肥前の農民 さん プロフィール

  •  
肥前の農民さん: 農作業を楽しむ会 諫早
ハンドル名肥前の農民 さん
ブログタイトル農作業を楽しむ会 諫早
ブログURLhttp://nougyou160104.blog.fc2.com/
サイト紹介文「百の理論より、畑の一鍬」 長崎県諫早市の農業実習団体です.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 322日(平均0.5回/週) - 参加 2016/03/19 08:53

肥前の農民 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 今日は節分
  • 早いもので2月の最初の作業は節分の日になりました。今日も土づくりを主体として、落ち葉等を畑にすき込み、春の植え付けの準備を行いました。畝の真ん中を25センチ深さに掘り、落ち葉を埋け込んでいきます。2カ月もすれば、腐熟になり畑の有機物肥料若しくは落ち葉堆肥となります。微生物の多様化が促進され病気等に強い作物を栽培出来るものと考えています。 [続きを読む]
  • 今年2回目の作業
  • 相変わらずの「ボケ」をかましまして、またもやカメラを持参する事を忘れてしまいました。写真は無しです。冬の真っ盛り土の準備です。今回は耕耘機の出番は無いものと考えておりましたが、取り入れ後の畑に石灰窒素を播きましたので混入の必要に迫られ3馬力耕耘機に出動と相成りました。水気が多く小さな耕運機では耕起はやや難しくちょっと苦労しましたが何とか終えることが出来ました。この調子だと、畝を高くして水分調整をす [続きを読む]
  • 2017幕開け
  • 平成29年 西暦2017年の幕開けです。本日は、新年のご挨拶に続いて農作業を開始しました。サトイモ・にんじん・キャベツ・ハクサイ他を収穫しました。跡地にはもみ殻を播き、石灰窒素を散布した後耕運機をかけました。春先の作業の準備に入ったところです。顧問より、気温が高く雨が多いので病気対策に特に注意が必要だと指摘が有りました。収穫の際、特にジャガイモなどは極小の物を畑に放置する事が有ると、出穂してある程度は [続きを読む]
  • 6月17日
  • 梅雨の晴れ間の作業です。本当は踏み固めを避けるため、畑に入らない方が良いのですが、やるべき仕事が山積してますので止むをえません。なぜ通路も固くならない方が良いのか?作物が成長するための要素とは、水・光・温度・酸素ですが、酸素供給の為には通気性の良い土を要します。畝だけではなく、畝間にも通気性の高い土を確保出来ればそれに越したことは無く極力、踏み固める事が少ない方が良いと思われます。本日の作業予定 [続きを読む]
  • 6月10日
  • 6月10日 梅雨の晴れ間を利用して定植は続きます。本日はサツマイモ他を定植します。苗はいつものように、三ヶ嶋顧問に用意して頂きました。種から育成を目指すものとしては、どうしたらこのように揃った苗が出来るのか?勉強すべき事が山積しているのを実感する次第です。  梅雨の事とは云いながら、定植にはどうしても水が必要になります。会員各位の努力で、水タンクが確保できました。手前の青いタンクがそうです。これで常 [続きを読む]
  • 6月3日
  • 6月3日の農作業本日はジャガイモの収穫を行いました。たった1週間の事ですが先週の試し掘りから見ると随分と芋が育ってました。前回お話をしましたが、堀取りの時期をどのように判断するかは難しいところです。梅雨入りも真じかですので今回は良い判断が出来たと思ってます。この後、サトイモの土寄せ、マルチ替わりの枯れ葉かぶせ、キュウリ・ナスのマルチ掛けと施水とめまぐるしく一日が終わりました。本日の補講ジャガイモ蛾の [続きを読む]
  • 5月27日 今月の最終作業日です。
  • 5月の作業も、本日で最後になります。種まき・苗の定植のキックアンドラッシュが始まりました。本日の予定は、サトイモ(追加)・インゲン・カボチャ・ラッカセイ・スイートコーン・ソラマメの定植です。 サトイモを追加しましたミニカボチャの定植です。規定通りに株間をとる為に仮置きの後、植え穴を掘ります。堆肥を施し、土と良く混ぜた後、根が直接触れないように注意して植え付けます。水やりや施肥の場合に直接根に当たら [続きを読む]
  • 5月20日
  • 本日は、フダン草他の植え付けと、前回定植した作物(早生のサトイモ他)の補修を行います。補修とはこの会は週1回2時間半位の作業で運営されていますが、煩農期になるとどうしても時間が足りなくなってしまいます。おまけに今年のように気候が不順ですと、教科書通りの作業は不可能です。本来ならば、土づくり・施肥それぞれに1週間の間隔が必要と言われてますが、作業予定日が雨になると日延べせざるを得ません。育ち過ぎた苗 [続きを読む]
  • 5月13日 本日の作業は
  • 5月も半ばになり、久しぶりに文句なしの晴天となりました。気温は30度近くに達し日差し、紫外線も老骨には堪えます。雨除けのブルーシートも本日は日除けとして使います。爺・婆(失礼!)の避難所となります。この会は、仕事ではなく同好会ですので、各人の体力に合わせて給水・休息は自由です。自己判断で行動して良いのですが、皆さん極々真面目な方が多くて休みを取ることが少なく、これから夏に向かっての作業に一抹の不安が [続きを読む]
  • 5月6日 農作業他
  • 5月最初の作業は、小雨けぶる中です。恒例のブルーシートの屋根をかけて作業準備に掛かります。畑の様子です。ソラマメ エンバクはまあまあの成長です。(左)ジャガイモの花が咲いています。(右) 雨中に畑に入ることは原則タブーなのですが、最小限度の踏み荒らしに注意しながら新タマネギ収穫の為入りました。同じく豆類も収穫します。 本日の収穫です。新タマネギの香りが満ちています。しばらくは、この収穫が続きそうで [続きを読む]
  • 4月22日 畑に復帰
  • 熊本地震から1週間が過ぎました。被災された方々には、一日も早い復興が出来ますよう心から祈念いたします。まだまだ余震が続いているようです。ニュースでは水道の復旧が90%を超えたとの報道が有りましたが、それはあくまで市の水道の事であって、水を必要とする個人の立場からすれば、実情は数字とは程遠いようです。と云うのは、敷地内の水道の管理は個人の責任となります。いくら門口まで水が来ても敷地内に問題が有れば水は [続きを読む]
  • 4月8日 本日は基本中の基本 種まきに就いて
  • ブログ切畑家の家庭菜園(http://www.jttk.zaq.ne.jp/bajwp500/index.htm)の家庭菜園基礎コーナーに次のように詳しく解説をされています。抜粋して掲載させて頂きます。さらに詳しくお知りになりたい方は上のURLをご覧ください。『発芽の三要素 種が発芽するとき、「水」と「温度」と「酸素」は必要不可欠で、 発芽の三要素と言います。1)水分 ○種子は乾燥状態にあれば、他の条件を揃えていても発芽しません。種子が水分 [続きを読む]
  • 4月1日 エイプリルフールなんだけど・・・・・
  • 4月1日 エイプリルフールなんだけど、誰一人カマスことも無く、ただただ真面目には畑に勤しんでいます。集合後に、顧問から「白色疫病が見られたので消毒しておきました。」との報告!相変わらず、植えさえすれば育つ、収穫はスーパーマーケットで位の感覚しかない研修生は眼が点。生まれて初めて聞く「白色疫病」なるものに対処法に至るまで質問が集中。「温かくなると病害虫で忙しくなるよ。」と聞いていたものの、目に見え [続きを読む]
  • 3月25日 総会
  • 3月25日 本野の出張所にて会始まって以来、最初の総会を迎えました。平日の午前中ですので心配しましたが、ほぼ85パーセントの出席を得ました。三ヶ嶋顧問の挨拶の後、会計報告が有りました。顧問を始め皆様の努力の結果、見事な黒字で推移しているようで、何よりです。この後農作業に就いて質疑応答が有り、1時間ほどで閉会となりました。午後は通常通り農作業です。本日のメニューはイノシシ除けのネット周辺の除草とサト [続きを読む]
  • 3月18日 雨の為、初の座学です。
  • 本日は、雨が強くなるとの予報で急きょ座学となりました。場所は諫早市役所出張所(本野町)です。予備知識として「野菜の科目」をおさらいしておきます。要諦はジャガイモはナス科である事。「これはどう考えてもナス科では無いよね」と云った野菜までナス科で、連作障害を考えるとき注意を要します。その他の科目も併せて、次の「URL」に詳しく掲載されていますので、連作障害の回避に是非確認願います。http://www.do-agri. [続きを読む]
  • 3月11日 大震災の日に
  • 東日本の大災害の日になりました。5年前の事です心より、犠牲になられた方々のご冥福を祈ります。黙とうを奉げつつ、作業を行いました。3月11日の作業本日はネコブ・ネグサレセンチュウに対応するため、作物のほとんどを収穫しました。畑に残ったものは、ソラマメ・馬鈴薯・レタス・スナップエンドウ・タマネギのみとなりました。 あと地にエンバクを播きました。 ちなみに、エンバクの効用については「㈱タキイ種苗」がイ [続きを読む]
  • 3月5日 もうすぐ春本番
  • 今日3月5日は春本番に向けて草引き(雑草取り)とニンジン等の撤去を行いました。次回はいよいよ夏野菜に向けて耕転と畝作りへと向かいます。作付は未だ決まってませんが、多分かなり忙しくなると思います。本日は、顧問より作物の病気(ウイルス性)の説明が有りました。これらは、伝染します。つまり他の株に移っていきます。見つけ次第消毒または撤去の必要があります。先ずはネギの葉に現れる「さび病」。こいつはタマネギ [続きを読む]
  • 2月26日 本日の作業
  • 本日の作業はサトイモの収穫(いよいよ最後の畝のサトイモになります。)親芋と子芋が一塊りになって掘り出されます。スーパーマーケットに収穫に行かれる方は、ちょいと見たことのない光景だと思います。  収穫後、再整備した畝にジャガイモを定植します。先週カットしたジャガイモです。切った表面がコルク化しているのが解りますか?ここまで来ると、罹病することが少なくなります。手引き書では切り口に保護剤を塗って定植 [続きを読む]
  • 2月19日 ジャガイモの植え付け
  • 今日は ジャガイモの植え付けに就いて先ず、種イモを切り分けます。1個当たり15g〜30g位を目安にします、意外と小さいですよ。几帳面な方は4等分に切り分けようとします。どんなに上手に4等分しても一個一個に芽吹く箇所(えくぼみたいな箇所)が無ければ芽が出ませんので、良く見て各個にえくぼを残さないと意味が有りません。すでに長く芽吹いてしまったものは芽を落とします。落とす際に身を傷つけてしまった時は日をお [続きを読む]
  • 過去の記事 …