nygs さん プロフィール

  •  
nygsさん: 西山行政書士事務所
ハンドル名nygs さん
ブログタイトル西山行政書士事務所
ブログURLhttp://daisyoninn.asablo.jp/blog/
サイト紹介文名古屋近郊をエリアにした行政書士事務所です。建設業許可申請、建設業経理もサポートしています。
自由文建築会社で初めて建設業独特の会計を学びました。社員として建設業許可申請も経験。定年退職後の2010年に実務経験を生かして行政書士事務所を開業しました。現在は会計業務、成年後見人を継続中。顧問先の契約書作成を受任後はトラブルが皆無になり成果を挙げました。他に在日韓国人の帰化申請、建設業許可申請を受任して完了。資格外の相談は提携の弁護士や司法書士を紹介して問題解決しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/03/17 08:12

nygs さんのブログ記事

  • 後見事務
  • 病院からの請求にもとづき支払いが完了。更新した医療資格証の提示も済ます。事務所に移動して、最終の経費と預け金の精算を入力した。これですべての財産の残高がそろった。帳簿残と実際の残高を照合し、4月以降の試算表をプリントアウト。続いて、報酬付与、後見事務報告書等を家裁からダウンロードして入力する。ほぼ完了。 [続きを読む]
  • 「キックオフセミナー シニア人材としての「新しい働き方」を受講
  •  名駅前のウインクあいちで中部経済産業局主催の「キックオフセミナー シニア人材としての「新しい働き方」を受講しきた。1中小企業・小規模事業者におけるシニア人材の活用について講師:長屋義道氏・・・マッチング後の成約率は279人が参加して2次面談まで行けた人は32人で30%程度。・本音は常勤が欲しい。・企業側が自分自身をよく把握していない。・経営コンサルに近い要望。2シニア人材としての「新しい働き方」講師:㈱ [続きを読む]
  • 後見事務
  •  建設業の事業年度終了届が終わり、次は後見活動の終了事務に入る。昨年、7/1から今年6/30までの帳簿をプリントアウトして、集計する。年間の合計金額を12ヶ月で割って、月間収支表を作成した。後は月末までの経過を待たねばならず、数字の段取りはここまでになる。さらに家裁の規定に書式への後見事務の記入がある。 [続きを読む]
  • 後見事務
  •  自宅玄関に郵便局の職員が来て、簡易書留で被後見人の後期高齢者医療保険証を届けてくれた。もう一件の資格者証も届く予定。 公的な保険証等はまだ成年後見制度と後見人、被後見人の関係をよく理解してくれていて、後見人に届けてくれる。 ところが民間の損害保険会社は、登記事項証明書を送付して、且つ、あれだけ忠告しても留守の被後見人宅に送付してしまう。郵便受けは閉鎖してある。結果は転送不可なので保険会社に戻り、 [続きを読む]
  • 広報活動
  •  某銀行で成年後見制度の広報のために訪問。秋のセミナーのコンテンツ、キャッチコピーなど、前回までの反省を踏まえて担当者と協議した。話は結構深くなり時間もかかったが、何とか次の機会をつくることになった。 携帯がなる。何かと思えば中経の連載記事の詰めの件だった。写真と文意の摺り合わせを処理した。 その足で、愛知会本部内のコスモスあいちの担当者に年4回の後見事務報告書を提出した。 [続きを読む]
  • 後見事務
  • 午後、丸の内の事務所へ移動。エアコンが効いてくるまで外食と書店へ行く。年に4回の報告のうち、6/30締切はコスモスあいち用の書類を作成する。7/31締切は月中の取引が経過後、8月になってからのまとめになる。例月ならコピーで済むが今月と来月は二重の事務になる。預金証書類のコピーが中心になる。 [続きを読む]
  • 後見事務
  •  朝一で銀行で入院費相当額を引き出して、病院へ行き支払う。健康保険証、福祉給付金資格証の提示をすると今月末で期限切れになる。1年の経過は早いものである。 午前中に丸の内の事務所に移動。社長に面談で、建設業許可の事業年度終了届の数字の不一致箇所の訂正と必要書類を確認してもらう。何とか期限内に提出できそうだ。 [続きを読む]
  • 事業年度終了届の事務手続
  •  建設業許可の会社は毎年事業年度終了届を提出することになっている。決算が終わると4ヶ月以内である。ものには順番があって、まず会社内で決算を組む。益金算入、損金不算入などの調整で利益が確定したら法人税、法人県民税、法人市民税の納付期限がある。これが2ヶ月以内である。事業年度終了の届出は最後になる。 もうそろそろかと電話で状況を問い合わせる予定でいたら先方から電話があった。先週から書類の決算書、契約書 [続きを読む]
  • 後見事務
  •  午後から銀行で入院費相当額を引き出す。その足で病院へ行き支払う。単純な定型業務だが毎月健康保険証、その他の証明書の提示があり、銀行振り込みですませるわけにはいかない。たまには被後見人のことで聞くこともある。これが後見人の役目の合理化もできない原始的な業務だといえよう。 その後はある金融機関の預金を2行に分散するための資金移動を処理した。 [続きを読む]
  • 平成29年度第67回愛知県行政書士会定期総会
  •  午後1時から愛知県の大村知事ら来賓を多数迎えて定期総会を開催。出席者は226名と発表された。委任状と合わせて総会は成立。例年の通り質疑はあったが、型通りの進行で予定より大幅に早く終了した。 終了後は5時30分から懇親会に移る。会場が狭いのか、多すぎるのか盛会になった。知己との交流のほか、会員の消長も激しい。かつて見た人も今は見なくなった。また役員が大幅に変わった。若返った気がする。 面白かったのは、5/1 [続きを読む]
  • PCのデータ復旧
  •  自宅用PCがクラッシュしたのは3月末だった。メーカーに電話して復旧の指導を乞うた。電話指導では復旧はできなかった。再インストールするとデータが消失する。それは最後の手段と粘っていたら、最後に一言、PCの好きな人が友人におれば、ハードディスクを取り出して、データの回収は可能と言われた。回収後、再インストールすればまた使える。 そんな友人は即座には見つからなかった。何かの会合でフトつぶやいたら、自分 [続きを読む]
  • 任意後見制度の勧め
  •  毎日新聞から 千葉家裁は18日、成年後見制度の説明会「知ってナットク 成年後見〜自分で決める私の生き方」を、同家裁の会議室で開いた。116人が参加した。 成年後見制度は、認知症や障害などで判断能力が不十分な人の財産や権利を守ることが目的だが、制度の普及は進んでいない。判断能力が低下した後で制度に加入しても、財産管理などで本人の意思が反映されない可能性もある。 説明会では、まだ自分の判断能力が残っ [続きを読む]
  • 後見事務
  • 5/9に後見事務の監査が終了、後は7/31で締めて盆前に年間の後見事務をまとめる予定。今日は5/3に預った多額の現金を当面は使わないので預入しておく。 口座記帳対策として、郵便貯金は一定額以上は利息がつかないために、付利単位に至らない某口座に資金移動したい。これも少しは金利を稼ぐ対策になる。 [続きを読む]
  • 後見事務
  •  今日は3ヶ月に1回の成年後見監督人による書類監査の日。予定通りの時刻に事務所にお邪魔して書類を提示して説明。必要なものはコピーを取ってもらう。 特別引っかかることはなく無難に終了した。次回は7月末で締め切り、8月のお盆前の予定を確認した。 [続きを読む]
  • 日本国憲法の改正を考える
  •  9条を維持したまま自衛隊を憲法に盛り込むそうだ。 いかにもアメリカの影がちらつく考えである。つまり、9条を削除すると日本は自前で軍備を整える。またぞろアメリカの強敵になり、太平洋の覇権が奪われる。アメリカの軍需産業が倒産しかねない。日本と韓国はいいお得意先なのである。日韓はアメリカの軍需産業の消費者であり続けさせなけれならない。 資本主義は常に買い手を必要とするからである。 日本を突き放して日米貿 [続きを読む]
  • 後見事務
  •  帰宅後、留守電が点滅していた。再生すると親族からの電話だった。用件を聞いてお宅へ行ってみると現金を渡された。他県にある田地の分け前があったとのことだった。これは臨時収入として記帳させていただいた。 [続きを読む]
  • コスモスあいちの広報活動へ
  •  午後からあいにくの雨となった。4月下旬になって卯の花腐たしともいう長雨に入ったのだろう。 午後1時30分、1Fの熱田区役所福祉課を訪問してコスモスあいちの広報を活動を行った。メンバーは西堀先生と伊福広報部長と3人。その後は6Fのいきいき支援センターの熱田区社会福祉協議会を訪問した。多忙につき幹部の人とは会えなかった。社会福祉関係は今後多忙の度合いを増してゆくのだろう。前回のこともあり代理の人に説明のみ [続きを読む]
  • 成年後見制度の利用促進 志木市が条例制定 基本計画策定へ
  • ソース:http://www.nikkei.com/article/DGKKZO1545915018042017L72000/ 埼玉県志木市は認知症などで判断能力が十分でない人を支援する成年後見制度の利用を促進するための条例を制定した。2016年5月施行の成年後見制度利用促進法に基づき、制度の利用促進に向けた市の責務などを明記。6月ごろまでに有識者らでつくる審議会を設け、関連施策に関する基本計画の原案を17年度中にも策定する。 市によると、同法に基づき条例を制 [続きを読む]