popolino さん プロフィール

  •  
popolinoさん: 犬4匹と暮らすブダペスト
ハンドル名popolino さん
ブログタイトル犬4匹と暮らすブダペスト
ブログURLhttps://note.mu/popolino
サイト紹介文映像作家・フォトグラファー。カリフォルニアからブダペストへ。犬4匹との暮らしを写真で綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 299日(平均1.5回/週) - 参加 2016/03/18 00:47

popolino さんのブログ記事

  • おばあちゃんたちに会える市場
  • Hunyadi広場で開かれている市場では、こんな可愛らしいおばあちゃんもお店を出しています。地元の人々が訪れるこの小さな野外市場。すぐ近くで、こんな子が、飼い主さんの帰りを待っていました。賢そうな、凛とした子でした。市場で買ったスイカは、東欧の太陽をいっぱい吸い込んで、とっても甘かったです。続きをみる [続きを読む]
  • 自由な橋
  • 橋の上からこんにちは。、、というのも、今、周辺道路の工事で、自由橋が歩行者天国に。気持ちいいー。みんなゆったり。橋の上でのんびり。ぼくとセルフィ?どうぞどうぞ。いろんな人々のカメラに収まりました。真っ青な空の下。自由っていいね。ブダペストの夏はこれからが本番です。続きをみる [続きを読む]
  • Ephemeral Eternity :忘れられない週末
  • 週末、ブダペストで開いた展覧会。200人余りの町の人々が訪れてくれました。震災後、日本で満開の桜を撮りためて、さらに花びらが散っていく光景を作り、プロジェクションしました。ブダペストの歴史を刻んだ石壁に、日本の桜が溶け込んでいきました。訪れてくれた人々と、いろんな話をしました。日本のこと。自然への想い、などなど。こんな可愛らしいお客様も。嬉しかった。忘れられない2日間となりました。続きをみる [続きを読む]
  • ウィーン 〜夢の街の光と影
  • ウィーンの白い光。眩しい光の中では、日陰が恋しくなります。通りから一歩中へ。四角い空がお出迎え。影に入ると、街の様々な色が見えてきました。石畳の通りに面したカフェでは赤い壁が誘惑します。この街に息づく音楽。歴史。そしてロマンス。ときめき、夢を見てきた街。カップひとつひとつが、恋の語らいに耳を傾けています。街の片隅で、きょうもまたひとつ、夢が生まれていることでしょう。続きをみる [続きを読む]
  • 展覧会のお知らせ
  • 7月9日〜10日、ブダペストで展覧会を開くことになりました。映像プロジェクションショーです。この街の歴史が息づく地下のスペースが、日本の満開の桜の木々から散る花びらに包まれます。たくさんのブダペストの人々に見てもらえますように。詳細記事??(スクロールダウンすると英語もあります)http://artnews.hu/2016/06/29/chie-yamayoshi-mulo-orokkevalosag-ephemeral-eternity/お近くにいらっしゃり、お時間がありまし [続きを読む]
  • 雨上がり
  • 雨が降ったと思ったら晴れ。一日の中でもコロコロお天気が変わる、初夏のブダペスト。雨上がりのドナウ川の上で、ダイナミックな雲が広がっていました。続きをみる [続きを読む]
  • うちのワンコたち。改めてご紹介。
  • ふうちゃん。尻尾だけでなく、全身を振って喜んでくれます。バンビのようにピョンピョン走る甘えん坊。大好きなワンコ広場に行くとデフォルトの泣き顔が、飛び切りの笑顔に。メル。わがままなおてんば娘ですが人間の気持ちを察する優しいワンコ。その集中力で、飼い主のカメラの前ではプロ並みのモデルとして活躍中。ラテ。末っ子ラテは、外ではシャイな内弁慶。子犬としての意地があり、絶対にお漏らしをしません。のんびりホワー [続きを読む]
  • メメント公園 〜暗い時代の遺物たち〜
  • メメント公園。共産主義時代、ブダペストの街なかにあった巨像を集めた場所。1989年に共産主義体制が崩壊後、このような巨像は街から取り払われました。過去の遺物は、当時、いかに生きにくく、つらい時代だったかを物語っています。クン・ベラの記念碑。 クン・ベラ像の下にいるたくさんの人たちは、左側のブルジョワ階級から国家の兵士へと変わっていきます。そんな風に、人々を共産主義へ導いた指導者の像。デカい。。。大変な [続きを読む]
  • 蚤の市 〜東欧雑貨を求めて〜
  • ブダペスト中心部から車で30分。ラテ(左)とメル(右)を連れて、常設の蚤の市「エチェリ」を訪れました。東欧雑貨に会えるかな?ワクワク。ソロリソロリ。。お宝?ガラクタ?多分、誰にもわからない、、きっとそれが欲しい人にとっては宝物。ビックリするほど高い値段をふっかけてくるお店も。そうです。ここは値段交渉(値切り)の場。シャイな私には苦手分野。しかし、ボッタクリはなんとなくギラギラ感が伝わってくるもの。 [続きを読む]
  • 廃墟再び
  • 社会やイデオロギーがガラリと変わった国では、それとともに機能を停止し、そのまま放置された施設も多く残されています。思い立ってそんな場所を撮り始めたら、何とも言えない美しさに圧倒されて、夢中になってしまいました。続きをみる [続きを読む]
  • カフェでのひとコマ
  • 心地良さそうなカフェにやって来ました、、、と。あっ!ラテ、噛んじゃダメ!!ふー。危ないところだった、、(汗「で、ママ、何買って来たの??」2匹の瞳が輝きます。「チーズケーキだ!!おいしそう、、、!!」「食べていいの?クンクン、、、」  ダメだよ、これはママのもの(苦笑)「やっぱりもらえなかったか、、」少し残念そうなラテ&そらでした。今日来たのは本屋さんと一緒になったこちらのカフェ。英語やドイツ語で [続きを読む]