reha-bridge さん プロフィール

  •  
reha-bridgeさん: 脳卒中患者だった理学療法士が伝える、本当の事
ハンドル名reha-bridge さん
ブログタイトル脳卒中患者だった理学療法士が伝える、本当の事
ブログURLhttp://ameblo.jp/reha-bridge/
サイト紹介文脳卒中になってから理学療法士になった経験を踏まえ、当事者とリハビリ職の懸け橋となる活動をしています。
自由文使命:脳卒中当事者と、リハ職の懸け橋となる
略歴:2005年に外傷性脳塞栓を患い、急性期病院退院後、リハを続けながら、理学療法士免許を取得。
 理学療法士となってからは、様々な講習会を受講し、理学・作業療法の可能性を体感するとともに、臨床経験を積んでいる。
 また、「脳卒中患者だった理学療法士が伝える、本当の事」と題し、当事者の経験を、医療・介護職に伝える講演活動を行っている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 292日(平均0.3回/週) - 参加 2016/03/19 05:05

reha-bridge さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • クリスマス会
  • 今年のクリスマスは、NPO法人日本脳卒中者友の会横浜支部のクリスマス会でした!(^^) 40名程の脳卒中者が、主体的に参加した甲斐あって、めちゃくちゃ楽しかった! 今日はそんな中からエピソードを一つ。 写真は、サンタ役を買って出てくれた長坂さん。 お隣は、いつもご一緒の奥様(^^) 実は彼は、友の会に参加した当初は、車椅子でした。 でも、友の会の脳卒 [続きを読む]
  • 【水中リハ体験】
  • 先週の木曜日は、国立障がい者リハビリテーション研究所の河島さんのご厚意により、水中リハを体験してきました!14時〜、施設内のプールに続々集まった脳卒中者の皆さん。中には車椅子の方もいらっしゃいました。運動麻痺をお持ちの方、筋緊張が高い方、失調症状をお持ちの方…私も含め、実に様々な症状をお持ちの方が参加されていました。普通の病院勤務しかしていないセラピストの人は、この方々が泳げるとは思わないでしょう [続きを読む]
  • ふと、思ったこと
  • 今日は休日。嫁さんに買ってもらったカンデルと解剖の本を読んたり、講演資料を作成したり、家事をしたりして過ごしていました。二人分の夕御飯を作っていると、いつも通り震える右腕。卵も割れないし、器はひっくり返すし。もう10年以上こんな体なので、普段は何とも思っていないのですが、今日はなんとなく、『この経験は他の人にはして欲しくないなぁ』としみじみ感じました。生活しづらいし。笑私は今、回復期病院に理学療法 [続きを読む]
  • 体験記〜序章③〜
  • 大変お久しぶりでございます!脳卒中患者だった理学療法士、小林です!なんと、約1ヶ月振りの更新(^^;)出ました筆不精。笑その間、札幌〜広島で講演を行わせて頂いたり、日本脳卒中者ケアリング・コミュニティ学会東京大会の実行委員として活動させて頂いたりと、けっこう活発に活動させて頂きました!そんな中、複数の方から『ブログ更新、楽しみにしています』とお声掛け頂き、今日の更新に至りました。楽しみにして頂いていた [続きを読む]
  • 札幌
  • 皆さん今晩は!ただいま、札幌から帰って参りました!この3日間で、第51回日本理学療法学術大会への参加と、花畑リハ様主催勉強会で、『脳卒中患者だった理学療法士が伝える、本当の事』6時間講習(1時間休憩)の講師をさせて頂きました(^-^)インプット・アウトプットの両方で、濃厚な3日間を過ごす事が出来ました。講習会では、受講生の方々の反応が良く、時間を忘れ、少し喋り過ぎ…笑皆様からは、とても高い評価を頂きまし [続きを読む]
  • 体験記〜序章②〜
  • 発症6ヶ月の時点で、外来担当医師の、『回復限度かな』という言葉に発奮し、自らリハが行える所を探した、10年前の僕。藁をも掴む思いで辿り着いたのは、健康情報誌に載っていた、トレーニング施設だった。雑誌によると、そのトレーニングは、アスリートのパフォーマンスUPや、脳卒中後のリハにも活用されているとの事だった。名前を『初動負荷トレーニング』と言った。幸いにも、隣街にOPENしたての提携施設があり、早速 [続きを読む]
  • 千葉リハ『更生園』に行ってきた
  • 皆さん今晩は!体験記の途中ですが、忘れちゃいそうなので、今日あった出来事を。本日は、休日を利用して、外来担当患者さん・ケースワーカー達と、千葉リハビリテーションセンター内の更生園へ、施設見学に行ってきました!(^^)(もちろん、医師の許可有り)入所者に合わせ、機能訓練・生活訓練・就労移行支援のメニューがあり、身体機能・生活能力向上から、復職・その後の支援まで、一貫したサポート体制がシステム化されてお [続きを読む]
  • 体験記〜序章〜
  • 理学療法士となってから、毎月様々な講習会を受講したりして、沢山の先生方に出会ってきました。そして、チャンスがあった時は、デモや治療を実際に受けさせて頂きました。例えば、紀伊昌和先生、大槻利夫先生、曾根正富先生、小野剛先生、鈴東伸洋先生、冨田昌夫先生、Franca Pante先生、鶴埜益巳先生、中里瑠美子先生、生野達也先生、蒲田和芳先生、博田節夫先生、脇元幸一先生、祝広孝先生、板場英行先生、竹井仁先生、岩永竜 [続きを読む]
  • 誤嚥未遂とDeep Front Line
  • 今日会った事。最近、食事中にむせる事が多いミートソースや鶏肉そぼろなんて、てき面だ。今日、当院の信頼しているST(言語聴覚療法士)に、「最近、誤嚥しかける事が多くて〜(^^;)」と、軽い気持ちで相談。すると、『ちょっと飲みこんでみて貰えますか?』と。ゴックン。『あれ?喉頭挙上、遅いですね?』おいおい、冗談はよしてくれ。も一度、ゴックン。『やっぱり!上がるの遅くて、下がるの速いです!(゜∀゜)』いやいや、何 [続きを読む]
  • 脳卒中になって、良かったこと
  • ここに、一枚の写真があります。これは、私の地元にある、伝説のカレー屋の1番人気メニュー、卵の上にチーズを乗せた焼きカレー『カレリアン』です。皆さんは、このカレーライスを見て、どう思いますか?カレー好きの方は、『チーズがとろっとしていて美味しそう』『卵とチーズが、カレーにコクとまろやかさを出してそう』などが連想され、逆にチーズや卵が嫌いな方は、『カレーは美味しそうだけど、チーズが無ければなぁ…』な [続きを読む]
  • 未来への一歩in東京とケアコミュ学会準備委員会
  • 皆さん今晩は!本日は、脳卒中当事者の声を伝える勉強会『未来への一歩in東京』で講演をさせて頂き(新宿)、中抜けさせて頂き、代々木のJR東京総合病院で6月に迫ったケアコミュ学会の準備委員会に出席し、また勉強会に戻る。という、慌ただしい一日を過ごしました(^_^;)バタバタはしましたが、勉強会参加者から「感動した」「各地でやって欲しい」とのお声を頂く事が出来、また準備委員でも本大会に向けた活発な議論が行われ、充 [続きを読む]
  • 筆不精の私が、なぜブログを書こうと思ったのか
  • 皆さん、こんばんは。脳卒中者でありながら、現役理学療法士の小林純也です。昨日まで春の陽気だったのが、一転肌寒くなり、若干驚いております。気温の変化に、身体も正直。寒い日は、右半身の強張りや、痺れが増悪してしまいます。そんな中、仕事は休みだったので、行ってきました。春日部。私が大好きな理学療法士のお一人、吉尾雅春先生の講習会を受講するために。『姿勢制御課題へのアプローチ』について、豊富な症例提示と [続きを読む]
  • 脳卒中患者だった理学療法士が伝える、本当の事
  • はじめまして。脳卒中者でありながら、現役理学療法士の小林純也です。今から約10年前。 2005年11月9日。私は、脳卒中になりました。半身が動かず、感覚も無い。意識を失い、気付いた時は、病院のベッドにいました。私は、今まで生きてきた世界と、今いる世界が、全く別物に感じていました。2ヶ月間の闘病の後、新しい世界を、全く受容出来ないまま、急性期病院を退院。当時は、足を引きずる様にして歩き、走る事も、階段を1足1 [続きを読む]
  • 過去の記事 …