アン さん プロフィール

  •  
アンさん: ホテルジュリアスのblog
ハンドル名アン さん
ブログタイトルホテルジュリアスのblog
ブログURLhttp://jyuriasu.blog.jp/
サイト紹介文ラブホテルジュリアスのフロントの日常をマンガで紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/03/20 19:32

アン さんのブログ記事

  • BADな鉢合わせ。
  • ご訪問ありがとうございます。実は今すこし時間ができたので、昔の記事をアップしてます。しかし、解像度を間違えてるのでこれをやり直すのが…(号泣)。あぁ、昔の私のバカ!いや、今もバカですけど。以前から描いてるように、ウチは完全対面式フロントです。チェックイン、... [続きを読む]
  • 忘れないで。
  • ご訪問ありがとうございます。 いえ、その日のうちに取りにいらっしゃいましたけど。 [続きを読む]
  • お仕事早くて素敵。
  • ご訪問ありがとうございます。デートDH(同伴DH)で一緒にホテルに来ても、やはり二人の間の空気で恋人ではないとこちらはわかります。この時もそう思ったのですが、女性の命令口調を聞いて、「あれ?恋人だったのか」と思いきや、どうやら日本語にまだ慣れてない外国の... [続きを読む]
  • 負けません!
  • ご訪問ありがとうございます。実際は「客室の写真PОP」でした。それならそうと最初から言えよという話です。ボケられたらそれにのらなくては! [続きを読む]
  • 親の心子知らず?
  • ご訪問ありがとうございます。ええ、フロントにお母さまと思われる方がいらして、「子供が病気なのに、ここに来ているはずだ」と。女の子のお母さんだと思うじゃないですか!最初、ロビーで電話してたんですが、他のお客様とかちあうので、寒空の下、外で必死で電話してらし... [続きを読む]
  • DH残酷物語その3②。
  • ご訪問ありがとうございます。DH残酷物語その3の完結です。マンガの中では多少、時間があるように見えますが、チーフが男性のお客様を呼び止めるために、出ていくまで瞬時です。「アウト精算しないで」と私に言い残して…。いつもだったら、「そのお客様は退室されました」と言うところですが、このDH嬢はいつもちゃんとフロントに寄ってくれます。(礼儀知らずのDH嬢は勝手に部屋に上がっていこうとします)前々からチーフは [続きを読む]
  • DH残酷物語 その3①。
  • ご訪問ありがとうございます。DH残酷物語の3話目は2部作になってしまいました。DH嬢を待つ男性のお客様は、よく待たされてます。短気な私からすると、「よく待てるなぁ(どんな女の子が来るかも分からないのに)」と思います。そんな中、まれに待てない男性がいます。あれは何でしょう?待ってる間に冷静になり、「可愛い子が来るとは限らない」と気がつくのか、「すぐ!すぐ!女の子、行きますから」と電話で言われたのに、来 [続きを読む]
  • DH残酷物語 その2。
  • ご訪問ありがとうございます。さて、「DH残酷物語 その2」です。ちなみに「ゲテ専」とはゲテモノ専門の略です。私の造語です。デブデリ、ブスデリ、ババデリ…全て、ここに属してます。本当に「自分は何様なんだ」の声が聞こえてきます。申し訳ありません(土下座)。話を戻しまして、やはり、相手が同じ男性の方がクレームが言いやすいのでしょうか?「フロントの兄ちゃん、 あんただってDHを呼ぶなら、可愛い子がいいだろ?」 [続きを読む]
  • DH残酷物語 その1。
  • ご訪問ありがとうございます。またも、自分の事は棚にあげております。わたくし、再三書いてますが、ビジュアル重視です。さらに、どうも私は男の心を少しばかり持ってるんじゃないかと自分自身疑わしく思うくらい、DH嬢の容姿に辛辣です。(ですが、ネタとしては大歓迎??)さて、そんな私でなくても「このDH嬢は…」という残念なDH嬢にあたってしまった男性の言動を3話ほど連続でいってみようかと…。1話目のこの男性は、 [続きを読む]
  • お見逸れ致しました。
  • ご訪問ありがとうございます。いえ、ホテルジュリアスの完全対面式のフロントのせいではなく、世間一般に熟年カップルは多いのかもしれません。(私が知らないだけで)とにかく、勤め始めた頃はビックリしました。私とそんなに年の変わらない男女がラブホテルに来店する事に。重力と加齢に忠実な自分自身の体を知ってるだけに、生々しさもハンパありません。…ええ、ヒガんでますけど、なにか?そんな中、部分入れ歯の忘れ物がフロン [続きを読む]
  • 中町君の悲劇 その1。
  • ご訪問ありがとうございます。平日に休憩で満室はありませんが、日曜日はさすがにあります。しかしながら、宿泊で満室とは違い、休憩のお客様はいずれアウトされると分かってますので、そのアウトを待って、入室希望のお客様はウェイティングルームで順番待ちをします。お分かりでしょうが、このタイミングでアウトされるお客様がいらしたら、瞬時に部屋を清掃し、売り部屋にしてもらわないといけません。まずは、引き下げスタッフ [続きを読む]
  • ミリオンの恐怖⑨。
  • ご訪問ありがとうございます。ええ、やっと完結です。引き延ばしに延ばしたわりに、あっさりした終わりで申し訳ありません。そして、毎度毎度の事ですが、正解はわかりません。私自身が知りたいです。そうなんです!電話は『吉』と出ました。ああ、もっと早く電話して頂けば良かったと思いました。電話の受け答えの感じから、(だんだんと旗色が悪くなる雰囲気がヒシヒシと…)このおっさんの勘違いは間違いないと今でも思ってます。 [続きを読む]
  • ミリオンの恐怖⑧。
  • ご訪問ありがとうございます。8話くらいと言ってましたが、終わりませんでした。引き続き、お付き合い下さい(´・ω・`)。ええ、私の可愛い(とんだ迷惑)中町くんを守るためにも、なんとしてでも、その女を表舞台に引きずりだしてやる!とは思ったものの、言葉はそりゃ慎重に選んで聞きますよね。そうしましたら、あっさり電話をかけてくれたんです。あれ?やはり、前回、私の聞いてる意味がわかってなかったんでしょうか?「男は言 [続きを読む]
  • ミリオンの恐怖⑦。
  • 私はビクビクもんで聞いたんですよ。なのに華麗にスルーです。「あれ?聞こえなかった?」とも思いましたが、「ん?ああ」と返事はいただいてますからね〜。もう一回、決死で聞いてもやはりスルーです。スルーされてる意味がわかりません。まだ、怒られる方が私は理解できます。ひょっとして、その女の人はやはりDH嬢で、DH会社には連絡済で、そちらとは解決済なんだろうかとも思いましたが…。それならそれと言ってよ!です。 [続きを読む]
  • ミリオンの恐怖⑥。
  • 以前にも描いた事がありますが、ウチには電話が3つあります。一つ目、メイクさん他スタッフとのやり取りする業務電話。二つ目、客室のお客様からの電話。三つ目、空室状況や予約等の外線電話。アシスタントの私が抜けると、メインさんはメインたる仕事のイン・アウトのお客様の応対に加え、その電話応対をしなくてはいけません。取捨選択ですよ。でないと、やっていけませんよ。ちなみに、「フルムシ」は「完全に無視」だそうです [続きを読む]
  • ミリオンの恐怖⑤。
  • 遅くなりました。人はいまだそろいません(涙)。さあ、 jazzyさんのコメントにあったように先に退室した女の出番です。 えへへ?? って、もう、本当に警察を呼んでくれたほうがいいと思いましたよね。ガーガー怒鳴られても、私にはなすすべなしですから。 ランキングに参加しています。宜しければ お願いします。にほんブログ村、人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • ミリオンの恐怖④。
  • …もう、半月以上たってますね、前の更新から…。情けないです。いつになったら、人が入ってくるのかしら…(遠い目)。で、「ミリオンの恐怖④」です。いらっしゃいましたね。来ない事をむしろ期待してたんですが…。いらしてしまったら、腹をくくるしかありませんよね。ないものはないんです。ええ、どんなに罵倒されようがないんです。「部屋を見せてくれ」というのは、部屋番号が記憶違いでないかという確認の意味でも、こちらと [続きを読む]
  • ミリオンの恐怖③。
  • 何なんでしょうかね。責任者って人は、いて欲しい時にはいないと思いませんか?責任者だから、365日年中24時間いて下さいってのも、もちろん不可能な要求っていうのも分かります。(自分がその立場だったら、絶対イヤだ)でも、この本社で会議ってのは、店舗長が不在の時に、指示をあおぐ上の上長も、その上の上長も、その上も、さらに上も…出席です。要するに、出社しているスタッフで何とかしろって事です。何とかって、100万 [続きを読む]
  • ミリオンの恐怖②。
  • 前々から書いているように、わたくし心の中は真っ黒でございます。ええ、「百万の忘れ物しました」と言われ、「はい、そうですか」などという心はさらさらございません。まずは疑いますわね。安い事が売りの一つのウチのホテルです。そんな貴金属を身につける財力があるなら、もちっといいホテルにいけよです。(ああ、書いてて悲しくなってきました)たいてい、こういう事を言ってくる人は連絡先を聞くと口を濁します。ですので、「 [続きを読む]
  • ミリオンの恐怖①。
  • あけましておめでとうございます。昨年はこのトロいブログに遊びに来てくださってありがとうございます。宜しければ、今年も見捨てず、遊びに来て下さい。って、1ヶ月です。パソコンが壊れて、新しいパソコンに慣れるまで、一ヶ月…。いや、まだ慣れてはいませんけど(涙)。と、言い訳はこのくらいにしまして、「ミリオンの恐怖①」です。これがまた、どう見積もっても⑧くらいになりそうで…。よろしくお付き合い下さい。メイクス [続きを読む]
  • 激痛。
  • 再三、書いてますが、わたくし、自分は棚に上げ、ビジュアル重視です。イケメンも可愛い女の子もどぁわぁい好きです。ですので、基本、DH嬢の来店も大歓迎です。ええ、可愛い子であれば。しかし、悲しい事にウチは格が高いDH嬢が来るホテルではないようでして…。ネタには困らないDH嬢がそれはもう…。むしろ、私にはありがたいんですけど。そして、送迎の車すらつかないDH嬢(?)もいます。徒歩で、自転車で、マイカーでご [続きを読む]
  • 見ると思い出す。
  • アメリカの某医療ドラマです。シーズン初期がとくに好きです。と、それはおいておきまして…。これを見た当時、私はすでにいい年でした。が!!この時、はじめてのども性病にかかると知りました。まぁ、この時の衝撃ったらありませんでしたよ。食べ物が通るところが性病!性病の菌(?)を食べ物と一緒に飲み込む…いやぁぁぁぁぁ!!!!!でした。もう、そのなるべき場所がかかった方がましとすら思いました。ところで、梅毒患者が [続きを読む]
  • きっと来る。
  • しくしくしく、お絵描き用のパソコンの電源が入らなくなりました。ネット用のノートパソコンは使えてますが…。絵は描けません。しくしくしく…。…パソコン、購入しましたよ(痛)。はやく手元にきてくれないかなぁと待ってるのが、今の私です。で、過去記事です。忘れ物はそれはもうさまざまです。そんな中、「これは絶対に取りに来る!!!」と確信するものがあります。この時もそうでした。そして、忘れ物は一週間はすぐ確認でき [続きを読む]
  • 生はやめろ。
  • てへっ、あざといタイトルをつけて申し訳ありません。恋しくて、別れがたくて、カメラで見られてる事に気がつかず、エレベーター前でいちゃいちゃ…ほほえましいです。ええ、ビジュアルが良ければ、それはむしろ「眼福」ってもんです。わたくし、自分の事は最上段の棚に放り投げ、見た目重視ですので!それに、モニターにそんなに大きく映ってるわけでもありませんし。がっ!!!この酔っぱらいの熟年カップル!!!チェックインの [続きを読む]
  • 世の中銭やで②。
  • 続きです。そうです、大はずれのデリ嬢だったんです。来客センサーが「いらっしゃいませ」と言って、ハイヒールのカツカツという音がしたら、デリ嬢のおでまし…ここまでは私も判ります。しかし、(あのデリ嬢、ハズレ)   ↓(あれはきっと403号室に行く)   ↓(デリ嬢に先に行かれて、 こんなんに金払えるかと デリヘルをキャンセルされたりしたら、 その後、集金に行っても、 今からすぐ退室するからって 休憩料 [続きを読む]