どんぐりぼうや さん プロフィール

  •  
どんぐりぼうやさん: ふわふわ、とん。
ハンドル名どんぐりぼうや さん
ブログタイトルふわふわ、とん。
ブログURLhttp://fuwaton.blog42.fc2.com/
サイト紹介文物書き大好きな主婦のブログ。いろんな本の紹介をメインに、小銭貯金の報告など気の向くままに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/03/09 12:39

どんぐりぼうや さんのブログ記事

  • 『アレクサンダとぜんまいねずみ』/レオ・レオニ
  • アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなしレオ・レオニ 谷川 俊太郎 好学社 1975-04-01売り上げランキング : 59493Amazonで詳しく見る by G-Tools「アレクサンダ」とは、本物のねずみの名前です。ある日、ゼンマイで動くおもちゃのねずみ「ウィリー」と出会います。ウィリーのようにお気に入りのおもちゃになってチヤホヤされたいと願うアルクサンダは、自分もぜんまいねずみになりたいと願うのですが・・ [続きを読む]
  • 『うさぎたちのにわ』/レオ・レオニ
  • うさぎたちのにわ―りんごのすきなうさぎのはなしレオ・レオニ 谷川 俊太郎 好学社 1979-04-01売り上げランキング : 612618Amazonで詳しく見る by G-Toolsリンゴの好きな、子うさぎのお話です。 「リンゴに手を出してはいけない」と年寄りうさぎに言われていたにも関わらず、食べる物が無くなった子うさぎ達は、リンゴに手を出してしまいます。いつも熟れたリンゴをもいでくれるヘビと仲良くなった子うさぎ達。てっきり、リンゴを [続きを読む]
  • 『シオドアとものいうきのこ』/レオ・レオニ
  • 我が家の蔵書ですシオドアとものいうきのこレオ=レオニ 谷川俊太郎 好学社 2011-02-22売り上げランキング : 519703Amazonで詳しく見る by G-Tools「シオドア」とは、ネズミの名前です。シオドアはきっと、仲間を見返してやりたかっただけなのだと思うのですが、ついつい思い付きで嘘をついてしまいます。結果、嘘はいけないことだということを身をもって知ったシオドア。けれど、それよりも前に逃げることしかできないシオドアを [続きを読む]
  • 『あそぼうよ』/レオ・レオニ
  • あそぼうよレオ=レオニ 谷川俊太郎 好学社 2010-11-03売り上げランキング : 129317Amazonで詳しく見る by G-Toolsこれはシンプルで良いです。まず、かわいいキャラクターと背景に惹き付けられます。そして、いろんな遊びの提案にうなづきつつページをめくっていたら、いつの間にか時間が経過してる!あれもこれもと色んな遊びを考えつつ、暗くなるまでしっかり遊んでしまったという様子を、シンプルな中で上手く表現されているな [続きを読む]
  • 『土神ときつね 』/宮沢賢治
  • 土神ときつね (ミキハウスの宮沢賢治絵本)宮沢 賢治 大畑 いくの 三起商行 2010-10売り上げランキング : 659446Amazonで詳しく見る by G-Tools初めて読む作品でしたが、とても衝撃的な内容に、びっくりしてしまいました。土神ときつねは、樺の木が大好きだったんですね。文章からその気持ちが伝わってくるだけに、最後はとても悲しい結末になっています。この作品の中に出てくる神は、完璧な存在ではありません。悩み、苦しみ、嫉 [続きを読む]
  • 『蛙のゴム靴』/宮沢賢治
  • 蛙のゴム靴 (ミキハウスの絵本)宮沢 賢治 松成 真理子 三起商行 2011-10売り上げランキング : 48837Amazonで詳しく見る by G-Toolsこの絵本に出会うまで、宮沢賢治にこういう作品があることを知りませんでした。楽な気持ちで読み始めたのですが、だんだん嫉妬というか嫌がらせというか、心の悪の部分がだんだん滲み出てきて、子どもが読むにしてはちょっとキツイ内容かななんて思ったのですが、そういうことをふまえた上で、ラス [続きを読む]
  • 『やまなし 』/宮沢賢治
  • やまなし (ミキハウスの絵本)宮沢 賢治 川上 和生 三起商行 2006-10売り上げランキング : 282497Amazonで詳しく見る by G-Tools初めて読む作品でしたが、まるで時間の経過を忘れてしまいそうになるぐらい、ゆったりとした気持ちで読むことが出来ました。小さな谷川の底に広がる、ゆったりとした世界。柔らかな青を基調とした絵が、さらにその世界観を広げてくれています。カニの兄弟が話している「クラムボン」とは、賢治の造語と [続きを読む]
  • 『どんぐりと山猫』/宮沢賢治
  • どんぐりと山猫 (ミキハウスの絵本)宮沢 賢治 田島 征三 三起商行 2006-10売り上げランキング : 46833Amazonで詳しく見る by G-Toolsこの作品の存在は知っていましたが、読むのは初めてでしたので、わくわくしながら読みました。事の発端は、一郎のところに届いた「おかしな はがき」。気が付けば、なんだろう?どうなるんだろう?の連続で、一気に読んでしまいました。いわば、ドングリの背比べの裁判なのですが、どんぐりと山猫 [続きを読む]
  • 『いちょうの実』/宮沢賢治
  • いちょうの実 (ミキハウスの宮沢賢治の絵本)宮沢 賢治 及川 賢治 三起商行 2008-10売り上げランキング : 605760Amazonで詳しく見る by G-Toolsいちょうの実が、旅立つ様子を綴った、不思議な視点の作品です。いちょうの実に「旅立つ日」が実際にあるのかどうかはわかりませんが、そういえば、ある時期がくれば一斉に落ちている、いちょうの実。もしかしたらこの作品のように、いろんなやりとりがあっての旅立ちだったのかと思った [続きを読む]
  • 『はたらくんジャー』/木坂涼
  • はたらくんジャー木坂 涼 高畠 那生 フレーベル館 2007-12売り上げランキング : 727155Amazonで詳しく見る by G-Tools表紙絵から、「スーパーヒーローの話??」と一瞬思ったのですが、読んでみて、納得!はたらくんジャーは、働き者なんですね。毎日いろんな車輌に乗り込んでは、仕事をこなしてしまう姿、さすがです!働く姿を見せつつ、さりげなくその車輌はどんな作業をする時に使われる乗り物なのかを教えてくれるあたり、感 [続きを読む]
  • 『バスたろう はじめてのうんてん』/のぶみ
  • バスたろう はじめての うんてん (講談社の創作絵本)のぶみ 講談社 2009-04-22売り上げランキング : 172081Amazonで詳しく見る by G-Tools「初めて」がたくさんの絵本です。かんたろうは、お父さんに傘を届けるため、初めて1人でバスに乗ります。ドキドキしながらバスに乗ったのですが、どうやらバスの中でドキドキしていたのは、かんたろうだけでは無かったようで・・・「バスに のると、 へんなのが 1,2,3。みっつ い [続きを読む]
  • 『学習漫画 世界の伝記 リンカーン』
  • リンカーン―どれい解放をおこなった大統領 (学習漫画 世界の伝記)三上 修平 かたおか 徹治 集英社 1990-06売り上げランキング : 20691Amazonで詳しく見る by G-Toolsサブタイトルは、「どれい解放をおこなった大統領」です。息子が小学生の時にはまって読んでいたシリーズで、当時私もつられて読んでみたのですが、漫画で紹介されているので、読みやすいですし、とてもわかりやすいです。フルカラーではありませんが、ところどこ [続きを読む]
  • 『ここにいたい!あっちへいきたい!』/レオ・レオニ
  • ここにいたいあっちへいきたい―にひきののみのはなしレオ・レオニ 谷川 俊太郎 好学社 1978-04-01売り上げランキング : 405958Amazonで詳しく見る by G-Toolsサブタイトルを知らずに読み始めたら、なんだか不思議なことに。犬のお尻で誰かと誰かが会話してる??サブタイトルは、「にひきの のみの はなし」。なるほど、姿は見えぬが「のみ」がいるわけですね。この姿の見えない「のみ」の会話だけで成り立っている、風変わり [続きを読む]
  • 『バスがきました』/三浦太郎
  • バスがきました (とことこえほん)三浦 太郎 童心社 2007-10-20売り上げランキング : 20631Amazonで詳しく見る by G-Toolsイラストと色使いが、とってもシンプルで可愛らしい絵本です。バスと言えば、乗り物好きな男の子のイメージですが、パステルカラーで可愛らしく描かれていますので、女の子も大好きになる絵本だと思います。そしてまた、バス停が可愛らしい!バス停のカタチで、どんなバスが来るか想像できる楽しみがあるのが [続きを読む]
  • 「ウイルス感染詐称詐欺」に遭遇しました
  • そういえば先日、ネットサーフィンをしていたところ、詐欺に遭遇しましたので記事にしておきますね。ちょっと調べ物をしていて、検索で出てきたURLを したところ、「ピー!ピー!ピー!」という鳴り止まない警告音と共に、インターネットのブラウザ上に警告画面が出てきました。パッと見、かなりビビりましたが、これは詐欺だな?と思ったので、とりあえず警告画面をスマホで撮影して記録してみました。(見辛い写真です [続きを読む]
  • 『もっとおおきなたいほうを』/二見正直
  • もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)二見正直 福音館書店 2009-11-10売り上げランキング : 326821Amazonで詳しく見る by G-Toolsタイトルに「たいほう」なんて言葉が入っているので、なにやら物騒なお話なのかと思ったら、第一印象とは違って、笑い飛ばせる内容になっています。先祖代々から伝わる大砲を「撃ってみたい」と思っていた、平和な国の王様。ある日、川で魚を取っていたキツネに向かって、威嚇射撃をするの [続きを読む]
  • 『あのひのこと――Remember March 11,2011』/葉祥明
  • あのひのこと――Remember March 11,2011葉祥明 絵・文 佼成出版社 2012-03-15売り上げランキング : 407536Amazonで詳しく見る by G-Tools東日本大震災で津波を体験した少年が主人公のお話です。読みながら、テレビから流れていたニュース映像が脳裏に甦ってきて、「あの日」のことを思い出しながら読みました。あの震災を体験した人の数だけ、いろんなドラマがあったことでしょう。津波の被害にあった少年が、それでも海が好き、 [続きを読む]
  • 『うさぎをつくろう』/レオ・レオニ
  • うさぎをつくろう―ほんものになったうさぎのはなしレオ・レオニ 谷川 俊太郎 好学社 1982-04-01売り上げランキング : 127357Amazonで詳しく見る by G-Tools鉛筆が書いた「うさぎ」と、ハサミが切り抜いた「うさぎ」が主役のお話。こういうストーリー展開は、夢があって良いですね!サブタイトルが「ほんものになった うさぎの はなし」ということだたので、どうやって本物になるんだろう?と思っていたのですが、なるほど、そ [続きを読む]
  • 『でんしゃでいこう でんしゃでかえろう』/間瀬なおたか
  • でんしゃでいこうでんしゃでかえろう間瀬 なおかた ひさかたチャイルド 2002-01-01売り上げランキング : 4129Amazonで詳しく見る by G-Tools「やまのえき」から「うみのえき」まで電車でレッツゴー!そして、この絵本のすごいところは、「うみのえき」から「やまのえき」へ帰ることも出来るんです!つまり、前からも読めるし、後ろから読める絵本になっていて、本当に電車に乗っているような気分になれます。そして、電車がトンネ [続きを読む]
  • 『花の神殿』/キース・モーズリー
  • 花の神殿―恋人たちの時間 (とびだししかけえほん)キース・モーズレー パトリシア・ウィットカー 大日本絵画 1993-06売り上げランキング : 317245Amazonで詳しく見る by G-Tools数年前、母の日のプレゼントとして、母に贈りました。第一声は、「お花がパアっと開いてすごいね!こんな本があるんだね!」でした。仕掛け絵本ですので、ページを開くたびに一緒に開く花の様子が気に入ったらしく、ひたすらパラパラとページをめくって [続きを読む]
  • 『そばがらじさまとまめじさま』/小林輝子
  • そばがらじさまとまめじさま―日本の昔話 (こどものとも絵本)小林 輝子 赤羽 末吉 福音館書店 2008-10-15売り上げランキング : 389219Amazonで詳しく見る by G-Tools知らないお話だったので、読んでみました。欲深く意地悪なおじいさんと、正直者で気の優しいおじいさんが出てくるあたり、いかにも日本の昔話という感じです。魚を捕ろうと仕掛けた網に、偶然入っていた子犬がポイント。大きく育った子犬が、なんとも不思議な連鎖 [続きを読む]
  • 『明るいほうへ』/金子みすゞ
  • 明るいほうへ―金子みすゞ童謡集 (JULAの童謡集シリーズ)金子みすゞ 高畠純 JULA出版局 1995-03-10売り上げランキング : 235165Amazonで詳しく見る by G-Tools個人的には、金子 みすゞさんの詩といえば、「わたしと小鳥とすずと」という詩が好きで覚えていたのですが、なぜかその他の作品にお目に掛かる機会が無く、テレビのCMに器用されたことで着目することとなりました。気童謡集は全部で3冊あるらしく、これは2冊目になる [続きを読む]
  • 『あいうえおのき』/レオ・レオニ
  • あいうえおのき―ちからをあわせたもじたちのはなしレオ・レオニ 谷川 俊太郎 好学社 1979-04-01売り上げランキング : 241630Amazonで詳しく見る by G-Tools文字でいっぱいだった木のお話です。木の葉っぱの上で「文字」が暮らしていた、という設定。文字が生きている?という設定にまずびっくり。そして「生きている文字」は、やってきた虫たちに、言葉を作ることを教えられ、文を作ることを教えられ・・・・結末は、「???」 [続きを読む]
  • 『かえるのつなひき』/儀間比呂志
  • かえるのつなひき (こどものともコレクション (’64~’72))儀間 比呂志 福音館書店 1998-03-01売り上げランキング : 367723Amazonで詳しく見る by G-Tools図書館で偶然見つけ、「懐かしい!」と思わず手に取ってしまった絵本です。確か読んだのは、記憶にないぐらい子どもの頃。表紙絵には見覚えがあるものの、内容をすっかり忘れていましたので、新鮮な気持ちで読むことが出来ました。それは、沖縄のお話のようです。田んぼの稲 [続きを読む]