。ホテルとしても使えるし、年間契約等で長期滞在もOK。ベッド・ソファ・テーブル・テレビ…全部付いています。簡易キッチンとか洗濯乾燥機とかも全て備わっています。にもかかわらずルームクリーニングは入ってくれる…至れり尽くせり社「その分割高だ [続きを読む]
  • 心配事は耐えませぬ
  • 愛人化計画、発動(って今更か…?)よくよく考えたら、別に社長さんに許可を取る必要はないじゃないの私は私でひっそりと距離を取り始めればいいやね。いきなりやったらバレバレだから、じんわりやんわりすすめよう。コレ、なかなかに良いアイデアではなかろうか…と思っております清水から一気にジャンプ…は不得手なワタクシ。ダイブするにしても小刻みダイブがよろし。今日はあの木まで…次はあの岩まで…最終的に一番下まで… [続きを読む]
  • 傍若無人100%…でもないのです
  • 私が凹んでいようが何しようが、平等に時は流れていくのです。人々は日常生活を営んでいるのです。社長さんも普通に仕事をしているのです。この日は会議。社長さんとお仲間が開催している、上層部ミーティング。毎週、曜日と時間は固定です…基本的に。社長さんは必ずソレを最優先にして予定を組んでいます。その時間帯には絶対に予定を入れません。ですが、他の参加者の都合でスケジュールが変更になることもあります。そうすると [続きを読む]
  • ヘタレな愛人宣言
  • かーなーり、疲れました別に10円ハゲもできてないし蕁麻疹も出てないし下痢でもないし。だからまぁまだキャパはあるのでしょうがね。もうなんでもどうでもイイや…ぜーんぶポイポイ!…したくなっちゃった、ちょっとでもいろんなことが複雑に絡み合っているこの状態。(部屋も契約したばかりだし)今すぐ清算するのはとっても大変…。とてつもなくエネルギーを消費するでしょう。そして、そんな余力は残念ながらなさそうです。それ [続きを読む]
  • トールハンマー
  • まいった…やられましたねぇ。愛してもらってると何の疑いも持ってなかった。誰よりも何よりも。でもあの人が愛して止まないのは私ではなかった。あの人の理想のひじり像だった。現実の目の前に今いるひじりではなかった。もう存在しないものを欲しがってる。目の前にあるのはそれじゃないから苛立つ。だからいくら現実のひじりが努力してもムダなんだ、空回りなんだ。これはもう出口はないのでは?理由はひとつ受け入れられないか [続きを読む]
  • 晴天の霹靂
  • 予告通り、社長さんは2日後にやってきました。皆様の案内役兼ドライバーとしてスケジュールはパンパンに詰まってたろうに。マジで都合付けたんだ…そして律儀にも部屋にいた私。あぁどこかにドロンしておくべきだった(笑)のに…何やってるんだかま、出掛ける準備をする気にもなれなかった…ってのもあります。そして当然、私には積極的に話し合う気もありません。黙ったまま…閉じてますってオーラ全開。我ながら感じわる〜いそ [続きを読む]
  • 恩を仇で返してるのは私か
  • 社長さんとの電話を切った私がまずやったコト、親へのメール。(電話したいところだが、時間的に遅いのでココはメールで)私「ブログ、消さなきゃいけなくなっちゃったよ…ちょっと仕事の関係で」私「ゴメンね、あんなに楽しみに読んでくれてたのに」自宅メールと携帯メール、両方に送信。それから、前の会社の恩師たちへメール。万が一、社長さんから連絡が行ってしまっても大丈夫なように。私の再雇用はナイ、私とは無関係という [続きを読む]
  • 負け寄りの引き分け
  • 夜、いきなり電話がかかってきました。予告なく。何の準備もできていなかった私は、動揺もあって即戦闘モード社長さんは…力説モード。 ↓↓↓社長さんの検索に引っかかったブログ記事があったこと。(どうやらあの機械をネット検索したらしい)サラッと読んでみるとどうも覚えのある内容だったこと。すぐに新参さんと私の事に思い当 [続きを読む]
  • 2択
  • やっぱり避けては通れないかも選ばなくてはいけないかも人生最大の2択…ではないかもっとキツイ2択だってあっただから大丈夫、きっと選べるそして今回は原因が自分だからキツイなんて言ってる場合ではないのだ過去も現在も全て捨てて彼を取るか過去と現在をキープして彼と離れるかさてどうするひじりちゃん?ついさっきは皆に告白するか…なんて悩んでたのに、これまたえらい展開だよねぇ…閑話休題過去よりも現在よりも、大切なの [続きを読む]
  • 残念
  • ブログ消せコレ…実はとてつもない一突きでした。私にとっては。前の職場の人たち、私は大好きです。初めて出会ったのは学生時代ですから…早15年オーバー。どれだけたくさんのコトをそこから学んだことか…こことの出会いがなければ、私は全く違った人間になっていたでしょう。それくらい、影響を受けた場所であり人たちであるのです。計り知れない恩義があります。ソレをね、社長さんは知っているはずなのですよ。100%理解はし [続きを読む]
  • 想定範囲の斜め上
  • このところのゴタゴタで…考えています。やっぱりもうココは友達に白状するか。ちゃんと社長さんのコト、言うか。じゃないともうそろそろあちこち軋みすぎて手に負えなくなる。気がする。そうするとまずはビタミンちゃんたちだよなーそれから地元の子たちだよなーあとは…妹にも言っとかないとだよなー何て言おうかなぁ。みんな「はぁ?」ってなるかなぁ?怖いなぁ…。でも弁護士さんにも言えたんだ。だから大丈夫だ。ひじり、ファ [続きを読む]
  • ダーク一直線
  • 何でかなあ何で本当に欲しいものはくれないのかなあ他がどうでもいいわけでは決してないのだけれど…ねぇ私が何を気にして何を確認したがってるかなんて分かってるはずなのに何で奥様がいつ帰るか教えてくれないの?空港に送りに行くとか、何でこっちが聞くまで言ってくれないの?娘とご飯って、何で出る時も現地でも帰る時も連絡くれないの?写真も1枚もないけど?私が出掛けて同じコトやったらめっちゃ怒るよね?他の人と一緒の [続きを読む]
  • 奥様、来訪
  • 奥様がついにやってきます。えぇ、早くも一人暮らしのスタートですまるで何事も起こらないかのように。お互いそのことに一切触れずに当日の朝を迎えました。社「じゃぁな、ちょっと行ってくる」ん…と行ってきますのチュー。私「…行ってらっしゃい」奥様の到着に合わせて空港に出迎えあがる、優しい優しい旦那様。そしてバタンと閉まったドアの内側、静まり返った新居にひとり。無表情に立ち尽くすアラフォー。うぅ…書いてみると [続きを読む]
  • フェイクの平和VS本音のバトル
  • 「ひじりちゃんは大人びてるね」「よく気が付くいい子よね」「ひじりちゃんがいれば安心ね」子供の頃、よくよく言われてきたことです。ナゼそんなに高評価を頂いていたのか…?答えは簡単です。私は「顔色を窺って先回りする」高テク持ちの子供だったからですオトナに囲まれていた子供時代に身に着けた必殺技。今でこそあまり使っていませんが…健在ではあります。社長さんのピュアな社員であった頃。(そして特に元彼と別れてから [続きを読む]
  • 何で指輪しないの?
  • 社「なぁ、何で指輪しないの?」遂に…聞かれました。あぁ、やっぱりバレたか〜(って当たり前か)私「え、イヤ、全くしてないわけではないよ?」それこそ最初の頃は頑張ってたりもしたのですが。やっぱりだんだんと…ね。そして最近は仕舞い込みっぱなしになっていました。えーと、実例を出した方がイイかな?私「ゴルフの時、付けてたよ」←2人きりの時を狙ってみました一度だけですが。だって…失敗だったんだもん。私「痛かっ [続きを読む]
  • 戸惑いながらもまぁ少しずつ
  • 新居で生活をスタートした初日、社長さんが気付きました。社「水がねぇじゃん」このお水とは、ウォーターサーバー。(社長さんは絶対に水道水を飲みません)社「俺、あっちから取ってくるよ」元のお部屋のを使うことにしたようです。社「どうせプリンターも使いたいし」そう言って出てゆきました。プリンター、コッチには持ってこないのかしら?私はその間にお片付け。段ボールは山積みですから。片付けはキライ…だからかちーっと [続きを読む]
  • モテ度と記憶力は比例する
  • 社長さんが戻ってきました。一週間ほどあったので、私のパッキングもほぼ完了。段ボールが山積み(…というほどでもないが)になっています。対する社長さんは、もちろんのことながら何も準備できてません。大丈夫なのか?社「俺?俺なんて簡単だよ」えー、私より荷物多くない?社「ゴミ袋にでもちょっと服とパンツと靴下入れりゃ終わりだよ」…あとはどうするの?捨てるの?社「ん?要り用になったら取に来りゃいいだろ、すぐには [続きを読む]
  • 隣の芝生はいつでも青い
  • タラタラとひとり荷造りをしながら、ちょっと思い出していました。そう言えば以前、社長さんの引っ越しを手伝ったっけなぁ。(もちろんまだピュアな社員時代のお話でございます)何度も言うようですが、私は自分のテリトリーが大切。自分の空間…もっと言えば自分だけの空間が欲しい。誰からも干渉されない時空が。そしてもちろん、ソコは人に見せたくありません。自分だけの秘密のテリトリー。だから引っ越しのパッキングだって自 [続きを読む]
  • 新居、決まりました
  • 新居、決まりました。バスタブがピカイチ大きかったゴージャスな高層マンション。日当たりのいい角部屋というところも高ポイント。コンシェルジェのいる受け付けも金ピカで派手派手社長さんがとっても好きそうな雰囲気ですただひとつ…難点が。高速道路の真横、なのですよ。だからねー…窓が開けられないイヤ、開けてもイイのですが、めっちゃウルサイ。それにきっと排ガスとか上がってくるだろうからなー。閉め切り生活になりそう [続きを読む]
  • 足枷ガールのココロエ
  • さて、これで新参さんのお話は(とりあえず)一段落。ココは是非とも話題を変えましょう私「そういえば今度地元で同窓会やるみたい」姉御肌な友達から連絡が来ていたのです。姉「つながってて連絡取れる子にどんどんまわしといてー」小・中学校時代の同窓会。が、いち早く地元を飛び出した私です。残念ながら人数集めにはあまりお役にたてそうにありません幼馴染たちは(私がやらずとも)とっくに連絡が付いているでしょう。(なに [続きを読む]
  • 自らのケツ持ちくらいはやらないと、ね
  • イヤまぁコテンパンにやられたわけですが…多方面から。なんとかHPを回復して日常生活へカムバック。…と、そうは言ってもまだ弱ってマス。情緒不安定…気味でございますツンってされたらいとも簡単にグラグラコテンといきまするこの日も、なんでもない質問からコテンとしそうに…危うく社「なぁ、アレどうなってんの?」アレとは…昔々は新参さんと一緒に扱ってたとある機械。新参さんの手を離れてからは私がしばらく一人で運用。 [続きを読む]