佐嶋みつお さん プロフィール

  •  
佐嶋みつおさん: 折句三昧
ハンドル名佐嶋みつお さん
ブログタイトル折句三昧
ブログURLhttp://oriku.hateblo.jp/
サイト紹介文折句を詠む。折った言葉に関わることを詠む。私ごとは詠まず。折句以外は詠まず。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供458回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2016/03/14 08:58

佐嶋みつお さんのブログ記事

  • あめみまの果つれば哀し男之水門
  • すめら兄 五瀬命 誓ふいづる日に連ぬるなれば背におえと宣らせ果てつる尊兄なれ424. いづるひに つらぬるなれば せにおえと のらせはてつる みことあになれ出づる日に連ぬるなれば背に負えと宣らせ果てつる尊兄なれい   づるひに つ   らぬるなれば せ   におえと の   らせはてつる みこと あになれ「いつせのみこと」 [続きを読む]
  • 彼が手の金鵄や末も暗みけり
  • 鳥見の豪族 長髄彦 誓ふ孫枝しも拗ねては黄泉にながさるる仇のはじめの鳥見の長なれ423. ひこえしも すねてはよみに ながさるる あだのはじめの とみのおさなれ孫枝しも拗ねては黄泉に流さるる 仇の始めの鳥見の長なれひこ えしも すね てはよみに なが さるる    あだのはじめの    とみのおさなれ「ながすねひこ」 [続きを読む]
  • 香取なる経津主ふつにくすまざる
  • 千葉県香取市 香取神宮 経津主大神に奉る愛しけめ禍厄祓えと研がれてし利剣の神の威姿のさびこそ422. かなしけめ かやくばらえと とがれてし りけんのかみの いしのさびこそ愛しけめ禍厄祓えと研がれてし利剣の神の威姿の寂びこそかな しけ     め か  やくばらえと と  がれてし り  けんのかみの いし のさびこそ「かとり」「かなめいし」 [続きを読む]
  • 鹿島なる武甕槌や猛みがちなる
  • 茨城県鹿嶋市宮中 鹿島神宮 武甕槌大神に奉る神郡しろしめさるるますらおの鼎あげては名手なるらし421. かみごおり しろしめさるる ますらおの かなえあげては めいしゅなるらし神郡領ろしめさるる益荒男の鼎扛げては名手なるらしか   みごおり し   ろしめさるる ま   すらおの かな  えあげては めいし ゅなるらし「かしま」「かなめいし」 [続きを読む]
  • 苫をもむ大な少なの波たびき
  • 和歌山市加太 友ヶ島 息長帯比売命に奉る苫ひとつもがけば地祇の潮しるべ まさきくわたす比売や愛しと420. とまひとつ もがけばちぎの しおしるべ まさきくわたす ひめやかなしと苫一つ藻掻けば地祇の潮標 真幸く渡す比売や愛しとと  まひとつ もが けばちぎの し  おしるべ ま  さきくわたす    ひめやかなしと「ともがしま」 [続きを読む]
  • 加太ゆかば見まくあるべき小さ神
  • 和歌山市加太 淡嶋神社 少彦名命に奉るあかときの海のはらものしば凪げばまみゆべきかも ががいも小舟419. あかときの わだのはらもの しばなげば まみゆべきかも ががいもこぶね暁の海の原面の暫凪げば見ゆべきかも 蘿摩小舟あ か ときの わ だ のはらもの し   ばなげば ま   みゆべきかも     ががいもこぶね「かだあわしま」 [続きを読む]
  • 猿さまとめぐりてしかも淡海の海
  • 滋賀県高島市 白鬚神社 猿田彦大神に奉る賜ばれかしましらの宮にひづちますげにうるわしき朱の四つ脚418. たばれかし ましらのみやに ひづちます げにうるわしき あけのよつあし賜ばれかし猿の宮に漬ち坐す実に美しき朱の四つ脚た    ばれ   かし ま しら のみやに ひ    づちます げ    にうるわしき      あけのよつあし「たかしま」「しらひげ」 [続きを読む]
  • 子を思う杜の深さかはたた神
  • 鹿児島県霧島市隼人町内 蛭児神社 蛭子大神に奉るはやつみこの土地に天降し幼籠ゆり うち生す杜そなげきなるらし417. はやつみこの とちにあもりし ようこゆり うちむすもりそ なげきなるらし早つ御子の土地に天降し幼籠ゆり 打ち生す杜そ嘆き生るらしは や つみこの と ち にあもりし よ う こゆり う ち むすもりそ     なげきなるらし「はやとちよううち」 [続きを読む]
  • 貴ぶりに色さえてけむ空も海も
  • 北九州市 洞海湾 くきのうみ 息長帯比売命に奉る熊人の清らの海よ祈み拝むうつくし比売に水もすずろぶ415. くまひとの きよらのうみよ のみおがむ うつくしひめに みずもすずろぶ熊人の清らの海よ祈み拝む美し比売に水も漫ろぶく まひとの き よらのうみよ の みおがむ う つくしひめに み ずもすずろぶ「くきのうみ」 [続きを読む]
  • えにしもよしも如何でかは 末の身おしむ 祖つ心
  • 北九州市 洞海湾 くきのうみ 熊鰐命に奉る熊つ海のきのうをはるか見放くれば祖の水押しみ江にし葦みし414. くまつみの きのうをはるか みさくれば おやのみおしみ えにしよしみし熊つ海の昨日を遥か見放くれば祖の水押し見江にし葦見し /身愛しみ縁し誼しく   まつみの きのう をはるか み   さくれば     おやのみおしみ     えにしよしみし「くきのうみ」 [続きを読む]
  • 大な柱少な柱と睦びあれ
  • 千代田区外神田 神田神社(神田明神) 大己貴命に奉る上つ江戸は大吉なるや仁慈めす和らげの神まつりしあれば413. かんつえどは だいきちなるや じんじめす やわらげのかみ まつりしあれば上つ江戸は大吉なるや仁慈めす和らげの神祀りしあればかん  つえどは だ   いきちなるや じんじ めす や   わらげのかみ     まつりしあれば「かんだじんじや」 [続きを読む]
  • 筑前国三惣社のひとつと伝わる
  • 福岡県中間市中尾 惣社宮 大己貴大神に奉るなれむつぶ川べの山のおやしろも唐戸にゆずる己貴さまかも412. なれむつぶ かわべのやまの おやしろも からとにゆずる なむちさまかも馴れ睦ぶ川辺の山の御社も唐戸に譲る己貴様かもな れむつぶ か わべのやまの お やしろも か らとにゆずる な むちさまかも「なかお」 [続きを読む]
  • さかきたてて 上かがみ 中つるぎ 下たま 枝にかけて
  • 日本書紀より 周芳 沙麼之浦(すわ さばのうら) 熊鰐命に奉る水尾なさば潮やととのうおのずから熊鰐やまつらうすめらかしこみ411. みおなさば しおやととのう おのずから わにやまつらう すめらかしこみ水尾為さば潮や整う自ずから熊鰐や順う皇畏みみおな    さば しおやとと  のう おのずか    ら わにやまつらう すめらかしこみ「さばのうら」 [続きを読む]
  • 樹も人も祖を偲べば直ぐに立つ
  • 北九州市八幡西区 帆柱山 息長帯比売命に奉る星さかる万古の海ゆ新羅さす祖をほこるや杉は叢立つ410. ほしさかる ばんこのうみゆ しらぎさす おやをほこるや すぎはむらたつ星盛る万古の海ゆ新羅さす祖を誇るや杉は叢立つほ  しさかる ば  んこのうみゆ しら ぎさす    おやをほこるや    すぎはむらたつ「ほばしら」 [続きを読む]
  • 人車にぎしき通りのさなか 不意に山めくあたりあり
  • 八幡西区 香月 旧大辻炭鉱 山神宮跡 大山祇神に奉る棄て宮にくびきとかれし隠し神つれさらばやときざはし見まく408. すてみやに くびきとかれし かくしがみ つれさらばやと きざはしみまく棄て宮に頸木解かれし隠し神 連れ去らばやと階 見まく  すてみやに   くびきとかれし か くしがみ つ れさらばやと き ざはしみまく「かつき」 [続きを読む]
  • まみえては身を赤らめし紅葉かも
  • 安芸国 宮島 厳島神社 紅葉山公園 市杵島姫命に奉る足をなみきびすを噛むや野のもみじ目見をえぬまま朽ちゆくましじと407. あしをなみ きびすをかむや ののもみじ まみをえぬまま くちゆくましじと足を無み踵を噛むや野の紅葉目見を得ぬまま朽ち逝くましじとあ しをな      み き びすをかむ    や の のもみ      じ   まみをえぬま   ま   くちゆくましじと「あきのみやじま」 [続きを読む]
  • 三代の心地よさあれ日向つち
  • 宮崎県西臼杵郡高千穂町 高千穂神社 邇邇芸命に奉る玉のみの上の水端のちのゆかり祝いてちかし日向三代406. たまのみの かみのみずはの ちのゆかり ほかいてちかし ひむかさんだい玉の身の上の水端の地/血の縁祝いて親し日向三代た まのみの か みのみずはの ち のゆかり ほ かいてちかし   ひむかさんだい「たかちほ」 [続きを読む]
  • 葦原醜男 神績の母
  • 別天津神 独神 神産巣日 誓ふ貝な産し御娘な産し彦名産し出雲の己貴すくる神なれ405. かいなむし みむすめなむし ひこなむし いずものなむち すくるかみなれ貝な産し御娘な産し彦名産し出雲の己貴助くる神なれか   いなむし みむす めなむし ひ   こなむし     いずものなむち     すくるかみなれ「かみむすひ」 [続きを読む]
  • 大日女に異なる誓約の上手 約を定めて占いければ
  • 別天津神 独神 高御産巣日 誓ふ貴の血を人世につなぐ比売も生す見解きに聡む高木神なれ404. うずのちを ひとよにつなぐ ひめもなす みときにさとむ たかぎのかみなれ貴の血を人世に繋ぐ比売も生す見解きに聡む高木神なれ   うずのちを    ひとよにつなぐ ひ  めもな     す み  ときにさと   む たか ぎのかみなれ「たかみむすひ」 [続きを読む]
  • 吹きなぐる野分も音なき目な御中
  • 別天津神 独神 天之御中主 誓ふ生れし初め のたまいをなみ寝さるるか ぬけてかくれし始めの神なれ403. あれしそめ のたまいをなみ なさるるか ぬけてかくれし はじめのかみなれ生れし初め 宣いを無み寝さるるか 抜けて隠れし始めの神なれあ れしそ     め の たまいをな   み な さるる     か ぬ けてかくれ   し   はじめのかみなれ「あめのみなかぬし」 [続きを読む]
  • 白鳥をうたう名代の建部とう
  • 滋賀県大津市神領 建部大社 日本武尊に奉る箕作らう千草嶽より霊を遷じ幣にかかるる皇子の宮なれ402. みつくらう ちぐさだけより ひをせんじ へいにかかるる みこのみやなれ箕作らう千草嶽より霊を遷じ幣に描かるる皇子の宮なれみつくら     う ちぐさだけ   より ひをせ     んじ へいにかかるる みこのみやなれ「じんりよう」 [続きを読む]
  • 小郡はちいさきこおり 生す音もいたくさやぎてあらぬなりけり
  • 福岡県小郡市 今隈地区 天忍穂耳神社 天忍穂耳命に奉る此の神はいつくクスにもまぐわしく正勝吾勝勝速日とう401. このかみは いつくくすにも まぐわしく まさかつあかつ かちはやひとう此の神は斎くクスにも目細しく正勝吾勝勝速日とう   このかみは い  つくくすにも まぐ わしく ま  さかつあかつ    かちはやひとう「いまぐま」 [続きを読む]