くるる さん プロフィール

  •  
くるるさん: どんぐりやってました
ハンドル名くるる さん
ブログタイトルどんぐりやってました
ブログURLhttp://donguri.always-happy.net
サイト紹介文子育て終了した今だからこそ伝えたいことを書いていきます。どんぐり倶楽部の算数文章題をやっていました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/03/12 20:08

くるる さんのブログ記事

  • 近況報告。スタディサプリなど。
  • ご無沙汰してます息子@高3、いよいよ本当に受験生です。「塾に行かずに高校入試」の勢いのまま、「塾(予備校)に行かずに大学入試」になりそうです。同級生はほとんどが塾・予備校に通っていますが、学校をフル活用すれば何とかなる?娘@大学3年の時もそうでしたが、公立の高校でも先生方は勉強したい生徒を応援してくれます。どちらの学校でも、放課後に残って勉強できるよう進路室や教室を解放しています。ありがたいです。や [続きを読む]
  • たぶん、どんぐりは就活でも役に立ちます。
  • 就活とか…遠い話ですみません。でも、子育てはあっという間ですよ〜。娘@大学2年、就活は1年先の話です。成人式で着る振袖を借りに姉の家に行った時のことです。冬休みで帰省中の姪が絶賛就活中で、今どきの就活がどんな風なのか見せてもらいました。 イマドキの就活今どきは入社試験をWebで受けるんですね。姉宅に行ったとき、ちょうど姪がWebテストを受けようと、パソコンの設定に四苦八苦しているところでした。 まず、大学名 [続きを読む]
  • 自然体験教室〜都会では自然に触れるのも一苦労?
  • たまたま見つけた体験型理科教室今日は、どんぐりとはあまり関係のない話です。年長〜小学5年生向け「早稲田こどもフィールドサイエンス教室」 名前に「早稲田」って付いてるけど、きっと塾・予備校の早稲田なんとかがやってるんだろうな〜と思ったら、まさかまさかの早稲田大学の関連でした。大学が、それも天下の早稲田大学が幼児・小学生の教室を始める時代になったのか…。自然の中で遊ぶのは大事!どんぐらーの皆さんはよくご [続きを読む]
  • どこまでも自分で考えたいのはどんぐりっ子の特徴です
  • 色々忙しく、半年ぶりの更新です。娘@大学2年の近況学業、バイト、趣味の世界で毎日充実しているようです。文系の大学生とは思えないくらいミッチリと時間割を詰め込み、今期で卒業に必要な単位が(卒論と3年にならないと選択できない必修科目以外)揃ってしまいます。何故そんなに時間割を詰め込むのか?答えは、「興味があることが一杯で楽しい」から。中には1つ2つ、眠くなる講義があるそうですが、「ということは、他は面白い [続きを読む]
  • 小さい頃に反復プリント学習をやっていた?「数学の神」S君
  • 「数学の神」ことS君息子の友人、「数学の神」S君。勝てないから、息子が「マッコーザット―問題をぶつける」というセコイ手を使った同級生です。そのS君、本当に何でも出来るスーパー高校生です。のみ込みの速さ、理解の速さが半端ない。数学だけじゃなく、全教科、運動も音楽も出来て、優しい良いヤツという。どんな育て方したら、こんなスーパーな子に育つ?っていう有名人です。息子に言わせると『DNA』だと。(^-^;反復プリン [続きを読む]
  • 比べず、急かさず、無理させない
  • 作品展2009-02-06 の記事幼稚園時代、年に一度、作品展がありました。 年少さんは、粘土で「へび」とか「おだんご」。可愛いです。 粘土をベチャっと潰して紫色に塗って「オバケ」なんて、最高! 年中さんは毛糸でマフラー。年長さんは機織り作品。 他にも立体造形、絵や版画、折り紙、言葉集め…などなど。 どれもみんな個性的な作品ばかりで見ていて飽きませんでした。 見学者の方が、折り紙作品(立方体)を見て園長先生に質問 [続きを読む]
  • 中学校では色々あるものです。
  • 今時の中学校2009-05-10の記事娘が中学生になって、一月が経ちます。 幸いなことに、娘が通う地元の公立中学校は、県内で一番!というくらい、生活面の乱れが少ない落ち着いた学校です。 生徒指導に費やすエネルギーが少ないので、その分、先生方に余裕があって授業に集中出来るという良い環境だとか。 隣の市に行くと、生活面での指導に手一杯で、授業が成り立たない学校が珍しくないらしいです。 娘のようなおとなしい子供にとっ [続きを読む]
  • 今さらながら、どんぐりの凄さが分かったという話。
  • やってる真っ最中にはわからなかったこと親じゃなくて、子どもの話です。どんぐりの算数文章題に取り組んでいた小学生時代。子ども達自身は「習慣だし、解いていて面白いから…」くらいの感じで特に深く考えることもなく、毎週末に絵を描いて問題を解いていました。娘は5年生で、息子は6年生の途中で6MXまで終了し、どんぐりは卒業。中学生になったら宿題マシーンも停止。我が家のどんぐりは終了したのでした。教える側になっ [続きを読む]
  • 子ども達への最高の贈り物
  • 高校の進学資料を見ていて息子が学校から進学資料を持ち帰りました。卒業生の進学先、校内偏差値、合否、そんなことが纏められています。娘の学校でも同様なものがありました。巻末には卒業生から在校生へのメッセージが掲載されています。現役で合格した先輩たちが高校時代にどう過ごしたか、振り返って思うこと後輩へのアドバイスを書いています。公立・塾なし・国公立医学部いるんですよね。娘の母校でも息子の高校でも。塾・予 [続きを読む]
  • 数Ⅰまでは何とかなるが、その先で差が出てきます。
  • くどいようだけど、どんぐりだけで十分2011-05-09の記事本当に今さらですが、どんぐりだけで十分だな…と思います。 さっきの日記に書いた問題もそうですが、息子の考え方は、誰かに教わってだと絶対に出てこないものが多いのです。 同じように「どんぐり倶楽部」の文章題を解いた娘と息子ですが、明らかに違うんですよね。 娘は、どんぐりをやりながら、知の翼など「考え方」を知るものに触れていました。添削問題も提出していま [続きを読む]
  • 人混みで疲れるのと同じで、学校って疲れるものです。
  • 2学期が始まって2008.9.9の記事毎日、運動会の練習だそうです。 インドア派の我が子達ですから、身体を動かすのは結構結構。 でも、やっぱり学校は疲れますね…。 いっぱいモンモンとしたものを持ち帰ってきます。 友達同士のいざこざ。 先生の怒鳴り声。 塾通いの子のイライラ。 そんなものの影響を、やはり受けてしまいます。 隣のクラスの先生の声が大きくて、隣のクラスの子が怒られているのにビクっとするような子ですから。 [続きを読む]
  • 勉強好きなまま大学生になるかどうかは、小学校時代の過ごし方次第です。
  • 3学期スタート2009-01-07の記事短い冬休みも終わり、今日から3学期です。 お受験組はいよいよ本番直前。 明日からは学校を欠席する子が多くなります。 体調管理のため?追い込みのため?その両方かな。 欠席者が多くなり、この時期は6年生の教室はちょっと寂しいです。 冬休みも当然、塾はあったようで、 「でも、塾が休みの日もあったよ。2日だけだけど。」 ってご近所さんが言ってました。 そういえば、隣県の大手塾では、夏 [続きを読む]
  • 内申対策は必要か―地域の情報が大事です
  • 内申対策の話に補足です。どんぐりでは、内申はあまり関係ないとされています。確かにその通りかも知れませんが、都道府県・学区・志望校・通っている中学校…それぞれで事情は異なると思うのです。2009-05-10の記事より先日、「T大寺学園(超有名進学校)」に通う息子君がいる知人に、「本当は公立に行かせたかったけど、内申が悪くて諦めた」って聞いてビックリしました。 いや、だって、天下の「T大寺」でしょ! そんな所に合 [続きを読む]
  • 努力60%のクニャクニャが中学時代に〜【補足を少々】
  • トップ校合格に何点必要か都道府県により違うとは思いますが、公立高校を受検するには内申点の比重が大きいです。私が住んでいる県では、9教科の5段階評価×3回分=135点が内申点です。当日の試験は5教科×50点=250点。内申と当日点の合計、385点満点の点数で合否が決まります。トップ校の合格最低点はその年により違いますが、娘の母校は310点だと不合格、320点なら合格か。息子の学校は310点欲しいが、 [続きを読む]
  • 努力60%で合格した子が中学時代にやっていたこと
  • 大前提「高校へは自分が行きたいから行く」と自覚を持つ。勉強したくないなら、中学出て働いても結構。親の義務は中学まで。勉強したいなら、大学でも大学院でもサポートする用意はある。但し、私立に行かせる余裕はないから、なるべく最後まで国公立でよろしく。公立高校に行くには、うちの県は内申点の比重が高いから、内申対策を意識するように。こんなことを中学入学前に話しました。内申対策こいつが一番面倒で厄介でした。小 [続きを読む]
  • 60%の努力で合格してスミマセン
  • 違いすぎる2009-01-31の記事今日も子供達はのんびりモード。 読書・折り紙・トランプなどなど、合間に学校の宿題とピアノの練習です。 さっき買い物に行ったら、友人に会いました。 中学受験の結果、聞いて良いものかどうか…。でもニコニコ笑顔で明日から旅行に行くらしいので、思い切って尋ねたら、私立の○○中に行くことが決まったって。 おめでとう♪良かったね。 中学受験の同級生達、どの子もみんな本当に頑張っていたと思 [続きを読む]
  • どんぐりの文章題とダイエット、続かないのはどっちだろう。
  • 教室があれば・・・2008.12.24の記事今まで、何人もの知人に「どんぐり」を紹介しました。 お試し問題も渡しました。 皆、最初は興味を持ってやり始めるのですが…。 残念なことに、誰も続かないのです。本をレンタルし、HPも紹介し、絵を書くだけだよ〜って言っても 「難しい・・・」って言って続かないんです。私の説明が下手なのか、 「年長問題からゆっくりやれば大丈夫。」 「続けていたら、確かな考える力が付くよ。」 と言っ [続きを読む]
  • 脱ゆとりで変な方向に行ってませんか?
  • 納得いかない2009-11-29の記事タイトルの「納得いかない」は息子@小4の言葉です。 算数のテストで、辺の長さが縦5cm、横3cmの長方形の面積を 3×5=15 と計算したら、「×」バツになったそうです。 長方形の面積の公式は「たて×よこ」だから、5×3じゃないと間違いだって。orz 息子が私に話した言い分は ・長方形を回転させても長方形の形(面積)は変われへん。 ・三角形の面積のときは「底辺×高さ(÷2)」やか [続きを読む]
  • 大量プリントは凡人には逆効果でしょ
  • 素朴な疑問です今のママ世代って、みんな学校に行って教育受けてますよね。私の親世代みたいに、家が貧乏で小学校しか行ってない…なんて人はいないと思います。自分の子ども時代を振り返って、毎日プリント大量にやって賢くなると本気で思っているのでしょうか。自分自身が子ども時代に戻ったとして、幼児期から大量プリントやりたかった?やっていたら、偏差値が上の高校・大学に行けた?今とは違う人生になっていた?プリント大 [続きを読む]
  • Z会さんが良いこと言ってる。
  • 考えるとは2010-01-18の記事年末に、娘が購読(?)しているZ会から「中学生の正しい学習法」なる冊子が届きました。 そこに「考えるとは」について書かれている記事があったのですが、なかなか面白かったです。 ちょこっとピックアップします。 ・「何か」について、「知っている」だけでは「考えた」ことにならない ・考える力とは(中略)「たくさんの思考回路を頭(小脳)の中に持つこと」 ・間違いを大切にする学習法は、遠 [続きを読む]
  • 一部の出来ない子に合わせて全員が徹底反復するのさ
  • 二学期終了〜2008.12.22の記事終業式でした。 冬休みの宿題は、お馴染みの「計算」「漢字」の単純作業たくさん。 (また、マシーンが大活躍です。) でも、懇談で担任の先生と話していて感じました。 先生も、わかっていてもどうしようもないのだな…って。 出来る子には必要ないけれど、漢字や計算でつまずいている子が少なからずいるのは事実で、その子達を何とかすくい上げる為に「徹底反復」をしなければならない。 「速さの公 [続きを読む]
  • 算数の文章題です。だけど心に残る思い出なのです。
  • 超スピード2009-01-23の記事昨日、学校の授業で算数の発展問題を解いたという娘。 相変わらず丁寧な図解・解説入りで、考える余地がなかったとボヤいておりました。 「花子さんは、家から学校まで歩くと20分、走ると8分かかります。 では、家を出て、15分歩いてから残りを走ると何分で学校に着くでしょうか。」 娘がひとこと 「走るのは超スピードやね。」 例のごとく、息子が「なに、なに〜?」と寄ってきたので、 「歩くと [続きを読む]
  • 「借り物は所詮借り物」と身をもって知ったでござるの巻
  • オリジナルな思考回路は貴重です。先日の記事の6mx13で息子に考え方を教えてもらい…「わかった♪」と思ったら、ちっとも分かってなかったという残念な母さんです。これでも子どもの頃、学校の成績は良かったんですよ(^-^;でも、オリジナルな思考回路の数が、どんぐりっ子とは圧倒的に違うんでしょうね。自分が持つ思考回路からかけ離れたものは理解できないんですね。その時「わかった!」と思っても、うわべだけなんです。なか [続きを読む]