yuwencs さん プロフィール

  •  
yuwencsさん: ユーウェン中国語講座ブログ
ハンドル名yuwencs さん
ブログタイトルユーウェン中国語講座ブログ
ブログURLhttps://yuwen.jp/blog
サイト紹介文ネットで中国語学習コンテンツを配信するユーウェン中国語講座のブログ。時事用語や中国文化など。
自由文ユーウェン中国語講座はネット上で中国語学習コンテンツを配信しています。入門から始め、中級や上級の学習にも対応。単語や文法、会話表現の解説はもちろん、学習方法や検定試験情報などのコンテンツもあります。このブログは中国滞在歴8年の作者が送る時事用語解説や社会文化のタイムリーな情報が満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 322日(平均0.9回/週) - 参加 2016/03/09 18:01

yuwencs さんのブログ記事

  • 蘇州散策記3〜新型書店めぐり〜
  • 前回(太湖をめぐる旅)の続きで、今度は蘇州の書店めぐりをした記事です。旅行時期は2016年11月。観前街の新華書店園区金鶏湖東岸の誠品書店園区金鶏湖西岸の鳳凰書城雑感誠品書店と鳳凰書城は新しいタイプの書店だが、まずオーソドックスな中国の書店ともいえる観前街の新華書店から見てみよう。観前街の新華書店中国の書店といえば新華書店(新??店 Xīnhuá shūdiàn)を真っ先に思い出す。この観前街の新華書店も10年前か [続きを読む]
  • 蘇州散策記3〜新型書店めぐり〜
  • 前回(太湖をめぐる旅)の続きで、今度は蘇州の書店めぐりをした記事です。旅行時期は2016年11月。観前街の新華書店園区金鶏湖東岸の誠品書店園区金鶏湖西岸の鳳凰書城雑感誠品書店と鳳凰書城は新しいタイプの書店だが、まずオーソドックスな中国の書店ともいえる観前街の新華書店から見てみよう。観前街の新華書店中国の書店といえば新華書店(新??店 Xīnhuá shūdiàn)を真っ先に思い出す。この観前街の新華書店も10年前か [続きを読む]
  • 蘇州散策記3〜新型書店めぐり〜
  • 前回(太湖をめぐる旅)の続きで、今度は蘇州の書店めぐりをした記事です。旅行時期は2016年11月。観前街の新華書店園区金鶏湖東岸の誠品書店園区金鶏湖西岸の鳳凰書城雑感誠品書店と鳳凰書城は新しいタイプの書店だが、まずオーソドックスな中国の書店ともいえる観前街の新華書店から見てみよう。観前街の新華書店中国の書店といえば新華書店(新??店 Xīnhuá shūdiàn)を真っ先に思い出す。この観前街の新華書店も10年前か [続きを読む]
  • 蘇州散策記2〜太湖の湖畔をめぐる旅〜
  • 前回(蘇州散策記1〜写真で見る蘇州の今と昔〜)の続きで、今回は蘇州市内から太湖へ行った時の記録です。(旅行時期は2016年11月)蘇州市内から太湖への移動太湖湿地公園太湖の湖畔を歩く蘇州市内への帰路それではまず蘇州市内から太湖への移動から。蘇州市内から太湖への移動太湖Tàihúは蘇州の西に位置する湖で、中国五大淡水湖の一つとされている。面積は2248平方km、周囲長は393kmに及ぶ。日本最大の湖である琵琶湖は面積669 [続きを読む]
  • 蘇州散策記2〜太湖の湖畔をめぐる旅〜
  • 前回(蘇州散策記1〜写真で見る蘇州の今と昔〜)の続きで、今回は蘇州市内から太湖へ行った時の記録です。(旅行時期は2016年11月)蘇州市内から太湖への移動太湖湿地公園太湖の湖畔を歩く蘇州市内への帰路それではまず蘇州市内から太湖への移動から。蘇州市内から太湖への移動太湖Tàihúは蘇州の西に位置する湖で、中国五大淡水湖の一つとされている。面積は2248平方km、周囲長は393kmに及ぶ。日本最大の湖である琵琶湖は面積669 [続きを読む]
  • 蘇州散策記2〜太湖の湖畔をめぐる旅〜
  • 前回(蘇州散策記1〜写真で見る蘇州の今と昔〜)の続きで、今回は蘇州市内から太湖へ行った時の記録です。(旅行時期は2016年11月)蘇州市内から太湖への移動太湖湿地公園太湖の湖畔を歩く蘇州市内への帰路それではまず蘇州市内から太湖への移動から。蘇州市内から太湖への移動太湖Tàihúは蘇州の西に位置する湖で、中国五大淡水湖の一つとされている。面積は2248平方km、周囲長は393kmに及ぶ。日本最大の湖である琵琶湖は面積669 [続きを読む]
  • 蘇州散策記1〜写真で見る蘇州の今と昔〜
  • 2016年11月に行った寧波・蘇州・上海旅行記の続き。前回は寧波の寺院を訪問した記録(寧波の観光名所訪問記3【天童寺】)だったが、今回は寧波から蘇州へ移動し、蘇州の街中をめぐった記録だ。寧波から蘇州への移動蘇州今昔:変わらない風景蘇州今昔:変わった風景蘇州今昔:雑感私は蘇州で2004年〜2007年の間、留学と現地採用で働くなどして3年間を過ごしたため、蘇州の名所旧跡は行き尽くしている。今回は主に馴染みのある懐かし [続きを読む]
  • 蘇州散策記1〜写真で見る蘇州の今と昔〜
  • 2016年11月に行った寧波・蘇州・上海旅行記の続き。前回は寧波の寺院を訪問した記録(寧波の観光名所訪問記3【天童寺】)だったが、今回は寧波から蘇州へ移動し、蘇州の街中をめぐった記録だ。寧波から蘇州への移動蘇州今昔:変わらない風景蘇州今昔:変わった風景蘇州今昔:雑感私は蘇州で2004年〜2007年の間、留学と現地採用で働くなどして3年間を過ごしたため、蘇州の名所旧跡は行き尽くしている。今回は主に馴染みのある懐かし [続きを読む]
  • 蘇州散策記1〜写真で見る蘇州の今と昔〜
  • 2016年11月に行った寧波・蘇州・上海旅行記の続き。前回は寧波の寺院を訪問した記録(寧波の観光名所訪問記3【天童寺】)だったが、今回は寧波から蘇州へ移動し、蘇州の街中をめぐった記録だ。寧波から蘇州への移動蘇州今昔:変わらない風景蘇州今昔:変わった風景蘇州今昔:雑感私は蘇州で2004年〜2007年の間、留学と現地採用で働くなどして3年間を過ごしたため、蘇州の名所旧跡は行き尽くしている。今回は主に馴染みのある懐かし [続きを読む]
  • 『中国地名カタカナ表記の研究―教科書・地図帳・そして国語審議会』
  • 読んだ本のメモを記しておきたいと思い、このブログに新たなカテゴリ「読書メモ」を設けました。第一弾は中国地名のカタカナ表記についての書籍です。中国地名カタカナ表記の研究―教科書・地図帳・そして国語審議会 (中京大学文化科学叢書) 明木茂夫 東方書店カタカナになった中国地名はちょっとヘン―!?教科書、教師用指導書、受験参考書、地図帳に蔓延するトンデモ地名たち。中国地名の不思議なカタカナ表記は、はたして一体 [続きを読む]
  • 113番元素ニホニウム(Nh)の中国語漢字が決定!
  • 2017年2月15日付けで科学技術用語を中心とした学術用語全般を決定する全国科学技?名??定委?会という機関がニホニウム(113番元素、英語名:Nihonium)の中国語を発表しました。概要は次の公式ウェブサイトに掲載されています。 www.cnctst.cn 全国科技名?委?合国家?言文字工作委?会召?113号、115号、117号、118号元素中文定名会----全国科学技?名??定委?会http://www.cnctst.cn/xwdt/tpxw/201702/t20170215 [続きを読む]
  • 113番元素ニホニウム(Nh)の中国語漢字が決定!
  • 2017年2月15日付けで科学技術用語を中心とした学術用語全般を決定する全国科学技?名??定委?会という機関がニホニウム(113番元素、英語名:Nihonium)の中国語を発表しました。概要は次の公式ウェブサイトに掲載されています。 www.cnctst.cn 全国科技名?委?合国家?言文字工作委?会召?113号、115号、117号、118号元素中文定名会----全国科学技?名??定委?会http://www.cnctst.cn/xwdt/tpxw/201702/t20170215 [続きを読む]
  • 113番元素ニホニウム(Nh)の中国語漢字が決定!
  • 2017年2月15日付けで科学技術用語を中心とした学術用語全般を決定する全国科学技?名??定委?会という機関がニホニウム(113番元素、英語名:Nihonium)の中国語を発表しました。概要は次の公式ウェブサイトに掲載されています。 www.cnctst.cn 全国科技名?委?合国家?言文字工作委?会召?113号、115号、117号、118号元素中文定名会----全国科学技?名??定委?会http://www.cnctst.cn/xwdt/tpxw/201702/t20170215 [続きを読む]
  • 寧波の観光名所訪問記3【天童寺】
  • 前回(阿育王寺)の続きで、今度は天童寺というお寺を訪問した時の記録です。天童寺の概要天童寺への行き方境内の様子天童寺から寧波市内への帰り方それではまず天童寺の概要からです。天童寺の概要天童寺Tiāntóng sìは寧波東部に位置する太白山の麓にある有名な禅寺だ。西晋永康元年(300年)の創建と伝わり、中国の五山十刹と呼ばれる寺院のうちの一つで、寺格は阿育王寺よりも高い第3位である。日本では鎌倉時代初期の禅僧で [続きを読む]
  • 寧波の観光名所訪問記3【天童寺】
  • 前回(阿育王寺)の続きで、今度は天童寺というお寺を訪問した時の記録です。天童寺の概要天童寺への行き方境内の様子天童寺から寧波市内への帰り方それではまず天童寺の概要からです。天童寺の概要天童寺Tiāntóng sìは寧波東部に位置する太白山の麓にある有名な禅寺だ。西晋永康元年(300年)の創建と伝わり、中国の五山十刹と呼ばれる寺院のうちの一つで、寺格は阿育王寺よりも高い第3位である。日本では鎌倉時代初期の禅僧で [続きを読む]
  • 寧波の観光名所訪問記3【天童寺】
  • 前回(阿育王寺)の続きで、今度は天童寺というお寺を訪問した時の記録です。天童寺の概要天童寺への行き方境内の様子天童寺から寧波市内への帰り方それではまず天童寺の概要からです。天童寺の概要天童寺Tiāntóng sìは寧波東部に位置する太白山の麓にある有名な禅寺だ。西晋永康元年(300年)の創建と伝わり、中国の五山十刹と呼ばれる寺院のうちの一つで、寺格は阿育王寺よりも高い第3位である。日本では鎌倉時代初期の禅僧で [続きを読む]
  • 寧波の観光名所訪問記2【阿育王寺】
  • 寧波・蘇州・上海旅行の2日目は二つのお寺を訪問。今日はそのうちの一つ、阿育王寺を訪問した記録です。阿育王寺の概要阿育王寺への行き方境内の様子それではまず阿育王寺の概要からです。阿育王寺の概要阿育王寺Āyùwáng sìは寧波東部の太白山ふもとに位置する禅宗の寺院だ。創建は西晋武帝太康三年(282年)と伝わる。中国の五山十刹と呼ばれる寺院のうちの一つで、江南地方を代表するお寺だ。阿育王は「アショーカ王」のこと [続きを読む]
  • 寧波の観光名所訪問記2【阿育王寺】
  • 寧波・蘇州・上海旅行の2日目は二つのお寺を訪問。今日はそのうちの一つ、阿育王寺を訪問した記録です。阿育王寺の概要阿育王寺への行き方境内の様子それではまず阿育王寺の概要からです。阿育王寺の概要阿育王寺Āyùwáng sìは寧波東部の太白山ふもとに位置する禅宗の寺院だ。創建は西晋武帝太康三年(282年)と伝わる。中国の五山十刹と呼ばれる寺院のうちの一つで、江南地方を代表するお寺だ。阿育王は「アショーカ王」のこと [続きを読む]
  • 寧波の観光名所訪問記2【阿育王寺】
  • 寧波・蘇州・上海旅行の2日目は二つのお寺を訪問。今日はそのうちの一つ、阿育王寺を訪問した記録です。阿育王寺の概要阿育王寺への行き方境内の様子それではまず阿育王寺の概要からです。阿育王寺の概要阿育王寺Āyùwáng sìは寧波東部の太白山ふもとに位置する禅宗の寺院だ。創建は西晋武帝太康三年(282年)と伝わる。中国の五山十刹と呼ばれる寺院のうちの一つで、江南地方を代表するお寺だ。阿育王は「アショーカ王」のこと [続きを読む]
  • 寧波の街中を歩く〜その2(江北天主堂・老外灘・三江口・天一広場)
  • 今回は旅行初日夕方〜夜に寧波市内の街を歩いた時の記事です。江北天主堂老外灘を歩く三江口の夜景天一広場前回(寧波の観光名所訪問記1【天一閣】 )の天一閣を見終えたのが14:00ほど。鼓楼から地下鉄の駅1つ分歩いてきていたようだ。ホテルは鼓楼近くにとってあったので、地下鉄1号線で西門口→鼓楼と戻り、お昼を簡単に食べてホテルにチェックインした。しばらく休憩して17:30ごろ、日も落ちた頃に街歩きへと出発した。江北天 [続きを読む]