UKON さん プロフィール

  •  
UKONさん: PINEAPPLE DIARY
ハンドル名UKON さん
ブログタイトルPINEAPPLE DIARY
ブログURLhttp://hachi814.blog.fc2.com/
サイト紹介文新米チランジア愛好家。 立派なクランプ目指して邁進中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/03/12 20:43

UKON さんのブログ記事

  • 謎の巨大一株マレモンティー 開花!
  • マレモンティー・ヘンテコフォーム(適当)開花しました。変な花が咲いたらどうしよう・・・(嬉)とか考えていましたが、普通にマレモンティーっぽい花が咲きました。立派すぎる花序がまず変だけど。さわやか系の紫色三枚花弁。芳香あります。花序のつぼみは八個。とっても見えにくいけれど、子株も出ました!本当に君は何なんだろうねぇ。タイプ違い?交配種?それとも全くの別物?考えたってわかりませんので、やっぱりうちでは [続きを読む]
  • ネグレクタの子株の様子
  • ネグレクタ。花が咲いたりはしませんが、子株が出ています。未開花の株は子株が出てもあまり記事にしないので、最初の記事から一年だし、いい機会なので、ネグレクタの撮影しました。子株、三つ出ています。特別調子がいいとか、悪いとか、あまり変化を感じませんが去年の画像を見ると少し成長を感じます。相変わらず着生はしていませんが、今年もこの調子で頑張れ〜!有茎種は全部好きですが、ネグレクタはその中でもお気に入り。 [続きを読む]
  • モンタナの子株
  • 去年の11月に開花したモンタナ。子株が視認できるくらい大きくなりました!なんだこりゃ、変な出方だな!まるで花芽みたいな出方です。今のところ二つです。有茎種は遅れてどんどん子株が出るなんてこともあるので、もっと沢山子株が出てクランプになってほしいです。モンタナ・・・個人的には掴みどころのない不思議なチランジアです。花芽の出方も子株の出方も変わっているし、色々調べていうくうちにテヌイフォリアに同定される [続きを読む]
  • トリコレピスに花芽
  • 小さくてかわいらしいトリコレピスに花芽がきました。閉じているタイプに先に花芽がついて、あれよあれよという間に開いたタイプにも花芽がきました。今は元気いっぱい花序が伸びています。成長点一つにつきい小さい黄色い花を一つつけます。未開花でも子株を付けていますが、開花後は先端からも子株を吹いて、もっと長くなると思います。楽しみ〜♪種としては水は好きな方ですよね。だけど、水やりは他と区別していません。室内管 [続きを読む]
  • アエラントス・ザ・ブラック開花!
  • アエラントス・ザ・ブラック開花しました。ごく普通のアエラントスの花ですが、花弁の先がまるっとしていてかわいいです。やっぱりブラックの所以は葉の色が黒っぽく濃い事にあるみたいです。花は咲きましたが、不定芽は全く出ていませんので、子株をどんどん出してほしいな。そういえば、開花画像を撮っていると、根を出し始めているのに気付きました。着根するかな・・・タイムオーバーかな・・・。満開 [続きを読む]
  • ブッツィーの子株
  • ブッツィーは未開花で子株を出します。よく、玉のようになったブッツィーのクランプを園芸店でみます。うちの株も例にもれず、開花していないのに子株をたくさん吹いています。うちの株は一枚葉が出来れば、その隙間からひとつ子株を吹きます。冬の間親株はほとんど葉を展開しなかったので、子株ばかり育ってしまい、親株がかなり貧相な感じに・・・。花よりもクランプ化を目指しているので、子株は大歓迎ですが、購入時の親株がと [続きを読む]
  • インターメディアに花芽
  • ヴィヴィパラの申し子、インターメディアに花芽がきました。うまく開花すれば長い花序の先に子株を吹いてくれます。根元から吹く子株も楽しみですね。でも、長いままでは管理できないので、ある程度子株が大きくなったら、泣く泣く株分けしようかと思います・・・。あまり調子が良くないと思っていたインターメディア。花芽が出たのは、生命の危機からか、昼夜の寒暖差からか・・・。葉にはともあれ出ちゃったものは仕方ない、ヴィ [続きを読む]
  • ブログ1歳記念!、ヘッダーを変えてみる
  • ブログを付け始めて1年経ちました。バラツキはありますが1年目はだいたい二日に一回更新できていましたね。次の1年も二日に一回更新がんばろー!あ、ヘッダーも変えました。開花画像がいいかなーとも思ったのですが、個人的にかなりフォトジェニックだと思っているセレリアナにしてみました。下の方は、ちょっと汚いので上の方だけ。それにしても改めて見ると、去年よりもずっと沢山葉が増えていますね。禍々しい感じで大好きです [続きを読む]
  • ジュクンダに花芽
  • ゆっくり大きくなれ!とか言っておきながら花芽が出ました。ジュクンダ。ピンクの苞に黄色い花という可愛らしい色合いの開花が楽しみです。もっと大きくなるものだと思っていましたが、これで開花サイズなんですね。子株はいくつくらい出してくれるかな。群生化してほしいです。ビカクシダを増やしたい・・・。でもチラに比べると格段に場所を取ります。現実的な事を考えるとこれ以上増やすとやばい!植物への興味は無限に尽きない [続きを読む]
  • パウシフォリアに花芽
  • ダイソー産の二株のパウ氏に花芽がきました。同じ環境なので、同じタイミングで花芽ですね。薄らとしたピンク色の苞に、藤色の花。紅葉はしないみたい。それにしてもパウ氏は二株ともがっちり着生済みなので、管理が楽!それにかなり丈夫で、つぼ型の苦手な私でも結構順調に育てられています。あ、でもパウシフォリアは準つぼ型かな?色々な種類の株から花芽がどんどん出るんですが、寒さのせいで開花までかなり時間がかかります。 [続きを読む]
  • ジュンセア変種ジュンシフォリアに花芽
  • ジュンシフォリアの名前で購入したけれど、あまりジュンセアとの違いのないジュンシフォリアです。去年の夏、雨戸に挟まれて葉先がバキバキに折れた株ですが、新しい葉を展開して、少しは見苦しくなくなったかな?と思ったら花芽でした。この株は根っこを出すのが苦手なようで、ヘゴと逆向きに細い根をたくさん出していました。もちろん着生していません。ジュンセアと比べると、群生しやすいらしい。ほんとかな〜。成長は遅い種類 [続きを読む]
  • ライヘンバッキーもうひと株に花芽
  • 去年11月に着根済みのほうのライヘンさんが花芽を出しましたが、今度は根っこを出していない、葉の色の薄いライヘンさんのほうに花芽がきました。三カ月遅れです。着根済みの方はまだ開花の予感はありません。かかりますね・・・。この時期的なものもありますが、種としての特性に「成長がゆっくり」とあるので仕方ない・・・のか?そろそろ屋外管理の算段を付けていきたい。今年は干物を作るネットを利用して小型や着生させない株 [続きを読む]
  • カクティコラに花芽
  • カクティコラに花芽きました。美花種で有名なカクティコラ。花序が長くのびて、その先端からピンク色の苞を作り、花弁の先に紫色が入る白い花を咲かせます。花序が長く伸びれば、この位置では頭打ちになってしまうので、早く屋外管理にしたいです・・・!温室の割といい場所にいる。カクティコラ・カウレッセントフォームが欲しい!でも高い・・・小さくてもいいのでお手頃なのないかしら?ちょっと伸びたあ、今日ひなまつりじゃな [続きを読む]
  • T.crocata giant クロカータ・ジャイアント
  • 二〇一七年二月中旬に購入したクロカータ・ジャイアントです。クルクルの葉がかわいいクロカータ・ジャイアント。普通のクロカータに比べると、葉の一つ一つが長くおおきくて、茎もしっかり!サイズ感はカッパーペニーに似ています。クロカータの変種の様な括りですが、交配種だとか新種だとか言われててよくわからないらしいですね。でも葉姿がものすごく好みなので、無問題です。このくるくると有茎種のように脇芽をどんどん出す [続きを読む]
  • 交配種 ストリクタ×ガルドネリー
  • 二〇一七年二月中旬購入の交配種です。ストリクタ×ガルドネリーとしか書かれていなかったので、'Feather Duster'なのかどうかは不明。一見それっぽいですが、グレックスだったら困るので「名無し」にしておきます。ガルドネリーは以前枯らせてしまった苦手な品種です。ストリクタは育てやすいので、この株はその性質が強く出てくれたいたら嬉しいな。見た目は、トリコームの強い、大型のストリクタって感じですね。そうだ、うちに [続きを読む]
  • T.disticha var. Petrea ディスティカ・ペトラ
  • 二〇一七年二月下旬に購入したディスティカ・ペトラです。グラス系はあまり興味がなかったのですが、この壺型っぽい根元がすごく好みです。アリも住むアリ植物だそうです。同じグラス系のジュンセアと比べると、少し葉が幅広な気がします。その分トリコームも発達しているみたい。ペトラとはなんでしょう?人名っぽいですが・・・。分布範囲が広いので特異・変異が多いらしい。基本種の違いとかはよく分かりません、違いはないのか [続きを読む]
  • T.recurvifolia var. subsecundifolia レクルビフォリア・サブセクンディフォリア
  • 二〇一七年二月中旬購入のレクルビフォリア・サブセクンディフォリアです。名前長いよ!基本種との違いは、葉の硬さ(基本種の方が硬いらしい)。と、あと苞が基本種はピンクだけどサブセクンディフォリアはオレンジに近い赤(花は同じ白花)。の様な気がします・・・すみません、よくわかりません・・・。手持ちの基本種と葉の硬さを比べてみましたが、少しだけ変種の方が柔らかいかな。あとは、変種の方が大きくなる傾向にあるみ [続きを読む]
  • シーディアナのクランプに花芽
  • ダイソーで購入して、未開花のまま子株を出してクランプ状になったシーディアナ。花芽がきました。親株含めて成長点は五つ。顕著な紅葉が確認できるのは三つだけです。シーディアナはとても咲きやすいですね。同じダイソーの株でもベルティナやハリシーは花芽が全くきませんが、シーディアナやフックシーは一年目からポンポン咲いてくれています。今回花芽の来た株は二年目ですが・・・。水が好きで、梅雨になると生き生きしていま [続きを読む]
  • ミオスラの実生をしてみる
  • ミオスラのシードポットが弾けたので、実生実験っぽいことをしてみようと思います。無菌操作とか寒天培地とか難しいことはできないので、三枚98円の鉢底ネットに種を乗せて、一日二回メネデール希釈液やるだけです。ヘゴとかバークチップでもよかったんですが、有機物よりも無機物の方がカビ菌が付きにくいかな?と思った次第です。この部分は購入時にレクルバータにくっついてたタネ。多分レクルバータの種です。緑色の膨らんでい [続きを読む]
  • T.albida アルビダ
  • 二〇一七年二月上旬に購入したアルビダです。短く密なトリコームが特徴の強健種。有茎種で、大型になる種類だそうです。ずっと欲しかった種類だったのですが、お安いのがあまりなくて、今回思いきって注文してみました。ハリシーを大きくしたみたいな葉で、かなり硬いです。成長はゆっくりですが、0℃まで耐えられるので育てやすいのがいいですね。綺麗な白色!THE銀葉ですね。花を検索してみたのですが・・・とても地味ですね!プ [続きを読む]
  • レトルタに花芽
  • レトルタです。購入時、花が咲き終わった状態でしたが、その時のシードポットがこんなに立派になりました。でもまだ弾けるまではいかない模様。購入時についていた唯一の成長点は結構大きくなって、花芽を付けました。ですが、我が家の環境ではものすごく成長が遅いです。開花済みの株からやっと子株が出てきました。株を更新するばかりで、この調子では増えていかないでしょう。我が家のチラ達の中では、最古参です。もっと頑張っ [続きを読む]
  • イオナンタ「スペシャル」に子株
  • イオナンタ「スペシャル」開花してからゆっくりと動き出しました。子株が三つ出ています。でも親株が固定しにくい上に、カゴに置いても転がってしまうので、子株が取れそうで怖い・・・。子株が成長しきったら、座りが良くなると思うのですが・・・。ツイッター、ブログの更新のお知らせだけではなくチランジアに関するつぶやきももっとしたいけれど、すぐブログのネタになるのでさらりと流してしまい、フォローしてくれている人に [続きを読む]
  • コットンキャンディに子株
  • 背景汚いです去年の暮れに開花したコットンキャンディ。子株出ました。二個!嬉しいなあ!コットンキャンディの金属質なトリコームが大好きです。ピカピカキラキラしてていいですよね。逆にテクトラムみたいなフワフワしているのはちょっと苦手。ステリフェラもトリコームちゃんだけど、有茎種なのと、お安かったのが購入の決め手でした。でもやっぱり綺麗に維持できません、トリコーム。ハゲリフェラになる。 [続きを読む]
  • アエラントス・ザ・ブラックに花芽
  • 去年の秋ごろかな?購入したアエラントス・ザ・ブラックに花芽きました。結局何がブラックなのか分からないまま・・・笑葉が濃いグリーンで黒みがかっているからブラックなの?よくわかりませんが、花がブラックって事はないでしょう、多分。 [続きを読む]
  • T.recurvifolia レクルビフォリア
  • 二〇一七年一月上旬購入のレクルビフォリアです。私の中ではコットンキャンディの片親の印象が強かったのですが、短いトリコームが密になって葉を覆って、上品なチランジアですね。葉が一定の方向に伸びるのが特徴で、花はピンクの苞に白花。葉姿も花も上品で清楚で大変好みです。何かに着生させたいのですが、うまい具合に着生材に合いません。仕方ないので暫くは針金アートでぷらんぷらんさせておきます。根が出始めたら考えよう [続きを読む]