yamesen さん プロフィール

  •  
yamesenさん: 国語と教育ー私立中高一貫校の元教員のブログ
ハンドル名yamesen さん
ブログタイトル国語と教育ー私立中高一貫校の元教員のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/yamesen/
サイト紹介文中高一貫校受験・国語教育・アドラー心理学・仮説実験授業を中心に書いています。
自由文国家公務員を経て、中高一貫校と呼ばれる学校で20年ほど国語科の教員をしていました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/03/11 15:52

yamesen さんのブログ記事

  • よい質問
  •  よい質問はその場を活性させます。 授業ではどんな質問をすれば、生徒が問題をつかんで考え、答えることができるか、予め準備しておきます。実際の授業では、生徒の状況を見てよりふさわしい形に変えていきます。 質問と答えがつながると生徒と教員との間に教材を介して親和感が生まれます。 「わかりません」という答えには、どこがわからないのかについて、生徒に説明を求めます。質問の仕方が適切でないためにわからない [続きを読む]
  • 安倍氏と森友学園の関係から学ぶ教員と生徒の関係
  • 政治家も教員も、規模は違えど権力を振るえる立場にあります。権力者は、自分の存在が誰かにプレッシャーを与える可能性が大きいことを認識して、自分を戒めることが必要です。自分の肩書きを利用するために誰かがすり寄ってくるだろうことに対しても自覚的でなければなりません。それは陳情を吟味して適切に対応することとは全く違います。この時点でもうすでに安倍氏は首相としての自分の立場をわきまえていないとしか言えませ [続きを読む]
  • 加賀美幸子氏によく似た女性教授
  • NHKの番組で私の好まない朗読をするのが元アナウンサーの加賀美幸子さんです。源氏物語を読んでも、漢詩を読んでもどうしてあんなに威圧的になってしまうのでしょう。ひけらかさない、さりげないのがいいのです。桜井洋子さんがいいような気がします。松平定知さんというアナウンサーが歴史ドキュメンタリーを担当していたのもいただけませんでしたが、日本の古典は特に私の好きな分野なので、がっかりします。多くの古典を担当な [続きを読む]
  • 小池百合子氏似の教頭
  • 小池百合子都知事を見るたびに、私立中学の女性教頭・校長によく似たタイプの人がいるなあと感じます。かつて教えていた生徒が教頭に注意をされたので、質問したそうです。生徒「それじゃあ、教頭先生は嘘をついたことがないんですか」教頭「いままで一度も嘘をついたことはありません」(今の教頭ではありません。と書くとかえってどこの学校か分かってしまうかもしれません)。おおうそつき。学校説明会でも平気でうそをついて [続きを読む]
  • 教育勅語と江戸しぐさ
  • 教育勅語のおそろしいところは、部分的にまともな内容が入っていることなのです。少し前に、江戸しぐさなどという架空のものが存在したかのように教育現場でさかんに教えられていました。相手を尊重することの大切さを教える意図があったにしろ、存在しないことだったのです。フィクションであっても、いい話だから構わないという考えもあります。反省がないわけです。危険です。こどもたちによかれと思って、教育勅語を教えてし [続きを読む]
  • ひどいめにあったらがまんするな。
  • ひどいめにあったら、ひどいよと思っていいのです。がまんすることはありません。人の痛みも想像せずに根拠のないポジティブシンキングをまきちらすような人はどこかに行ってください。根性だけをふりかざす人も。しかし、そういう人たちは自覚がありませんから、節操がなく、見たいものしか見ないので、自分を疑うこともないのでしょう。その人たちとは違う世界で私は生きます。それでも変だと思うことは変だと言います。 [続きを読む]
  • 校長・教頭いろいろ
  • こんな教頭・校長がいた。某女子大の入試問題が解けない→教えた。 漢字の試験は合格するまでたった一人になっても追求するのが教育→抵抗した。 私が自宅予習用にと2部持っているテキストの1部を貸したら、いつまで経っても帰ってこなかった。催促したら、彼の名前が書き込まれていた。→生徒が窃盗した時どんな注意をするのか聴いてみたい。 今の若者のことは全く理解できないけれど自分の生活のレベルは絶対 [続きを読む]
  • イッセー尾形さんのように
  • 映画「沈黙」井上筑後の守を演じているイッセー尾形さん。頭がよくて苛烈で老獪、おかしみもあって複雑な役、沢山の人間を見ている人間の悲しみと自分のあきらめをないまぜにした深い沼(沼というのは作品のキーワード)のような演技が心に残りました。彼自身棄教したという設定です。一人芝居の人なので,他の役者さんと並べたときに、動きが大きくなるのですが、今回は抑え気味だったように思いました。彼の演じる人物は戯画化 [続きを読む]
  • 昨日までの第二志望も、今はベストチョイス
  • 春から通学する中学が決まったら、そこが第一志望だったか、第二志望だったかなど全く問題がありません。通うと決めた学校がその時点で、一番良い選択なのです。その今が大事です。過去のことは関係ないのです。 通える身体は一つです。地元の公立中学であれば、通学時間がかからないという大きなメリットがあります。「A中学は残念(不合格のことをこう表現するのがはやりらしい)だったけど」「B中学でもいいよね」という [続きを読む]
  • 併願校調査の考え方
  • 私立中学では受験の際に併願校を調査することがあります。この内容は合否に関わることはありません。普通に書いて協力すればいいのです。そのように塾から教えてもらっていてもちょっと気にする方もいらっしゃるでしょう。 これは学校側の必要から生じている調査です(学校が日頃お世話になっている塾にとっても役立つ情報になります)。自校と併願校と両方合格した場合に、併願校に入学する生徒の概数を把握するためのもの [続きを読む]
  • ドラマ「嫌われる勇気」に一言
  • アドラー心理学は「嫌われる勇気」ではなく「たとえ嫌われてもかまわないでいられる勇気」というのが正確だと野田俊作さんが書いています。賛同します。でもこのタイトルでは岸見一郎さんの本(実は読んでいない)が売れなかったでしょう。「売れる本はタイトルが9割」という本があっても不思議ではない世の中ですね。こんな事を書いたのは、ちらっと同名のドラマを見たからです。アドラー心理学の師匠たちは椎名桔平さんの役 [続きを読む]
  • きょうだい優先合格枠
  • 兄や姉が在籍中である私立学校に弟妹が受験した場合、優先合格させてもらえるかという質問を受けます。明言されている場合は悩みませんが、はっきり書かれていなくても、繰り上げ候補圏内にあれば優先的に繰り上げてもらえることがあります。そういうことでもなければ、在校生のきょうだいの受験状況を報告する必要がありません。これをしている学校は少なくないはずです。当然ですが学校側が知らなかった場合は考慮されません [続きを読む]
  • 中学入試採点の現場あれこれ
  • 東京都の私立中学の受験が始まりました。受験生は大変です。 採点作業も大変です。よく考えてみましょう。例えば、三日連続等で入試をする学校で、かつ当日に合格発表をするような場合の採点作業は十分なものになるでしょうか。私の在籍した学校では、採点中に居眠りする教員が続出していました。出勤時間が早く設定されていることもあるでしょう。上司に話して状況も見てもらったのですが、改善されませんでしたもう一つ、 [続きを読む]
  • トランプ大統領と偏向教育
  • トランプ大統領の就任演説は比較的平明な英語表現だと感じました。高校の授業教材として使えそうです。 私などはトランプ氏の演説と知らなければ、それほど批判的にならずに読めてしまいそうです。彼の演説だと知っているから、中盤以降、慎重に読んだわけです。冒頭から三分の一くらいまではよい内容だと思います(大統領令は全く支持しません)。ところで、現在の学校ではトランプを排外主義者だと述べると政治的偏向と批 [続きを読む]
  • センター試験の時期を変えよう
  •  センター試験の時期を変えるのは祝日をいじるよりも簡単なことのはずです。何年かに一度、センター試験の時期に降雪によるアクシデントやその対策が報道されます。 入試においては受験生も学校側も平素以上に配慮します。その上に、天候の心配もしなければならないのは気の毒です。 センター試験だけでなく、他の入試でもわざわざ寒い冬の時期にあてなくてもいいわけです。センター試験がその先陣を切れば、各大学の入試だ [続きを読む]
  • 映画「野火」を学校で上映しよう
  • ユーロスペースで公開されて大ヒットしたこの作品。学校でも上映してほしいと塚本晋也監督ご自身が仰っています。この作品を観て、大岡昇平の原作を読む生徒が出ると思います。 映画鑑賞会はもっと評価されてよい行事だと思います。どこの学校のホームページも似たり寄ったりです。もちろん、卒業生が進路を語るのは結構です。しかし、もっと大きいものを知るきっかけをつくることも大事です。映画鑑賞会を10年続けて [続きを読む]
  • 暁星の善後策
  • 暁星高1男子を少年院送致=ナイフで同級生刺す−東京家裁 私立暁星高校(東京都千代田区)で10月、同級生をナイフで刺したとして、傷害などの非行内容で送致され..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]暁星に限らず名門男子校は校内事件の対処について明瞭だと思います。保護者に対して高圧的にも卑屈にもならない、責任感と判断力のある教員がいるのでしょう。年長の優秀な教員がいれば、校内の空気は継承されて伝統に [続きを読む]
  • 日本一ネックレスの似合う男、羽生結弦
  • 日本一ネックレスの似合う男選手権(私が考えた)の優勝者は羽生結弦さんです。ここ何年間か不動の首位を守っています(私がそう思った)。ということでベストジーニストのアクセサリー版で表彰されているのではないか気になって調べてしまいました。今年の日本ジュエリーベストドレッサー特別賞男性は内村航平さんのようです。 http://www.ijt.jp/Award/Awardees/ 歴代受賞者はスポーツ関係では本田圭佑さん、高橋 [続きを読む]
  • 歌うま、小中高校生
  • 先日、「THEカラオケ★バトル U−18歌うま大甲子園 2016王座決定戦」というテレビ番組を見ました。18歳以下の歌のうまい人たちが、カラオケの得点を競うという番組です。以下のようによくできた番組だと思います。「歌うま」というタイトルも上手です。 ① 出てくる人がみな歌がうまい(NHKのど自慢とは違う)。② ちょっと聴いてみたい歌が聴ける。③ 本物の歌手ではないので制作費が安そう。④ 違う曲を機 [続きを読む]
  • 原発避難生徒への恐喝
  • 「苦しくても生きて」=生徒のメッセージ公表−原発避難いじめで両親会見・横浜 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)のいじめ問題で、..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]このご両親の訴えは切実です。尋常ではない恐喝事件です。恐喝した生徒には自分のしていたことを自覚させる必要があります。加害者も親の愛に飢えていたと、したり顔で論評する人がいますが、まず [続きを読む]
  • 二人の女子高校生の飛び降り
  • 女子高生2人飛び降りか=ダムで、1人が死亡−盛岡 22日午前1時ごろ、盛岡市上田の四十四田ダムで「女性が飛び降りた」と男性から119番があった。駆け..........≪続きを読む≫[アメーバニュース] 以前書きましたが、数年前に都内の私立学校で似た事件がありました。 その時も一人が亡くなり、もう一人は命が助かりました。 テレビで校舎の写真も教頭の顔(と談話)も映り、事件のようすの図解まで事細かに報道されて [続きを読む]
  • 「うちの子、中学受験させようかしら? 」「よいと思います」
  • 「本当は小さいうちから競争なんてさせたくないんですけど、……」とお子さんを中学受験させるか葛藤する保護者(以下親と記述)がいます(こう悩む人はたいがい私立中学に子どもを入れる経済的余裕があります)。 公立中学で学力が伸びるか不安だという気持ちとのせめぎあいと思われます。我が家はのびのび子育てを標榜しているリベラルな家庭なのに、とためらうのであれば、それこそ世間体を気にしているというものです。前向 [続きを読む]
  • ネギと玉子のチャーハン山小屋風
  • 私はお皿や鉢にとらずに、鍋やフライパンから直接食べるときに、「山小屋風」と名付けています。ソース焼きそば山小屋風とか水餃子山小屋風などと使います。 何十年も前にいつも腹ぺこだったころ、自分でチャーハンを作ってよく食べていました。しかし、洗い物が面倒くさくて、フライパンにスプーンを入れて食べていたのです。あるときそれを母に見とがめられ、「ここは山小屋じゃないのよ」と言われました。が、かえってそ [続きを読む]
  • 女子御三家とデパートの喩え
  • 「女子御三家と空き缶の喩え」には飽きたので、デパートに喩えることにしました。桜蔭……三越女子学院……伊勢丹雙葉……高島屋 以上、校名五十音順に私のイメージを書いてみました。いずれ劣らぬ老舗揃い(業績は存じません)。玉川高島屋は田園調布雙葉に対応させてみましょう。女子学院は制服があったころ伊勢丹に注文していました。桜蔭と三越は王道。三越前という駅がある位ですから。 考えたつもりですが……や [続きを読む]
  • ガンバレと言いますか
  •   立派なクリスチャンでもありませんが、私の好きな聖書のことばです。疲(つか)れた者(もの)、重荷(おもに)を負(お)う者(もの)はだれでもわたしのもとに来(き)なさい。休(やす)ませてあげよう。                      マタイによる福音書(ふくいんしょ) 11章(しょう)28節(せつ)<がんばれということば> 自分(じぶん)の思(おも)うようにできないことがあって、泣きたいほどつらくなったことはあ [続きを読む]