故郷は倉吉 さん プロフィール

  •  
故郷は倉吉さん: ちくわのくいさし
ハンドル名故郷は倉吉 さん
ブログタイトルちくわのくいさし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kurayosi_city
サイト紹介文倉吉を離れて30数年、子供時代の記憶を思い出し取り留めのないことを書いて思い出に浸りたいと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/03/16 14:06

故郷は倉吉 さんのブログ記事

  • 欠けず 崩れず そそり立つ 2
  • 「眉をあげれば」、、、これって、何の歌??第2の校歌?♪眉をあげれば打吹の、立つよ山名の兵が、砦のあとの打吹のここからメロディは覚えているのですが、歌詞が思い出せません。。。♪われら成徳栄え行け、栄え行け最後はこんなんでしたっけ?この「眉をあげれば」、歌詞が書いてある額が体育館に掲示してありましたよね?体育館のステージに向かって、左側にあったのかな?校歌の額もあったような。時計の下かどこかにあって [続きを読む]
  • 欠けず 崩れず そそり立つ 1
  • 欠〜け〜ず、崩れず、そ〜そり立〜つ打吹やーまの、そーの姿あれ?次は何だったっけ??おーなじ学びの友垣よ〜何だ何だ、最後しか覚えていないぞ!!えー!ちゃんと覚えていると思ったのに、、、ショックただ、歌詞は忘れているんですが、メロディは覚えています。うーん、歌詞が出てこない、、、。でも「高潔廉恥の心をば」という一節は記憶にあります。高潔のところを「おけつ」と変えて歌って笑っていたので覚えているんですよ [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 55
  • 【だらあか】「だろうか?」「○○さん、だいぶ酔っとんなっただけど、ちゃんと家に帰れただらあか?」 (○○さん、かなり酔っていたんだけど、ちゃんと家に帰ることができただろうか?)「○○さん、機嫌が悪いやあに見えっだけど、なんかあっただらあか?」 (○○さん、機嫌が悪いように見えるんだけど、何かあったのだろうか?)【だらあが】「じゃないか!」「何しとっだいや、そがなことはせんでええって言っただらあが! [続きを読む]
  • 海田・天神町
  • 現在の海田・天神町近辺やはり昔と大きく変わったと思うのは、179号線が立派になったことですかね?昔と変わらないのは「神鋼」。見た目はボクが倉吉にいた頃とあまり変化がないようなのですが、どうでしょうか?倉吉駅前から小田方面に向かうときに、神鋼の引込み線があるあたりに山陰本線の大きな踏切がありました。ここは自動の遮断機ではなくて、踏み切り手の人が人力で遮断機を下ろしていました。大きな輪のハンドルをグルグ [続きを読む]
  • 全国高校野球 鳥取県大会に思う
  • 「1票の格差」ならぬ「1校の格差」。地方予選が始まると、この話題が好むと好まざるとにかかわらず我々鳥取県人の肩身を狭くさせるんですよ。鳥取県大会は25校で争われ、4、5回勝てば甲子園の切符をつかめるのに対し200校近くが参加して7〜8勝たないと甲子園に出られない神奈川、愛知とではまったくもって不公平だとネチネチ言われるんですよね。参加校数が最も少ないことでよく話題になるので目立つのですが、福井、高知あたりで [続きを読む]
  • 鳥取県のお酒 9
  • 【眞壽鏡】米子にある酒造メーカーです。これも飲んだことがありません、が、よく知っているブランドなんですねえ。今回鳥取県の酒造メーカーをいろいろと探してみたんですが、飲んだことが無いのによく知っている銘柄が本当に多いんですよね。眞壽鏡以外にも知っているものが本当に多い。なんで知っているのか?TVCMで知っているというものもあるのですが、そんなに日本酒メーカーのCMってたくさんあったかな?ここのHPは見つける [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 54
  • 【たばこする】「休憩する」「ああえら、ちょっとたばこしょいや」 (ああ疲れた、ちょっと休憩しようよ)※子供の頃、おばあちゃんと打吹山にきのこ採りに出かけたとき、展望台の手前で「えらいけ、たばこしょうかい」って言っていたのを聞き「えっ?煙草??」とびっくりした記憶が、、、。ボクらの世代(昭和30年代生まれ)でも使う人はほとんどいなかったんじゃないのかな?絶滅危惧倉吉弁!!【〜だら?】「でしょう?」「ま [続きを読む]
  • 鳥取県のお酒 8
  • 【三朝正宗】三朝町にある酒造メーカーです。15年くらい前に家族で三朝温泉に宿泊したときに、電球の形をした面白いボトルに入ったお酒を買いました。調べてみると、中身は原酒だそうですが、ボクが買ったものもそうだったのかはちょっと覚えていません。商品のラインナップは豊富で、他に古酒の「白狼」シリーズ、三仏寺住職に祈祷してもらったという古酒「三徳桜」など、なかなか他のメーカーでは味わえないおいしいそうなお酒が [続きを読む]
  • 鳥取県のお酒 7
  • 【トップ水雷】米子市にある酒造メーカー。飲んだことはありませんが、面白いネーミングで昔からよく知っているブランドです。東郷元帥が米子に来られた時に命名されたとのこと。調べてみると、どちらかというと「稲田姫」というブランドのほうが主力のようです。好みの「生原酒」はラインナップには見当たりませんが、超特選大吟醸の「しずくどり」はかなり美味しそうです。お値段も超特選ですけど。純米酒「ゲゲゲの鬼太郎」とい [続きを読む]
  • 鳥取県のお酒 6
  • 【山陰酔喜元】八橋の所蔵メーカーです。アタマに「山陰」がついていたんですね、知らなかった。普通に「よいきげん」だと思っていました。TVCMもなんとなくボヤっと覚えているのですが、印象に残っているのは「よいきげん!」と子供なのか大人がふざけて子供っぽい声で言っているのか、ブランド名を呼んでいるのを覚えているんです。少年時代に声まねしていました。さて、調べてみると自社サイトはどうやら存在しないみたいです。 [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 53
  • 【〜だっちゃ】「〜なんだよ」「何にも出来とらんだかえ?いけんだっちゃ、そがなんじゃ」 (何も出来ていないのか?駄目なんだよ、そういうことでは)※なんか「ラムちゃん」みたいですが、女性はあまり使っていなかったような??ボクは「〜するっちゃ」とか言っていましたね。【〜だっていや(だっていな)】「〜だということですよ」「あーあ、雨だけナイターは中止だっていや」 (あーあ、雨だからナイターは中止だというこ [続きを読む]
  • 鳥取県のお酒 5
  • 【君司】鳥取市にある酒造メーカーなんですが、なんで名前を知っているのか?おそらくTVでスポット的なCMをやっていたのか、あるいは酒屋さんで見たことがあるのでしょう。気になってメーカーのサイトを探してみたのですが、アクセスできないんです。なもんで、君司を扱っている酒屋さんのサイトを紹介します。http://www.kontatsu.co.jp/kuramoto/cyuugoku/kunshi-tottori.html【福寿海】これも鳥取市にあるメーカーです。倉吉で [続きを読む]
  • 鳥取県のお酒 4
  • 【鷹勇】倉吉市以外で造られている日本酒で、もっとも印象に残っているお酒が「鷹勇」。父親が好んで飲んでいた銘柄で、浦安に酒蔵があり、倉吉市内の酒店でも数多く売られていました。覚えがあるのは、瓶の色がほぼ透明で、若干青みかかった辛口のお酒ということです。記憶に間違いが無ければ、TVCMはアニメだったような気がしますね。海岸かそんなところで鷹匠とおぼしき男性の腕に鷹が舞い降りる、、、。そんなCMだったと思うの [続きを読む]
  • 鳥取県のお酒 3
  • 【打吹正宗】エーっ、こんなお酒あったっけ?でも、よーく思い出せばそのラベルは見た覚えがあります。いつか買って帰ろうとネットで情報を集めてみると、なんと日本酒造りを止めて、現在は焼酎を製造しておられるそう。河原町に酒蔵があるそうですが、申し訳ないのですが酒屋さんでもあまり目立ってなかったような気がします。私見ですが、打吹天女伝説にはやっぱり日本酒のほうがシックリ来るような気がするんですがね。一度も飲 [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 52
  • 【だっぞ】「誰か」「だっぞ、してごすもん、おらんかえ?」 (誰か、やってくれる人はいないのか?)「まあ、だっぞ気がついたもんがしてごすだらあけ、置いとってもええだらあで。」 (まあ、誰か気がついた人が、やってくれるだろうから、置いてもいいんじゃないか。)【だっだ】「誰だ」「これ、めいだんは、だっだえ?」 (これを壊したのはだれだ?)「俺の悪口を言とったんは、だっだいや?」 (俺の悪口を言っていたの [続きを読む]
  • 鳥取県のお酒 2
  • ボクが倉吉を離れた昭和57年。当時、田舎の倉吉市にはネオンサインなんていうものはほとんどありませんでした。小学生だった昭和40年代まで遡ると、それこそ街中は20時くらいから真っ暗な状態です。そんな漆黒の倉吉市内にあって昭和40年代から、倉吉市内唯一の(多分)ネオンサインとしてショボイながらも、夜の海で船舶の航行を助ける灯台のごとく輝いていたのが「まるひ此君」のネオンでした。場所は住吉町のロータリーの南西角 [続きを読む]
  • 鳥取県のお酒 1
  • 全国的に高い知名度があるわけではないけど、鳥取県の日本酒も全国の銘酒に負けない美味しい銘柄が数多くあります。18歳くらいから飲んでいたので、倉吉での飲酒歴?はわずかに2年あまりですが、若かったせいもあり味わうというよりは勢いで飲んでいた感じです。日本酒が本当に美味しいお酒だと感じられるようになったのは、20代半ばくらいだったでしょうか?そのころはすでに京都に住んでいましたので、酒屋に並べてある日本酒は [続きを読む]
  • 北栄町 2
  • 現在のJR下北条駅周辺の写真です。やっぱり、大きく印象が違うのは国道313号線と北栄ICがあることですかね。この場所にこういった道路施設ができるなんて想像もできませんでした。一度、北条バイパスから313を通って倉吉に帰ったことがありますが、すごい違和感でした。まるでどこを通っているのかさっぱり分からない状態から、いきなり和田に出てきたときには驚愕でした。9号線からわずかな時間で倉吉市内に入ることが出来る、と [続きを読む]
  • 倉吉弁 サイコー 51
  • 【たけ】「きのこ」「裏山にたけがごっついことなっとっただけ、とってきたわいな。」 (裏山にきのこがたくさん生えていたから、採ってきたんだよ)【だけ】「だから」「だけ、すんないやって言っただが」 (だから、するんじゃないよって言ったんだよ)【ほんに】「ほんとうに」「ほんにい」(あら、そう)「ほんにえ?」(本当に?)「ほんに、だらっだのう、おまえは」(本当に馬鹿だね、おまえは)もう何十年も倉吉弁を使っ [続きを読む]
  • 8年ぶりの倉吉 4
  • 昔はここを潜って校舎の中に入っていったものですが、今度はどんな感じになるのでしょうか?少しだけ校庭の様子が見えますが、この景色だけは昔と変わりません。ちょっぴりホッとした気持ちになりました。ところで親戚から気になる話を聞きました。なんでも成徳と明倫が統合するのではないかという話が持ち上がっているそうですね。人口減少が原因だと思いますが、それはかなり寂しい話です。この新校舎に市役所が移転して、成徳は [続きを読む]
  • 8年ぶりの倉吉 3
  • 土曜日、倉吉駅から旧市街地へ。ちょうどお昼になったので、赤瓦8号館の「打吹庵」でお昼ご飯にしました。裁判所横の無料駐車場に車を止めたんですが、自分の車を止めたら満車になりました。自分以外の車はすべて鳥取ナンバー。まさか地元民の車じゃないだろうね?ちょうど岡山ナンバーの車が入ろうとしていましたが、満車のために出て行きました。なんかモヤモヤした気分です。これ、むちゃくちゃおいしかったです。倉吉に帰った [続きを読む]
  • 8年ぶりの倉吉 2
  • 今回、倉吉に帰郷して驚いたことのひとつに「夜の暗さ」があります。いつもは親戚宅に泊まるのですが、今回は駅前のホテルに宿泊しました。親戚宅で夜の11時ころまで宴会をして、その後に上井のホテルに向かったのですが、ナショナル会館やホテイ堂周辺、東中あたりはとんでもない暗さ。漆黒の暗闇とまではいかないのですが、街灯以外に灯りらしきものはほとんど無し。人口が流出して、商店など開けていてもしょうがないから、早々 [続きを読む]
  • 8年ぶりの倉吉 1
  • 早朝、5時30分に出発して倉吉駅前に到着したのが10時30分。ちょうど5時間の所要時間でした。早朝の、しかも土曜日の出発ということもあって、渋滞は鳥取市内で若干あったくらいで全体的にスムースな行程でした。これが他の曜日で時間帯なら、まず亀岡市内でひどい渋滞に捕まり、6時間は掛かったんじゃないかと思います。途中、道の駅やらコンビニで休憩しながらの5時間なら上出来だと思います。さて、行程で最も驚いたのは鳥取県内 [続きを読む]
  • まもなく倉吉へ出発します
  • 8年ぶりの倉吉へまもなく出発します。今回はわずか一泊二日の短期滞在ですが、それなりに楽しんできたいとは思います。が、何しろ8年ぶり。そして昨年の震災の影響で街の様子が変わっていないかと、ちょっぴり複雑な思いがあって、こんな気持ちで帰郷するのは初めてです。土曜日の朝ということで道路は空いていると思うので、延々と9号線で帰ることにします。かなり時間は掛かりますが、倉吉に帰る道程の王道だと思いますので、頑 [続きを読む]
  • 北栄町 1
  • 現在のJR由良駅からお台場近辺北栄町はここ10年少しで出来た新しい町なので、倉吉を離れて30数年のボクには北栄町と聞いても全然ピンときません。JR由良駅のあるところは「大栄町」なのです(笑)。大栄町と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、現在では「名探偵コナン」が一般的だと思いますが、ボクにとってはなんと言っても「スイカ」。ここのスイカは日本一だと思うのですが、京都市内のスーパーで売られているスイカは北陸産が多 [続きを読む]