chaimam さん プロフィール

  •  
chaimamさん: 私立 国立小学校お受験への道
ハンドル名chaimam さん
ブログタイトル私立 国立小学校お受験への道
ブログURLhttp://ojukensuruyo.blog.jp/
サイト紹介文塾でなく家庭学習で大阪の国立大学附属小に合格。良かった事反省すべき事などを書いています。
自由文我が大阪の国立大学附属小学校受験。年長さん6月の模試結果はD判定。塾に通わず母の手作り問題を主とした家庭学習だけで頑張り、志望校に合格しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 330日(平均0.9回/週) - 参加 2016/03/18 22:39

chaimam さんのブログ記事

  • 入試後の生活
  • 小学校受験を終えたお子様も、これら受験受験を控えているお子様も、日々の学習習慣がついているかはとても大切なことです。受験終了組の中には「小学校受験も終わったから、しばらく羽を伸ばそう」なんて考えていらっしゃるご家庭はありませんか?特に、ご縁がなかっ... [続きを読む]
  • 入試の難易度と道徳
  • 2020年、学習指導要領が変更になるりますが、先駆けて「道徳」が科目になり「道徳科」にランクアップします。なぜなのか?それは、頭はいいのに相手の気持ちがわからない、相手の立場にたった考え方ができな子供が増えているそうです。昨今のニュースを見ていても、本当... [続きを読む]
  • 国立小の倍率
  • 国立小学校は倍率が高くて、難関だと思われています。事実、先日の附属天王寺小学校の倍率も約6倍でした。しかし実際は「記念受験親子」が1/3はいらっしゃるかと、個人的には感じました。(統計をとった訳ではありませんので、あくまでも個人的な感想です。)受験... [続きを読む]
  • 「ご縁」とは
  • 小学校受験では、よく「ご縁」ということばを聞きますよね。合格、不合格と言うのではなく、「ご縁があった」とか「ご縁がなかった」とかと表現します。べつに気取って言っているのではないのです。まさに、縁というか運としかいいようがないからです。入試当... [続きを読む]
  • 目標をお子様に説明する
  • ただやみくもにに問題集をやっていませんか。5才児、6才児ですと、「お受験のお勉強」をしているという自覚はあるばずです。ゴールは何かを説明すれば理解出来るはずです。プリントを何枚やっても終われない、縄跳びを何回とんでも終われない、ドリブルも、お絵描きも、、... [続きを読む]
  • 意外に大変な入学後
  • 国立小学校、我が子は附属天王寺ですが、入学したあとの現実を少しお話したいと思います。●塾●中学受験●兄弟枠●学童、いきいき 塾について1月末に合格発表がありますが塾をやめるご家庭は少ないです。せっかくお子様にお勉強の習慣がついたので、このまま続けたいという... [続きを読む]
  • お受験 スランプ状態になったら
  • 「お子様のスランプ」は夏休み明けあたりから多くみられます。最近まで時間内に出来ていた問題が出来なくなったり、正解率が下がるなどです。原因は、お子様にとって楽しいと思えないお勉強のやりすぎかと思います。夏休み中にペーパーの難易度をあげ、より複雑な問題に取... [続きを読む]
  • スランプ状態になったら
  • 「お子様のスランプ」は夏休み明けあたりから多くみられます。最近まで時間内に出来ていた問題が出来なくなったり、正解率が下がるなどです。原因は、お子様にとって楽しいと思えないお勉強のやりすぎかと思います。夏休み中にペーパーの難易度をあげ、より複雑な問題に取... [続きを読む]
  • 願書作成を始める
  • 志望校が決まったら願書の作成準備を開始しましょう。学校の願書は昨年と同じことが多いので、事前に入手しておくといいですね。大手のお受験塾での説明会などコピーを配布していることもありますよ。もちろん、原本は志望小学校の配布指定期間中に志望校から入手してくださ... [続きを読む]
  • 伝統校での調査 子供が本当に好きな本
  • 小学校受験のお勉強をされている方にはお馴染みの「お話の記憶」。この単元を始めてすぐ簡単に高得点を取れるお子様と、何度やっても2、3問しか正解できないお子様にわかれるようです。もちろん、この「お話の記憶」も訓練で高得点を得られるようにはなりますが、なぜ 同じよ... [続きを読む]
  • 小学校受験を経験して得ること
  • 小学校受験には賛否両論ありますよね。受験を反対される方々は「小さい子供に詰め込み学習をさせて可哀想だ」という理由が多いようです。ひたすらプリント問題を解かせたり、意味もわからないまま丸暗記させたり、、、このような間違った取り組み方では、確かに詰め込みだ... [続きを読む]
  • 受験直前のすごし方
  • 受験直前の2ヶ月がお子様の合否を分けると言っても過言ではありません。たった2ヶ月、されど2ヶ月です。保護者のちょっとした工夫がお子様を元気に前向きにさせるのです。プレッシャーをかけすぎない夏休みも終わろうかというこの時期、私立小学校受験を予... [続きを読む]
  • 点つなぎの線が曲がるのは
  • 点つなぎ、(点結び)やってますか?この単元は運筆なので、やればやるだかけ上手になります。しかし、ある一定のレベルまでしか上手にならないお子様もいます。理由は鉛筆の持ち方と、持つ位置です。今更?!ですが、鉛筆の持ち方が間違っていたり、持ち方は正しくて... [続きを読む]
  • 塾で泣く子供
  • 少数ですが、塾の授業中に泣き出すお子様がいます。また、今まで大丈夫だったのに夏休みあけから泣くようになるお子様もいます。授業中に泣かれると他のお子様に迷惑なので、教室にいずらくもなり、イライラしてしまいますよね。結果、お子様を叱責してしまう。し... [続きを読む]
  • 「なるほど」うなずけば覚えられる行事と季節
  • いつ何をするのか、だけでなく、なぜ行われるようになったのか、そのしきたりにはどんな意味があるのかがわかると覚えやすくなるだけでなく、私たち親も行事に愛着がわき、大切に受け継ごうという気持ちが芽生えます。「和」の行事えほん〈1〉春と夏の巻 [大型本]高野 紀... [続きを読む]
  • 小学校受験のリスク
  • 5才、6才という幼児期は頭脳、身体能力、人格の基礎を形成する「ゴールデンタイム」といわれています。そのゴールデンタイムに小学校受験をするには、それなりにリスクがあります。それは保護者や塾の先生方の態度によって自己否定感を植え付けてしまうことです。... [続きを読む]
  • 附属天王寺小学校説明会
  • 7月下旬に附属天王寺小学校の説明会が小学校の講堂でありますね。我が子のときを思い出しました。附属天王寺小学校について、ほとんど情報がなかったので、主人も仕事を休んで二人で説明会に参加しました。今月末、初めて説明会に行かれる方の為に、数年前の説明... [続きを読む]
  • 自己肯定感を育てる
  • 先日、附属天王寺小学校の保護者だけの全校集会がありました。そこで校長先生が「自己肯定感」についてお話になりました。最近テレビや育児雑誌でも取り上げらるている「自己を肯定する感覚」つまり「自分は大切な存在、価値のある存在だと認める」ことです。校長先... [続きを読む]
  • 家庭学習のメリット
  • 先日、幼児教室の体験をして、我が子にとっては良い刺激になり収穫があったことを書きました。それで我が子が小学校受験の教室に通うかというと、それは別問題で、やはり上の子のとき同様、塾には通わないことにしました。理由は、自宅ですればいいと感じているから... [続きを読む]
  • 子供の芽を摘み取っていませんか?
  • 幼稚園へお迎えに行くと、子供は「あのねママ、今日ね」と、今日あった出来事を話そうとしますよね。しかし、お子様が何を話そうとしているのか分からないことありませんか?幼稚園での出来事なのだろうけれど、一体誰がいつ、誰に何を言ったのか、またはどこに行ったの... [続きを読む]
  • 願書の写真
  • 小学校受験の願書に貼る証明写真専門の写真館のパンフレットが塾のカウンターに置いてあったりするので、手にとってご覧になられた方も多いと思いますが、ご覧になった方、正直どうお感じになられました?確かに素敵な写真に仕上がっていますが、決して安くはないですよね。... [続きを読む]