megyumi さん プロフィール

  •  
megyumiさん: 周回遅れの諸々
ハンドル名megyumi さん
ブログタイトル周回遅れの諸々
ブログURLhttp://sube4.hatenadiary.jp/
サイト紹介文1990年代にオタクとしての青春を過ごした人のブログです。ラノベ、アニメ、漫画の感想等を書いてます。
自由文90年代当時のなつかしの作家や作品は勿論、あの頃を過ごしたオタクの目から見た、最近の作品で面白そうなものなのことを書いています。
特に好きな作家は秋田禎信と石川博品。心の故郷は富士見ファンタジア文庫。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/03/15 15:03

megyumi さんのブログ記事

  • 俺が「げんしけん」世代のオタクだ
  • 例えば、大学に入って、アニ研とか漫研とか、明らかにオタクなサークルに入る覚悟がなくて。名前からはそうと分かりづらい、オタ活もそんなに本格的じゃないじゃないサークルをついつい選んでしまったり。例えば、男所帯のオタサークルに新歓でせっかく女の子が来てくれたのに、女慣れしてないので、内輪の自虐芸に走るなどしてうまく対応できなかったり。例えば、それまで楽しくうるさくオタク会話してたのに、向こうからやってく [続きを読む]
  • BGVはいつも放送大学で
  • 今年の1月に、テレビを買い替えた。それで何を流してるかというと、アニメ……ではなくて、専ら放送大学ばかりを垂れ流してる。観てはいない。www.ouj.ac.jpひところ、家でこのブログ用の文章を書いたりする時の、作業用BGMならぬBGVを探してた。集中してれば音楽だけでもいいけど、一人暮らしで家にこもってシコシコやってると、ふと、人の話し声、喋ってる人の姿が恋しくなることがある。それには、ヒーリング系の環境音楽なん [続きを読む]
  • 妹はいくつになっても可愛い、むしろ大人になった妹のほうが可愛い
  • 「妹が欲しい」「お前の妹ってことは三十路超えるけどそれでもいいのか」みたいな会話は匿名掲示板ではお約束のネタだ。妹=庇護対象みたいなイメージが、キャラクターの枠を未成年に止めようとしてるんだろうか。ワタシ的には結婚しようが子供産もうが妹はいつまで経っても妹だし肉親としての情は変わんないなーと思う。むしろ年を経るにつれて高まるまである。最近、立て続けにそんな漫画を読んでる。 縞野やえ「服を着るなら [続きを読む]
  • 関谷あさみの父娘漫画「千と万」 おっさんもJCも同じ人間よ
  • 成年漫画において、細い線で描かれた女子中学生、ビビッドな心理描写と濃ゆいエロで人気を得てきた、関谷あさみ。中一の娘と中年サラリーマンの父子家庭を題材にした「千と万」全3巻は、彼女の本格的な一般誌デビュー作となった。帯に曰く、「普通の中学1年生の普通の日常生活がいちばんかわいい」。掲載誌は、「Girlish comics for Boys and Girls」を掲げていた「コミックハイ!」。同誌が休刊した後、「月刊アクション」で完 [続きを読む]
  • 徳間書店がオタク文化にもたらしたもの
  • とか、誰か書いてくれないかなあと常々思ってる。www3.nhk.or.jpwww.ccc.co.jp読売出身のカリスマ経営者・徳間康快が一代で急成長させ、かつては田中芳樹「銀河英雄伝説」を擁してノベルス*1市場に確固たる地位を築き、宮崎駿=国民的アニメ作家が確立するまで「アニメージュ」でバックアップし続けた徳間書店。メディアミックスの先駆者ともゆわれている同社が、オタク業界に与えた影響は大きい。大きい、はずだ。しかし、80年代 [続きを読む]
  • なつかしの異世界転生・召喚もの徒然語り
  • 2月から3月にかけて、書評サイト「シミルボン」で連載書評を書いた。「なつかしの異世界転生・召喚もの」というテーマで全5回。過去に書いた感想を下敷きにさらっと済ませるつもりだったのだけど、思ったより手こずってしまった。shimirubon.jp取り上げたのは、神坂一「日帰りクエスト」日昌晶「覇壊の宴」小野不由美、ロジャー・ゼラズニィ「魔性の子」矢上裕「エルフを狩るモノたち」ヤマグチノボル「ゼロの使い魔」。の5記事6 [続きを読む]
  • 「寝取られてもいい。幸せになってほしい」理想のNTRを探して
  • もうすぐ春ですね。春は出会いと別れの季節ですね。ということは寝取られ(NTR)の季節でもありますよね。NTRは好きだ。好きだと思う。断言できないのは、寝取られる対象が必ずしも彼女や奥さんでなくてもいいし、彼氏が登場しない話でもひげなむち作品とか好きだしそれは果たしてNTRといえるのか、というお定まりの議論があるからなんだけど。NTRアンケート結果発表〜! ドンドンパフパフ━━━━(T∀T)━━━━!! | CROWD&ANIM Blo [続きを読む]
  • アダルトアニメ業界の良心 太多秀太・山本佐和子コンビ
  • エロアニメ業界は狭い。や、詳しい業界規模とかそんなのは知る由もないけれど、製作会社の新規参入とか滅多にないし、監督や脚本家のメンツもクレジットを信じる限りではここ数年あんまし変わり映えしない。当然その中で、この人の作品は合うあの人は合わないっていうのは固定化されてきている。監督:太多秀太、キャラデザ/作画監督:山本佐和子というのは自分にとって、かなり信頼できる組み合わせではある。この手のアニメは一 [続きを読む]
  • 田中ロミオによるエロゲ初心者におすすめの7作
  • 田中ロミオ=山田一は、エロゲ業界のカリスマ的なシナリオライターである*1。代表作に「加奈〜いもうと〜」「家族計画」「CROSS†CHANNEL」などがあり、近年はライトノベルレーベルで一般向け小説も発表している。「人類は衰退しました」「AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜」はアニメ化もされた。そのシニカルかつエスプリに富んだ偏差値の高い作風は奈須きのこなど業界内外にファンが多い。「田中ロミオの世相を斬らない」はかつて [続きを読む]
  • 高尾山で初日の出を拝んできた。でもここな様はいなかった
  • 昨年観たTVA「ヤマノススメ」が面白かったのと、そういえば山の上からご来光を拝んだことってなかったな、という思いから、元旦のまだ夜が明けない頃から高尾山に登ってきた。2016年はエヴァの影響で第九を聞きに行ってイベント納め、2017年はヤマノススメでイベント始め。オタクなんてそれでいいんだよ。sube4.hatenadiary.jpsube4.hatenadiary.jp高尾山はわりと近所なんだけど、学生の頃一度行ったきりなのでこれで2度目。とは [続きを読む]
  • 2016年のスケベアニメを振り返る
  • 年間の新作発売本数が恐らく100本前後*1という狭いエロアニメ業界だけど、今年もいろんな作品が発売されました。 メリー・ジェーン「今からアタシ……」がベストオブヘンタイ2016 ピンクパイナップル「ヌーディストビーチに修学旅行で!」の謎のテンション ピンクパイナップル「こいなか」の深夜アニメっぽい絵柄が(自分の中で)話題に メリー・ジェーン「少女ラムネ」やchippaiの諸作などロリ物が意外に元気 「八 [続きを読む]