故郷は倉吉 さん プロフィール

  •  
故郷は倉吉さん: ちくわのくいさし
ハンドル名故郷は倉吉 さん
ブログタイトルちくわのくいさし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kurayosi_city
サイト紹介文倉吉を離れて30数年、子供時代の記憶を思い出し取り留めのないことを書いて思い出に浸りたいと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/03/16 14:06

故郷は倉吉 さんのブログ記事

  • 倉吉弁 サイコー 63
  • 【つむ】「きる」「爪をつめいや」(爪を切れよ)※「花を摘む」のときのつむとは違うのでしょうか?ただ、倉吉のみなさんは「紙をつむ」「ひもをつむ」などの使い方をしないことは、よーく知っています。【つわ】「つば」※子供の頃に使った気がするんです。でも中学生かそのくらいの時期から後には使ったことがないし、使っている人を知りません。本当に倉吉弁なのか?ふざけて「つわ」と言っていたのか?あるいは他の言葉と間違 [続きを読む]
  • 天神川
  • 1965年の河川法の改正により旧竹田川も天神川という名称になったことは、以前の記事に書きました。ここでは旧天神川、つまり小鴨川との合流地点から日本海までの思い出などを書いてみたいと思います。小鴨川の記事でちょこっと書いたように、子供の頃に遊んだことがないと思い出は少ないものです。昔の産高があった側はなぜかほとんど行ったことがないので、西岸についてはまったくと言ってよいほど思い出がありません。思いでどこ [続きを読む]
  • 小鴨川
  • 倉吉市の旧市街地北部を流れる「小鴨川」。倉吉市歌や校歌などにも頻繁に登場する小鴨川は、いくつか市内を流れている川の中でも、最も身近に感じる川かもしれません。倉吉に住んでいた頃には、まったく感じてはいませんでしたが、小鴨川の水質は全国でもトップクラスなんだそうですね、素晴らしい!!なんでも国交省の調査による「水質が最も良好な河川」が全国で18箇所あって、小鴨川は昨年、今年と2年連続で選ばれているという [続きを読む]
  • 巨人の星 第2話
  • 【第2話 悪魔のギブス】テレビアニメ史上最も有名なアイテム、無く子も黙るその名は「大リーグ養成ギブス」。第2話で早くも登場します。父一徹考案で飛雄馬の剛速球を生み出したトレーニングマシンです。腕や手首が動く方向とは反対方向へバネの力でで引っ張り負荷を生んで鍛えるというもので、一応理にかなった構造にはなっています。ボクは子供の頃、実際にこれを作ったことがあります。もっとも劇中に出てくるような上半身をす [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 62
  • 【つげる】「言いつける」「そがな悪いことばっかりしとるだったら、おまいねの親父につげたるけーな」 (そういう悪いことばかりするんだったら、お前のとこの親父さんに言いつけてやるからな)【つめくる】「つねる」「痛いけ本気でつめくんないや」 (痛いから本気でつねるなよ)【ひんがわるい】「恥ずかしい」「この靴下、穴が開いとっだけなあ、ひんがわりいけ、よう靴脱がんけ」(この靴下は穴が開いているからね、恥ずか [続きを読む]
  • 竹田川
  • 倉吉市に竹田川は無い!びっくりしました。うそーっ!という感じです。天神川から小鴨川に分岐するあたり、昔で言えば倉吉線の鉄橋が架かっていたあたりから三朝にかけては「竹田川」じゃなかった?調べてみると竹田川だと思っていた河川は天神川だったんです。倉吉線の鉄橋が架かっていた場所、つまり現在では倉吉大橋から日本海までが天神川だと思っていたのに、、、。でも竹田川の名称はボクが勝手に言っていたわけでは決してな [続きを読む]
  • 巨人の星 第1話
  • 【第1話・めざせ栄光の星】主題歌で「思いこんだら」という歌詞があって、それが整地ローラーを引っ張るシーンと重なり、「重いこんだら」に聞こえて整地ローラーは「こんだら」という名前だと勘違いして広まったと言われている。この都市伝説?をボクが初めて聞いたのは20歳くらいのときです。はたして整地ローラーを引っ張るシーンと「思いこんだら」の歌の部分が重なって、思い違いをする場面は本当にあったのでしょうか?この [続きを読む]
  • 昭和50年代前半の東中の給食風景 2
  • 職員室、放送室、保健室とともに1年生の教室があった校舎。ちょうどプールの北側にあって、倉吉線を走る列車を窓際から眺めることの出来た木造校舎です。この校舎の2階のいちばん東側に「ランチルーム」という教室ひとつをまるまる使った部屋がありました。6人くらいが席に付くことの出来るテーブルが7か8くらい設置してありました。それぞれチェック柄のビニール製のテーブルクロスが掛けてありました。この部屋はいったい何なの [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 61
  • 【しょい】「しよう」「一緒にしょいや」 (一緒にやろうよ)※倉吉弁なのかな?自信が無いですね。「見よう」を「みょう」と言っていたような気もします。【つかんせい】「してください」「ちょっと待ったってつかんせえ」 (ちょっと待ってやってください)※おじいちゃん、おばあちゃんしか使わないと思います。老人にならないと使わないですよね。ボクは一回も使ったことが無い。大人でも30代40代では使わないですよね?【ぶ [続きを読む]
  • 昭和50年代前半の東中の給食風景 1
  • ボクが東中に在校していたのは昭和50年4月から53年3月。この3年間の学校生活の中で給食に関する記憶がどうも少ないのです。それよりも前の小学生時代の給食についての記憶は結構あるのに、、、です。倉吉市では中学校も給食となっていて、給食センターで一括して調理したものを各中学校へ運んでいました。この給食センター、東中に隣接していたのですが、お昼前になると美味しそうな匂いがしてきて、食べ盛りの中学生にとっては拷 [続きを読む]
  • 巨人の星 1
  • スポーツ根性アニメ(スポ根)の元祖であり、金字塔とも言える名作野球漫画「巨人の星」。我々の世代、特に男の子なら少なからず影響を受け、時にはその荒唐無稽さを笑い、大げさな台詞にツッコミを入れ、ストーリーを茶化し、しかし熱い心や美しい友情に胸を熱くした経験はほとんどの方にあると思います。原作もかなりの人気を博しましたが、それを決定付けたのはやっぱりアニメ。1968年3月から1971年9月まで3年半の長きに渡り放 [続きを読む]
  • えーっと、ガンでした。
  • 初期の腎臓ガンでした。腎臓ガンってやつは初期の頃は自覚症状がほとんどなくて、血尿とか体重減少、わき腹の痛みとかで検査をして見つかったときは進行している状態だそうです。ボクの場合は肺の検査をしているときに、一緒に写っていた腎臓にあった影が偶然にも見つかり、検査の結果初期の腎臓ガンという診断でした。腎臓ガンが初期で見つかるのは、こういうような「他の検査をしていて、たまたま見つかった」というケースが多い [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 60
  • 【ちゃーな】「というような」「ギャンブルっちゃーなもんは、必ず負けるようになっとっだけ」 (ギャンブルというようなものは、必ず負けるようになっているんだから)「ゴルフっちゃーなもんは、昔と違って金持ちでなーてもなあ出来るけ」 (ゴルフなんてものは、昔と違って金持ちでなくても出来るから)【ちゃなんで】「というように」「何でも好きなもん買えいや!ちゃなんで言ってみたいわい」 (何でも好きなものを買えよ [続きを読む]
  • ガン なのかな?
  • 実は喘息になっちゃったんですよ。春先から咳が止まらず、変だなと思って診察を受けたら喘息でした。先生は当然肺がんも疑うわけでレントゲンとCT検査をおこなったのですが、CTでわずかに写っていた腎臓に影があるということだったんです。さっそく泌尿器科で超音波の検査を受けたのですが、結果腎臓ガンか若しくは何とか。何とかの病名は忘れましたが、何やら漢字6か7文字くらいの聞いたことの無い病名でした。そちらの聞いたこと [続きを読む]
  • 堺町2丁目 2
  • 今年の6月に倉吉に帰ったときに、短時間ですがこのあたりをうろうろしてみました。日曜日の午前中でしたが、ほとんど人影は無く車も通らず、商店もほぼ営業していなくて「ゴーストタウン」そのものでした。このことについては何回かこのブログでも書いているので、今更敢えて書くことも少ないのですが、、、。ボクが倉吉を離れたのが昭和57年。その頃はまだ、昔とおりの賑やかな街でした。その後最初に倉吉に戻ったのは平成2年頃。 [続きを読む]
  • 堺町2丁目 1
  • 現在の堺町2丁目付近ホテイ堂があってジョイニーがあって、、、ってここに写っている2つの建物は残骸なんですね。旧市街地の衰退の象徴ですね。本当に寂しいです。ここが倉吉で一番賑やかなところだったなんて、今の20歳代以下の倉吉市民の人には想像も出来ないでしょうね。ホテイ堂の向かいには健康堂という薬屋さんと名前は忘れたけど果物屋さん、そして眼鏡屋さん。いずれも同級生の家です。そもそもホテイ堂の社長の息子も同級 [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 59
  • 【ちびる】「すりへる、小さくなる、短くなる」「この鉛筆もこっだけちびたらよお使ったほうだいや」 (この鉛筆も、これだけ短くなったらよく使ったほうだよね)「ちびて溝の無いタイヤは危ないけ使われんで」 (磨り減って溝の無いタイヤは危ないから、使うなよ)【ちゃーぎ】「めんどうくさい、気が進まない」「ちゃーぎなけ、今日は行かんけーな」 (面倒くさいから、今日は行かないからね)※「たいぎい」をもっと砕いた言 [続きを読む]
  • 長い間、花火大会に行っていない
  • ここ何年も花火大会というものに行っていないなあ。倉吉に住んでいるときは、毎年観に行っていたんですけどね。倉吉を離れてから観た花火大会は京滋では「びわこ花火大会」と「宇治川花火大会」にそれぞれ一回づつ。京都以外では大阪の「PL花火大会」と「岸和田花火大会」。これも一回づつ。あと20年位前に石川県金沢市でみた花火大会。なんと、たったの5回、、、。今年の打吹花火大会はどうだったのでしょうか?ネットで調べると [続きを読む]
  • 倉吉福祉会館 2
  • 福祉会館があった場所の現在の様子駐車場の奥に建物が見えますが、これはいったい何の建物なんでしょうか?1975年の福祉会館とその周辺高校生のときにジャズのコンサートを聴きに行きました。「ハンク・ジョーンズ・トリオ」。当時、ジャズにはそれほど興味はなかったのですが、誰かからチケットを譲ってもらい聴きにいきました。何の知識もなしに行ったのですが、あとで調べたらハンク・ジョーンズって人はジャズ界では超有名なプ [続きを読む]
  • 倉吉福祉会館 1
  • 歌手のコンサート、演劇などの催し物では、ほぼここでおこなわれた「倉吉福祉会館」。倉吉を離れている間に、いつの間にか取り壊されていました。現在ではパークスクエアにある施設に取って代わられているようですね。この福祉会館の思い出として、65歳以上のかたなら真っ先に思い出すのが「こまどり姉妹」が暴漢に襲われた事件なのではないでしょうか?1966年5月に福祉会館で公演中のこまどり姉妹に18歳の暴漢がナイフで刺したと [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 58
  • 【ちいと】「少し」「ちいとわけてごしならんかえ?」 (少し譲ってもらえないでしょうか?)【ちいます】「と言います」「1962年生まれっちいますと、寅年生まれであっとでしょうかい」 (1962年生まれと言いますと、寅年生まれであってますでしょうか?)※倉吉弁なのかな?どちらかというと、さっさとしゃべりたいときにこのような言い方になってしまうだけのような?あっ、それが方言か、、、。主に男性が使いますよね?女性 [続きを読む]
  • 倉吉東中 制服とか身の回りの物 3
  • かばんの話をしていたら思い出したのが、学校指定の紺色のナップサック。白色の校章が印刷してあるダサダサのナップザック。使うのが嫌だったけども、それ以外のものを使うのは校則違反になるので、仕方なく使っていました。そういえば体操服のデザインはどんなだったかなあ、、、?なーんてね、体操服はよく覚えています。青色の上下でしたよね、間違いないと思います。胸のところにオレンジ色の刺繍で名前が縫ってありましたね。 [続きを読む]
  • 倉吉東中 制服とか身の回りの物 2
  • 女子の制服は、まあ一般的というかセーラー服といったら、これ!みたいなオーソドックスなものでしたね。襟のところには白いラインが1本、、、、そうか、1本か。思い出したぞ!男子の帽子のラインも1本だった。男子の帽子、女子の襟、東中はそれぞれ1本だったぞ!(と思う、、、まだちょっぴり自信が無い)。制服の下のカッターシャツの色は「白」と厳格に決められていましたが、ボクは時々柄物や色鮮やかなものを着ていて、怒られ [続きを読む]
  • 倉吉東中 制服とか身の回りの物 1
  • 男子は詰襟、女子はセーラー服。鳥取県の方はほとんど知らないと思いますが、京都市は事情があって「詰襟・セーラー服」は見かけません。ですから、ときどき倉吉に帰って中高生を見ると懐かしい気持ちにさせられます。ボクが中学生になったのは昭和50年。小学生の頃は私服だったのが、制服となって気分も一新して、ちょっとばかり大人に近づいた感覚がありました。今でも覚えているのが詰襟の窮屈さ。まあ、慣れましたけど、すごく [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 57
  • 【たんさん】「重曹」ボクのおばあさんがホットケーキを焼くときに「炭酸を入れんと膨らまんけえな」と言っていました。炭酸といえばコーラのような「炭酸飲料」をイメージしていたので、粉末を炭酸と呼ぶ感覚が変だと思っていました。ひょっとして「炭酸(重曹)を水に溶かすと、ソーダ水になるのかな?なんて思っていましたね。母親は「ふくらし粉」といっていました。【ちいたあ】「少しは」「全部使っちゃわんと、ちいたあ貯金 [続きを読む]