ぞぞむし さん プロフィール

  •  
ぞぞむしさん: カナダの山奥で犬と田舎暮らし
ハンドル名ぞぞむし さん
ブログタイトルカナダの山奥で犬と田舎暮らし
ブログURLhttp://zozomushi-in-canada.blog.jp/
サイト紹介文カナダBC州の山奥で大型犬2匹との毎日、カナダ旅行、浦島状態の日本再発見の旅の記録です。
自由文モントリオール、バンクーバー、そしてBC州内陸部の山奥に引っ越してきました。

ジャーマンシェパードとシャイロシェパードを伴って、近所の森を散歩する毎日。犬連れBC州内の旅行などを紹介します。

一時帰国のときはJRパスを使って、あちこち飛び回るつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/03/13 11:38

ぞぞむし さんのブログ記事

  • ようやく春かな?という日の散歩
  • もう春かなという日が続いては寒さが戻ってきてがっかりする日が続いています。さすがに4月だから春ということにしておこうとしましたが、金曜日にまさかの雪が降りました。本日日曜日は朝から良く晴れて、日差しかかなり強い日でした。先週は四半期の締めのため、休みに当たっていた金曜日と土曜日も出勤したので短い週末ですが犬たちと遊んでリセットします。金曜日の代休は今週取るつもりでカレンダーを見ると、イースターのグ [続きを読む]
  • 懐石料理 哲学の道 夜の清水寺 そして最後はやきとり
  • 2つ目の季節が巡ってきてしまいましたが、去年の日本の旅のまとめ最終回です。2週間は長いつもりでいましたが、あっという間に過ぎて行ってしまいました。最終日の午前中、荷造りを済ませて、ホテルのそばを散歩して、気が付くとお昼近くになっていました。この日は京都も日本も最後なので、懐石料理にしました。個室に案内されると、ほんのりと清涼感のあるお香のかおりがしました。窓の外を眺めていると、今回の旅行はもしかし [続きを読む]
  • スパゲティスクワッシュ焼きパスタ風−ダイエット中のごちそう
  • 月曜日のお昼にランチルームに行くと、とても良いにおいがしていて、その源は同僚のランチでした。「娘が作ってくれたの〜」だそうで、スパゲティスクワッシュのクリームマッシュルームソースでした。スパゲティスクワッシュは金糸瓜のことで、最近はそうめん南瓜と呼ばれているようです。火と通してフォークでほぐすと細い麺状になります。しゃきっとした食感で、ほんのりとした自然の甘味がありフレーバーは極薄なので応用範囲の [続きを読む]
  • 低炭水化物フラットブレッドを作ってみた土曜日
  • ゆるい低炭水化物ダイエットを始めて、1か月半ほど経ちました。ようやく炭水化物系や甘いものの禁断症状もなくなり、結構快適に過ごしています。ランチの後、あの深い沼に引き込まれそうな眠気と闘うつらさを考えると、パンやご飯を避ける生活も悪くないかなと考え始めています。でも、特別な機会には、炭水化物も砂糖も解禁することにしています。つい先週、職場の人のお誕生日だったので、みんなでこんなケーキを食べてお祝いし [続きを読む]
  • 春はまだのようです
  • 金曜日が休みに当たっていたというのにまた雪が降りました。先週でお終いだといったのは誰?さらに家人は土曜日も仕事だったため、人手はわたしのみ、雪かきに始まり、雪かきに終わる3連休でした。これが最後の雪日、そうであってほしいと考えながら犬の散歩の準備をしていると、近所の人が同じ会話をしていたので、これも一種のシンクロニシティでしょうか。犬たちは、雪大歓迎のようで、放した途端に走り出しました。ダッシュで [続きを読む]
  • 再びまっ白に
  • 今月末の締めの作業が思いの外きつかったので、Day3金曜日が終わると緊張が解けてぐったりしてしまいました。エプサムソルトをたっぷり入れたお風呂に浸かって少し回復したのですが、目を開いていることも辛くなってしまったので早めに眠ってしまいました。一夜明けると、まさかのまっ白。風も強かったようで、軒下のベンチにも雪が降り積もっていました。鳥の足跡が残っていました。それでも、去年の夏に植えた忍冬の芽がふくら [続きを読む]
  • 叡電で大原、夜はシンゴジラ
  • 日本旅行の日程も残り少なくなりだいぶ寂しくなってきましたが、この日は大原へ出かけることにしました。丸太町から大原へは出町柳からバスで行くのがいちばん効率が良いようですが、叡山電車で八瀬比叡山口を経由して行くことにしました。叡電は宝ヶ池で比叡山行きと鞍馬行きに分岐するので、朝早めに出発して、大原を見学、徒歩で鞍馬に行きくらま温泉に入って帰るというコースを考えていましたが、旅の疲れが出てしまい風邪をひ [続きを読む]
  • ダイエット徒然とおやつの実験 バナナフラワー
  • ウエスト周りやその他もろもろの部分が気になっているので、ゆるい低糖質ダイエットを始めることにしました。以前、割と本格的な低糖質ダイエットをしたことがあるのですが、規定の2週間ではほとんど体重が落ちず、1か月くらい続行して、最後にようやく5?ほど減量することができました。そのダイエット法は、主食を絶って、果物や糖質を多く含んだ根菜類も禁止なので、長く続けると栄養バランスが崩れてくるので自己流で2週間以上 [続きを読む]
  • どか雪!
  • また寒い日が続き、マイナス20℃くらいになりましたが、天気予報を眺めていると気温は週の終わりにかけて徐々に上昇、来週の火曜日には最高が8℃になるとか。気温が上がり始めると雪が降り出すのですが、予報によると木曜日はかなりの降雪量でした。木曜日の夕方は家人が不在の予定だったので、独りで大量の雪かきはいやだな、いやだなと気にしていたら、案の定朝から夕方まで雪でした。家人はといえば、「犬は散歩済み。裏庭でも [続きを読む]
  • 冬のとある土曜日
  • 雪が降り始めた初冬の頃、今年の冬は割と普通の冬だと思っていました。本格的な冬が始まり、気温はどんどん下がり、マイナス25℃位まで行きましたが、内陸部の冬としてはこれも普通のことです。ところが、先々週から先週にかけて一気に気温が上がり、プラス5℃まで上昇しました。まだ2月ですから、一時的に気温が上昇しても積もった雪がすべて溶ける前にまた寒くなってしまい、溶けだした雪が夜間に凍りついて、歩道がところどころ [続きを読む]
  • 丸太町から徒歩であちこち
  • 休暇も後半になりました。前半は移動の毎日でしたので、少し腰を落ち着けて、京都には7泊しました。紅葉のシーズンだったため、いつもお手頃値段で泊まっていたホテルの値段が上がっていたのに加えて予約が取りにくかったので少しあせりましたが、丸太町にあるパレスサイドホテルに宿を取ることができました。通常のレートに千円増しのお値段だったので、この季節の京都ではかなりリーズナブルだったと思います。ちょうどカナダド [続きを読む]
  • 雪まみれ
  • 冬至を過ぎると、日が長くなる実感があります。気温はマイナス22℃で冬の真っただ中ですが、つい1週間ほど前と比べると、陽が昇る時間が確実に早くなっているので、春はもうすぐのような気がしてしまいます。今日は休みの金曜日なので、少しゆっくりと起き出して外を眺めると朝焼けがきれいでした。今日はお天気がよさそう。朝からお風呂に浸かって極楽な気分を味わいましたが、支度をして犬の散歩に出る頃には冬の曇り空になって [続きを読む]
  • 串本から御坊まで
  • 今回の旅行は少し欲張って、紀伊半島まで足を延ばしました。新山口から新幹線で新大阪へ、新大阪から特急くろしおに乗り換えて串本まで、ほぼ6時間の電車旅です。お昼すぎに新山口を出発しましたが串本に到着すると、すっかり夜になっていました。この日は遅く着いて、翌朝は8時にレンタカーの予約を入れていたので、駅前のビジネスホテルに泊まりました。このビジネスホテルには源泉かけ流しの天然温泉があるということも興味をそ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございます。2017年元旦はバンクーバーで迎えました。遠くの山まで見渡せる、さわやかな朝です。夜道のドライブを避けるため、早めに出発しますが、No.3ロードの犬の公園へちょっとだけ立ち寄りました。二代目は初めてです。犬2号にとっては古巣。寒い朝で、昨日降った雪が凍り付いていました。この足跡はなんの鳥でしょう。二代目は、散歩の途中で出会った犬たちと個別に知り合う機会はありましたが、犬の公 [続きを読む]
  • 大晦日はバンクーバー
  • 急に思い立って、大晦日をバンク―バーで過ごすことにしました。いつもなら、はなるべく滞在時間を多く取るために、いちにちの仕事が終わってから夕方出発、日付が変わる頃にバンクーバー到着、翌朝から活動開始なのですが、今回は余裕を持って30日の早朝に出発、大晦日をバンクーバーで過ごして、元旦に帰る予定です。冬の車移動は避けていたので、今回のドライブは少し新鮮です。草の向こうは、雪が積もった平原のように見えます [続きを読む]
  • 音信川と大谷山荘
  • 油谷湾から西に向かい、長門湯本温泉へ行きました。途中には、海に向かって絶壁に123基の鳥居が並ぶ元乃隅稲荷神社があり、少し足を延ばせば、絶景の青海島があります。また、長門湯本温泉は、15世紀の室町時代に発見された山口県で最も古い温泉で、温泉街では武士・僧侶が使用した礼湯と一般人向けだった恩湯が今も公衆浴場として使われています。この3か所は特に心惹かれる場所ではあったのですが、諸事情から割愛してしまいまし [続きを読む]
  • メリークリスマス
  • 早いもので、もうこんな季節になりました。メリークリスマスすべてが計画通りでもなく、やり残したことはたくさんありますが、それは、来年の課題としましょう。全員そろってクリスマスを迎えられることに感謝して。夕暮れになると、クリスマスのライトが点灯て暖かい気分になります。今年も、なんとかクリスマス・イブの夕食にたどり着きました。デザートはティラミスに挑戦してみました。思ったより手間がかかりましたが、初心者 [続きを読む]
  • 下関から油谷湾へ
  • 今回の帰国では実家に寄らなかったので、替わりに母が2泊3日で山口県長門市方面の旅行に参加しました。母と小倉で合流、こだまで新下関まで行き、レンタカーで唐戸市場へ向かいました。下関といえば、やはりふぐですね。母とは2年ほど前に、下関からみすゞ潮彩号という観光列車に乗って、西長門へ旅行をしたことがあります。その時はいったん終点の仙崎まで行き、そこから折り返し同じ列車で阿川まで引き返して、送迎の車でホテル [続きを読む]
  • 波戸岬
  • 九州最西北端、波戸岬へ足を延ばしました。唐津からは20kmほどの距離にあります。はとみさき…ハート岬ということで、恋人の聖地のモニュメントがあったりします。こちらは海水浴場。入り江になっているので波が静かです。季節外れのウイークデーなので、人影はまばらです。晴れた日に撮影された写真をみると水が深いブルー、ベージュの砂とのコントラストがきれいですが、どんよりと曇っているのでこんな写真になりました。海水浴 [続きを読む]
  • 寒い日
  • 冬の間のウィークデーは暗いうちに家を出て暗くなってから帰宅する日々が続きますので、休みの日は少し寝坊をして太陽が昇ってから起き出すことにしています。良いお天気になりそうな、気持ちの良い朝です。でも、こんな日は冷え込むのです。思った通り、気温はマイナス24℃くらい。帽子をかぶらなければならないとか、手袋やスカーフをつけて、雪道用のブーツをはいたり、寒い日は身支度をして外出するまでがちょっと億劫です。一 [続きを読む]
  • 唐津にて(2)
  • 唐津2日目の朝は曇りでした。雲に隠れた太陽が出てくるでしょうか。大きなお風呂に浸かって目を覚ましたら、朝食です。バイキングで楽しみにしていたのが、朝からつごはんです。鯛やサーモン、いかなどのお刺身と薬味を暖かいご飯に載せて、出汁をかけていただきます。魚は軽くマリネしてありました。いかしゅうまいやステーキも取って、お腹がが膨れたので出発です。先ずは唐津駅まで出てみました。駅前に曳山の像がありました。 [続きを読む]
  • 雪景色
  • 今年は割と暖かな日が多く、冬がくるのが遅いようでしたが、先週から一気に気温が下がり、マイナス15〜20℃の日が続きました。2日ほど前から少し気温が上昇し、はらはらと雪が降り始めました。そろそろ本格的な雪景色になります。ゴルフ場はすっかり雪に覆われてしまいました。固く凍り付いた地面に少し積もった雪をきゅっきゅっと踏みしめて散歩をするのは結構気持ちが良いです。犬たちは雪の上でも寒くないようですが、わたした [続きを読む]
  • 日本の旅 DAY2は唐津
  • あわただしくバンクーバーから小倉へ移動し、第2日目はレンタカーで唐津へと向かいました。通過するだけになってしまった博多を横目で見ながら、唐津を目指して西へ進みます。虹の松原を通過します。17世紀に防風林・防砂林として作られたクロマツ林です。少しのんびりするために、リゾートホテル・唐津シーサイドホテルに泊まることにしました。ホテルの裏手にはプライベートビーチがあります。午後いっぱい長い散歩を楽しみまし [続きを読む]
  • バンクーバーから小倉へ。小倉をぶらぶら
  • いちにちの仕事を終えて、休暇へと出発です。冬で日が短くなっているので夕方はすでに真っ暗です。いつもながら、こんな道を6時間強ドライブして犬たちを預けることになっているチリワックの犬舎近くのホテルへ向かいます。一夜明けて、雨上がりのチリワックです。犬たちとはしばしのお別れ。犬を置いて家人と長い旅行に出かけるのは5年ぶりです。二代目は割とへっちゃらのようですが、前回同様、犬2号の独特の目をするので後ろ髪 [続きを読む]
  • ちょっとだけバンクーバー
  • 日本で2週間の休暇を終えてカナダに戻ってきました。土曜日の午前中にバンクーバーに到着し、その足でメンテナンスに出していた車を引き揚げ、チリワックにある犬舎に預けていた犬を迎えに行って、6時間強ドライブをして地元に戻りました。月曜日にバンクーバーでセミナーに出席することになっていたので、日曜日の最終便で再度バンクーバーへ。このセミナーはわたしが働いている業界向けの国際会計基準(IFRS)がトピックなのでと [続きを読む]