HandweaverMagneticPole さん プロフィール

  •  
HandweaverMagneticPoleさん: HandweaverMagneticPole
ハンドル名HandweaverMagneticPole さん
ブログタイトルHandweaverMagneticPole
ブログURLhttps://ameblo.jp/handweaver-magnetic-pole/
サイト紹介文全行程手技絹織物業 秩父太織×北欧織
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/03/10 20:32

HandweaverMagneticPole さんのブログ記事

  • 秩父太織 無撚糸 栗染め
  • 新製品へ取りかかるため、今週は精錬→糸染め→糊付け作業をしました♪ 今期座繰りした糸を精錬した糸↓太織の糸は業界でも珍しい、’’無撚糸’’なのです??アップでみると、糸が平らで天然の縮みが出ているのがわかります。 精錬動画↓ 工場で普段から使用している栗染の’’栗’’は秩父唯一の栗農家さんから入荷いたします♪栗のイガ(栗の渋皮ではないのです)を圧力鍋で煮て染液を抽出します。 栗染め動画↓ 栗染め [続きを読む]
  • 173kgの繭を糸にしました♪
  • 先日無事に予定していた前半の糸繰り作業が終わりました☆今年は、6月11日初入荷した1kgの繭から始まり8月9日までの約2ヶ月で173kgの繭を糸にしました。2ヶ月の間に5回に分けて掃き立て(種紙にいる卵から孵ったばかりの稚蚕を籠に移す作業)をし出荷、入荷するという養蚕農家さんも受け取る私たちも初めての取り組みでした♪毎年約半年を糸繰り作業に充てていたのを約2ヶ月に凝縮できることは年間の作業効率をかなり充実させること [続きを読む]
  • 根古屋絹その2
  • 最近また根古屋絹を織っています♪根古屋絹については以前の記事をご覧ください??→根古屋絹 無撚糸なのがハッキリわかります↓ 根古屋絹(写真は組織パターン)の精錬後の布はツヤツヤで張りの残った柔らかい1枚に仕上がります! 組織を変えて何パターンか織りました。 精錬前はパリパリに張りのある生地です。 今回マグポでは織る所までですが、作業は続いています(^o^)精錬後、その後はどんな形になるか、何 [続きを読む]
  • 緞子織に魅せられて☆
  • 以前 桐生市の後藤織物さんへ伺った際、何十年も前に作られた緞子織地を見せていただきました。その布はビロードの様に滑らかな艶を放ち時代を感じない美しさと丈夫さを持ち合わせていました☆工場でも作れるのだろうか?と、いうことでいろいろ調べてみました!緞子とは繻子織で織る、絹製の織物です。繻子織の裏組織で模様を織り出した紋織物で、「段子」とも書かれます。 一般的には、経糸と緯糸が5本ずつの五枚繻子の表裏の組 [続きを読む]
  • 座繰りシーズン折り返し地点
  • 6月よりスタートした座繰りも折り返し地点です。7/20に契約農家さんより入荷した繭約20kg今週も座繰りました♪最近は繭が入荷すると、繭の状態によって1日に何キロ糸に出来るか大体の見当がつくようになりました。(データを取っています)マグポでは良品繭ですと1日に13kgいくとカナリの達成感になります♪中繭や玉繭ですと、良品よりも少なくなってきます。最近は工場の座繰り機がフル稼働しているからか、ややお疲れ気味です [続きを読む]
  • ありがとうございます♪
  • 2015年7月17日、「秩父太織×北欧織」製造工場として誕生しました Magnetic Pole は、おかげさまで本日2回目の誕生日を迎えることができました☆マグネティックポールの成長を温かく見守り支えてくださる全ての皆さまに心より感謝申し上げます。今後も継承者という立場に甘える事なく 良く学び 良く働き 良く遊び 技術向上と革新に邁進いたします。末長く どうぞよろしくお願い申し上げます。にほんブログ村にほんブログ村にほん [続きを読む]
  • 工房参観日と群馬の太織!
  • 7月6日、日頃から応援してくださるご近所の皆さんへ工房参観日を開催しました♪おかげさまでマグポが開業して2年になります! 今年の工房参観日では、工房見学の他に希望者の方へ座繰り体験と養蚕農家さんへのご案内を行いました。座繰り体験の様子 皆さん、見るもの沢山!繭から糸を引き出す一番最初の場面や、絹糸の細さ、工程ごとの絹糸の触り心地の違いなど、終始驚かれていました。そして今年は下校途中の小学生にも太織 [続きを読む]
  • 根古屋絹技法
  • 新製品の行く末☆製糸作業で止まっていた新製品用布を精練しました。秩父には『根古屋絹』という、その昔献上品となった丈夫な裏絹技術があります。その技術を応用して作ったものがこの2つです?????根古屋絹技術の特徴は1、経緯、生絹のまま織る2、織り上がり後、精練するです♪糸で精練するよりもハリと光沢がある仕上がりになります(^^)とはいえ…仕上がりの写真を撮り忘れてしまいました。そして近々素敵なご縁を経てこ [続きを読む]
  • 68kg=春蚕の座繰りが終了しました。
  • 春蚕の座繰りが終了しました。 6月14日(水)に熊谷農業高校より31kg入荷、その後すぐ6月19日(月)に契約農家より34kg入荷 その他サンプルや屑繭を入れて春蚕の総繭量約68kg! マグポで1年で座繰りする量の約半分を終了しました〜その日数、なんと二人で6日間です!! 生繰り良品繭だったので、繭を煮る時間も早く、糸もスイスイ〜と出てくるので気持ちよく引くことができました♪ 綺麗に煮えて繭の向きが揃っ [続きを読む]
  • 2017糸繰作業スタート
  • いよいよ秩父でも養蚕業が盛んな季節となりました♪そうです!つまりはマグネティックポールの工場が製糸工場になる季節です(^^)今年は先日埼玉新聞さんにも取り上げていただきました「秩父の養蚕プリンス」と共に新たな試みをしています♪その一、糸繰時や糸質について人口飼料育ち繭と桑葉育ち繭との違いがある?かのサンプル作りその二、、6月から8月までの間、5回に分けて合計約150kgの繭を入荷すること先ずはその一のサンプ [続きを読む]
  • 今年も座繰りシーズン到来ですっ!
  • 桑畑がモリモリ、ザワザワしている最近の秩父。 契約農家さんから今年の繭第1弾が入荷いたしました〜♪ 入荷しましたので、今週からシーズン到来!座繰りがスタートしました! 1kgのお試し繭です。 お試し繭って何がお試しなのか?というと、4齢途中まで桑葉でなく、人工飼料で育てたお蚕さんです。 座繰りをしてみて1kgだったので、すぐに引き終わってしまったのですが、去年の春蚕に比べると引き [続きを読む]