尼津彦 さん プロフィール

  •  
尼津彦さん: 神社ぢからと寺ごころ
ハンドル名尼津彦 さん
ブログタイトル神社ぢからと寺ごころ
ブログURLhttps://ameblo.jp/amatsuhiko/
サイト紹介文寺社巡りと御朱印の紹介や気づきを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/03/08 18:28

尼津彦 さんのブログ記事

  • 松島神社(尼崎市)
  • できることなら立ち入りたくないエリア巡りはまだ続きますよ。詳しくは明日の記事で書きますが、ガラの悪いのと治安が悪いのとは必ずしも同じではないということ。そんな土地柄の付近に鎮座する松島神社普通に覗いたらこの通り神社名に稲荷とつきませんが、お稲荷さんでした。こちらは脇の住吉さん狛犬が特徴的鼻高々拝殿これ本殿この地に鎮座する前は現在の東部浄化センターに鎮座されていたようです。現在の配置だと、浄化セン [続きを読む]
  • 初島出世稲荷神社(尼崎市)
  • 地元のマイナー神社が連日続いているためか、アクセス数が日に日に少なくなってきている尼津彦ブログです。皆様おはようございます。わかってたことなんですけどね。まず検索しないであろう神社ばかりですもんね。そんな中、連日お付き合い戴いている方々に感謝します。しかし、まだ続くんですよね。尼崎市でも南の方に位置する初島出世稲荷です。 ここの狐は独特ですよ。 宇宙的というかアステカやマヤ文明を彷彿させます。 尼崎 [続きを読む]
  • 辰巳八幡神社(尼崎市)
  • 辰巳の方角にある神社ということですが、どこから見て辰巳なのか。現在の位置だと市役所から辰巳の方角に鎮座します八幡神社です。ただ、そんなわけないので、尼崎城からの辰巳なのか。しかし現在の地図から推測される尼崎城天守閣からはかなり卯にちかい辰の方向。調べてみるとここに鎮座する前に工場とか下水処理場の建設で二度ほど場所を変えられているようなので、元々の場所がどこだったかよくわかりませんでした。北に阪神 [続きを読む]
  • 大物主神社(尼崎市)
  • 御朱印を戴くことがちょっと億劫になったきた尼津彦です。 皆様おはようございます。長く続けていると誰しも通る道なのかも知れませんが、一日中寺社巡りしててもほとんど御朱印を戴かないこともしばしば。不在の神社のなんて気楽なことか。阪神電車大物駅近くに鎮座するのは大物主神社です。駅名や地名は『だいもつ』と読みますが、神社名はもちろん『おおものぬし』神社巡りされている方で大物主の名を知らない人は少ないと思い [続きを読む]
  • 西長洲八幡神社(尼崎市)
  • ローカル神社ばかりで、いい加減飽きてきたでしょ?しかし、まだまだ続くのです。高校時代って真っ直ぐ帰宅しませんよね?予定があるわけでもなく、とりあえず溜まる。これからどうするか話しながら溜まる。結局、そこで雑談して帰るだけ。そんな日々を過ごしていた時、よくたむろしてた公園の裏、というかこちらが表ですかね。西長洲八幡神社出水舎底抜け拝殿参詣自体は数回目かな?本殿冒頭で書きました背後の公園は元々沼だっ [続きを読む]
  • 吉備津彦神社(尼崎市)
  • 尼崎市内神社巡りはまだまだ続きますよ。お次は吉備津彦神社です。出水舎皇太子殿下御成婚記念樹拝殿吉備津彦といえば岡山ですが、こちら尼崎市の吉備津彦神社の御祭神はなんと、吉備大神として吉備真備です。なので岡山の吉備津彦神社の分祀かと思っていたので意外でしたが、○○津彦という名は固有名詞ではないと常々語っている僕としてはニンマリポイントです。吉備真備は吉備の豪族の出ですから、時代は違えど立派な吉備津彦 [続きを読む]
  • 長洲天満神社(尼崎市)
  • どこにでもありそうな天満宮ですが、尼崎市内には一社だけ。神社本庁調べなので、属していない小さなお社はあるのかも知れませんが。こちらは菅公聖蹟二十五拝の札所にもなっており、その道では有名なようです。御由緒大宰府に左遷される途中、尼崎の大物浦で潮待ちの時間に散策された菅公。その際、足が砂で汚れたため、村人がこのあたりの池の水で足を洗ってさしあげたという謂われです。出水社こちらでは手と口を清めます。謂 [続きを読む]
  • 長洲貴布彌神社(尼崎市)
  • またもや聞き間違えの尼津彦です。皆様おはようございます。先日とある催しで、司会が『常務理事の○○』と紹介していたのですが、『浄瑠璃寺の○○』って聞こえましたよ。市内めぐりお次は長洲貴布彌神社です。鴨社所縁の貴布彌神社(貴船社)って京都の貴船さんですかね?そこからの分霊らしいのですが、尼崎で有名なのは西本町にある貴布彌神社です。そちらは尼崎総氏神を名乗るほどのところなのですが、元々はここ長洲貴布彌神 [続きを読む]
  • 大門厳島神社(尼崎市)
  • マニアック神社に続きましてローカル神社巡りです。ローカルでマニアックなんですけどね。行きたい神社は全国にたくさんあるけど、地元の神社にあまり行っていない尼津彦ですので、これはいかんということで。尼崎市内には神社本庁に属してる神社が66あります。全部まわってみることにしました。ほとんどのところは無人で、御朱印ないとこ多いので皆さんの参考にはならないかも知れませんがお付き合い戴ければ幸いです。すでに [続きを読む]
  • 股ヶ池明神(大阪市阿倍野区)
  • 約束の場所に向かう途中にもう一ヶ所寄り道です。股ヶ池と書いていたようですが、今は桃ヶ池と表記するようです。神社の名前は股ヶ池ですけど。枯れてしまった茅の輪この中には石仏があるっぽいのですが、暗くてよく見えませんでした。昔、ここ股ヶ池の中央の浮島に10mを越える怪物の死体があったそうな。人々が愁うので聖徳太子が穴を掘り埋めたそうな。しかしその後、怪異現象が起こるのでこの地に塚を建て、「おろち塚」と [続きを読む]
  • 徳兵衛大明神(大阪市北区)
  • 須磨寺の後は普通なら神戸の神社回りとなるのですが、この日は夕方に約束がありまして、大阪に早めに出ました。そしてまず一ヶ所目、大阪に駅前第2ビルへ向かいました。目指すは三階の徳兵衛大明神参道はビル内案内がたくさんあるので迷いません。野外に出ます。丸ビルを背に鎮座するのが徳兵衛大明神キタで徳兵衛といえば曽根崎心中の徳兵衛てっきりその徳兵衛だと思っていたら、違う徳兵衛さんでした。昔、このあたりに住んで [続きを読む]
  • 須磨寺奥の院(神戸市須磨区)
  • 今日まで東京で研修の身ゆえ、コメントへの対応や訪問さぼつまてる尼津彦です。皆様おはようございます。帰って落ち着いたら返信しますので申し訳あひませんが東京出張満喫にご理解お願い申し上げます。納経所で奥の院への行き方と時間を聞いたら、神戸十三佛と七福神めぐりができるとのこと。それぞれにお札を納めてまわります。お札セット100円とお安いので、それぞれにお賽銭を入れていく代わりにもなります。ゴロゴロまわ [続きを読む]
  • 須磨寺の御朱印②(神戸市須磨区)
  • 新西国で訪れて以来の須磨寺。摂津国八十八箇所霊場第八十八番札所です。すなわち満願寺院です。 ここが最終札所だったので最後に須磨方面を残していたわけです。 山門今回はテーマパーク須磨寺のアトラクション写真を中心にご案内します。どことなく弘法大師に見えますよね。『あれはいかに、よき大将軍とこそみまゐらせてさふらへ。まさなうも敵にうしろを見せたまふものかな。返させたまへ返させたまへ』 わらべじぞう 七福神 [続きを読む]
  • 勝福寺の御朱印(神戸市須磨区)
  • 摂津国八十八箇所霊場もあと二か所となりました。 妙法寺の後、こちら勝福寺に向かいました。 石段を上がって 山門 ホテイアオイが気になったので覗いてみるとメダカの幼魚がたくさんいました。 本堂 本堂となりのお堂 その裏が気になったので回り込んでみます。 するとなんだこりゃ? なんか祀られてましたよ。後で調べたら防空壕跡とか。 寺事務所で御朱印を戴こうとインターホンを押そうとしたら、勝手口方面から剃髪で作務衣 [続きを読む]
  • 妙法寺の御朱印(神戸市須磨区)
  • 名前だけ聞くと日蓮宗寺院と思ってしまう妙法寺が、高野山真言宗のお寺です。最寄駅は妙法寺駅ですが、そこからの道がかなりわかりにくいです。駅の案内の→がどう見ても遠回りっぽいので、駅員さんに尋ねたところ、真逆の方向を案内されました。やしかにこちらのほうが近道ですが、虫が多かったし、排水溝の今まで見たことがない数の山ミミズが死んでましたよ。酸欠で土から出てきて死ぬことが多いミミズですが、これほどの量は [続きを読む]
  • 常福寺の御朱印(神戸市長田区)
  • あれ?最近常福寺の記事書いたよなぁって思ったら、池田市の常福寺でした。 摂津国八十八箇所霊場は同名の札所が多いのでややこしいですね。 今日ご紹介するのは神戸市長田区の常福寺です。 スマホの地図を頼りに、最寄り駅から歩きました。 素直に近い道を行けばよかったのですが、少しでもわかりやすい道を選んだらお寺への参道がわからない。 迷いに迷って常福寺専用駐車場に到着 しかし、ここからお寺方向に行こうとしてもど [続きを読む]
  • 大龍寺の御朱印(神戸市中央区)
  • やっぱり近畿三十六不動あたり始めてたらよかったと思い出した尼津彦です。 皆様おはようございます。 現時点では今更やりませんけど、役行者霊蹟と摂津国八十八箇所の札所を合わせたら、かなりの寺院打ててたなぁ改めて思いました。 摂津国八十八箇所とさらに相性のいい摂津国三十三箇所はやるつもりは毛頭ありませんでしたが。 神戸市中央区とだけ聞くと都会のように思いますが、ここ大龍寺は山の中です。 高校の頃はほぼ毎週 [続きを読む]
  • 釈迦院の御朱印(池田市)
  • 五社神社で気分を良くした尼津彦が、この日最後に向かったのは釈迦院です。 予定ではもう少し回る予定だったのですが、あまりの暑さに途中で切り上げました。 小さなお寺を想定してましたが、境内は広かったです。 山門 山門内の風神と 雷神 庭 丁寧に手入れがされている境内です。 鯉の池 護摩堂 本堂 仏足石 厄神殿 先客中のためしばし庭を眺めて待ちまして 戴いた摂津国八十八箇所霊場第57番の御朱印 [続きを読む]
  • 五社神社(池田市)
  • 最近、偶然立ち寄った神社があまりにも独特で、引きが強い尼津彦です。 皆様おはようございます。 一乗院から次の札所へ向かう途中で見つけて迷わず立ち寄りましたよ。 というより次の札所へ向かう道を間違えて、迷って立ち寄ったというのが正しいでしけど。 しかし、猪名津彦神社の磐座以上のものがあるとは思いもしませんでした。鳥居の前の祠 割拝殿 雰囲気的のお寺の名残がありますね。本殿へ回り込もうとしたら、こんな看板 [続きを読む]
  • 一乗院の御朱印(池田市)
  • お次のお寺はこのスライム もとい、如意輪宝珠が目印の一乗院です。 176沿いなのでわかりやすい立地です。 手水舎 大日如来の石仏 釣鐘 本堂 納経所前の石磐座に見えて仕方がない。 融通尊堂 こちらの御本尊は融通尊とも呼ばれる雨宝童子像です。雨宝童子とは、大日如来の化身とも、天照大神とも言われています。 そもそも神仏習合によって生まれたものですから、天照大神であり、本地仏の大日如来であるということでしょう。 [続きを読む]
  • 猪名津彦神社(池田市)
  • 池田市内の次の札所に向かう途中、地図で発見した神社へ寄り道しました。 その名も猪名津彦神社 人っ気のない静かな神社です。 鳩が三羽いましたが、三羽ともに真っ黒 何かの腰掛岩だったのか、ただの庭石か こちらは加工されていたので、元は手水に使われていたのかも 拝殿 本殿 御祭神は阿知使主(あちのおみ)と都加使主(つかのおみ)の父子二柱 めんどくさいので御由緒は詳しくは書きませんが、大陸の人達です。のちにその功 [続きを読む]
  • 常福寺の御朱印(池田市)
  • 池田駅拠点に摂津国霊場はあと3寺あるのですが、微妙に徒歩は遠いので、駅前のレンタサイクルで一気に回りました。 まずは常福寺 釣鐘 修行大師 本堂 摂津国八十八箇所霊場第59番の御朱印しかし熱い一日でしたが、自転車のおかげで風が心地よかったです。 [続きを読む]
  • 高法寺の御朱印(池田市)
  • 大阪のお酒といえば、池田の酒。 呉春ばっかり呑んでいた時期ありましたよ。 そんな呉春株式会社の近く 高法寺です。巡礼アプリで向いましたが、住宅地のお寺は入口が地図上ではわかりにくく、ぐるりと回りこむことが多いです。 鎮守の金毘羅社 こちらのお社はなんだったっけ 本堂の御本尊は十一面観世音菩薩 本堂 摂津国八十八箇所霊場第66番の御朱印 [続きを読む]
  • 出雲大社池田分院(池田市)
  • 四拍手の間がわからない尼津彦です。皆様おはようございます。出雲大社系の神社といえば柏手四回ですけど、間ってどうなんでしょうね。早間で四回打つとなんか雑で美しくないし、間を開けすぎても間延びする。ついつい、二回+二回って打ち方に近くなってしまいます。伊勢の八開手は早間のようですが。近畿ではあまり打つことがないので出雲大社の分祀や分院見つけたら喜んで柏手打ちにいってます。 分祀と分院では分院のほうが格 [続きを読む]
  • 神明社(池田市)
  • 偶然見つけた気になる神社ってよくありますよね。バスや電車を利用していると、『今の何!?』って思うような古い良さげな鳥居が見えたりしますよね。今日ご紹介する神明社は久安寺の向かいに鎮座されてました。 バスの待ち時間にちょうどいいので行かれた方も多いかも知れませんね。この風貌からして、誰もいませんよ感満載です。 『ゴミ捨てるな』とかの看板かと思いきや、御祭神案内御祭神は天満大神(菅原道真公)と天照大神 石 [続きを読む]