Great Nagoyan さん プロフィール

  •  
Great Nagoyanさん: 武将御朱印天国
ハンドル名Great Nagoyan さん
ブログタイトル武将御朱印天国
ブログURLhttp://omamoritengoku.blog.fc2.com/
サイト紹介文戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんの御朱印を紹介します。
自由文2015年から始めた御朱印収集。
備忘録程度でブログはじめてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2016/03/16 00:34

Great Nagoyan さんのブログ記事

  • 武将御朱印 de #東北でよかった
  • バカな大臣は必ず天罰が下りますので、ほっといて、、、東北はイイお寺さん、お宮さんやお城が多いので、何度でも行きたくなります。まず、みちのくの戦国武将と言えば「独眼竜」さまでしょうか、、、青葉神社御朱印帳 青葉神社 松島 瑞巌寺 越後から会津・米沢へ国替された上杉家も東北、、、米沢 上杉神社 松岬神社 「花の慶次」前田慶次の最期の地も東北・米沢でした。堂森善光寺 まだまだ、行くべきトコロ、行かなくてはいけない [続きを読む]
  • 法隆寺
  • ご存知、世界遺産にして国宝天国、斑鳩の里の本拠地・法隆寺さんです。ここも日本人なら一度はお詣りすべきトコロかと。千数百年も続く奇跡、個々の建物ひとつひとつも美しいし、伽藍配置とかは、よくわかりませんが、調和されたコンビ芸・グループ芸も素晴らしいです。建ち続いた理由も深く知りたいところです。法隆寺 白鳳時代から1400年超ずっと建ちつづけるのも相当なものですが、数々の修復を経て、いま現在があり、江戸時代 [続きを読む]
  • 神戸日吉神社
  • 神戸と書いて(ごうど)と読みます、岐阜県の南西部、安八(あんぱち)郡神戸(ごうど)町のお宮さんです。住所は岐阜県安八郡神戸町神戸1、つまり町の中心です。お宮さんの由緒書き、というか「山王まつり」のパンフレットには、神輿担ぎながら、周りに松明がボーボー焚かれている、ちょっとコワイ写真があげられています。広い境内には、大きな三重塔が、、、よくある神仏習合の象徴ですね。これは重要文化財になっていますが、そ [続きを読む]
  • 瀬戸 深川神社
  • 深川神社さんは、愛知県西部、「やきもの」もとい「せともの」の街・瀬戸市の中心地にあるお宮さんです。せとものの街のお宮さんらしく、社殿の屋根が青織部だったり、鳥居の一部にやきものが入っていたりと、せとものの街の象徴となってます。極めつけは、陶祖・藤四郎作の陶器で出来た狛犬、これはスゴイことになってます。あと、境内の奥の方には、これまた陶器で出来た切支丹灯篭=織部灯篭(古田織部形模造)もありますが、こ [続きを読む]
  • 江南飛保 曼荼羅寺
  • 曼荼羅寺さんは、愛知県の西部、名古屋の北側=江南市にあるお寺さんです。広い境内、立派なお堂、たくさんの塔頭の巨大寺院ですが、ちょうど今ごろ(4月終わり〜5月初頭)は、藤の花の時期、お寺さん中心に行われる藤まつりで、毎年エライことになっているようです。私の行った去年の夏も、お寺さんの曼荼羅寺公園では、エライ人が多かったです。それは、ポケモンGOのスポットだったからとのこと。そういえば、このごろ、街でポケ [続きを読む]
  • 建中寺
  • 建中寺さんは、名古屋市東区にあるお寺さん、尾張徳川家の菩提寺です。名古屋市東区とはいっても、位置的にはほぼ中央のイメージ、名東区といった名前がおもいっきりダブった区の方が東となってます。このあたりは、尾張藩のお侍さんの街なんでしょうか、歩いて10数分のところ、その名も徳川町には、徳川美術館、徳川園、蓬左文庫がある、尾張徳川スペシャルタウンになってます。お寺さんの近くは、東海地区有数の進学校もあり、名 [続きを読む]
  • 東三河牛久保 長谷寺
  • 長谷寺さんは、愛知県の最東部、豊川市牛久保町にあるお寺さん、JR飯田線牛久保駅から徒歩数分のところにあります。境内には武田家軍師・風林火山の山本勘助のお墓があったり、勘助の念持仏・摩利支天像もあったりします。この摩利支天像、思ってたよりホントに小さいです。都ことばで言うと「ちっさい・ちっさい」もしくは「ちっさい・ちーさい」です。武将のレベルが違うかもですが、家康公の念持仏・白本尊や謙信公の毘沙門天な [続きを読む]
  • 西美濃 今須 妙応寺
  • 岐阜県南西部、関ヶ原町にあるお寺さんです。関ヶ原といっても、この今須は、合戦場より少し西にいったところ、もうすぐ滋賀県の米原です。お寺さんは、広い境内・大きなお堂で、東海薬師霊場や西美濃三十三観音霊場の札所になっています。西美濃 今須 妙応寺 今須は戦国時代を経て、豊臣蔵入地となり、古田織部が、その後は石田三成が代官となったところ。また、お寺さん近くの青坂神社には、関ヶ原の合戦に勝利した後に佐和山城 [続きを読む]
  • 栂尾 高山寺・槇尾 西明寺・高雄 神護寺
  • 京都市北西部、とてつもない広さの一応京都市内、右京区のお寺さん's、紅葉の名所として有名らしいです。この三つのお寺さんに伺ったのは、1年前、新緑の季節や梅雨の時期でも十分に楽しめるところと思います。正直、こんな山奥に何故こんな立派なお堂やお庭が出てくるのかという位、スゴイところです。嵐山行ける方は、がんばって、こちらへも足を伸ばした方がイイかも。栂尾 高山寺 高山寺さんは、世界遺産のお寺さん。立派なお [続きを読む]
  • 興福寺・春日大社
  • 日本の前の首都、南斗聖拳の街、南都・奈良の中心地、奈良公園。多数いる鹿の数よりも中国人の数が多かった気がしましたが、去年、伺った際には、中南米系の方も数多く見受けられましたが、勘違いでしょうか。春日大社 興福寺(中金堂) 興福寺(今興福力) 興福寺(東金堂) 興福寺(南円堂) 関白になろうと、近衛前久の猶子となり、しまいには、藤原氏を名乗った秀吉公。ならば、藤原氏の氏神である春日大社や関係深い興福 [続きを読む]
  • 山城上久世 安禅寺
  • 安禅寺さんは、京都市南区、JR桂川駅下車で徒歩数分のところにあるお寺さん。洛西三十三観音霊場の番外の札所とのことですが、観光のお寺さんって感じではないです。少し北の方へ行けば、桂離宮がありますし、お寺さん好きなら、鈴虫寺(華厳寺)や苔寺(西芳寺)に行かれる方が多く、わざわざ観光でコチラに来る人はいないでしょうね、多分。。。山城上久世 安禅寺 上久世といえば、天正年間に古田織部が代官となった地、駅の周辺、 [続きを読む]
  • 谷汲山 華厳寺
  • 谷汲山華厳寺は、岐阜県中西部、揖斐川町にあるお寺さんです。お寺さんは西国三十三所観音霊場の第三十三番の札所、霊場詣りの最終地ということで、心なしか、お参りに来る人の表情も緩めな感じです。参道、門前町もなかなか賑やかで、山門近くのおそば屋さんの名物は「満願そば」、そして「みそ田楽」が最高です。谷汲山 華厳寺(本堂・観音堂) 華厳寺(笈摺堂) 華厳寺(満願堂) なかなか味わい深い字で、アホな私ではなか [続きを読む]
  • 根尾谷 淡墨観音・淡墨大師
  • 岐阜県中西部、本巣市にあるお堂(観音さま、大師さま)です。この地方では、一度は訪れてみたい(と思われる)桜の名所・淡墨(うすずみ)桜の公園内にあるお堂。淡墨桜は、1500年の歴史があると言われてますが、何度も危機的状態になったそうです。根尾谷は、濃尾地震であらわになった根尾谷断層でも有名なところですが、その地震でも危機的状況だったとのこと。公園内にはサクラの資料館があり、そこでその歴史が見えたりします [続きを読む]
  • 京三条粟田口 粟田神社・鍛冶神社
  • 粟田神社さんは、京都市東部、スーパー観光地の東山エリアにあるお宮さんです。清水寺からスタートし、北上し、高台寺・八坂神社・円山公園・知恩院を抜けて、一旦、ブレークしとこうか---くらいのポイントでしょうか。この粟田口付近は、昔から刀鍛冶の本場であり、名工・藤四郎吉光は粟田神社さんの摂社・鍛冶神社に祀られています。京都は1200年の都、お寺さん・お宮さんの街、スーパー観光都市、白足袋族の街といった、いろい [続きを読む]
  • 吉野山 竹林院・金峯山寺
  • 桜の名所、吉野山の宿坊です。豊臣秀吉が亡くなって半年後、古田織部ご一行が師・利休を偲び茶会を催したのが竹林院さんとのこと。吉野が桜の名所となって、どのくらい経つのか想像もできませんが、桜を愛でるDNAはこれからもずっと継がれていくんでしょう。竹林院 境内の整備が見事な竹林院さん、御朱印は宿坊というかホテルのレセプション・フロントでいただけます。この擦れた筆遣いがなんとも味があるというか、、、金峯山寺蔵王 [続きを読む]
  • 洛中 西陣 本法寺・宝積寺・白峯神宮
  • 京都市中部・西陣の堀川通りにあるお寺さん、お宮さんです。応仁の乱で西軍が陣を布いたとされる西陣。京都が今も昔も工業都市であると証明する西陣織の本場です。さらに、このあたりは、現在の晴明神社あたりに、千利休屋敷があったり、少し北へいったところには裏千家センターや茶道資料館、今日庵、不審庵など、日本茶道の首都でもあったりします。本法寺 書院前の枯山水庭園は本阿弥光悦作、暗〜いヒンヤリしたところにある仏 [続きを読む]
  • 洛北 鷹ヶ峯 常照寺・源光庵・光悦寺
  • 桜の季節、紅葉の時期には、地獄(?)の賑わいと伺っております京都市北部・鷹ヶ峯のお寺さんです。本阿弥光悦が屋敷を構え、一族・門弟が集まって、一大芸術村となったとガイドブックに書いてます。戦国マンガでは、よく鷹狩りの場所で描かれたりしますが、何となく、そんな雰囲気も残ってたり・残ってなかったりって感じです。常照寺 島原の名妓・吉野太夫が帰依したお寺さん、太夫のお墓もあったり、ちょうど、「吉野桜」が咲 [続きを読む]
  • 美濃久尻 清安寺
  • 岐阜県南東部、土岐市久尻のお寺さん、美濃陶祖・加藤景延の菩提寺です。お寺さんは、元屋敷陶器窯のある織部の里公園にあります。戦国マンガ「へうげもの」で見た連房式登り窯は、こんなスケールなのか等、あのマンガの世界を生で見れる、実感できる喜びがそこにあったりします。美濃久尻 清安寺 織部の里公園の近くには、土岐市美濃陶磁歴史館があります。文字通り、やきものの展示がいっぱい、瀬戸黒茶碗、志野、織部など、「 [続きを読む]
  • 久尻神社
  • 久尻神社は、岐阜県南東部、いわゆる東濃地方の土岐市にあるお宮さんです。土岐市久尻は、美濃焼の本場、「織部の里公園」にある元屋敷窯跡は国指定史跡となってます。「せともの」の加藤景正からの子孫、加藤景光が瀬戸から久尻に移住、息子・景延が元屋敷窯をつくりあげ、「織部」を量産させたとのこと。ウソかマコトかは、正直、わかりませんが、戦国マンガ「へうげもの」に描かれている朝鮮出兵のどさくさに、連房式登り窯を学 [続きを読む]
  • 安土城跡摠見寺・沙沙貴神社・浄厳院 【(勝手に)御朱印de信長のお城】
  • 年に1度は攻めたくなる安土城。なかなか行ける機会も少ないのですが、たまに行くと摠見寺の御朱印事情も含め変わっていっていることがわかります。昨年は、書置きのものがあるだけだったと思いますが、この3月に伺ったときは、御朱印も2種類になり、直接書いていただけるようになったかと思います。さらにオリジナルの御朱印帳もいただけるよう(しかも3種類も)になり、カスタマーサービスの向上が止まりません。安土城跡摠見寺( [続きを読む]
  • 小牧山 間々観音 【(勝手に)御朱印de信長のお城】
  • 信長公が初めて築いた居城=小牧山城の西側にあるお寺さん。知る人ぞ知る「おっぱい観音」、手水鉢の上に2つのおわん型物体の先から水が飛び出るギミックがあったり、絵馬もおっぱい付き。その頃から「おっぱい推し」だったかどうか、わかりませんが、元々お寺さんは小牧山にあって、信長公が小牧山城を築く際に、移転させられたとのことです。小牧山 間々観音 信長公の居城に限らず、山城・平山城を攻めて、てっぺんまで到達し [続きを読む]
  • しれっと
  • しれっと始めています。武将銅像天国よろしければ、、、御朱印 ブログランキングへ神社・お寺巡り ブログランキングへ戦国時代 ブログランキングへにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 沙沙貴神社
  • JR安土駅より徒歩20分程度のお宮さん。お宮さんのご由緒書きによると、そこは六角氏につながる佐佐木源氏発祥の地とのこと。鎌倉時代はじめから、信長公に追われるまでのおよそ400年弱、ずっと近江の守護だったというわけですね。沙沙貴神社 お宮さんの住所は安土町常楽寺一番地。信長公記に度々でてくる「常楽寺」っていうお寺さんがあるのかどうか、御朱印いただいた方に伺ったところ、お寺さんのことはわからないといわれまし [続きを読む]