yuwencs さん プロフィール

  •  
yuwencsさん: ユーウェン中国語講座ブログ
ハンドル名yuwencs さん
ブログタイトルユーウェン中国語講座ブログ
ブログURLhttps://yuwen.jp/blog
サイト紹介文ネットで中国語学習コンテンツを配信するユーウェン中国語講座のブログ。時事用語や中国文化など。
自由文ユーウェン中国語講座はネット上で中国語学習コンテンツを配信しています。入門から始め、中級や上級の学習にも対応。単語や文法、会話表現の解説はもちろん、学習方法や検定試験情報などのコンテンツもあります。このブログは中国滞在歴8年の作者が送る時事用語解説や社会文化のタイムリーな情報が満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 261日(平均0.6回/週) - 参加 2016/03/09 18:01

yuwencs さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 蘇州散策記2〜太湖の湖畔をめぐる旅〜
  • 前回(蘇州散策記1〜写真で見る蘇州の今と昔〜)の続きで、今回は蘇州市内から太湖へ行った時の記録です。蘇州市内から太湖への移動太湖湿地公園太湖の湖畔を歩く蘇州市内への帰路それではまず蘇州市内から太湖への移動から。蘇州市内から太湖への移動太湖Tàihúは蘇州の西に位置する湖で、中国五大淡水湖の一つとされている。面積は2248平方km、周囲長は393kmに及ぶ。日本最大の湖である琵琶湖は面積669平方km、周囲長241kmとい [続きを読む]
  • 蘇州散策記1〜写真で見る蘇州の今と昔〜
  • 2016年11月に行った寧波・蘇州・上海旅行記の続き。前回は寧波の寺院を訪問した記録(寧波の観光名所訪問記3【天童寺】)だったが、今回は寧波から蘇州へ移動し、蘇州の街中をめぐった記録だ。寧波から蘇州への移動蘇州今昔:変わらない風景蘇州今昔:変わった風景蘇州今昔:雑感私は蘇州で2004年〜2007年の間、留学と現地採用で働くなどして3年間を過ごしたため、蘇州の名所旧跡は行き尽くしている。今回は主に馴染みのある懐かし [続きを読む]
  • 113番元素ニホニウム(Nh)の中国語漢字が決定!
  • 2017年2月15日付けで科学技術用語を中心とした学術用語全般を決定する全国科学技?名??定委?会という機関がニホニウム(113番元素、英語名:Nihonium)の中国語を発表しました。概要は次の公式ウェブサイトに掲載されています。 www.cnctst.cn 全国科技名?委?合国家?言文字工作委?会召?113号、115号、117号、118号元素中文定名会----全国科学技?名??定委?会http://www.cnctst.cn/xwdt/tpxw/201702/t20170215 [続きを読む]
  • 寧波の観光名所訪問記3【天童寺】
  • 前回(阿育王寺)の続きで、今度は天童寺というお寺を訪問した時の記録です。天童寺の概要天童寺への行き方境内の様子天童寺から寧波市内への帰り方それではまず天童寺の概要からです。天童寺の概要天童寺Tiāntóng sìは寧波東部に位置する太白山の麓にある有名な禅寺だ。西晋永康元年(300年)の創建と伝わり、中国の五山十刹と呼ばれる寺院のうちの一つで、寺格は阿育王寺よりも高い第3位である。日本では鎌倉時代初期の禅僧で [続きを読む]
  • 寧波の観光名所訪問記2【阿育王寺】
  • 寧波・蘇州・上海旅行の2日目は二つのお寺を訪問。今日はそのうちの一つ、阿育王寺を訪問した記録です。阿育王寺の概要阿育王寺への行き方境内の様子それではまず阿育王寺の概要からです。阿育王寺の概要阿育王寺Āyùwáng sìは寧波東部の太白山ふもとに位置する禅宗の寺院だ。創建は西晋武帝太康三年(282年)と伝わる。中国の五山十刹と呼ばれる寺院のうちの一つで、江南地方を代表するお寺だ。阿育王は「アショーカ王」のこと [続きを読む]
  • 寧波の街中を歩く〜その2(江北天主堂・老外灘・三江口・天一広場)
  • 今回は旅行初日夕方〜夜に寧波市内の街を歩いた時の記事です。江北天主堂老外灘を歩く三江口の夜景天一広場前回(寧波の観光名所訪問記1【天一閣】 )の天一閣を見終えたのが14:00ほど。鼓楼から地下鉄の駅1つ分歩いてきていたようだ。ホテルは鼓楼近くにとってあったので、地下鉄1号線で西門口→鼓楼と戻り、お昼を簡単に食べてホテルにチェックインした。しばらく休憩して17:30ごろ、日も落ちた頃に街歩きへと出発した。江北天 [続きを読む]
  • 寧波の観光名所訪問記1【天一閣】
  • 寧波・蘇州・上海旅行の続きです。初日の朝に名古屋→寧波と移動(春秋航空で名古屋から浙江省の寧波へ)してきて寧波市内をぶらぶら散策( 寧波の街中を歩く〜その1)した後に有名な観光地である天一閣に行きました。天一閣の概要敷地内の様子麻雀起源地陳列館時間の流れとしては中部国際空港離陸が7:35、寧波市内をぶらぶら散策し始めたのが11:20からで、天一閣に着いたのは12:10でした。天一閣の概要天一閣は正式には天一?藏? [続きを読む]
  • 春秋航空で名古屋から浙江省の寧波へ
  • 2016年11月の初旬に1週間ほど寧波・蘇州・上海を旅してきました。今回から数回にわたって旅の様子を書いていきたいと思います。まずは寧波空港および寧波市内へのアクセス記事からです。春秋航空の名古屋→寧波直行便はたったの7800円!中部国際空港で搭乗〜寧波空港着まで寧波空港にて朝食・両替寧波空港から寧波市内へ移動LCC利用で安く行くことができたのでその部分も含めて紹介しましょう。(ですます調ここまで)春秋航空の名 [続きを読む]
  • 漢語盤点から読み解く2016年度中国の流行語大賞
  • 中国の流行語大賞はいくつか有名なものがある。ここでは国家?言?源??与研究中心,商?印??,人民网主催で有名メディアや大学の協力でも知られる???点の流行語について見ていきたい。?点は「棚卸しする」という意味の単語で、???点といえば「中国語の1年間を総当たりで振り返る」のような意味になるだろう。毎年11月ごろに専門家やネットから流行語の推薦を受け付け、12月初旬に専門家によっていくつかに絞り込まれる [続きを読む]
  • 華北旅行の独り飯
  • 今回で華北旅行の記事は最終回。最後にまとめて旅行中に食べたものをご紹介。中華料理の醍醐味は大人数でいろんな料理をみんなでつまんで食べることだろう。しかしながら一人旅だとそうはいかない。少しばかり寂しい独り飯になってしまうものだ。ちなみに私はあまりグルメではないので、旅行中は腹の足しになればなんでもいいという心持ちでいる。そんな旅行の中でも「これはおいしい」とか「あれはまずい」とかあったり、その地域 [続きを読む]
  • 山西省大同から北京への移動、そして帰国
  • さて、前回の記事で大同の雲崗石窟について書いた。この日は午前中に大同で雲崗石窟を見学、午後に北京首都国際空港の近くのホテルまで行くというスケジュールである。次の日の朝のフライトで日本へ帰国なのだ。ここでは雲崗石窟から大同のホテルまで戻ってきてからのことを書いてみたい。大同で北京行きの長距離バスに乗る北京への道空港付近のホテル!?帰国便大同のホテルに戻ってきたのは12:35。部屋に入って慌ただしく荷物を [続きを読む]
  • 雲崗石窟への行き方と観光写真集
  • 山西省の大同といえば雲崗石窟。世界史の資料集にも載っているあの大仏で有名な石窟だ。大同にはもちろん雲崗石窟以外にも見所はたくさんあるのだけれど、旅の計画を立てずに行き当たりばったりで来たので、大同観光の時間は半日のみとなってしまった。よって大同で行ったところはこの雲崗石窟だけだ。今日は大同市内から雲崗石窟へのアクセス方法と、中の様子をご紹介しよう。大同市内から雲崗石窟へのアクセス雲崗石窟の中の様子 [続きを読む]
  • 山西省五台山から大同への移動
  • 五台山での観光を終え、次は山西省の北にある都市・大同を目指すことにした。五台山には2016年5月4日夕刻に入山、5日・6日・7日午前の観光という日程だった。7日午前の観光を終え、午後13:00発の長距離バスに乗り、大同を目指す。バスの切符は朝のうちに宿の主人が買ってきてくれていたので、まずは五台山バスターミナルへ向かうだけだ。五台山のバスターミナル大同への道大同で泊まったホテル五台山から大同への移動関連用語それ [続きを読む]
  • 中国五台山のお寺めぐりその9(梵仙山)
  • 五台山のお寺めぐり記事も今回で最後。今日は2016年5月7日に行った梵仙山の記事です。もともと5月7日の朝イチに大同へ長距離バスに乗って向かうつもりだった。前日の夜に宿の主人の父親が「8:30にホテルを出ればいい」と言っていたので、この日は8:30少し前に準備を終えて部屋を出ようとした。すると宿の主人の父親が「もうバス出発しちゃったよ」という。いろいろとやり取りした後に、13:00発のバスの切符をとってきてくれた。… [続きを読む]
  • 中国五台山のお寺めぐりその8(黛螺頂)
  • 前回に引き続き五台山の南西部にあるお寺めぐりの記事です。2016年5月6日に行ったお寺は全部で6軒。午前中に霊境寺→清涼寺→金閣寺→獅子窩→竹林寺と5軒まわった後、ひとまず宿へ戻って昼食をとる。この時点で14:00くらい。しばらく休憩した後、15:30ごろに宿を出て、五台山の中心部にある黛螺頂という寺院を訪ねた。黛螺頂の概要とアクセス方法黛螺頂の境内今回はこの黛螺頂について書いてみよう。黛螺頂の概要とアクセス方法黛 [続きを読む]
  • 中国五台山のお寺めぐりその7(竹林寺)
  • 前回に引き続き五台山の南西部にあるお寺めぐりの記事です。2016年5月6日に行ったお寺は全部で6件。午前中に霊境寺→清涼寺→金閣寺→獅子窩とまわり、次に竹林寺というお寺へ行った。竹林寺の概要竹林寺の現在の様子今回は竹林寺の概要と現在の様子について書いてみよう。竹林寺の概要竹林寺(中国語:竹林寺 Zhúlínsì)は五台山の中心部より南西に6kmほど離れた場所にある。唐代に創建された寺院である。平安時代の日本人僧・ [続きを読む]
  • 中国五台山のお寺めぐりその6(清涼寺・金閣寺・獅子窩)
  • 今回は五台山観光2日目(2016年5月6日)に訪問した6軒のお寺のうち、霊境寺の後に行った3軒のお寺についての記事です。清涼寺金閣寺獅子窩この3つについても全て宿の主人の車をチャーターして移動した。上記3つのお寺について写真を中心にご紹介しよう。清涼寺霊境寺への参拝を終え、五台山の中心部へと戻る。その途中、風景名勝区外にいくつか有名な寺院があるので、そこへ行くこととした。まず最初に行ったのは清涼寺(中国語: [続きを読む]
  • 中国五台山のお寺めぐりその5(霊境寺)
  • 引き続き五台山のお寺めぐり記事です。2016年5月4日に五台山入り、5月5日中に10軒のお寺をまわった次の日の5月6日。本来なら五台山に2泊して5月6日は半日ほど何軒かお寺を見た後に大同へ移動しようと思っていた。しかしながら、まだまだ数多くの見どころがあるようなので、1泊延長してこの日は丸一日お寺めぐりをすることにした。この日まず向かったのは霊境寺だ。五台山中心部よりかなり離れた場所にある。霊境寺の概要霊境寺への [続きを読む]
  • 中国五台山のお寺めぐりその4(普寿寺・鎮海寺・南山寺・観音洞)
  • 今回は五台山観光初日(2016年5月5日)に訪問した10軒のお寺のうち、午後に行った4軒のお寺についての記事です。普寿寺鎮海寺南山寺観音洞上記4つのお寺について写真を中心にご紹介。普寿寺午後、今度は宿の主人の車で4軒のお寺をまわった。1軒あたり20元で車を出してくれるとのことである。まず最初に行ったのは普寿寺(中国語:普寿寺 Pǔshòusì)だ。普寿寺は現在、女子仏教学校となっており全国から尼僧が集まる。「?洲最大 [続きを読む]
  • 過去の記事 …