モアイサン さん プロフィール

  •  
モアイサンさん: モアイサンの水槽ブログ
ハンドル名モアイサン さん
ブログタイトルモアイサンの水槽ブログ
ブログURLhttp://moaisun.com/archives/category/aqua
サイト紹介文モアイ水槽は、立体型のインテリア水槽、水面上に突き出た水槽部に行き来する風景を楽しめます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 329日(平均0.7回/週) - 参加 2016/03/09 18:37

モアイサン さんのブログ記事

  • 小型ポンプ2個と取外しパイプでモアイ水槽給排水
  • 小型ポンプ2個使いのモアイ水槽水槽部排水大きいモアイ水槽では大きいポンプが必要と思っていたが小型ポンプでも可能であった。小型ポンプの吸気(水槽部内の排気により水槽部の水を持ち上げる。給水)側は従来通りパイプを水槽部に入れ、排気側はチューブを繋ぎパイプを水槽内水中に先端を入れるとほとんど抵抗なしに吸気でき、大きいモアイ水槽でも小型ポンプで楽に吸気できる。浮体部に空気を送り込むもう1個の小型ポンプは元 [続きを読む]
  • 水中滝ろ過は外部ろ過と同じ。 窓際水槽1ヶ月経過中
  • スリム水槽と同じ1ヶ月前に水換え掃除をした窓際水槽は最近の気温上昇で出てきた班状藻苔をプレコが掃除してくれると目立たなくなる程度であるが、薄く広がるときもある。上がスリム水槽、下が窓際水槽の試験紙          どちらも水質異常なしフィルターポンプについていたゴミ         水質検査は良好なのでどこまで水換えなしでいけるか試したくなり今回はフィルターポ [続きを読む]
  • スリム水槽 1ヶ月経過の水質検査と新段瀑
  • 水質検査では問題ないが水中滝を変更するので水換えも兼ねて掃除をするといつも通りリング濾材の下に溜った1ヶ月分の残留物を大量に発見、上がスリム水槽、下が窓際水槽の試験紙、 どちらも1ヶ月経過も水質良好。測定物は右からNO3、NO2、GH、KH、pH、CL2 今回は水量がある水中滝に変更と合わせてフィルターポンプ吸込口を底床にすることでこの残留物も吸込みやすくする。  新段瀑   &nb [続きを読む]
  • モアイ水槽購入で簡易セパレーターを差し上げます。
  • 電動ポンプでモアイ水槽を据付け取出しを楽にできるとブログで紹介したときの水と空気を分離する簡易セパレーターをモアイ水槽購入者様に無料で差し上げます。期間は6月末まで、簡易セパレーターが無くなった時はお知らせします。電動ポンプは自己責任でご使用下さい。ブログで使った電動ポンプとブレーカーはヨドバシ.comで購入http://www.yodobashi.com/LOGOS [AC・ハリケーンパワーブロー(1.0PSI)]Yazawa [ブレーカー付 フロ [続きを読む]
  • 28度超えは茶苔が目立つ
  • ここ2〜3日の28度超えで日陰のスリム水槽のいつもの場所に茶苔が急増。モアイ水槽裏の茶苔 モアイ水槽の中間辺り、スリム水槽の上部の茶苔対策には硝酸塩対策のウィロ―モス生物ろ過増量を月末水換えでするつもり。あとフィルターポンプの水量を増す水循環もしたいが・・・・・    スリム水槽    [続きを読む]
  • 気温上昇には光量アップ
  • 最近は暖かくなりましたねと話すと翌日は25度超えて暑いですねとなる。急激な温度変化で少しだけ弱っていた金魚とは逆に熱帯魚は元気。熱帯魚用スリム水槽熱帯魚用のスリム水槽に苔が急増しないようウィロ―モスで硝酸塩退治が果たしてどうなるか。冬場にほのかな灯りをテトラ LED水中ライト SL−30で演出してきたスリム水槽では直接太陽光が当たらないこともありライトの周辺にタイガープレコがすぐに食べてしまうくらい [続きを読む]
  • 水中滝 ろ過装置水質測定と改良3
  • 枠は45度の急斜面水中滝を制御できないのは急角度の枠天板を這って奥へ流れ込むと推測し、枠切り込み滝落下位置にパイプを流れと垂直方向に付けて落下させると水中滝として落下したので、このまま据付けへ。水中滝として落下する様子         ポンプ接続用チューブが外れないように結束バンドで固定、各枠前面から溢れ出さないようパイプで嵩上げした濾材ボックスとモスボックス蓋が [続きを読む]
  • 水中滝 氾濫(改良2)
  • 改良ばかりでどこまで続かわからない。水中滝作成道具一部モスボックス内部ポンプを付けたろ過装置         ろ過ボックスの各枠間の貫通口周りの隙間を接着剤で埋める用の道具を六角レンチを括り付けたヤスリなどで作成。ろ過ボックスとモスボックス蓋、モスボックスの1段目蓋と2段目の位置がずれないように結束バンド。モスボックスのモスは順調に成長中、今回は浮かないように石 [続きを読む]
  • 水中滝 改良ろ過装置
  • 仮据付からモスボックスの高さと濾材ボックスの幅を削ってみたがうまくできないままに。塩ビ板でカバーした濾材ボックス、逆側面は白色水流が見えるように切り込みを入れるL字ジョイントとチューブを繋いだ濾材ボックス濾材ボックスに付ける塩ビ板の滝が流れるところを切り込み、滝の出だしはL字ジョイントとチューブを繋ぐ。濾材ボックスの滝が流れるところには塩ビを細く切ったものを付け、水が滴るようにした。  モ [続きを読む]
  • 電動ポンプでモアイ水槽を取出し
  • フットポンプを使って取出しができたので電動ポンプでもやってみた。電動ポンプ吐出口、自作セパレーター、ブレーカー付コンセントをセット 電動ポンプ吐出口と自作セパレーターをチューブで接続は不必要だが念のため。写真の黒いのはブレーカー付コンセント。連結側コックを開栓して浮体部から水槽部へ空気移動後、さらに水槽部水位を下げたい時は全コック開栓。連結側コックを開栓して浮体部空気を水槽部に移動して水槽部水 [続きを読む]
  • 電動ポンプでモアイ水槽を据え付け。
  • 足踏み式エアーポンプで水槽部に水を上げるには何十回もの踏込みで時間が掛るので電動ポンプを使ってみた。電動ポンプと手作りセパレータ、奥は浮体部用フットポンプ注意書きコンセントブレーカ電動ポンプは水に掛るところでは使用不可の注意書きがあるので水を吸い込んでも感電しないように手作りセパレーターとコンセントブレーカーを付ける。これで大丈夫ではないので自己責任でして下さい。セパレーターは実験用プラスチック瓶 [続きを読む]
  • 水中滝の改良ろ過装置ー仮据付
  • 水槽内に置いたモスボックスの上にろ材ボックスを置き、その後にポンプからのチューブを接続。ろ過装置のみ設置ろ過装置の上からモアイ水槽を設置すれば出来上がり。モアイ水槽を設置モスボックスの高さをモアイ水槽浮体部の切り込み高と同じにしたので浮体部水位が上がるとすぐに水没。改善にはモスボックスを高く、ろ材ボックスも奥行を削ることに。わからない滝の流れ滝の流れ方が悪く、切り込みを変える必要あり。さらなる改良 [続きを読む]
  • 水中滝の改良ろ過装置ー仮製作
  • 新レイアウト水中滝のろ過装置を2連から4連ボックス、下にはモスボックスを追加。 リンクろ材と植物で最終ろ過機能なるか。主な道具連結穴と接着剤重しを乗せたところ①連結穴を開けた後に重しを乗せて接着。その後に滝が流れる場所を切り込みする。ろ材ボックスサンデーシートろ材ボックスカバー②ろ材ボックスにリングろ材を投入し、サンデーシートを折ってボックスをカバー。モスボックスモスボックス内部 ③100均の [続きを読む]
  • これが浮遊するモス籠
  • 水槽部側面にあるモス籠が一杯になったので、新しい入れ物である浮遊するモス籠を作成肥料パックにモスを入れて結束バンドで結んだ浮遊モス籠         モスがはみ出していたモアイ水槽水槽部内の吸盤で取付けたモス籠         水面の浮遊モス籠水面の浮遊モス籠のアップ画像         &n [続きを読む]
  • 新レイアウト水中滝
  • 改良前:窓際水槽の分岐瀑分岐瀑は問題はないと言っても良いのだが、他の水中滝も試したくなり改良することに。  滝が流れる底床付近に敷いていたろ材リングを水中滝に入れ、滝自体にろ過能力をつける。新水中滝を100均で物色し、いい感じの斜め向きペン立てに決定。100均ペン立て枠の奥が貫通するように穴を開けたところ        ペン立てを接着 上から水を段々に下へ流し、 [続きを読む]
  • 元茨木川緑地の桜
  • 向う側が元茨木川緑地の桜、手前が桜通りの桜この季節に白と淡いピンクが咲き誇る「元茨木川緑地」は歩くのが気持ちいい名所。桜通り側道桜通り側道からの眺めもいい、散れば一面桜絨毯。 「さくらまつり」の会場は元茨木川緑地の田中町から沢良宜東町まで。桜の下の宴会は中央公園あたり、消防署付近から南の佐和良義神社へは歩きたいところ。さくらまつりのぼんぼり夜店はこれぐらい佐和良義神社 さくらまつり案内図&n [続きを読む]
  • 安定スリム水槽 滝のマイナーチェンジ
  • 1ヵ月前のこと、グラスを重ねて段瀑にしているスリム水槽の水中滝をグラス水面からパイプで水を流すことから、ろ過効果を狙ってパイプをグラスの底につけて底から水面に上がってくるようにしてろ材リングを盛ってみた。上から水を流す段瀑給水口をグラスの底まで伸ばた段瀑一月前の水替えから水中滝グラス内のろ材リングが少しグレーっぽくなっているが、スリム水槽内の底に敷いているろ材リングの汚れ方は少ないように感じる。囲 [続きを読む]
  • 安定スリム水槽の水換え
  • 1ヶ月ぶりの水替えは見た目に汚れていないので、モアイ水槽を取り出さず、清掃もなし。タイガープレコの活躍で汚れが減っているが、プレコが行けないモアイ水槽背面のガラス面は茶苔が少し発生しているのでブラシで除去。チューブで排水1リットルボトルで排水チューブでの排水ではちょろちょろとゆっくりなので、1リットルボトルで掬って排水後に給水に切り替えて簡単に水替えのみ終了。    ゴールデンエン [続きを読む]
  • モアイ水槽展示:茨木観魚園様
  • 60?水槽のモアイ水槽中環沿いの建物玄関横のロゴ         本日、茨木観魚園様にモアイ水槽を展示頂きました。場所は茨木市の中央環状道路沿い。玄関入って左側の水槽の水草を一旦取り出すお手数頂きありがとうございました。昨年末にできた二又分岐システム付のモアイ水槽の展示店舗としては世界で唯一の場所となります。是非、現物をご覧願います。茨木観魚園様ホームページURL:h [続きを読む]
  • こんなモアイ水槽の取出し方もあり
  • 窓際水槽の掃除を2週間から月一にした。ひと月経つと苔の繁殖力が急速にアップするのでこの辺りが限界。苔だらけの水槽ポンプ使用時の二又分岐開閉レバー       モアイ水槽の取出し方も二又分岐をすべて全開にして水槽から引き出す方法から、排出用ポンプを使って取り出すことにした。浮体部と水槽部の連結は開栓状態、水槽部排気用二又分岐栓は閉栓、浮体部吸気用二又分岐にポンプを接続して [続きを読む]
  • 穏やな水面にしてみた結果
  • 3月初めのこと、ポンプ位置を高くしたらモアイ水槽水槽部にパイプから水が吹出すように吐出するようになり、金魚の滞在時間が減ったような。そこで、吸排気用パイプとは別に左の短い吐出専用パイプを取付けてモアイ水槽水槽部天井付近の水面の揺らぎを抑えてみた。もちろん、吸盤はパイプに滑り止めとして5?程度のチューブをつけているのでずれない。吐出専用パイプの先端がモアイ水槽水槽部の半分程度の高さしかなく、天井付近 [続きを読む]
  • 丸飲みレッドのショック
  • 以前は前かがみで下向きのレッド3/21に衝撃の白コリ丸飲み後に変化が起こった。動かない時は前かがみで下向きだったが、腹ひれを動かして前かがみで下を向かないように態勢を平行に保っている。腹ひれを動かして平行を保つレッド 1時間も吊るされて口の内外をいじられれば相当なショックが残って当然。このまま肉体改造かレッド。早く癒されることを祈る。    手前がレッドに丸飲みされた白コリと同じく [続きを読む]
  • 衝撃!!金魚が白コリドラスを丸飲み
  • 気が付くとレッドが転覆している、なっなっなっなんと!!レッドの丸飲み何かを丸飲み、転覆しながらも必死のレッド。よくよく見ると、白コリの尾ひれ。転覆しながら丸飲みもう白コリは助けられないだろうとレッドの様子を見ていると少しずつ飲み込もうとしている。どう見ても無理っ、むっむっ無理だ。      無理な飲込み無理に飲み込もうとして白コリの大きい頭が詰まって逆にレッドが弱りかけてい [続きを読む]
  • 滝の水勢がアップするレイアウト変更
  • ポンプの位置を底床から水面に移し、高い所から流し水勢を増すことをイメージしてみた。左上の背景と同じ黒色のポンプ ポンプが無くなりスッキリした底床        右側の滝の水勢が目立つ 変更前のオブジェに垂れる感じから、左と右の二本の滝ともに水勢がましているが、右は直下しているので目立つ。直下した水跳ねでモアイ水槽浮体部が霞んで見え、絶海の孤島っぽくなっている [続きを読む]
  • モアイ水槽ガラス蓋の新旧固定具 続編
  • 1週間ほど前に曲げたパイプと吸盤で安定していたガラス蓋が、吸盤留めの以前のガラス蓋 朝起きると水槽内に落下していた。水槽に落下したガラス蓋         水槽から外れた 吸盤と曲げたパイプ  外れて下に転がった吸盤と曲げたパイプ。 やはり吸盤は外れることを前提に使用すべし。   代わりのものを探した結果、KOTOBUKIのガラスフックに置く [続きを読む]