gonta さん プロフィール

  •  
gontaさん: 初めての投資 確実な投資の仕方とは?
ハンドル名gonta さん
ブログタイトル初めての投資 確実な投資の仕方とは?
ブログURLhttp://invest1.asablo.jp/blog/
サイト紹介文初めて投資する方のために、確実に利益を上げるために必要な考え方や投資の仕方を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2016/03/17 19:06

gonta さんのブログ記事

  • 相場の変わり目を示唆してくれる格言「波高きは天底の兆し」
  •  投資をしていて最も注意しなければならないのが相場の変わり目です。相場の変わり目を捉えることができなければ、大きな利益を上げることができません。それだけではありません。せっかく訪れたチャンスを逃がしてしまうことになってしまいます。 今日は相場の変わり目を示唆してくれる格言を紹介します。それは、「波高きは天底の兆し」 です。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブロ [続きを読む]
  • 株式相場から出てきた有名な格言「小回り3カ月、大回り3年」
  •  今日は株式相場から出てきた有名な格言を紹介します。株をやっている方なら、たぶん知っていると思います。 それは、「小回り3カ月、大回り3年」 です。 ご存知でしたか? 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブログ村 この格言の意味するところは、 簡単に言うと、小さな波動は3ヶ月単位で動き、長期の波動は3年単位で動くという、日本に古くから伝わる言い伝えが [続きを読む]
  • 続きがあることを知らない人が多い格言「山高ければ谷深し」
  •  今日は誰でも知っているとても有名な格言を紹介します。 それは、「山高ければ谷深し」 です。この格言の意味もよくご存じだと思います。しかし、この格言には続きがあるのです。そこまでは知らない人が多いのではないでしょうか? 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブログ村 「山高ければ谷深し」の続きは 「山高ければ谷深し」は次のような意味をもつ教訓です。相場 [続きを読む]
  • 経済サイクルが相場にも当てはまる「戌亥の借金辰巳で返せ」
  •  今日は商いから出てきたノウハウで、しかもサイクル理論に当てはまるような格言を紹介します。この格言も上手く利用すれば株式投資にも十分使えると思います。 その格言とは、「戌亥の借金辰巳で返せ」 です。この格言は、聞いたことがある方は少ないかもしれませんね。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブログ村 格言の意味するところは もともとは商売の格言で、戌 [続きを読む]
  • 利食いが良い結果をもたらす「利食い千人力」
  •  投資で利益を上げるために必要なことはたくさんあります。その中でも最も大事なことは利益を確定することではないでしょうか。そのことを示唆してくれる格言があります。それは、 「利食い千人力」 です。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブログ村 なぜ利益を確定させることが大事なのでしょうか? この格言を一度は聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 勝てるテクニカル分析とは?
  • 多くの投資家がテクニカル分析を投資の判断に使っています。そして、世の中に多くあるテクニカル分析の必勝法などといった本を熱心に勉強しているのではないでしょうか。ですが、「あなたは相場で勝ててないのではないですか?」なぜなら、それらのテクニカル分析の本では、そのテクニカル分析の裏付けとなるチャートの向こう側にいる人々の心理について触れられているものがほとんどないからです。相場はテクニカル分析で動いてい [続きを読む]
  • 相場の得体の知れなさを感じさせる格言「幽霊と相場は寂しいほうに出る」
  • 格言というのは面白いもので、ほんとうにいろいろな格言があります。しかし必ず投資するうえで必要な本質や勘所などを示唆してくれます。今日はあまり聞いたことがない、相場の得体の知れなさ、怖さを感じさせる格言を紹介します。 それは、「幽霊と相場は寂しいほうに出る」 です。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブログ村 格言の意味は この格言は「人の行く裏に道 [続きを読む]
  • 相場師は孤独を愛す
  • 投資で利益を上げ続けることが投資をする人の理想ですが、誰でもそのようになれるわけではありません。理想に近い人として知られるのが相場師です。もちろん誰でも相場師になれるわけではありませんが、相場師になるような人はやはり普通の人と違います。どのような人が相場師になれるのかは分かりませんが、相場師がどのような人なのかを推測することができる格言があるので紹介します。 それは、「相場師は孤独を愛す」 です。 [続きを読む]
  • 取引で迷った時は「意見を聞くなら一人だけ」
  •  投資というのは、本来、他人の意見を聞いて取引するものではありません。自分の考えで行うのが当たり前だからです。しかし、どうしても迷って、相場が分からないときがあります。そういう時には、他人の意見を聞くしかありません。そういう時にどのようにすればいいのかを教えてくれるのが、この格言です。 それは、「意見を聞くなら一人だけ」 です。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほ [続きを読む]
  • 蓄財の基本的な考え方「小なるもたまれば金倉を満たす」
  •  この低金利の時代に銀行に貯金したところで、金利で増えるのはごくわずかです。そんな金利を当てにせずに、投資で利益を上げる方が、お金を有効に利用できると考えている方も多いと思います。政府が個人の投資を奨励していること、さらに株やFXで○○万円儲けたなんて話をよく聞くようになったこともあって、投資を始める方が増えています。そんな方に蓄財するための基本的な考え方を現した格言を紹介します。それは、「小なるも [続きを読む]
  • ふつうの人が”成功”する方法は、これ!
  • 実は、、、いつも成功している5%の人にはある秘訣があります。「成功」というものを考えたとき、人は2種類にわけられます。いつも成功する人と、いつも失敗する人です。「ガイアの夜明け」や「カンブリア宮殿」にも出演。多くのメディアが注目の原田隆史先生が中学教師として、陸上部の監督として、大学や企業研修の指導者として、また、原田先生が主宰している教師塾、企業人塾の塾頭として、過去20年間にわたり3万人以上の [続きを読む]
  • 先人の知恵がつまったツール「罫線は相場の杖」
  •  最近はテクニカル分析を目安に取引をしている人が増えました。罫線だけで取引している人はとても少なくなったように思います。しかし、テクニカル分析を基本において、罫線も参考にしているという人も少なくないと思います。投資をしている方なら一度は聞いたことがある有名な格言を紹介します。それは、「罫線は相場の杖」 です。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブロ [続きを読む]
  • 運を待つには死を待つに等し
  •  格言の成り立ちを調べると面白いことが分かります。たいていの格言は相場の中から出たものですが、一般の諺が格言になったものもあるのです。 今回は一般の諺が格言になったものを紹介します。 それは、「運を待つには死を待つに等し」 です。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブログ村 格言の意味は、 この諺が意味するところは、何も努力しないで、幸運がやってく [続きを読む]
  • 斉藤一人さんが運を良くしてくれる
  •  投資で利益を上げるためにテクニックを磨いたり知識を増やしたりしている人が多いと思います。私はそんなことよりも運を良くする努力をすべきだと考えています。なぜかというと、相場というのは気まぐれでその動きを予測しようと思っても、なかなか思うように動いてくれません。最後に頼りになるのは、その人が持っている運の要素が大きいと思っているからです。なので、私は運を良くするためにいろんなことをしてきました。その [続きを読む]
  • 相場は常識一辺にて不可なり
  •  相場というのは常識では測れるものではありません。実際、相場にはいろいろな力が働きます。機関投資家、ヘッジファンド、お金持ちの投資家、さらにマスコミの情報操作など、いろんな要素が相場に加わります。そんな状況をすべて理解しようなんて、到底無理な話です。まして、相場の理論や経験など、あっても無意味です。「こうあるべき」「こうなるはずだ」というような偏った考え方にこだわっていたのでは、相場で利益を上げる [続きを読む]
  • 相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?
  •  相場というのは、「安く買って高く売る、高いときに 売って安く買い戻す」という行為を繰り返すことであり、商売となんら違いはありません。設備に投資し、その設備によって投資金額の何倍もの額を回収する。こういったものも投資です。目の前のチャートに向かって、 を繰り返すことだけが投資ではありません。では設備投資をし、それを利益につなげることに魔法のような投資法はあるのでしょうか?あなたが知りたいのはこ [続きを読む]
  • 伝説の相場師本間宗久が残した名言「相場に高下なく、十人が十人退屈の事」
  •  投資をしているとよく分かりますが、投資で儲けるには人と同じことをしていてはダメです。多くの人と逆のことをすべきです。実際に投資で利益を上げているのは1〜2割りなのですから、当然のことです。そのことを現した格言を紹介します。それは、 「相場に高下なく、十人が十人退屈の事」 です。この格言は、江戸時代に米相場で百戦百勝したといわれる伝説の相場師本間宗久の残した名言から取られたものです。 1日、1回、 [続きを読む]
  • 相場は値よりも日数
  •  投資系系の長い人ならよく分かると思いますが、相場の転機を日柄で数えている人が少なくありません。日柄というのは値段よりも目安になるという人も結構います。 今回も覚えておいて損のない格言を紹介します。 それは、 「相場は値よりも日数」 です。覚えておいて上手く利用するととても役に立ちます。ぜひ利益につながるように工夫して使っくださいね。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ [続きを読む]
  • 投資と貯蓄の違いとは
  •  この記事を読んでいる方は、何らかの形で投資をしている方がほとんどだと思います。私は貯蓄も広い意味で投資だと考えています。なぜなら、お金を使ってお金を殖やす行為だからです。なので、たいていの人が投資という行為をしているのだと考えています。納得いかない方のために、投資と貯蓄の違いについて考えてみたいと思います。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブロ [続きを読む]
  • 覚えておいて損のない格言「閑散に売りなし」
  •  格言の中には覚えておくととても役に立つものがたくさんあります。そんな格言の一つが、「閑散に売りなし」 です。この格言はもちあい相場での対応を示したものです。知っている方もたくさんいると思います。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブログ村 格言の意味は、 大きく動いた後、相場が上にも下にも動かず無風状態になることを保合(もちあい)と言います。保合 [続きを読む]
  • 日本人だけが知らない世界から絶賛される日本人
  •  最近読んだ本を紹介します。 それは、「日本人だけが知らない世界から絶賛される日本人」黄文雄著 徳間書店刊 です。 日本人だけが知らない世界から絶賛される日本人 [ 黄文雄 ] 内容を簡単に説明します。 まず我々が知らない偉人がたくさんいることに驚かされます。 技術、文化、冒険、そして他国のために貢献した人など、5章から構成されているのですが、たくさんの日本人の名前が出てきます。中には、知っている名前 [続きを読む]
  • 下値の三本同事は買い
  •  投資をしている方なら、ほとんどの方が罫線を知っていると思います。罫線を使って取引している方も少なくないはずです。 罫線に関する格言を紹介します。 それは、「下値の三本同事は買い」 です。とても役に立つ格言だと思います。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブログ村 格言の意味するところは、 この格言は「下値の三点同時は買い」とも言われています。日足 [続きを読む]
  • 投資家としての資質の違いとは
  •  いろんな投資家と付き合っていると、投資家としての資質の違いというのを感じます。投資家としての資質の違いというのは、勝負所が分かっていてリスクを取るべき時にリスクを取っていく人と勝負時に行動できない投資家との違いのことです。日々の値動きの中で、トレンドの転換、トレンドの継続(上昇、あるいは下落)、低迷期(持ち合い)など、相場の状況に違いがあるので、いつも同じように相場を見ていてはダメなんです。自分 [続きを読む]
  • 静中動あり、動中静あり
  •  今日は中国の古典「菜根譚」から引用された格言を紹介します。 それは、「静中動あり、動中静あり」 です。この格言は有名ですから一度は聞いたことがあると思います。 1日、1回、あなたの応援 が更新の励みになります。  ↓ にほんブログ村にほんブログ村 「菜根譚」の一部分 「菜根譚」に、次のような文章があります。『閑中に放過せざれば、忙処に受用あり。静中に落空せざれば、動処に受用あり。暗中に欺隠 [続きを読む]