koitoyuutsu さん プロフィール

  •  
koitoyuutsuさん: 妙齢女子の婚活ブログ
ハンドル名koitoyuutsu さん
ブログタイトル妙齢女子の婚活ブログ
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/koitoyuuutsu/
サイト紹介文婚活をななめにみてしまう、こじらせたわたしですが、たのしく婚活してみました。
自由文pairs、婚活、相席屋、合コン、街コン、お見合いパーティ、結婚相談所。

せっかくなので、自分に合った方法を試行錯誤してみることしました。すこし、潜在意識や占いにも興味があります。AC、自己肯定感を高めて愛を知りたいです。

ありとあらゆるチャレンジを楽しみながら。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/03/13 10:51

koitoyuutsu さんのブログ記事

  • 第432話
  • 朝の銀行に行ったら、以前長くお付き合いしていた人の彼女にばったり遭遇し、つかまった 苦笑お付き合いして3年目なのだけど、もしかしたらあのひとはダメ人間なんじゃないかと思い始めている。と相談を受けた。わたしに言われても、人の彼氏のことには口出せないでしょうよ、、 家族や彼氏のグチなどは、聞いてもいいけど、わたしまで一緒になってなにかを言うようなことはしたくない。深い関係性の場合は、そのひと [続きを読む]
  • 第431話
  • 仕事で作ったものの在庫が余ってしまった。そのまま収納しておくには邪魔になる。足りない部品があるし定価で売るのもな。でも定価で買ってくれた人もいるから今さら安売りするのもな。と、迷った。はっ!せっかく心をこめて作ったものを、一瞬、邪魔だなんて思ってしまった。。それを購入してくれた人からのメールを読み返してみる。こんなに喜んでくれている人がいるのか。力をもらう。ものづくりをしている知人からのメールに [続きを読む]
  • 第430話
  • ときどき介護をしている。昨日の夜中に、介護のヘルパーさんから言いがかりのような連絡がきた。○○さんが、あなたから聞いたと言っていたのだけど。というような話で、ものすごく怒っていた。ちなみにわたしは○○さんと直接話したことはないし、うわさ話のような交流にも一切参加しないので、そのことを伝えた。でも一切伝わらなかった。どうしたものかと思った。直接話したことがある人ならば、わたしがそんな話をするはずが [続きを読む]
  • 第429話
  • 何年かぶりに、稽古に行った。ニュアンスがそのままで、あぁ、こんなかんじだったなと。ひっぱる、ひっぱられる、ではない感覚を久しぶりに体感して、ああそうだ。わたしは精神的な部分でこれをしたかったのだったと思い出した。最近二元論的に考えてしまう自分に対する違和感があったので、これだこれだと笑った。先生をしてくれた人に会ったのも6年ぶり?くらいだったけれど、痩せていたはずの先生のお腹はポニョポニョで立体感 [続きを読む]
  • 第428話
  • 15年ぶりに友人と再会した。14年くらい連絡をとることもなかった。変わらないでいてほしい、とは思わないけれど、見た感じは全然変わっていない、ということにお互いになんとなく安堵。話してみても、10代の頃と本質は変わらないのだなと思った。友人は、地元の友達には言えないけど、実は不倫していたとか婚活もしていたと話して笑った。わたしも、あまり言えないけれど精神的に病んでいた時期があったことや、婚活をして5人に会 [続きを読む]
  • 第427話
  • いつも、すきなひとができると、わたしで良いのかな?とか、ふさわしくないかもしれない。と思ってしまいがちだった。愛情表現をしてもらっていても、言っているだけかもしれないしとか、全然自分も相手も信用できなかった。我慢しなきゃ、頑張らなきゃ、と、明るさ増しにしてみたり、物分り度増しにしてみたり、そうしないと良くないんじゃないか。と思っていた。今すきなひとのことは、初対面時に、すきなタイプというわけでは [続きを読む]
  • 第426話
  • なぜか、第9話のアクセス数が急に伸びている。2年前の5月のブログだ。わたしは初めてpairsで知らない男性に会っている。うわー、懐かしいな 笑 遠い昔みたい。そんなこともあったよね。職業柄か、キャッチコピーが上手なひとだった。扱う言葉に惹かれて会ったのに、会ってみたら言葉と内側が全然違っていてびっくりしたのだった。その3ヶ月後、全然違う男性に恋をしている。偶然にも地元が同じだったり、たまたま近 [続きを読む]
  • 第425話
  • 仕事の勉強会の集まりに、なんとなくソリが合わない男性がいる。趣味の集まりでもソリの合わない男性がいる。どちらも男ばかりしかいないので、なにか意見が合わない場合、まるでわたしが天然でおかしい人のように言われてしまうが、どっちもどっちだと思う!ぷんぷん!厳密に言えば、ソリが合わない、というほど合わないわけではないのだけど、その集まり以外の場では個人的な連絡を取り合いたくはないと思っている。できるかぎ [続きを読む]
  • 第424話
  • 生理が23日周期だったり24日周期だったりして早まってきているのだけど、なにか意味があるのだろうか。まだ生理とはお付き合いしていたい。最近やっと子宮と折り合いをつけられるようになってきたので、もう少しだけ、仲良くしてみたい。もう少しだけ、仲良くしてみたいって、自分に対しても、すきなひとに対しても、子宮に対しても思っている 笑でも、急に距離を詰めたい。というわけではなく、ひとつひとつ信頼関係を積み [続きを読む]
  • 第423話
  • 夢をみる時間が楽しみで、今日はどんな夢をみるのかなー。と思いながら眠りにつく。わたしは食事と睡眠、日常の暮らしをとても大切にしていて、その延長で世の中や社会に対する興味もある。今日は介護の雑誌を読んで新しい試みを知ることができた。わたしにはなにができるだろうと思う。逆に、非日常や突拍子のなさも大事にしていて、うまく言えないのだけど、個人差やマニュアルでははかれない部分などと調和、という相反するも [続きを読む]
  • 第422話
  • 知り合いから、きのこの山をもらった。きのこの山、ほんとうはあまりすきではないのに、くれるというのでもらった。わたしはこだわりが強い部分があるので、チョコレートがすき。と言っておきながら、きのこの山は食べない。とか、たけのこの里なら食べる。など、ワガママなことを言ってしまうのだけど、すきなひとも、いらないものはいりません。とハッキリ言うし、きのこの山ならいりません。とか、たけのこの里だったら食べま [続きを読む]
  • 第421話
  • 友人が貴族の時間をプレゼントしてくれました。おいしかったー!!DJファーストフラッシュの話をしたり、百合の話をしたり、貴族の時間を満喫しました。普段はあまりスイーツを食べたりしないけれど、こんなに美味しいのなら毎日でも食べたいと思った。ティーも珈琲も、雁茶も、バターも、スコーンも、わたしが今まで知っていた味の概念を覆す味わいで驚いた。とっても美味しかった。最高!おめかしをして、優雅な時間をすごした [続きを読む]
  • 第420話
  • 父からお金をたくさんもらう夢をみた。え!こんな札束どうしたの?と驚くと、ポケットにどんどん札束をつっこんでくれた。びっくりしすぎて目が覚めてしまった。その後、また眠ったら中学の同級生の大山さんと、東京の友人横田くんの結婚式に呼ばれた夢をみた。早稲田松竹ばりの二本立て。夢って潜在意識のあらわれだというけれど、自分が考えているよりずっとディテールが細かいし、思いもよらない展開やユーモアに溢れていて、 [続きを読む]
  • 第419話
  • 重い荷物を運んだ。タクシーに乗ろうか迷ったが、歩いても15分くらいだし。とタクシー代をケチって歩いたら、重すぎて30分かかった。疲れて横になったら眠ってしまった。何時間か経ち、寒さで目が覚めたとき、背中がめくれたような気がして、痛い!と大きな声が出た。縦に切り目を入れた鶏肉を熱湯に入れると、ぶりん!と切り目がめくれたようになるの、わかりますか?タコさんウインナーと同じ原理なのですが、それの背中バージ [続きを読む]
  • 第418話
  • ホワイトデーです。新宿駅のGODIVAは今日も行列で、おじさんがたくさん並んでいた。職場の若い子から、GODIVAなら間違いないとでも言われたのだろうか。3分歩けば京王も小田急もあるし、デパ地下はそこそこ空いているだろうと思いますよ。とも言えず、おじさんたちを横目に歩く。近所のコンビニにもおじさんがたくさん。ハーゲンダッツを大人買いしている。みんな、もしかしたら毎年ワンパターンにそれを選んでいるのかもしれない [続きを読む]
  • 第417話
  • 仕事でも、趣味の集まりでも、男性の中にいると説明が下手だと言われることが多いので、抽象的な話はあまりしないようにしている。説明がより難しくなるし、相手との共通の認識がどこまでなのか、最大公約数がわからないからだ。すきなひとに会った。すきだと認識して以来初の、うわついた感じのない会話ができて、うれしかったー!今まで、すきになった男性に対して、ほんとうのわたしを見せたら離れていくのでは。と、ずっと無 [続きを読む]
  • 第416話
  • 確定申告の会場にいます。これだけ人間がいるにも関わらず、一ミリの活気もないという状況に笑えてきてしまう。お年寄りや、赤ちゃんを抱いた人もたくさんいるので、おさきにどうぞと言ってあげられたらよいのだけど、わたしにもそこまでの覇気はない。今年は並ぶとして、来年からはスマートにできるように、一年かけて賢くなっておこうと思います。お年寄りがたくさんいる。前後に並んでいる同世代のひとが、相続税です。はい、 [続きを読む]
  • 第415話
  • 以前お付き合いしていた人と話していたら、顔見知りの女子たちが「○○さーん!」と、その人にぺたぺたと触りながら挨拶をしていた。熊さんみたいなので触りたくなるのだろう。今は何とも思わないで見ていられるけど、以前お付き合いしていたときには、ざわついたりもした。あー、ああいう元気な感じの子たちのほうが、きっとこの人のライフスタイルには合うのだろうな。と。それを人に話したとき、うまく話せず、わたしが若さの [続きを読む]
  • 第414話
  • 2年前くらいに趣味としていた、編み物のようなことを披露する機会に恵まれた。五月に友人のライブの中のパフォーマンスでサプライズ的演出をすることに。どこで何が役にたつか、わからないものだ。すこしでも役にたてることはうれしい。知り合いとは誰一人として、わたしが趣味に興じる時間を共有したことがないので、喜んでもらえるといいけれど。マニアックになりすぎないように、ポップにいこう。にゃん! [続きを読む]
  • 第413話
  • 図書館で、新しい本に触れようと思って借りてきた本が去年のものだった。一回り年下の友人に、わたしがカラオケで歌える一番の新曲はYUIだよと言ったら、めっちゃ懐かしいですー!と言われ驚愕。東京にいるのだから、ナウを感じつづける機会はたくさんあるのに。藤田貴大さん、滝口悠生さん、本谷有希子さん、大森靖子さん、又吉直樹さん、この方々の話を読んでいたけれど去年の話なのかー。びっくりだびっくりだ。もう考え方も移 [続きを読む]
  • 第412話
  • 最近、やすいチョコレートを食べた日に花粉症ぽくなって、下を向いたら鼻水がサラサラと流れた。春の小川ばりのサラサラ感だったため、鼻水が出ていることに気付かなかった。以降、チョコレートと小麦と砂糖を減らすようにしている。振り返ってみると、日々口にするものが上質になってきている。ベランダで育つレタスを収穫するのが最近の楽しみ。豊かじゃ〜宅配野菜のおかげで、買い物にも行かなくて済むようになった。農家の孫 [続きを読む]
  • 第411話
  • たまたま早起きをしたので、仕事前に厄除けのお札を納めに行ってきました。本当は月末に行く予定だったけれど、なんとなく気持ちが良さそうだったし今日にしようかなと。行ってみると、とても気持ちのよい気配だった。一年間厄除けしてくれてありがとうございました。わたしは今年は別のお札にする予定なので、友達の安産お守りと、近所のおばあさんの開運お守りをお土産に選んだ。キキララお守りもあった。(隠れキキララ好き)今 [続きを読む]
  • 第410話
  • 来週はデートだー!!わーいわーい!一週間後のわたしは、勉強は7ページすすんでいて、確定申告も終わっている。苦手なことに向き合い自信をつけている。帳簿は火曜日に全て完了予定。今読みかけの本を読み終えている。一週間、食生活を気をつけることにより、肌もきれいになっている。気持ちも穏やかに落ち着いている。一週間さぼらずに瞑想をすることにより静かな気持ちを持つことができている。一週間後のわたしは今日より一週 [続きを読む]
  • 第409話
  • 結婚式に呼ばれている夢をみた。なぜかわたしがオーケストラの演奏の余興をしなきゃいけなくて、そのリハーサルに遅れてしまわないかどうかの時間をやたらと気にしている夢。同じテーブルにいる友達に、もうリハーサルに行かなきゃ!と言ったら「演奏は退場の時だからあと二時間もあるのに、なんで今から慌てているの。二時間後の心配していないで、今の時間を楽しまないと、この子の結婚式は一生に一回しかないよ。」と呆れられ [続きを読む]
  • 第408話
  • 永い言い訳の3回目をみてきました。早稲田松竹。オーバーフェンスと二本立て、本日映画の日は800円でした。最高!二回目はさちおくんにイライラすることなく、過剰な自意識に笑ってしまえる余裕がありましたが、三回目は、やっぱりイライラしました 苦笑っていうかイライラした過剰な自意識は他人事じゃなかった、、めちゃ重なります。ちょっとだけ前のわたしに。わりと最近のわたしに、、恥ずかしいよー。若い女の子からセ [続きを読む]