春日サンサン塾 塾長 さん プロフィール

  •  
春日サンサン塾 塾長さん: 春日サンサン塾 塾長ブログ
ハンドル名春日サンサン塾 塾長 さん
ブログタイトル春日サンサン塾 塾長ブログ
ブログURLhttp://www.kasugasansanjuku.jp/
サイト紹介文☆最新教育情報、勉強法、留学、塾運営、子どもの気づき、教育心理学、より輝けるあなたへのヒント☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/03/18 23:58

春日サンサン塾 塾長 さんのブログ記事

  • 忘れてはいけない気持ち?
  • 今回の話題は「忘れてはいけない気持ち」について 保護者の方へ 自分が子どものときにどうしたらがんばれたのか、親に何て言われたのがうれしかったのか 逆に悲しかったのか、どういう風に接してくれたからありがたかったのか、いやだったのか それが一番の答えです。 おとなになるとおとなの価値観で動いていますが、 自分が子どものときどのように感じていたかを振り返ってみると [続きを読む]
  • 何のために学校に行くの?
  • 今回の話題は「何のために学校に行くの?」について 答えは、いろいろなことを学ぶためです。 いろいろなことを掘り下げて考えると 協調性、ルール、やっていいこと、わるいこと、人間関係、知識、ひとの気持ち、集団生活、時間の大切さ、修正する力、家庭とは異なる新たな価値観、上下関係、思いやり、責任感、罪悪感 さまざまなことを学ぶために行くのです。 勉強というと、机の [続きを読む]
  • 中学生の自学の宿題って意味ないと思いませんか?
  • 今回の話題は「中学生の自学の宿題って意味ないと思いませんか?」について 今日、小学4年生の子に 「さあ、今日は勉強どこまでする〜?」と質問したところ 「先生、どこまでするんじゃなくて、ここまで覚える。」 と言われました。 あ、この子伸びるな!と思いました。 一方、 中学生の宿題で、自学が出されますが やっている子は、ページを埋めるのに夢中で どこまで覚え [続きを読む]
  • 運動会で早く走るには?、、、と思ったら、どういう行動をとる?
  • 運動会で早く走るには?、、、と思ったら、どういう行動をとる? あきらめる 、、、三流。 どうしたら早くなるんだろうとただ悩む 、、、二流。 とりあえず、走ってみる 、、、ほぼ一流。 走ってみて、わからなかったら、独自に調査して、それを次に生かす 、、、一流。 走ってみて、調査、次に生かして、走ってみて、調査、次に生かして、、、の繰り返し [続きを読む]
  • 発達障がいの番組でわかったこと?
  • 昨夜、発達障がいに関する番組がありました。 仕事柄、非常に興味深いものでした。 いろいろ調べてみると 予想以上に発達障がいをもった子が多くいることにびっくりしました。 2012年の日経新聞では、小学生、中学生の約15人に1人は該当するとのことで クラスに2、3人はいるようです。 本人たちによると、見た目ではそういったことがわかりにくいので 他の人が自分たちを理解する [続きを読む]
  • 周囲からの期待に応えようとする力?
  • 今回の話題は、「周囲からの期待に応えようとする力?」について あるイギリスの大学の博士の実験のお話。 特に男子生徒は、親からの期待に応えようとする強い気持ちがあった、という。 高校生を約10年間追跡調査をしたところ、高校生の将来の年収を予測する上で 一番影響力があった要因は、家族が、そのこどもにどれぐらい期待するかであったという。 つまり、子どもは親の期待に応えよ [続きを読む]
  • 学歴はそんなに大事なのか?
  • 今回の話題は「学歴はそんなに大事なのか?」について 最初に結論を言うと 「学歴は大きな影響力を与えうることができます。それゆえ、とても大事です。」 アメリカの研究で高学歴の人ほど年収が高くなるということがわかりました。 それだけでなく、ビジネスで成功している人の多くは名門大学出身だということです。 日本においても学歴は影響力が非常に強いものとなっています。 ア [続きを読む]
  • 学力がよく伸びる生徒の特徴
  • 今回の話題は「学力がよく伸びる生徒の特徴」について。 ミシガン州立大学の心理学者によると 学力がよく伸びる生徒は こころのなかで自分で自分に話しかけたり励ましたりしている、ということだった。 たとえば、 学力がよく伸びる子は 数学の問題を解くときに こころのなかで「ここまではいいぞ!!良い調子だ!」「正解にたどりつきそうだ!やったー!」 など こころのな [続きを読む]
  • とんでもない力を出したいときには?
  • 今回のお題は「とんでもない力を出したいときには?」 ポイント1 「思い込み」を利用する ポイント2 自分自身+他者のちからで倍増 スタンフォード大学の教授の実験で 「たとえ根拠がなかったり、インチキだと知らされた後でさえも、思い込みを強化する」 という実験がありました。 この実験のポイントは「他者」にあなたは成績の良し悪しが決められた実験だということ。 つ [続きを読む]
  • ポジティブ思考になるためには?
  • 今回のお題は「ポジティブ思考」について 物事をマイナスに、悲観的に考えるのではなく プラスに、楽観的に考えた方が人生たのしいよ!ということ。 ロシアの心理学者が思考停止法や反論法をおすすめしている。 マイナス思考がではじめたときに 考えるのをやめてしまう、またはそれに反論するというもの。 たとえば、 「じぶんって何をやってもダメかもしれない。。。」といったマ [続きを読む]
  • 人生を好転させるには?朱に交われば赤くなる
  • 今回の話題は「感情感染効果」について。 周りにポジティブな友達がいると、自分がポジティブなったり ヤンチャな友達づきあいをしていると自分もヤンチャになっていく。 周りに影響を受ける傾向があるということですね。 朱に交われば赤くなるということわざもあるぐらいです。 人生を好転させるには ズバリ!言います。 明るい元気な友達とつきあうことです。 ムリして [続きを読む]
  • テレビを見ることで学ぶ力が、、、?
  • 今回のテーマは「テレビを見ることで学ぶ力が、、、?」 です。 ヘブライ大学のある心理学者によると テレビを多く見る人は見ない人に比べて自分への満足度が26%も低くなるとのこと。 テレビを通して、社会的比較によって自分の現状や才能に不満足を抱くようになるという。 また、 テレビを見る場合、受動的な見方をする場合が多いため、自ら学び取ろうとする力が失われていく。 [続きを読む]
  • 確認テストを夜1回と朝1回やると、、、
  • 今回のお題は 「確認テストを夜1回と朝1回やると、、、」 について 学校おわり。 塾に行く。 塾で勉強する。 終わった。 あー、勉強したな。今日もよくがんばった。 帰宅。 明日早いから、寝よう。 朝ギリギリに起きた。 やべ、遅刻する。 学校に急いでいく。 学校おわり。 塾に行く。 、、、の繰り返しではありませんか? だとした [続きを読む]
  • 学力向上と睡眠について?
  • オランダ・アムステルダム大学の教育心理学者の博士によると 睡眠の質が高くなればなるほど、日々の仕事の効率が上がるということ を明らかにしました。 したがって、朝低血圧で起きられないとか夜寝られないとかいう状況は避けたいところです。 勉強に集中できないときは まず、生活サイクルを見直すことを試しましょう。 朝型生活サイクルにする。 夜スマホを使わない。 朝はやめに [続きを読む]
  • 幸せになれる方法と学力向上のきっかけ
  • オハイオ州立大学の博士によって「幸せ」についての実験がありました。 あなたはどのような状態に幸せを感じますか?という質問に 1位は「恋に落ちた」 2位は「宝くじに当たった」 しかも、1位は全体の約80%だそうです。 これと 学力向上とどうかかわるか? 小学生、中学生、高校生、多感な時期に 好きな人、いいなあーと思う人をつくることです。 [続きを読む]
  • 中学生高校生向け?学校の授業についていくコツ?
  • 塾長です。 いかがお過ごしでしょうか。 まず、塾長の学生(中学、高校時代)の勉強法、勉強スタイル確立までの道のりについて 共有してから、定期テスト対策のコツについてお話します。 塾長は私立の中学受験をしました。 もちろん、塾にも行きました。 なぜ塾に行きたかったかと言うと 同じ学校にどうしてもテストでは勝てない女の子がいて、その子に負けたくないという 理由 [続きを読む]
  • 大人になっても使えるスケジュール管理の秘訣
  • 塾生には 大人になっても使えるスケジュール管理の方法を体得してもらいたいと考えています。 なぜなら 社会に出たらスケジュール管理能力が仕事をする際に重要になってくるからです。 スケジュール管理に大切なポイントを5つ。 ポイント①メモをする メモをすることで意識させるのと同時に忘れにくくします。 ポイント②すべてのやるべきことを洗い出し、全体を見る。 タスク [続きを読む]
  • 兄弟姉妹と勉強習慣と承認欲求?
  • 今回のお題は 兄弟姉妹と勉強習慣と承認欲求 について。 塾でお父さんお母さんに接していると 兄弟姉妹の話になることが多々あります。 妹は、進んで家庭学習をするけど、お兄ちゃんの方は全くで。。。 お兄ちゃんは勉強と部活両立できる方だったけど、この子は部活に夢中で。。。 などなど 兄弟姉妹で全然勉強に対する意欲、取り組み方が違うようです。 とりわけ [続きを読む]
  • 勉強と遊びの両立の仕方?
  • 塾生が描いた絵です。 すてきです☆ さて、今回のお題は 勉強と遊びの両立の仕方 について 勉強と遊び、勉強と趣味、勉強と部活。。。 よく並立して比べられるものですが 保護者の方とお話をすると、けっこう、この問題に直面します。 そこで、 うまくいっているご家庭でどのようにやっているか共有します。 ポイント① 優先順位を決める。 勉強(やる [続きを読む]
  • 小学生、中学生が見落としがちな目標設定
  • 毎授業ごとに目標を立てて それを意識してもらうようにしていますが 当初、小学生・中学生のみんなが意識してなかったことがあります。 それは時間です。 ①何ページまでやる。どのくらいの量をやる。 といった類が一番多く、 ②〜といった単元が学校でわかんないから、〜を今日復習する。 といった類が10〜20% という状況でした。 何を「いつまでに [続きを読む]
  • 90%以上の生徒がもったいない方法でやっている丸付け、やり直しの方法
  • 今まで多くの生徒を見てきましたが、 丸付け(正解・不正解を判断して〇をつけ間違えば?をつけ、間違った答えは正しい答えを記入) をもったいないやり方でやっている生徒が多いことか!! だいたい、みんな〇?をつけて 答えをみながら、そのまま答えを書き写してしまう人が大多数なのです。 え、それ以外の方法があるの?って? あるひとつのことを加えるだけで 定着率が格段に [続きを読む]
  • あっち向いてホイからわかること?
  • 春日サンサン塾では恒例行事として 毎授業後に あっち向いてホイの真剣勝負を行います。 真剣です。 目の色が違ってきます。 あっち向いてホイ真剣勝負。。。 これが大好評なんです!! ふとしたきっかけで始めたことですが 開校当初より続いている「伝統」です。 ずっとやり続けていると いろんなことに気づくことができます。 自分のクセや相手のクセ。 そ [続きを読む]