ボーン さん プロフィール

  •  
ボーンさん: ビッグフィッシュを求めて in 安曇野
ハンドル名ボーン さん
ブログタイトルビッグフィッシュを求めて in 安曇野
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/misawakazuya/
サイト紹介文長野県犀川水系をメインにルアーでヤマメ、イワナ、ニジマス等のトラウトを狙っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/03/10 10:06

ボーン さんのブログ記事

  • No.57 ブラウンかヤマメか!!
  • ここ1ヶ月ほど、アユ釣りにどっぷりハマって本業が完全に疎かになっている今日この頃です。8月に入ってとある漁協の年券まで購入してしまいました(笑)。まぁアユ以外の渓魚も含まれているのでいいかなぁなんて思ってます。そして今日は近所の川に朝イチからヤマメ調査に行って来ました。さすがにこの暑い時期は、真っ昼間じゃ厳しいと思い、現地6時到着です。この川は今シーズン二度目なんですが、前回はブラウンの猛攻をくら [続きを読む]
  • No.56 ボーン、ブログ書く!
  • 最近は、釣りをするか、酒を飲むかに忙しくブログを放置していましたが、今日は雨でルアーを放る事ができないので、最近の近況報告でもしようかと思います!6月初め、久しぶりに一日釣りができるということで木曽へ向かいました。今シーズン初のアマゴを求め、兼ねてから探ってみたいと思っていた大桑村辺りの支流へ入ってみることに。第一投目、いきなりヒット!小さいながらも本命のアマゴ。この川にもしっかりアマゴはいてく [続きを読む]
  • No.55 トラウト探索
  • 昨日、秋鱒さんと共に犀川漁協管内へトラウト調査に行って来ました。秋鱒さんはほぼ犀川漁協で釣はしないのだが、河川の事についてはよく知っている。どのくらい知識があるかというと、これまたすごい。それぞれの川に棲むカワムシの味の違いまでわかるらしい。おれの知らない間に食べてたんだなぁ(笑)。まぁそんなバカ話をしながら釣りへ。最近は暖かくなったと言えど、渓魚のルアーへの反応はまだまだ悪い状態。でも二人はなん [続きを読む]
  • No.54 犀川漁協解禁でーす!
  • 今年もこの日がやって参りました。魚が釣れるか釣れまいがもはや恒例の行事のようなもので、ここ数年は解禁日を皆勤している次第です(笑)。前日、山の師匠から「明日行くか?」と誘いの電話が来たが、「自分には本流に本命がいるんです」と、師匠をものの2秒でフってしまった。師匠との釣行はネタに事欠かないので行きたい気持ちもあるのだが、解禁日は強烈に引く欧米の娘たちとどうしてもデートしたかったので、お断りさせて頂 [続きを読む]
  • No.53 リベンジなるか? in 美鈴湖
  • 昨日、美鈴湖へワカサギ釣りへ行って来ました。今年の氷上ワカサギでは二人で三匹という驚愕の結果を叩き出したため、今回は秋鱒さんと共に約一年越しのリベンジ釣行です。実は前日マスターからミッションが課せられていたのです。お客様にお出しするワカサギを調達せよと。しかしマスターは知っているはずだ、おれたちの今までのワカサギの平均釣果が一桁であるということを(*_*)!それはそれは重い使命を背負い松本の山へと向か [続きを読む]
  • No.52 山の師匠出陣す!
  • 前回のエサ釣りでの釣果を山の師匠に報告したところ、おれも連れて行けということで、今日は師匠とマスター三人で犀川殖産に行って来ました。しかし、我らのエサ釣り師匠は竿を持っていかない。何故かと尋ねると、今回は自分とマスターのアドバイス役に徹すると言う。さすが師匠だ、自分が釣る事より弟子たちの釣果が最優先なのだ!そうならばいいのだが、実のところ師匠は本流釣りの経験はなく、どうやらただ弟子たちの前で無様 [続きを読む]
  • No.51 エサ釣り in 犀川殖産
  • 先日、テンカラマスターの営む居酒屋に一人で飲みに行った時の事。カウンターには雑誌[つり人]が置いてあった。表紙を飾っているのはテンカラではなく、井上聡名人が写った本流エサ釣り。マスターが読むには違和感満載だ。事の真相はこうです。渓流シーズンも終わり、翼をもがれたマスターはこの時期のみ本流エサ釣りにチャレンジするために図書館で雑誌を借り、粛々と勉強していたのです。もちろんマスターも自分も本流エサ釣り [続きを読む]
  • No.50 今年のプロたちはデカイの?
  • 9月の終わりに木曽で大雨の中真っ黒いデカアマゴをバラしてからというものどうも調子がでず、ようやく本日、シーズン初の犀川殖産に出陣してきました。情報によると先週の土日はかなり人が入ってたいたようです。8時頃現地に到着してみると、やはりメジャーポイントには釣人が入っていました。なんとか出来る場所を探し釣り開始。久しぶりのフルキャストはとても気持ちがいいです!開始早々に30センチくらいのチビがかかる。強引 [続きを読む]
  • No.49 キック オブ ザ ボーン in 白馬
  • 昨日、何処も河川状況は悪い中、なんとか 釣り可能のな場所を求め、キックオブザ秋鱒氏と釣りに行って参りました。気になった方は是非ググってみてください。秋鱒つりたいというブログを開設しているのですが、何故か検索すると練習用と表示されるようで、本人曰く納得いってないようです(笑)。かなり味のあるブログです!てなわけで、チョイスした場所は白馬!川に到着してみると、少し増水はしてるものの釣りには問題なし [続きを読む]
  • No.48 尺ヤマメは釣れるのか?
  • 今シーズン、ニジマス、ブラウン、イワナに関しては納得のいくサイズは釣れましたが、ヤツだけがまだなのです。全釣行の7割以上ヤツに費やしているのに尺パーマークは未だ姿を現さない。40、50センチなんて言わない、30.3センチでいいんだ!いや、25でもいいから秋色したのが見たい!この終盤に来て目標は大幅に下方修正されました。毎年の事ですが(笑)しかし、こんなに目の色変えてヤツのケツばっかり追いかけていては、完全に嫌 [続きを読む]
  • No.47 近況報告!
  • トラウト野郎の皆様いかがお過ごしでしょうか?自分はと言いますと、ここ一ヶ月ちょこちょこ釣りには行っているもののまともな釣果がありません。今日はそんな中での近況報告でもしようかと思います。先週犀川漁協の最寄りの川で餌釣りオンリーの鱒釣り大会が行われました。本来そのような大会に行く暇があるのなら他の川に行って釣りしてた方が有意義なのですが、ある野望の第一歩として漁協役員のおじさまたちに顔を知ってもら [続きを読む]
  • No.46 シカ、カジカ!
  • 昨日、一昨日と軽く釣行して参りました。一昨日はなーんにも釣れませんでしたが、珍しい者を動画に収める事ができました。上流でなにやら相棒が叫んでいる。すると、いつの間にかシカが川岸からこっちの様子を伺っている!そのうち、川を渡りだした!その距離は私と10メートルちょい。普通、人間の姿見たら直ぐ様逃げそうなもんなんですけどねぇ。どうしても川を渡らなければならない理由があったんでしょう(^^)流される事なく無 [続きを読む]
  • No.45 ヤマメ稚魚放流
  • 本日、犀川漁協組合はヤマメ稚魚の放流日でした。本来、単なる組合員のぺーぺーの私は放流事業に参加する必要はないのですが、知り合いのオヤジの計らいもあり、稚魚放流の実態を探るべく潜入捜査に行ってまいりました。待ち合わせ場所に着くと、自分の所属する第9支部のお偉いさんたんちが10人ほどいます。その方たちに挨拶を済ませ、ヤマメ稚魚を乗せたトラックを待ちます。その間、おじさまたちの会話は先日行われたニジマス釣 [続きを読む]
  • No.44 暑さをとるか熊をとるか!
  • 先日、猛暑の真っ昼間の灼熱地獄の中、気がつくと竿を握り車を走らせていました。しかし、どこへ行こう!?最近近所では熊の出没が相次ぎ山は危ない。とはいえ、この気温では平地じゃ熱中症で殺られてしまう。でも魚は釣りたい(^-^)v葛藤した結果、涼しい山で熊に殺られる方を選びました。その山岳渓流では過去二度ほど熊と出会っております。どちらも車に乗った状態の発見だったので良かったのですが、やはり恐いものです。自己 [続きを読む]
  • No.43 近場でヤマメが釣りたいです
  • 犀川漁協管轄(近場)でどうしても良型ヤマメが釣りたい、そんな欲求に苛まれている今日この頃。今日も尺ヤマメ討伐へと向かいました。松本随一のヤマメ河川へ到着。人はわんさか入る川なので一匹出たら良しかななんて。予想はしていたけれども、全く反応なし。まぁ想定内の事。それでも退渓ポイント辺りでヒット!すぐにバレ、尺ほどある銀色の魚体は川の中へ。なんだったんだろう?ニジマスって可能性もあるな。しかし、ヤマメだ [続きを読む]
  • No.42 本流の魅力
  • 犀川本流に通い始めてからかれこれ2、3年が経ったでしょうか。犀川漁協エリアのポイントはほぼ行き尽くしました。最初のうちは、『ほんとにこの川に魚はいるのか?』というほど全く釣れませんでした(T-T)。それでも通い詰めた甲斐があったのか、最近ではちょこちょこ釣れるようになってきました。本流の最大の魅力と言えばやはり魚のサイズが大きい所。あの不意に訪れるドスンッというアタリや、ガンガン首を振ったり強烈に突っ走 [続きを読む]
  • No.41 復習釣行
  • 実をいいますと、先日のテンカラ大王の講義を受講した私はいてもたってもいられなくなり、翌日早朝から川に向かっていたのです。見たり聞いたりしただけでは、真の楽しさはわからないですよね。やはり、実釣するのが一番です!そんなわけで、大王から教わった通りに毛鉤をまく。針も大王と同じくバーブレスフック。そして竿は知り合いからぶんどり、準備万端。大王曰く、こんな適当でも問題ないようです。サイズが大きかったり、 [続きを読む]
  • No.40 テンカラ大王降臨
  • 本日6月11日、テンカラ大王こと石垣先生のテンカラセミナーが上州屋松本店で開催されるということで、良く釣行を共にするテンカラマスターと一緒に出陣して参りました。自分はテンカラは1、2度振ったことがある程度ですが、マスターがテンカラをやるので以前よりかなり興味はありました。そして、講義スタート。やはり、TVやDVDで見た通りの気さくな方で、大学教授ということもあって話が上手い。人気があるのもわかります!十八番 [続きを読む]
  • No.39 遡上してくるはずだ!
  • 梅雨入りしたというのに、本日安曇野は雨が降る気配もなく暑い一日となりました。となれば本流のパーマークを纏う者たちも涼を求め支流に遡上してくるはずと、いいように考え川へと車を走らせます。途中、犀川支流をいくつか見て回ると、世間では渇水がさけばれているにも関わらず、穂高川の水量だけ半端じゃない。何故なんでしょう?ともあれ、先ずは犀川本流に向かう事にしました。久し振りにデカい魚も釣りたいし、とか言って [続きを読む]
  • No.38 ヤマメフィーバー!!
  • 本日、釣り仲間(秋鱒さん)のガイドの元、隣の漁協に行って参りました。前回は大水の影響で満足の釣行とはならなかったので二日連続のリベンジマッチと言うわけです。前回と同じ場所から入渓。川はクリアで水量もかなり減水し、可能性を感じます。すると、早々に魚のチェイスあり。そしてヒット!サイズは20ちょいくらいですが、おっさん二人は山に奇声を轟かせ喜びます!!そう、おっさん二人はヤマメに飢えすぎるあまり、小さな [続きを読む]
  • No.37 ビッグアマゴを求めて in 木曽
  • 昨日、釣り仲間のテンカラマスター(居酒屋のマスター)と木曽へと向かいました。タイトルの通りビッグアマゴを捕獲するためです。目的地は渓相、水質共に抜群!こんな所でアマゴが釣れればとにかく楽しいでしょう(^^)3、4時間程釣り上がるもアマゴには出会えませんでした。時間の都合もあり、退渓し、帰り道車を走らせます。するとマスターの天使のささやきが聞こえてきました。『途中、木曽川本流のあのポイントやっていったらどう [続きを読む]
  • No.36 大ヤマメを求めて in 安曇野
  • 最近、暑い日が続いていますね〜!この間、釣り仲間と山の渓にイワナ釣りに行ってきたんですが、ポイントというポイントから良型イワナが次々とルアーを追っかけて出てきました。きっと魚も調子良くなってきてるんでしょうね。山岳のキレイな川に、キレイなイワナ。釣りは楽しい!さてさて、今日はというと毎年恒例となっている安曇野で尺ヤマメを釣るというミッションにチャレンジしてきました。この釣行は微かな可能性にかける [続きを読む]
  • No.35 スモールフィッシュ in 安曇野
  • アングラーの皆さんGWはどんな釣果だったでしょうか?自分の周りの特攻アングラーたちは、近隣漁協ですこぶるいい結果を出している模様です!毎年GWになると私には地獄の田植えが待っています。何故かといいますと、オンボロの田植え機を使用しているため、苗が植わらない所が多く、植え直しという過酷な労働を延々としなければならないのです。その地獄からやっと解放されたので、今日は久々にルアーをかっ飛ばしに行って参りま [続きを読む]
  • No.34 街の川
  • 昨日、予てより調査したかった川に行って来ました。バリバリの格好でルアーを投げるにはかなり勇気のいる、松本市の街中を流れる小河川です。到着してみると、河川敷には若いカップル、親子連れ、散歩しているお年寄りなど幅広い層の方々かおられます。さぞ、『こんな川魚いるわけないじゃん』、『この川で釣りする変わり者がいるわ』と思われているのだろう。しかし、三十半ばの釣り好きおっさんは川に立ち入るのでした(^^)。私 [続きを読む]
  • No.33 天竜水系のアマゴを追え!
  • 今シーズンずっと犀川漁協に引きこもっていた私も遂にプチ遠征をする日が(^-^)v釣り仲間のテンカラマスター(私が入り浸っている居酒屋のマスター)と共に天竜川水系(長野県)にアマゴを求めさ迷ってきました。 このキーホルダーパっと見ニゴイに見えますが、アブラビレ、パーマーク、朱点が付いてるのでアマゴです!何だろう!?この間延びしている感じは。目の位置がいけないのか?釣行開始!水量もあり、夏、葦が生い茂ればビッグ [続きを読む]