iwaki_life さん プロフィール

  •  
iwaki_lifeさん: いわき生活
ハンドル名iwaki_life さん
ブログタイトルいわき生活
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/iwaki_life/
サイト紹介文福島県いわき市に仕事で赴任してきてから約1年。 いわき市で見聞したことの記録です。
自由文福島県いわき市に仕事で赴任してきてから約1年。 いわき市での生活もあと1年を残すくらいになりそうなので、いわき市で見聞したことなどを、記録として残しておこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/03/12 12:48

iwaki_life さんのブログ記事

  • 小名浜マリンブリッジ ライトアップ(小名浜港)
  • 4/23(日)に、小名浜マリンブリッジの完成披露式が行われましたが、同日の夕方、「小名浜マリンブリッジ点灯式」なる儀式が行われていました。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─「小名浜マリンブリッジ 点灯!」━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─小名浜マリンブリッジは、無事に完成しましたが、夜は、ライトアップが行われることになるそうです。そして、そのライ [続きを読む]
  • 小名浜マリンブリッジ完成(小名浜港)
  • 現在、小名浜港に、石炭を貯蔵するための人工島の建設が進められており、小名浜港の3号埠頭と人工島を繋ぐ1kmほどの橋の建設も行われていましたが、このたび(4/23(日))、橋が完成したとのことで、その開通式が行われていました。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─「小名浜マリンブリッジ完成披露式」━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─4/23(日)午前中に [続きを読む]
  • お食事処 一膳(料理店:いわき市役所そば)
  • いわき市での単身赴任生活もあとわずかとなりそうなため、どしどしと家財道具を返却・処分中です。そのため、冷蔵庫はおろか、調理道具も処分してしまったため、現在、もっぱらの外食生活中。本日は、いわき市役所側にある定食屋「お食事処 一膳」 で夕食をとりました。(参考)一膳の場所→ ここ【お食事処 一膳】━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 「オッサンのための定食屋」 ━─━─━ [続きを読む]
  • アルパイン(株)
  • いわき市の企業を分析することで、いわき市の経済を考えてみようシリーズ、第・・・何弾か忘れましたが、そこそこ続けられているなぁと、我ながら感心。今回取り上げるのは、アルパイン(株)。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─「アルパイン(株)とアルプス電気(株)の関係」━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─前回、取り上げた会社がアルプス電気(株)(→その時の記 [続きを読む]
  • 赤井駅の様子(磐越東線)
  • いわき駅から、磐越東線で1駅次の駅が、赤井駅。なかなか立ち寄る用事もなかったのですが、今回、 立ち寄ることができたので、レポートしてみたいと思います。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─北都オーディオのトイレ?━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─まず、駅舎の様子。最初の印象、「小さい」のひと言(笑)。赤井駅周辺は、磐越東線の中では、住宅地があり、人が [続きを読む]
  • 赤井諏訪神社(いわき市平赤井)
  • 小川郷駅から赤井駅まで自転車でひとっ走りしたのですが、いやぁ、田舎・・・いやいや地方の一駅というのは長いですね。自転車で40分ほど時間がかかりました。線路沿いの道路を走りましたが、道路は結構立派で、非常に走りやすくて良かったです。【小川郷駅〜赤井駅の線路沿いの道路】━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─赤井諏訪神社を発見━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ [続きを読む]
  • アルプス電気(株)
  • いわき市の地元企業を分析することで、市内経済情勢を考えてみようというシリーズ、えーと、これで、かれこれ5弾目あたりでしょうか。5以上の数は、あとは、全て「いっぱい」という認識で、数がよく分からなくなるという、古代の未開人のような状態ですが、今回、取り上げるのは、アルプス電気(株)。いわき市内に立地する企業の中では、規模的にも上位に位置する大手企業となります。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ [続きを読む]
  • 磐洲城天守閣(小川郷駅)
  • いわき市にある二ツ箭山の登山口から、遠く望むことのできる、謎の城(?)があります。二ツ箭山に来るたびに、非常に気にはなっていたのですが、謎を謎のままにしておくのももやもやするため、先日、二ツ箭山を登ったときに、城のそばまで歩いてみました。【遠くから臨む謎の城】━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─予想外に近くてビックリ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ [続きを読む]
  • オカモト(株)
  • いわき市の地元企業を分析してみよう、の第4弾はオカモト(株)。オカモト(株)と言うと、思春期に目覚めた中学生以上の年齢の大人(特に男子か?)には、格好のジョークネタにされ続ける運命を背負った、ある種気の毒な立ち位置の会社です(笑)。理由はお分かりの通り。えっ、分からないって?いやいや、あなた・・・。コンドームのトップメーカーだからです!━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─コ [続きを読む]
  • いわき市の製造業分析 その5(金属製品製造業)
  • いわき市の製造業分析シリーズを書いてきましたが、本シリーズについては、この記事がラストです。取りを飾るのは(とは、ちと、大げさな表現ですが)、「金属製品製造業」。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─「金属製品製造業とは何か」━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─金属製品製造業とは、ありとあらゆる金属製品を製造する業種で、例えば、ネジやボルトなどの小さな [続きを読む]
  • おもてなしどころ光亭(料理店:いわきアリオスそば)
  • 結構、頻繁に通る道すがら、「おもてなしどころ 光亭」という料理店の看板があり、前々から気になっていたのですが、ようやく訪れることができました。【前々から気になっていた「光亭」の看板】━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─「ランチにチャレンジ」━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─普段は、夕方通ることが多く、夕食を食べてみようかと思いつつも、入り口越しから [続きを読む]
  • (株)クレハ
  • 夕刊紙「いわき民報」に株価が掲載されている地元企業を分析してみようというシリーズ、第3弾。今回は、(株)クレハ。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─(株)クレハはどんな会社?━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─(株)クレハとは、中堅の化学メーカーで、「クレラップ」を作っている会社として知られています。従業員数1800名、グループ全体では4000名とい [続きを読む]
  • ハニーズ(株)
  • 夕刊紙「いわき民報」に株価が掲載されている市内企業を分析することで、いわき市内の経済動向を見てみようと言う趣旨で始めたシリーズ、第2弾として、常磐開発(株)に次いでハニーズ㈱を取り上げてみたいと思います。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 「ハニーズ」とはどんな会社?━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─まず、ハニーズとはどんな会社かというと、若い女性 [続きを読む]
  • 松柏館(湯本駅:日帰り温泉)
  • 最近、湯本温泉に行っていなかったのですが、ひさびさに、昼間っから温泉に浸かりに行きました。今回は、「松柏館」。昔、昭和天皇だったか、誰かが泊まったことがあるとか、ないとか、そんな由緒ある旅館(のはず)。何かで、そんな情報を目にしたことがあった気がするというだけで、かなりあやふやな話なので、気になる人はネット等を駆使してお調べ下さい(なんだか、人任せすぎるなぁ(笑))。(参考)松柏館のHP 松柏 [続きを読む]
  • たらふく(湯本駅:食堂・居酒屋) その2
  • (前回の続き)湯本駅で、午後5時前から開いていて、定食も提供する居酒屋を発見。そのお店は、「たらふく」というお店でした。場所は、ここ(↓:赤い線で囲まれているお店) お店に入ると、カウンター席6席ほど、座敷のテーブル席3つほどのコジンマリとした店構え。お店自体は、実は午後5時から開くお店のようでしたが、座敷テーブルで6人ほどのグループが、すでに出来上がっている状態。どうも、このグループが、早い [続きを読む]
  • たらふく(湯本駅:食堂・居酒屋) その1
  • 湯本駅で、日曜の夕方から温泉につかり、さて、夕食でも食べて帰るかなどと、湯本駅の繁華街(?)を探索。まぁ、分かってはいることながら、湯本駅の繁華街、お酒を飲む場所はあっても、ランチを別にすれば、なかなか、食事だけをしようと思うと、お店がないのが難点。お酒を飲まずに夕食をとる目的であれば、湯本駅では、「おかめ食堂」(以前の紹介記事→ここ) がオススメではありますが、懐具合を気にして、1000円くらい [続きを読む]
  • 二ツ箭山(小川郷駅) 再訪編
  • 以前、二ツ箭山を訪れましたが、約1年ぶりの訪れとなりました。(前回の記事)今回は、まだ2月ということもあり、少しだけ雪や氷が残ったりもしていました。その中で、珍しい(面白い?)凍り方をしていた場所が・・・。二ツ箭山には、送水する管が山沿いにずっーと引かれているのですが(目的は不明)、所々、管に穴の開いている箇所があるようで、そこから、プシューっと水が噴出している箇所があります。その噴出した水が凍り [続きを読む]
  • いわき市の製造業分析 その5(食品製造業)
  • だいぶ間が空きましたが、いわき市の製造業分析の続きを書いてみたいと思います。いわき市は、海産物や農産物が豊富に取れることから、それらを加工して食品にする産業もかなり盛んです。そこで、今回は、食品製造業を見てみたいと思います。下の図は、各市町村の食品製造業の集積度合いを表した図です。右上に行くほど、産業が集積をしていることを示しています。いわき市はどうかというと、トップグループとはいかないものの、大 [続きを読む]
  • 常磐開発(株)
  • いわき市のみを対象エリアとした夕刊紙「いわき民報」を職場で取っているので、よく読んでいるのですが、地元企業の株価情報が載っていることを発見。実は、前々から知ってはいましたが、株をやっていないので、株価情報には、ほとんど興味がなかっただけであります・・・。しかし、よく考えると、この株価の動きを記録しておくと、いわき市内の経済状況などを知る上での参考になるのではと思い立ち、昨年11月から、「いわき民報 [続きを読む]
  • アリオス−谷川俊太郎さんの詩【いわき市役所前】
  • 前回、アリオス(いわき市の劇場)の壁面に寄稿された、谷川俊太郎さんの詩について書いたので、折角ですので、ここでは、その詩全文を紹介したいと思います。実物を見たい方は、アリオスにレッツ・ゴー!「いま ここ」いつでも「いま」しかない どこにも「ここ」しかないそのために過去に学びそのために未来を夢見て生きる人知れず咲いている一輪の野花とともにただよいながら形を変えてゆく雲とともにうつろいやまない人々 [続きを読む]
  • アリオス【いわき市役所前】
  • いわき市には、「アリオス」と呼ばれる非常に立派な劇場があります。場所は、いわき市役所の道路を挟んで隣。夜10時まで開いており、頻繁にコンサートなどのイベントが開かれていたり、高校生が勉強しに来ていたりと、利用率がなかなか高い施設のようです。【アリオス−イタリアンレストランも併設されています】なかなか素晴らしい施設ですが、私が一番気に入っているのが、アリオスの壁面に谷川俊太郎さんの詩が付けられている [続きを読む]
  • いわきのライトアップ
  • 昨年12月頃、いわき駅前を走る(というほど目の前じゃないですが)6号線の「平中町」交差点(6号線といわき市立文化センターの前を走る道路が交差するところ)付近で、建物全体を電飾した、クリスマスイルミネーションがあり、大層立派だったので、写真を撮っておこう、おこうとおもっているうちに、年が明け電飾がなくなってしまっていました。本来、そのクリスマス電飾(?)を、ここで紹介したかったのですが、写真を撮りそ [続きを読む]
  • いわき市立図書館【いわき駅前】
  • いわき市での生活を始めて2年弱。一番多く訪れた場所が、このいわき市立図書館です。いわき駅前の商業施設ラトブの4階・5階にあるという、非常に利便性の良い場所にあり、施設も充実していて(しかも、当然無料(笑))、いわきでの生活を大いに充実させてくれたのでした。【いわき市立図書館(ラトブ内)】一番便利だと思ったのが、蔵書の検索システム(他の地域の図書館にも当たり前にあるシステムかもしれませんが・・・)。 [続きを読む]
  • 金刀比羅神社 例大祭(湯本駅) その2
  • 金刀比羅神社 例大祭見学録の続きです。(前回はこちら)屋台を一通り見終わり、目的である金刀比羅神社の境内に向かいます。すると、「これより、福銭まきを境内にて行います」との呼び声が。おぉぉ、これはついている。金刀比羅神社の例大祭では、1時間おきに、境内で「福銭まき」という、要すれば、銭をばら撒く行事が行われており、タイミングがあえば、参加したいなぁと思っていたところ。まさに、グッドタイミング。よぉし [続きを読む]
  • 金刀比羅神社 例大祭(湯本駅) その1
  • 湯本駅近く(徒歩10分くらい)にある金刀比羅神社では、毎年1月10日に例大祭と呼ばれるお祭りが行われ、金刀比羅神社前の道、1kmくらいが車両通行止めとなり、屋台などで賑わうということで、今年、見学に行ってきました。【金刀比羅神社 例大祭の案内】 今年の例大祭は、1月10日(火)と、3連休の次の日(つまりは平日)に行われており、何ゆえ、わざわざ連休明けの平日に行っているんだと思ったら、この例大祭 [続きを読む]