安土桃太郎 さん プロフィール

  •  
安土桃太郎さん: 廃城にゆく
ハンドル名安土桃太郎 さん
ブログタイトル廃城にゆく
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hokuto19760725/
サイト紹介文お城や神社を中心とした史跡巡りのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/03/17 01:52

安土桃太郎 さんのブログ記事

  • 岐阜城にゆく 其の参:千成ひょうたん発祥の地
  • 岐阜県岐阜市にあります岐阜城趾です。 今回は天守の見学を終え、本丸に戻ったところからスタートです。 岐阜城資料館です。 当時はここに食物を保管する櫓が建っていたそうです。 現在は資料館として、江戸時代以前の歴史資料が所蔵・展示されています。 ちなみに百名城スタンプもここで押せます。 いよいよ下山し、ロープウェイ [続きを読む]
  • 岐阜城にゆく 其の弐:岐阜城天守
  • 岐阜県岐阜市にあります岐阜城趾です。 今回はニノ門よりスタートです。 両脇の石垣は当時のものとのことです。 また、門の先にあるのは、金華山閻魔堂です。 中には木造の閻魔王の坐像が祀られています。 門をくぐります。 その先には天守が見えます。 天守へはこの石段を登り、向かいます。 石段を登りきっ [続きを読む]
  • 岐阜城にゆく 其の壱:岐阜公園から山頂へ
  • 岐阜県岐阜市にあります岐阜城です。 岐阜城は織田信長公が「天下布武」の朱印を用いるようになり、本格的に天下統一を 目指すようになった城として知られています。それ以前に斎藤氏の居城だった頃は稲葉山城と呼ばれていました。 信長公は山麓に居館を設け、城下町を発展させました。その様子は宣教師のルイス・フロイスにより「まるでバビロン [続きを読む]
  • 震災後の熊本城にゆく 其の弐:戌亥櫓から加藤神社へ
  • 熊本県熊本市にあります熊本城。震災から一年経ち、今の熊本城を見にやってきました。今回は、戌亥櫓からスタートです。 ここは当時は、西南戦争籠城将校家族避難跡のようです。 戌亥櫓です。なんと石垣の隅石だけで櫓を支えています。 一本足は飯田丸で有名ですが、現在はこの戌亥櫓の一本足の方が、飯田丸よりよく見える場所にもなるので、新名所となっているようです。 [続きを読む]
  • 震災後の熊本城にゆく 其の壱:二ノ丸広場
  • 熊本県熊本市にあります熊本城です。 2016年4月の震災で被害を被ってしまった熊本城。 震災から約1年が経った、今の熊本城の現状を見に行ってきました。まずは清正公にご挨拶。 いきなり崩れた石垣が見えました。いきなりすぎて、かなりの衝撃でした。 長塀沿いを歩きます。 説明板がありました。 東側の80メートルが倒壊してしまったそうです。 現在は、塀の内側に控柱を立 [続きを読む]
  • 浦戸城(桂浜)にゆく
  • 高知県高知市にあります浦戸城です。 当ブログ82城目となる浦戸城は、高知を代表する景勝地『桂浜』の背後の山一帯にあり、北、東、南を海に囲まれた要害の地でした。また、紀貫之の『土佐日記』にも出てくる浦戸の港を擁し、上方との連絡、水軍の保有にもとても便利な場所でもありました。 築城年代は定かではありませんが、南北朝時代頃には存在したと云われています。 石段を登ります。 説明板があ [続きを読む]
  • 若宮八幡宮にゆく
  • 高知県高知市にあります若宮八幡宮です。 若宮八幡宮は、高知城から桂浜方面へ車で30分ほど走ると到着します。 ここには、長宗我部元親公の初陣時の像があります。 駐車場に車を停め、像に向かいます。 長宗我部氏の家紋もしっかり刻印されていますね。 長宗我部元親公の初陣時の像です。 長宗我部元親公は1539年に岡豊城で誕 [続きを読む]
  • 高知城にゆく 其の四:本丸御殿
  • 高知県高知市にあります高知城です。 今回は本丸御殿内部を紹介します。 納戸蔵から本丸御殿へ向かいます。四ノ間です。奥が三ノ間になります。 四ノ間には、大河ドラマ功名が辻で着用されていた衣装が飾られていました。 四ノ間に入った左手には納戸もありました。 納戸からの景色です。釘隠しも上品です。 四ノ間から三ノ間に進みま [続きを読む]