kwakkun さん プロフィール

  •  
kwakkunさん: 車 査定
ハンドル名kwakkun さん
ブログタイトル車 査定
ブログURLhttp://xn----9w0b77hfwrhisjv6a.com/
サイト紹介文車査定相場や中古車買取、下取り見積もり価格などについてまとめています。
自由文車の査定では買取相場を比較するだけでなく競わせることで愛車の高価買取査定をゲットすることができます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/03/20 19:37

kwakkun さんのブログ記事

  • 車庫証明の書き方では自宅、アパート及び使用期間等に注意
  • 警察署のウェブサイトには記載例もある車庫証明の書き方は、それほど専門的な知識や法律的知識を有するものではありません。また、各都道府県の警察署のウェブサイトには記載例もありますので、行政書士に費用を払って作成してもらうこともないような書類ばかりです。ですが、いざ、必要書類に記入しようとすると、書き方がわからない部分も出てくることもあるかもしれません。そこで、今回の記事では、車庫証明の書き方で多くの [続きを読む]
  • 車庫証明の必要書類はダウンロード可!住民票や委任状は不要
  • 必要書類は4種類。ダウンロードでも取得できる車庫証明の手続きを申請するための必要書類は、次の4種類です。・自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書・所在図及び配置図・保管場所の使用権原書これら必要書類は、警察署の窓口でもらうこともできますし、また、警察署のウェブサイトからダウンロードすることもできます。警察署のウェブサイトでは、必要書類の記載例も紹介していますので、ダウンロードするしないに [続きを読む]
  • 車庫証明の取り方は簡単!自分で手続きすれば代行費用節約
  • 車庫証明とは新車や中古車を新たに購入したり買い替えしたりする際には、車庫証明が必要になります。正式には「自動車保管場所証明」といい、自動車の保管場所があることを証明することです。自動車を購入すると、陸運局に登録しナンバープレートをもらう必要がありますが、車庫証明がないと登録することができず、ナンバープレートをもらうことができません。車庫証明の手続きを行政書士やディーラーに代行してもらうと代行費用 [続きを読む]
  • 車庫証明手続きをディーラーが代行するのは行政書士法違反?
  • 車庫証明が原則必要新車購入見積書をみると、販売諸費用の欄に「車庫証明手続き代行費用」という項目があります。この車庫証明手続き代行費用に金額が打ち込まれている場合は注意が必要です。自動車を登録するためには、その自動車を保管する場所、つまり、駐車場、車庫を確保することが原則義務付けられています。駐車場を確保していることを証明するのが、一般的に「車庫証明」と呼ばれているもので、正式には「自動車保管場所 [続きを読む]
  • 兄弟車競合や販売店同士競合のほうが競合効果が高い理由
  • 以前は明確なライバル車が存在新車購入の商談で値引き拡大など好条件を引き出す効果が高いといわれている方法に、ライバル車や兄弟車、そして販売店同士の競合があります。以前は、トヨタカローラVS日産サニー、トヨタコロナVS日産ブルーバード、トヨタクラウンVS日産セドリック&グロリアなど明確なライバル車の存在がありましたので、このような熾烈な販売競争をしている強力なライバル関係のある車種との競合効果は高く、新車 [続きを読む]
  • ライバル車競合も対決姿勢むき出しは新車商談に逆効果
  • ライバル車との競合事情が変わってきている新車を購入するための商談では、欠かせない“競合”ですが、近年では少し事情が変わってきているようです。※参考記事: 新車値引き交渉における競合とは以前は、競合といえば、真っ先に“ライバル車競合”を思いつくほど、販売台数争いをしている他メーカーのライバル関係がある車種の値引き条件などと比較することは、本命車種の商談に有効といわれてきました。しかし、この他メーカー [続きを読む]
  • 新車値引き交渉における競合とは
  • 競合には主に3種類ある新車の値引き交渉では、本命車種と異なる他の車種と競合させると条件拡大などに有効であるとよくいわれますね。そこで、この記事では、新車値引き交渉における“競合”について比較してみましょう。競合には、主に、ライバル車競合、兄弟車競合、同士競合の3種類の競合があります。ライバル車競合いわゆる、本命車種とライバル関係にある他メーカーの価格帯が似ている同じボディタイプの車種モデルとの競合 [続きを読む]
  • 新車の試乗をしないで商談してもデメリットはありません
  • 新車の試乗ってどうやってするの?新車の商談では、“試乗”をすることもできます。試乗とは、購入を希望しているクルマに、いわゆる、試しに乗ることができるというものです。ディーラーの販売店の周辺を10分程度実際に運転することができます。通常は、試乗するコースも決まっているケースがほとんですね。短時間試乗したところで乗り心地はわからないところで、ディーラーに商談に行った場合に、試乗は必ずしたほうがいいので [続きを読む]
  • 新車商談のコツは初回見積もりから細かい条件に触れないこと
  • 買う気があるのかどうか本気度を確かめている新車を購入しようとしてディーラーの店頭に初回訪問して、その際提示される見積書に記載されている値引き価格や下取り価格は、新車購入の初回見積書の値引き額や下取り査定額は挨拶程度 で詳細に執筆しているように、決してこれ以上出せないという満額の金額ではありません。つまり、ディーラーの営業マンは、初めて来店してきたお客と商談する際、自店で販売している車種を本気で購入 [続きを読む]
  • 新車の初回見積書の値引き額や下取り査定額は満額ではない
  • 初回見積書の車両本体値引きの作成方法は?新車購入のディーラーの営業マンとの初回交渉で、見積書を作成してもらった場合、初回の見積書には、車両本体値引き価格などを打ち込まずに作成する営業マンが多いですね。ディーラーの営業マンからすれば、初回の商談ではユーザーの購入に対する本気度がわかりません。そのお客の本命車種は、他社は販売しているクルマかもしれません。ライバル車の競合材料にされないためにですので、 [続きを読む]
  • 納車期間を新車購入の初回交渉では最初に確認しよう!
  • 最近の新型車は納車期間が長い新車を購入するための初回交渉で、一番最初に確認しておきたいことは、購入希望車種の納車期間ですね。最近の傾向として、特に新型車は納車に時間がかかることが多いです。注文が集中する人気車種のため納車まで長くなるという理由も確かにありますが、メーカー側の都合であえて納車期間を長くしているケースも多いという話も耳にします。どちらの理由にしても、購入希望車種の納車期間をディーラー [続きを読む]
  • 新車見積りシミュレーションがメーカーウェブサイトで可能
  • 自動車メーカーのウェブサイトから価格や燃費等を情報収集新車を購入する場合、どの車種を購入しようか比較検討するかと思いますが、比較検討するためには情報収集が必要になってきますね。カタログを請求したり車両価格等総支払い金額を調べたりするためなど情報収集する際に、いきなりディーラーに訪問するというのも悪くはありませんが、今は各自動車メーカーがウェブサイトを用意していますので、一番最初の情報収集は、各自 [続きを読む]
  • 新車販売の年度末商戦では納車が早い末期モデルを有効活用
  • 末期モデルを本命にする年度末商戦では、あえて末期モデルを本命にするという戦略もありですね。末期モデルは納車も早いため、年度末までに新車登録がしやすく、値引きや付属品サービスなどの好条件を引き出しやすいのがその理由です。2月は新型車のリリースが少ないこちらの記事( 年度末商戦の初回商談は3月では遅い!2月から動き出そう! )にも記載していますが、新車販売の年度末商戦は、遅くとも2月上旬から動き出すのが得 [続きを読む]
  • 年度末商戦の初回商談は3月では遅すぎる
  • 年度末商戦は3月スタートで大丈夫?1年のうちで新車が最も好条件で購入できるといわれている年度末商戦では、新車を購入したいユーザーは、ディーラーの営業マンとの商談をいつからスタートすればいいのでしょうか。年度末商戦というくらいですから、3月から動き出せばいいんじゃない!と思っているのでしたら、正直遅い気がしますね。納車が遅れ気味のモデルが多い近年の新車販売では、人気モデルを中心に納車に時間がかかる傾向 [続きを読む]
  • 年度末商戦で好条件が出やすいのは年度内新車登録可能モデル
  • 年度末商戦で好条件が出やすいモデルとは新車の年度末商戦は、下取り査定価格の上乗せや用品無料装着など販促キャンペーンが盛んに行われ、新車を購入する人にとっては好条件が出やすいといわれています。ただ、すべての車種及びモデルに好条件が出るとは限りません。年度末商戦の商談において好条件が出やすいのは、原則、年度末までに新車登録可能な車種やモデルと考えたほうがいいです。ですので、本命モデルが年度末商戦内に新 [続きを読む]
  • 年度末商戦で好条件が出やすいのは新車登録可能なモデル
  • 年度末商戦で好条件が出やすいモデルとは新車の年度末商戦は、下取り査定価格の上乗せや用品無料装着など販促キャンペーンが盛んに行われ、新車を購入する人にとっては好条件が出やすいといわれています。ただ、すべての車種及びモデルに好条件が出るとは限りません。年度末商戦の商談において好条件が出やすいのは、原則、年度末までに新車登録可能な車種やモデルと考えたほうがいいです。ですので、本命モデルが年度末商戦内に新 [続きを読む]
  • 短期決戦ではライバル車競合を絞り込みディーラーと交渉
  • 新車を購入する際に、ディーラーとの商談を短期決戦で進めたい場合、つまり、交渉回数を少なくして契約まで持ち込みたい場合は、購入する希望車種を絞り込むことが大切ですね。特に、新車が1年で最も売れるとされている年度末商戦で新車を購入したい人は、希望車種の絞り込みをしてからディーラーの営業マンとの交渉に臨むことをおすすめします。を読んでいただければわかるように、年度末商戦では、購入するのかどうかわからない [続きを読む]
  • 短期決戦では希望車種を絞り込みディーラーと交渉
  • 短期間で新車購入契約まで持ち込むには新車を購入する際に、ディーラーとの商談を短期決戦で進めたい場合、つまり、交渉回数を少なくして契約まで持ち込みたい場合は、購入する希望車種を絞り込むことが大切ですね。特に、新車が1年で最も売れるとされている年度末商戦で新車を購入したい人は、希望車種の絞り込みをしてからディーラーの営業マンとの交渉に臨むことをおすすめします。新車販売の年度末商戦は短期決戦で臨むべし! [続きを読む]
  • 新車販売の年度末商戦は短期決戦で臨むべし!その理由とは
  • 3月末までに新車登録可能な案件を最優先新車がよく売れる時期のうち、そのなかでも最も販促活動が活発になるのが、2月、3月のいわゆる『年度末商戦』です。年度末商戦の販売ノルマを達成するために、ディーラーの営業マンとしては、年度末商戦においては、3月末までに新車登録ができる案件を最優先に進める傾向にあります。値引き条件のアップも期待できるつまり、リミットが決められており、販売ノルマを達成するまでの時間がそん [続きを読む]
  • 車査定相場の急所
  • 車査定相場は中古車市場における需要によって大きく影響されます。そして、中古車買取業者がユーザーから買い取りしたクルマをどの中古車マーケットに売却するかは業者によって異なるのです。オートオークションに売却する業者もあれば、自社で直接販売する業者もあります。また、日本国内ではなく、海外の中古車マーケットで取引するために輸出を得意としている業者もあります。さらには、自動車を解体して中古の自動車部品を海外 [続きを読む]
  • 新車がよく売れる時期は1年に4回ある
  • 夏商戦、秋商戦、年末商戦、年度末商戦新車を販売するディーラーでは、年間を通して、販売促進に力を入れる、いわゆる“商戦”を4回設けています。つまり、新車がよく売れる時期が、1年に4回あるということですね。その4回の商戦とは、年度を基準にすると、6月と7月の夏商戦から始まり、9月と10月の秋商戦、12月の年末商戦、そして、2月と3月の年度末商戦です。ボーナス支給時期に販促活動この4回の新車販売商戦のうち、会社員や公 [続きを読む]
  • クルマ購入講座
  • 車査定においては、中古車買取業者の査定士が自宅などに出張査定してくれますので、せっかくの休みの日などにわざわざ査定してほしい愛車に乗って、車買取業者の店舗に何社も出向く必要がありません。しかも、出張査定は無料で実施してくれますので、ぜひ賢く活用したいものです。そして、複数の中古車買取業者への査定依頼は、ネットの一括査定サービスを利用するのが大変便利で簡単でおすすめです。そこで、ネットで利用者の多い [続きを読む]
  • 下取り車は新車購入の切り札!交渉の最後まで温存する
  • 下取り車は、最近の新車購入においては大変重要な存在です。“新車購入の切り札”と言っても過言ではありません。新車購入の商談を有利に進めるという観点からすれば、ディーラーよりも買い取り条件がいいからといって、下取り予定車を安易に中古車買取店に売却するということはおすすめではありません。以前ほど、新車が売れる時代ではありませんので、新車販売のディーラーは、1台あたりの利益を確実に確保しようと考えています [続きを読む]
  • 自動車保険の見積もりでは運転者、使用目的、補償内容を検討
  • 自動車保険の見積もりをする際には、主に、運転者、つまり、保険の対象となるクルマを誰が運転するのか、そして、使用目的と補償内容を検討する必要があります。運転者運転者については、『人』と『年齢』ですね。つまり、保険対象のクルマに誰が乗っても補償されるようにするのか、それとも、本人や配偶者、家族限定など運転者を限定にするのかですね。そして、そのクルマを運転する人のなかで、一番年齢が若い人は誰なのかを考え [続きを読む]
  • 車買取
  • 車買取を依頼する場合、複数の中古車買取業者に査定してもらうことが非常に大切です。理由は、同じ車種や条件でも中古車買取業者が持っている販路によって買取相場に開きがあるからです。買取業者1社だけに見積もり依頼して即決してしまっては愛車を高く売ることができないと言っても過言ではありません。できるだけ多くの中古車買取業者の買取相場を比較して、さらに業者間で査定を競わせることによって愛車の買取価格が競り上が [続きを読む]