Riko さん プロフィール

  •  
Rikoさん: がらくた織物工房
ハンドル名Riko さん
ブログタイトルがらくた織物工房
ブログURLhttp://riko122.blog.fc2.com/
サイト紹介文織り作品など作ったものの掲載のほか、織り関係用語集・織り組織図マクロの公開などをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/03/12 00:53

Riko さんのブログ記事

  • (無題)
  • ウール糸の在庫確認をしていて「この糸…何のために買った糸だ?ああ、マントか!」と思い当たったので、一月からテレビを見る時のながら作業用に編み始めました。いや、ながら何とかは苦手なのですが、CMの間とか。特にフィギュアスケートって色々待ち時間が長いじゃないですか…。出来上がりはこれなのですが、編み始めの頃、母に「何を編んでいるの?」と訊かれて本の写真を見せたら「まあいいわね。私も欲しい」と言い出しま [続きを読む]
  • 痛恨のミス…
  • 『第3回 手織り・ぬくもりコンクール』に出す、三つめのもの。実は織り上げたのは二つ目より先。接着芯を貼るところまではやったものの、「うーんでも密度とか、持ち手部分のデザインとか、底の部分のデザインとか間違えたなー」と、うだうだして縫うところまで進まなかったのですね。織りなおそうにも糸がなくて…染めれば用意できるな。染めるかなーと思ったものの、断念。元ので縫おう、としたのですが、一応ネット検索してみ [続きを読む]
  • 整経中のショックな出来事
  • 咲きおりで、リップス織りのために経糸をガンガンかけていたら。ワープスティック<長>が折れました…。いや私、リップス織りでちょっと多めに経糸をかけるので、持っているのは咲きおり40cmだけど、Studio A Weekさんでワープスティック<長>を買ったんですよね。でも経糸、かけていると終盤はこうなってくるじゃないですか。ソウコウの上に出てきちゃう。そして外れやすくなる。…私のやり方が変なのでしょうか…。まあともか [続きを読む]
  • 百合系でポロワス原毛を染める
  • 父がこないだもらってきた花束で染めたものもとうとう最後です。百合系と思しきものでまとめて抽出。こちらは母が「カサブランカかしら?」と言ってました。少なくとも間違いなく百合系ですが。これはなんでしょう。花だけ見るとツツジ系に似ている気もしますが、葉っぱが違うしなあ…。ところでカサブランカ?な花、花粉がすごく黄色くて、ちょこっと手の上にのっただけで、手がこんな風に染まりました。花粉で染まるんじゃないか [続きを読む]
  • 薔薇でシルクウール糸を染める
  • まだ続く花束染め。染めたのはシルク50%ウール50%の糸なので、カテゴリを「絹糸を」にするか「羊毛糸を」にするか、迷うところですが…「シルクウール」と言っているので絹の方に。でも染め方は羊毛用の染め方をしました。前回の花束の薔薇染めと同様、黄色い薔薇の全体と、花びら染めをした後の赤い薔薇の茎や葉っぱを合わせて抽出しました。黄色い薔薇風呂。今回もアルカリ抽出。…黄色い薔薇というとミッターマイヤーを思い出し [続きを読む]
  • 花束のカーネーションでポロワスを染める
  • 先日父がもらってきた花束にはカーネーションも入っていました。カーネーションといえば細っこくってそうそう量が確保できませんが、一応煮出してみました。このカーネーション風呂が、煮出したらこんな風に。少しは液に色が出ているかな…。最終的にこのような色に。薄いから染まらないかなあと思ったのですが。ポロワス原毛をミョウバン媒染して染めてみたら。あらびっくり。けっこうちゃんと黄色く染まりましたよ!なお、後ろに [続きを読む]
  • 花束に入っていた葉っぱで真綿を染める
  • 花束には、緑を増やすためか、葉っぱだけのものがよくついていますよね。今回はこういう葉っぱが入っていました。何の葉っぱだかわかりませんが、けっこう量があったので、中性抽出してみました。こんな薄い色が出ました。薄いとはいえ出たので、ミョウバン媒染済みの真綿を入れてみたところ…右はミョウバン媒染した状態の真綿。左が葉っぱで染めた真綿。比較してみれば染まったことはわかると思います。あんなに薄い色でも、染め [続きを読む]
  • 赤い薔薇の花びらでシルクストールを染める
  • 先日父がもらってきた花束。二週間ほど楽しみ、もうボロボロと散ってきたので、この週末にせっせと染料を取り出しました。まずは赤い薔薇の花びら。こちらは早々にダメそうになってたので、二週間も待たずに乾燥させていました。しかし、中の方まで乾燥していなかったので、花びらの状態は生〜乾燥までさまざまです。これを酢酸を入れた水の中で揉み込みました。このような赤い液がしっかり出てきました。けっこう量が取れたので、 [続きを読む]
  • 推定イヌビユで真綿を染める
  • 夏に一度プランターから退治したイヌビユ(たぶん)ですが。また生えてきました。まあまた染めるか、だったら伸びるのを待とうと放置していたのですが、さすがに寒かったのか、あまり成長しませんでした。じゃあ、綿ももう収穫終わったことだしとイヌビユも収穫することにしました。ちょうど20gありました。20gじゃあ染められるのは10gくらいかあと、真綿を染めることにしました。先日銅媒染液を買ってきた時に、エスポールも買っ [続きを読む]
  • どうせなら同じ色で
  • 父がまた花束をもらってきました。しかもまた二つ。どうせなら同じ花束を二つもらってきてくれれば量があって有難いのに。草木染め的に。いつも違う色の花束なんですよねえ。いやまあ、せっかくだから違う色でとくれているのかもしれませんが。ていうか、何故二つ花束をくれるのだろう??謎。(何故花束をもらったのか知らない娘…)というわけでそのうちまた花束の花で染めます。深紅の薔薇があったので、花びら染め一つは確実。 [続きを読む]
  • 2017年初の所有している市販の綿糸
  • 『第3回 手織り・ぬくもりコンクール』にエントリーしました。企画発表時ちょうど織りかけの裂き織り布があったので、それを出すつもりでしたが、せっかくなので複数点でエントリーしたため、もう一個を…同じ布で小物をと思ったけど、思いついたので織ってみることにします。というわけで、去年に引き続き、今年も使う前に綿糸の量を明らかにしておきたいと思います。といっても、原毛と同様、省力版。しかし原毛と違ってコット [続きを読む]
  • 「麻のきもの・絹のきもの」と「Tokyoギャッペ展2017」
  • 今日は会社の健康診断でした。うちの会社では健康診断の日は休みです(そうでもしないと、仕事にかまけてなかなか行かない人がいるそうです…)。したがって、堂々と遊び歩ける平日なわけです。どこに行こうかなーと探した結果展示会2か所&買い物をすることにしました。ところで2月1日だったら、紡ぎもくもく会だったんですねー。惜しかった…。一日ずれたら参加できたのに…。さて、最初に行ったのは新宿は文化学園服飾博物館の [続きを読む]
  • スケジュール帳カバー
  • 年始に玄関ドアに飾っていた鳥さん。せっかく織ったのに年始で終わっちゃうのはつまらないなあ、2017って入っているから、スケジュール帳のカバーにしたらどうかなあ、と考えました。私が使っているのはA6サイズ。鳥タペストリーは…ギリギリ何とか表紙になるかな…という感じ。不足分は色々ある端切れで…と思って端切れを当たりましたが。どうも、鳥の茶色に合いそうなのはこの一番上の布ぐらいでした。この布束が何かというと、 [続きを読む]
  • ノコンギク(?)で染めたポロワスを紡ぐ
  • 週末テレビを見ながらやる作業として、スピンドルとこないだノコンギクらしきもので染めたポロワスを持ち出しました。土日でもうちょっと、というところまで進んだので、久しぶりに月曜日の昼休みに職場で紡いだら紡ぎ終わりました。で、その晩玉にして、火曜日と水曜日の昼休みに双糸にしました。紡ぎ終えた状態。アップ。うーん、太さが不揃い…。かせにしたところ。紡いだ道具桜楓スピンドル紡いだものノコンギクらしきもので染 [続きを読む]
  • 多分2016年度最後の綿の収穫
  • ベランダで育てている棉にはまだ実はついていましたが。この寒さだしもうはじけないかな…と水やりもせずに放置することしばらく。このままでは廃棄されてしまう!と危機感を覚えたのか、気が付いたらはじけていました。みっつも。右手前の茶綿は状態が変ですが…。さて、実はまだ一個ついていますが。さすがにもうそれははじけないかな…。(とりあえず綿を収穫したついでに、水やりはしましたが…) [続きを読む]
  • 2017年初の所有している毛(紡ぐもの全般)
  • 紡ぐものの在庫確認を…と思ったのですが、多少染めて色が変わったりはしていても、あまり一年前と差異がないので、写真アップはやめておきます。植物繊維収穫したもの2009花壇の洋綿 白 41g、染めたもの 1.74g2010花壇の和綿 白 13g2011年花壇の洋綿 茶 31g2014ベランダの洋綿 茶 3.58g2014ベランダの和綿 薄茶 3.91g2014ベランダの和綿 白 1.47g2015ベランダの洋綿 茶 3.3g2015ベランダの和綿 薄茶 4.36g2015ベランダの和綿 白 [続きを読む]
  • ポロワスをロウバイで染める
  • 姉にもらったロウバイを鑑賞しつくしました。で、枝を切り刻んで染めました。『草木染め大全』によると、ロウバイはアルカリ抽出がいいけど、アルカリ抽出だと堅牢度が悪い。唯一銅媒染だと堅牢度もいい、ということだったので、アルカリ抽出しました。けっこう濃く出ましたね。それに、湿らせたポロワスを投入して染めたらこのような…茶色というか、オレンジというか…肌色?に。この後銅媒染したら…うーん…。緑っぽくもなって [続きを読む]
  • 南天染め
  • 元旦、姉が近所の農場でもらったといって、蝋梅と南天を持ってきてくれました。二週間ほど飾っていたのですが、なんかあまり元気にならないままでした。で、母に「蝋梅染めるわよね?」と言われました。何故南天は聞かないのかと思ったら、「いかにも染まりそうにないから」だそうです。いやわかんないよ?染まるかもよ??というわけで、南天染めに挑戦。その前にネットで検索したら、切ってすぐの南天では染まるそうですが。切っ [続きを読む]
  • ノコンギク(?)でポロワスを染める
  • 大晦日にバラでポロワスを染める傍ら、冷凍してあったキク系を中性抽出しました。これも父がもらってきた花束の花です。冷凍しておきました。紫色のキク系。キクは草木染めの本で見るから染まるだろう、とやってみました。抽出できた液は、茶色。バラほどは濃くありませんでした。でもまあ、1/2に染めてみました。染め初め。やわらかい茶色に染まりました。ところで母はこの花を「クジャクソウ」と言っていましたが。のちに「これ [続きを読む]
  • 「2017」の図案
  • ヤノフ村の二重織りの図案を起こそうとしたけど経糸がうまく表現できん…とか言っていましたが。元旦に書いた通り、鳥+2017のミニタペストリーを織るにあたって、経緯全部描いてみたらどうにかなりました。鳥部分はワークショップで教えていただいた図案と全く同じなので、ここで紹介するわけにはいきませんが、2017のところの図を紹介いたします。…おおう、すみません、図が全部入りきっていませんでした。これ以上縮小すると潰 [続きを読む]
  • タリフさんの糸で5本指手袋
  • 新・東京スピニングパーティー2015で注文した五本指手袋のキットを編み上げました。タリフさんは、スピニングパーティー後すぐに送ってくださったのですが…編み始めたのは2015年の11月でしたが…。何となく編み物はテレビを見ながらやることにしているので、昨冬はそんなには進みませんでした。春になったのでそのまま放置し、2016年の秋になって編むのを再開。クイズ番組やフィギュアスケートを見ながら編んで、とうとう、2016/1 [続きを読む]
  • 鳥+2017
  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。酉年ですので!ヤノフ村の二重織りのワークショップで織った鳥さん。追加して、年号を入れました。えー、最初、升目を埋めて2017の図案を作って。裏側の二段は箕輪先生に倣って野生の勘で拾おうと思ったのですが、字という細かい柄だからか、全く野生の勘が働きませんでした…。それで仕方なく、経糸も緯糸もちゃんと書いて、気を付けて丁寧に図に書いてみたら。ちゃ [続きを読む]
  • 薔薇でポロワスを染める
  • 赤い薔薇の花びらで真綿を染めましたが、使ったのは花びらだけなので、茎と葉っぱは残っていました。で、花束の中にピンクの薔薇もあったのでそれも乾燥させていました。乾燥させたらまるで紫の薔薇っぽくなりましたが、元はピンクです。桜はバラ科でよく染まる…なら薔薇も染まるだろう、と、12/30に、赤い薔薇の茎と葉っぱ、ピンクの薔薇全部、まとめて煮出しました。煮出し始めは何だこの薔薇風呂、って感じでした。ちなみに桜 [続きを読む]
  • 花束の赤いバラで真綿を染める
  • 父がもらってきた花束に、赤くて黄色がちょっと見える小ぶりの薔薇がありました。花瓶に入れていた頃からドライフラワーみたいな様相だったので…、その後自ら出して乾燥させてもあまり雰囲気が変わっていません。まあ赤いから花びら染めでしょ、と花びらをむしったところ…あれ思ったより黄色が多いなあ大丈夫かしら…と思いつつ、酢酸5cc+水100ccでもんだら…なかなか色が出ませんでした。やっぱダメかなあと思いつつももみ続け [続きを読む]