黄緑・緑・青緑 さん プロフィール

  •  
黄緑・緑・青緑さん: 黄緑・緑・青緑の日々徒然
ハンドル名黄緑・緑・青緑 さん
ブログタイトル黄緑・緑・青緑の日々徒然
ブログURLhttp://ameblo.jp/kimirodimirodi/
サイト紹介文日々思う事を徒然なるままに書いています。宇宙・SF・漫画・狂言・音楽・読書・新聞・経済・美術。
自由文その時々で、感じた事を自由気ままに書いています。
好きな事、興味のある事、新聞、ニュース、季節、ほんとに、様々な事です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供428回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2016/03/18 23:23

黄緑・緑・青緑 さんのブログ記事

  • 「やっぱり、面白いです。」
  • 日曜日、図書館で、 井上荒野さんや、再読したいと思っていた、「孤高の人」。 (※谷川俊太郎さんは、少し前に借りて、読んでいます。) も少し借りようかな〜と思い、 ふと目が付き、懐かし〜、姫野カオルコさんを借りました。 ・・・・ その昔、(ワタクシの)第一次姫野カオルコさんブーム時には、読みまくりましたっ。! 少し前に直木賞を受賞され時には、「うあぁ〜。カオルコさんだ〜。」                 [続きを読む]
  • 「薄〜い太陽電池。」
  • 本日の11面に、面白い記事が。 食品ラップの3分の1という、その薄さ! 「有機薄膜太陽電池」という代物で、薄型でも「丈夫で長持ち。」するそうで、 ウエアラブル用途の電源としての実用化は2〜3年後との事。 「丸い太陽電池」も凄い、ですが ここまでくると、その薄さに驚嘆します。 限りなく、薄く、軽く、尚且つ発電効率もUP! にほんブログ村 それにしても、またまた研究開発費用が気になるのであった。 一般企業 [続きを読む]
  • 「土曜の朝の楽しみ。」
  • 先週、久々の再会をした彼女達。 この前の土曜日の通勤時にも勿論、逢いました。 一人には、笑顔で、「ねーさん、おはよー。」と手を振り声をかけ、 (ワタクシよりも年下ですが、カッコいいので、ねえさん。と呼ばせてもらってます。) もう一人とも、笑顔で手を繋ぎ(タッチの様な感じです。) 「おはよ〜、行ってらっしゃ〜い。」と、互いに声を掛け合いました。 朝の通勤時の僅かな時間ですが、 何だか嬉しくて、楽しい気分 [続きを読む]
  • 「死への恐怖。」
  • 昨日、雨の間をぬい、いつも通い慣れた病院へ。 以前の数回の入院とは異なる、病院への行き帰り。 何とか心を整えて行きますが、病院からの帰り道々は、 ぼーっとして、考える事を止めています。 人は自分の死期が解ってしまう程、辛いものはないでしょう。 明日への希望、生きる希望を奪われてしまいます。 現実として、実母の死期を事前に知り、例え様もない心境ですが、 本人は、その前に倒れた影響で、その事がはっきりと解 [続きを読む]
  • 「許された人々。」
  • 本日、クレモナのヴァイオリン博物館に収められている (※イタリア政府観光局(ENIT)公式サイトよりお借りしました。) 名器達を、奏でる事を許された人々(その中の一人の日本人)の 姉妹の番組を見ました。(妹さんは日本で教室を運営されています。) それを許されるのは、僅か3人のみです。 イタリア政府観光局の文章より〜『世界水準の音響を持つ室内楽ホール Autitorium Giovanni Arvediでクレモナの17世紀の銘記の音色 [続きを読む]
  • 「I'm Mad About U2(THE JOSHUA TREE)」
  • I'm Mad About U2 朝刊に、「THE JOSHUA TREE」 がっ! (↑30年前のCDです。) MAD ABOUT ですが、この2017年の ヨシュア・トゥリーのコンサートツアーや、30年記念アルバムなんて、 全く知らずにいました。        以前、税金問題では色々とありましたが、 その影響力を行使し、 デビューから、愛と平和を訴え続けています。 ワタクシもデビュー当時から、好きであり続けています。 唯々、 [続きを読む]
  • 「雨上がりも好きなんです!」
  • この空梅雨の久々の雨。 雨上がりの空模様も好きなんです。 濃淡のあるグレーの雨雲が、風に乗り面白い様に形を変えていくその様。 その動く雨雲が立体的に重なり、雲の切れ目より、後方の白い雲や青空の見える様。 雨上がり直後は山々より湧き上がる雲も見え、その幻想的な風景をうっとりと眺めます。 湖西線に乗車している時など、 湖上を遠くから雨雲がやってくる様を、雨がやってくる様を見ることができ、 奥行きのある景 [続きを読む]
  • 「今週は狂言?(それも大蔵流?)」
  • 夕刊の、裏面の、「夕刊文化」 夕刊は一面の見出しをざっと読み、それから、裏面を楽しみに読みます。 今週の、「モノローグ」 昨日は、「うぁ、茂さんや〜。」と、思って読み、本日の夕刊を見ると! 「うわぁ〜、またまた大蔵流の狂言師だ〜!」 でした。 昨年に、楽しみにしていた、「大蔵流五家狂言会」イン京都に行き、その際に 茂山家だけでなく、他の大蔵流の狂言に触れましたが、それに出演されていた、 善竹兄弟のお兄さ [続きを読む]
  • 「ありがとうございます!」
  • ありがとうございます! 昨晩UPした、「8月のモーツァルト(その2)」が 本日、にほんブログ村の 「ビートルズ注目記事ランキング」の5位にランクインしておりました。 また、最近、立て続けに読者登録して下さる方も増え、 メジャーでない話題ばかり書いているワタクシと致しましては、嬉しい限りです  読んで下さる皆様、ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 「アイリッシュフィドルも好きなんです!」
  • 7年以上前に、 いや、もっとずっと前に、大津市伝統芸能会館で、北欧音楽を聴き、 (バクパイプが好きでしたので行きました。) そこで、スコットランドとアイルランドのバグパイプの違いを知り、 アイルランド音楽にも興味を持った、ワタクシ。 びわ湖ホールのロビーコンサートで、大森ヒデノリさんと、岡崎泰正さんの、 フィドルと12弦ギターの美しい調べに心震わせました。 (どこかでその感想を書いているかも?) その後、 [続きを読む]
  • 「8月のモーツァルト(その2)」
  • 本日の夕方に、本年の開催を知り、いの一番に 予約の電話を入れ、チケットゲット(当日精算です。)した、 大阪モーツァルトアンサンブルの皆様のコンサート。 プログラムを見て、楽しみが倍増!です。(*´▽`*) いやそれ以上、3乗・4乗・5乗? そこまでいくと大袈裟過ぎますが・・・・  でもっ、 ワタクシの好きな、ヴィオラの演奏が多くて、 K424番→ヴァイオリン1、ヴィオラ1、 K498番→ピアノ1、クラリネット1、ヴ [続きを読む]
  • 「(≧∇≦)、(≧∇≦)、(≧∇≦)。」
  • 何という題名でしょうか。 でも、本日の朝の再会を思えば当然です。 土日ダイヤなので、いつもより少し早い時間の京阪石坂線に乗ったワタクシ。 乗り換えの駅で、 ぼや〜っと考えながら歩いていたら、 前方から、見たことのある綺麗な女性が・・・・ お互い顔を見合わせて、数メートルの所で、「キャー!」 思わず笑顔になり、言葉を交わしました。 もう少し先を歩いていた女性も振り返り、「〇〇さんとよぉ〜似てるな〜、と思って [続きを読む]
  • 「さだまさしのセロ弾きのゴーシュ」
  • またもや、古い話を持ち出してきましたが、 さだまさしさんの、風見鶏のアルバムに入っている、「セロ弾きのゴーシュ」 高校時代、友人のす-ちゃんが大好きでしたので、私もよく聴きました。 (またもや、Sです!高校時代のワタクシの周りはSばっかりです。) その中で、サンサーンスの白鳥を初めて知り、 当時はクラッシックとは縁遠い音楽ばかり聴いておりましたが、この曲だけは 凄く心に残りました。 (ウィキからお借りしま [続きを読む]
  • 「乾君の10番!」
  • おおおぉー。 乾君が日本代表に返り咲いただけでも、おおお〜、なのに、 10番を背負うなんて! 野洲高校のサッカーファンならずとも、セレッソのサッカーファンならずとも、 滋賀県のサッカーファンならずとも! これは嬉しい悲鳴です! 20代前半の時期には、その時代の代表監督の好みでなかった故に 選出されませんでしたが、 今回は、リーガ・エスパニョーラでの活躍を引っ提げての代表入りです! (10番を背負うのは香川 [続きを読む]
  • 「やっぱり紺色」
  • え〜、 ニュースで今年の浴衣の映像が流れています。 (ウィキからお借りしました。昔の浴衣姿です。) むむむ。 やっぱり浴衣は紺地でないと、個人的に嫌です。   (※深い藍色もとても洒落ていて、いいです。) それも、のりで、ちゃんと色止めをしたものか、ロウケツでないと嫌です。 白地にプリントのぺらぺらした、浴衣なぞ着たくもありません。(あくまでも個人的好みです。) いくら、古典的な柄いきであっても、インク [続きを読む]
  • 「勉強になります!」
  • 実母の病院へ行く時は、心を整えてからでないと行けません。 本日は、お礼も兼ねて、先に「膳所弦楽館」にお邪魔致しました。 今日も又、質問攻めになってしまいましたが、代表の橋本さんは、 穏やかに、門外漢のワタクシにも解るように教えて下さいました。 木目の事、前側と後ろ側で使用する木の種類が異なる事、音階の事、 修理の事、チェロの製作の事、等々。楽しくて面白いお話ばかりです。  前回伺った時に切り出されてい [続きを読む]
  • 「あじのある藍色。」
  • 本日、夫と共に ↓に 行って参りました。 お目当ての作家さんは、楮谷(かみたに)陽子さん・昇さんご夫妻です。(※楮(コウゾ)と書いてカミと読みます。コウゾは和紙の原料です。) 本藍染めの作家さんで、笑顔の素敵な方でした。 ねっ。 藍染に関していえば、楮谷さんのご主人と、夫は、 「板染め」の話題もでて、(素人のワタクシにはさっぱりでした。)楽しく話している様子。 私は、本藍染めの深い藍色が気に入り、予定 [続きを読む]
  • 「ありがとうございます!」
  • ありがとうございます! 先日、初の取材! (という程タイシタものではなく、身分を証してお話を伺い、写真を撮りました。)を 致しました、「膳所弦楽館」 (※今までは、つらつらと好き勝手な事ばかり書いてましたし、「ほぼ土日大津」に関しましては、まちづくり大津の方の目が入ります。) 文章を書くにあたり、お顔を出していいのか等、了解を頂き、 書きましたが、「つくる、たのしみ(前編・後編)」 その記事を、ホームペ [続きを読む]
  • 「丸い太陽電池!」
  • 昨日(2017.6.9)の朝のニュース番組で見た、 砂時計型のソーラーランタンに内蔵された丸い太陽電池。  ほおおぉぉ〜!です。 電池、といえば、あの乾電池か、四角いモノか、 太陽電池ならば平面のそれを思い浮かべますが、 その商品の太陽電池は、丸いのです。 (※詳しくはhttp://www.sphelar.com/#lantern_conceptをご覧ください。) この丸い太陽電池の説明を聞いたとたん、 「ほおぉぉぉ〜っ!」でした。 (ランタンよりも [続きを読む]