尼津彦 さん プロフィール

  •  
尼津彦さん: 神社ぢからと寺ごころ
ハンドル名尼津彦 さん
ブログタイトル神社ぢからと寺ごころ
ブログURLhttp://ameblo.jp/amatsuhiko/
サイト紹介文寺社巡りと御朱印の紹介や気づきを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/03/08 18:28

尼津彦 さんのブログ記事

  • 総持寺の御朱印②(茨木市)
  • 諸行無常の考え方は結局のところ性に合わない尼津彦です。皆様おはようございます。お釈迦さんは、すべての苦しみからの解放される方法に行きつき、般若心経で言うところの空であったり諸行無常であったりの真理にたどり着かれました。しかし、この考えを理屈ではなく心底からそう思えるようになるためには、感情を一切排除しなければ到底たどり着くことができません。感情を捨ててまでの悟りはいらないです。その時の感情に一喜 [続きを読む]
  • 弘川寺の御朱印(南河内郡)
  • 人気(ひとけ)のない寺院の場合、先に納経所に行くのもアリかもと思ってきた尼津彦です。皆様おはようございます。こういうことを書くと、そもそも御朱印とは納経の明かしとしてうんぬんって言われそうですが、確かにその理屈は正しい。僕もずっとそっち側の人間でした。が、本来の意味での納経をされている方がどれほどいるのか。本堂なりに手を合わせてるだけでは納経とは言いませんね。それなら先にお寺の方と会話してそのお寺 [続きを読む]
  • ちょっと怖い出来事
  • Googleマップはこれから信用しない尼津彦です。皆様おはようございます。建水分神社の次は弘川寺へ向かうことにしていたのですが、バスの時間まで30分もあり、なにもない場所で雨の中、川を見ながら時間を潰すのも嫌だったので歩くことにしました。弘川寺まで4キロほどなので歩いても40分ぐらいで行けそうな距離でしたので。車道を歩いていけばいいのに、またもや根拠のないヤル気のせいで、ワールド牧場とゴルフ場の間を抜 [続きを読む]
  • 建水分神社の御朱印(南河内郡)
  • 雨が降ると覚醒したかのごとくやる気が出るようになった尼津彦です。 皆様おはようございます。 やる気が度を越してまたまたやらかしてしまいましたが。 東住吉区の出雲大社大阪分院から、雨なので、否、雨だからこそって理由で南河内郡の建水分神社へ。「たけみくまりじんじゃ」とお読みしますが、地元ではもっぱら「すいぶんじんじゃ」と呼ばれているそうです。 かわいい手水舎の龍 本殿へのこういう [続きを読む]
  • 出雲大社大阪分院の御朱印(大阪市東住吉区)
  • その時の思いつきで行き先変更が多くなってきた尼津彦です。皆様おはようございます。この日は雨のため大阪市内の札所をいくつか回ろうと計画していたんですよ。まず最初は出雲大社大阪分院出雲大社らしく太い注連縄わりと低い位置に設置されていますので触れます。外もそうですが、中はもっと近代的出雲大社は四柏手です。これはいろんな説ありますが、そもそも柏手は二回と決まったのは明治時代なんですよ。国家神道として統一 [続きを読む]
  • 太融寺の御朱印②(大阪市北区)
  • 回りやすい摂津国八十八か所巡礼のおかげで記事のストックがだいぶ確保できた尼津彦です。皆様おはようございます。ほんと近いとこ多いですし行きやすいんですよね。北と東は高槻、西は須磨、南は住吉区という自宅から半径30キロ圏内ですからね。ですが一日でたくさん回る巡礼ではなく空いた時間にちょっとだけ、といった回り方が合っているように思います。いろんな札所になっている太融寺も駅から近いです。本堂観音様がおら [続きを読む]
  • 淀川天神社の御朱印(大阪市北区)
  • 今日は西国月参りの日ですが仕事の尼津彦です。皆様はようございます。わりと平日休みなら融通が利く仕事なんですけど、たまに冠婚葬祭レベルの用事じゃないと休めない日があります。それが今日。若い頃には「親の死に目に会えない仕事」と言われたもんですが、今の時代そこまで言う人もいなくなりましたね。 さてさて、国分寺のすぐ近くに鎮座する淀川天神社です。以前にも参拝し御朱印も戴いているのですが、 [続きを読む]
  • 国分寺の御朱印(大阪市北区)
  • 苦手意識があったお寺がいつの間にか全く平気になっている尼津彦です。皆様おはようございます。 前は何度も通ってますが、中に入るのは二度目の国分寺でえす。本堂護摩堂その裏にはみのり不動愛嬌のある木彫りの不動明王本堂はさんで逆側には弘法大師実はずっと不動明王が苦手でして、ここ国分寺も入るの躊躇してて、勝手に苦手意識を持ってました。 しかし役行者霊蹟を回っていると、不動明王はもちろん、もっと苦 [続きを読む]
  • 宝珠院の御朱印(大阪市北区)
  • 霊場巡礼専用の御朱印帳持参だと入りにくいお寺でも躊躇なく入れる尼津彦です。皆様おはようございます。今日ご紹介する宝珠院もかなり入りにくいお寺です。御朱印くださいなってだけでは入りにくい門構えでもそこは摂津国八十八箇所巡礼という大義名分があれば、迷わず突入できるのです。本堂扁額には天満宮寺の文字が。元々は大阪天満宮の境内にあったとのことですので、このあたりまで天満宮の境内であり、神宮寺のような存在 [続きを読む]
  • 持明院の御朱印(大阪市福島区)
  • 父親以上に落ち着きのない息子を持つ尼津彦です。皆様おはようございます。了徳院の後、すぐ近くの持明院にも寄りました。息子からは「まだ行くの。。。」とかなり呆れられましたが、山門ではきちんと挨拶。摂津八十八箇所の中では大正時代の創建で一番新しかったようです。本堂石仏ずらり不動明王聖観音手水自宅兼寺事務所で御朱印を戴くのですが、書いてもらっている間、落ち着きのない息子はずっと「遅い」と文句ばっかり言っ [続きを読む]
  • 了徳院の御朱印②(大阪市福島区)
  • 手抜きの参拝をしてしまい息子に注意された尼津彦です。皆様おはようございます。写真撮りながら参道を歩いてるとそのまま鳥居をくぐってしまうことがたまにあります。今回も鳥居の写真を撮ってそのまま先に進もうとしてしまったんですよ。するとすかさず「お辞儀しないとあかん!」と息子に叱られました。入り直します。福島聖天ともいわれる了徳院は歓喜天が祀られています。手水舎のお地蔵さん手本を見せるからって。観音堂よ [続きを読む]
  • 市軸稲荷神社の御朱印(豊中市)
  • タイムリーな出来事が立て続けに起こるとすべてが繋がっているような勘違いをしそうな尼津彦です。 皆様おはようございます。昨日まで天の岩戸の話してたでしょ?この記事書いてる日の前夜、高千穂出張の話を持ち掛けられました。もちろんふたつ返事で立候補です。秋の話なのでまだ行程はわかりませんが神社がらみの仕事なので一か所ぐらいは寄れそうです。今から待ち遠しくてたまりません。先に宇陀と伊勢のことを書いたの [続きを読む]
  • 恵利原の水穴(志摩市)
  • せっかく伊勢まで来てしまった以上とことん欲張る尼津彦です。 皆様おはようございます。宇治山田駅からバスで移動しまして下りたバス停は天の岩戸口ここから30分ほどのウォーキングです。途中、なにかはわかりませんが祭祀場のような場所が気になりました。開花前の大島桜は別名岩戸桜とも呼ばれているそうです。空気感に鈍感になってきた尼津彦ですが、この鳥居をくぐった時はさすがに冷ややかな空気を感じましたよ。禊 [続きを読む]
  • 世義寺の御朱印②(伊勢市)
  • 前回の伊勢神宮別宮巡りに続いて、伊勢に来て神宮に寄らない尼津彦です。 皆様おはようございます。 今回は寄っていたらそれだけで時間切れになるので目的を優先しました。 まずは宇治山田駅から徒歩10分の世義寺です。世義寺へは二度目の参拝ですが前回は特に札所巡りではなかったので、今回役行者霊蹟札所巡りで訪れました。 門入って正面の護摩堂が本堂です。護摩法要が最近あったみたいです。前回気づ [続きを読む]
  • 龍鎮神社(宇陀市)
  • 寺社巡りの計画を立てるため色々調べるわけですけど、調べれば調べるほど寄りたい場所が増えてきて欲張りすぎの尼津彦です。 皆様おはようございます。 行く方面が決まって地図を眺めていると良さげな神社が見つかって、無理やり行程にねじ込むことがよくあるんですよ。 今日ご紹介する神社もそんな感じで無理やり追加したものです。 大野寺から宇陀川に沿って遡っていきます。大野寺のおっちゃんの話では徒 [続きを読む]
  • 大野寺の御朱印(宇陀市)
  • 観光シーズンにはそれなりの理由があり、シーズンを外して参拝するやりかたはやはり間違ってるんじゃないかと思い出した尼津彦です。皆様おはようございます。 混雑がいやなので観光シーズンを避ける参拝ばかりしてますが、やはりそれぞれの寺社には行くべき季節があるんですよね。 ここ大野寺は、立派なしだれ桜が有名です。まだ桜には早い時期なので拝観料払って入っても見るとこがありませんでした。 庫裡本堂 [続きを読む]
  • 吉祥龍穴(宇陀市)
  • 晴れよりも雨の神社のほうが好きになってきた尼津彦です。皆様おはようございます。 雨で地面や建物なんかが濡れていると色彩が濃くなってとても綺麗なんですよ。 しかも雨あがりだと空気の透明度も増していいことずくめです。 しかも今回巡ったとこすべて龍神や水神がらみですから、雨が似合って当然なようにも思えてきました。 天の岩戸からさらに坂道を歩いていくと鳥居が見えてきます。 室生 [続きを読む]
  • 天の岩戸(宇陀市)
  • なんでこんなことしてるんやろうとふと思う尼津彦です。皆様おはようございます。考えたらダメですね。山道歩いてる時は。わざわざ行くこともないかも知れないけど根拠のない使命感に突き動かされています。 龍穴神社前の道をさらに進むと鳥居があります。ここが入り口です。さっそく緩やかな坂を歩いていきます。道こそ舗装されていますが、左右の光景は原始を連想させます。落石とか普通にありそうでした。車来たら [続きを読む]
  • 室生龍穴神社の御朱印(宇陀市)
  • 役行者霊蹟のせいで平穏な寺社巡りからだんだん脱線してきてる尼津彦です。皆様おはようございます。脱線ではなく幅が広がったと思いたいですが。神社には奥宮、寺には奥の院があったりしますが、場合によってはそれらの場所からさらに拝んでいる場所があるってことに最近気付きだしたんですよ。奥宮が山頂でなければ、それが山頂だったり、山頂にあれば遥か向こうの山だったり太陽だったりを拝んでいたり。そんなわけで室生寺を [続きを読む]
  • 室生寺奥の院の御朱印(宇陀市)
  • 昨日は子供連れてみさき公園に行ってきた尼津彦です。皆様おはようございます。子供に付き合って一日遊んでいるとかなり疲れますよね。寺社巡りだとそんなことないんですが気の持ちようですよね。五重塔の先の石段を奥の院に向かいます。室生寺境内でこのあたりが一番好みの場所でした。今度は下りて行きます。まだ酔ってますから足元危いので、普段よりはゆっくりめに歩きました。そしてまた上ります。たいした石段ではないんで [続きを読む]
  • 室生寺の御朱印(宇陀市)
  • またまた普通の人はやらない参拝計画の尼津彦です。皆様おはようございます。吉野編も強引でしたが、同じような回り方する人いると思います。でも流石に今回の室生寺からのコースを日帰りでやろうなんて人はいないと思います。でもすべて素晴らしいところなので何かの機会にめぐっていただけたらと思います。4月1日は役行者霊蹟を軸にいろいろ強引に織り交ぜてみました。しかし、いきなり朝から失敗しました。前日調子に乗って [続きを読む]
  • 清水寺の御朱印②(大阪市天王寺区)
  • 職場の女の子を仏像ガールと勝手に位置付けようとしている尼津彦です。皆様おはようございます。その子は仏像に全く興味がないのに、勝手に仏像マニアとして扱って遊んでいます。札所で四天王寺とセットで回るなら、清水寺ですね。 いつもなぜか迷ってお墓の横を通って到着するのですが、今回はすんなり正面の参道に行けました。今回は摂津八十八か所でのお参りです。右の建物が仮本殿で、納経所もここです。そのまま進むと [続きを読む]
  • 四天王寺の御朱印②(大阪市天王寺区)
  • 仕事前参拝の尼津彦です。 皆様おはようございます。 今回の仕事前参拝は四天王寺です。 何度も来た四天王寺ですが、今回は役行者繋がりでの参拝です。 この門から入ることが多いです。四天王寺はお馴染みすぎるので、お堂などの写真は撮ってませんよ。 聖徳太子は飛び出すような方ではないと思います。 この地蔵さんのお顔いつ見ても素晴らしい 六時堂向かって右のほうが目的地神変大菩薩と [続きを読む]
  • 龍王院(脳天大神)の御朱印(吉野郡)
  • 急な話で申し訳ありませんが、寺社巡りに飽きたので本日をもってサヨウナラの尼津彦です。皆様お世話になりました。 理由は最後のほうに書くとして、吉野めぐりラストは脳天大神龍王院です。 吉水神社は神社ですが実際は寺としての容貌であるのに対し、寺であるのに神社としか思えないのが脳天大神龍王院です。 別名、脳天神社とも呼ばれているようです。 名前からして寺なのとおられたのがご住職だっ [続きを読む]
  • 喜蔵院の御朱印(吉野郡)
  • 毎週月曜日はノンアルコールデーの尼津彦です。皆様おはようございます。 月曜日をノンアルコールデーと決めてから約一年経ちますが、うっかり忘れていて冷蔵庫からビール出してしまうことがあります。 すかさず息子のチェックが入りますけどね。 今回の吉野めぐりは明日の記事でお終いですけど、役行者の札所としては今日の記事が最後です。 四つの宿坊の残ったひとつ喜蔵院です。山門もちろんここも [続きを読む]