今井天士郎 さん プロフィール

  •  
今井天士郎さん: 子育ても仕事も趣味も。人生を欲張りに楽しもう。
ハンドル名今井天士郎 さん
ブログタイトル子育ても仕事も趣味も。人生を欲張りに楽しもう。
ブログURLhttp://tenjiro-ikumen.dreamlog.jp/
サイト紹介文本業はコンサル、出版書籍はAmazon1位!仕事にイクメンにと毎日がんばる天士郎のブログです。
自由文イクメン歴約10年の今井天士郎が、
共働きのデキるビジネスパーソンに向けて
子育てしながら家庭も仕事も趣味も楽しむ人生を生きるための極意とワザをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/03/19 14:59

今井天士郎 さんのブログ記事

  • 短時間労働したいなら主導権を取りに行け
  • ☆さて、 世知辛い世の中になってきまして、 仕事の成果は出さないと行けないし、 さらに最近では    ●残業禁止ね♪ を声高らかに言い放つ企業も増えてきました。  少し前までは、建前上言っていたものの、 裏っかわでは    ■そんなこと言ったってムリだよなあ〜 という経営者も多かったんですが、 最近はそれも変わってきていて、 マジメに残業をなくそうとしている経営者も 少なからず目立つようになってき [続きを読む]
  • 夫婦間の愛情表現とは何たるものぞ
  • ☆イクメンやってて思うのが、   ●夫婦間ってムズカシイなあ と思います。 何もこれはワーママ・イクメンに限ったことではないと思いますが、 ワーママ・イクメンではない夫婦に比べるとお互いに時間がないので、 よりムズカシいといったところでしょうか。 ですが、夫婦間の関係を安定させておく、というのは、    ▼忙しい毎日を回すためにも      ▼仕事に集中してハイパフォーマンス出すためにも   ▼何 [続きを読む]
  • 夫婦ケンカの根本は「家族への甘え」にあると分析してみた(涙声)
  • ☆以前、ケンカしない夫婦の秘訣、 という記事がありました。 ケンカしない夫婦の秘訣からの、子どもが生まれてから「悟った」こと : 子育ても、家庭も、仕事も、趣味も。人生を欲張りに楽しもう。  できればケンカせずに過ごしたい、 というのは大いにアグリーなのですが、   ■他人と思え という点にはいささか反論がありまして、 今日はその話しです。☆理屈で言うと、 夫婦は他人だと思いますよ。 [続きを読む]
  • ケンカしない夫婦の秘訣からの、子どもが生まれてから「悟った」こと
  • ☆ケンカをしない夫婦の秘訣が書かれています。夫婦円満の秘訣を描いだマンガが話題! 「めっちゃ共感...」「理想だわ」 まあ、これはこれで共感するところもあり、否定的な部分もあり、 ワンオペが気ままにできるところなど、うらやましく思う部分もあるのですが、 この記事の最下部にあるコメントがさらに秀逸。 ===以下抜粋=== コレって、子供がいないからできることだね… 子供が出来た時に、同じでいられるか?と [続きを読む]
  • ワーママ・イクメンの出張スタイルの確立は、まだ遠く
  • ☆前回ね、 RIMOWAについてアツく語らせて頂きましたが、 今回もRIMOWAネタ行きます。 だってRIMOWA良いんだもん。 だって出張多くてイクメン生活大変でも、 移動の時にRIMOWAのスーツケース引いていると、 少しは気持ちが和らぐモン。 なのでお付き合いをば。  ☆えっと、 まず私が持っていてビジネスの出張で使っているヤツのご紹介から。  リモワ RIMOWA サルサ SALSA キャビントロリー 2輪 33L マットブルー [続きを読む]
  • 仕事に、家族旅行に至高のスーツケースはこれだ!(と思う)
  • ☆ワーママ・イクメンと出張の続き。 出張という移動の快適さもさることながら、 途中で    ●サッと必要なものを出せる という機能性が、ワーママ・イクメンの助けになるんでした。   ワーママ・イクメンで、出張族だったら、コレぐらい気を使うべき : 子育ても、家庭も、仕事も、趣味も。人生を欲張りに楽しもう。  10分、15分の作業が積み重なって、 毎日の忙しい生活を回していく糧になりますからね。☆今日 [続きを読む]
  • ワーママ・イクメンで、出張族だったら、コレぐらい気を使うべき
  • ☆旅のためのツールというのがあります。 私はいわゆる出張族なので、 イクメンしながらだと、 こういったツールに非常にお世話になっています。 なんでお世話になっているかと言うと、   ▼出張の時、忘れ物をするわけにはいかない   ▼なぜなら、出張中にやるべき仕事は終わらせる必要があるから。   ▼出張先では普段のパフォーマンス以上のものを発揮できないと。忘れ物なんて論外   ▼「持ち帰って〜」なんて [続きを読む]
  • 次男がモテると、父親の私が気まずい
  • ☆前回の、 男の子の父親と、 女の子の父親とはまったく違うよ、 という話の続き。 自分の子供の無邪気さに、 私(父親)自身がハラハラした経験から。☆時は、まだ冬のこと。  当時、まだ保育園児だった次男は、 友達らとスキーに行きました。 その日は長男の用事があって、 家に残っているのは長男とツマ。 スキーに行ったのは次男と私の二人でした。 来ていた保育園の友達は女の子で、 後から聞けば、ウチの次男の [続きを読む]
  • 対極にある考えを子どもにフラットに教える、というスキル
  • ☆さて、前回は、    ●スポーツマンシップとゲームズマンシップ について、どうやって子どもに教えるかということでした。子どもにスポーツマンシップとゲームズマンシップをどう教えるか? : 子育ても、家庭も、仕事も、趣味も。人生を欲張りに楽しもう。 親心としては、スポーツマンシップ100%で生きていって欲しいと思うのは当然ですが、 やっぱり現実的にはね、いろいろとありますからね。 その頃合いについて、どう [続きを読む]
  • コメがない・・・時の絶望感ハンパない
  • ☆休日でも平日でもなんですが、 家に帰って、さあ御飯食べるぞ、と思ったら      ■あ、コメがない・・・  という時の絶望感。 これ、ハンパないです。   ☆おかずはもう作ってあるのに、 コメが無くて、晩御飯がスタートできない。 大人であれば、おかずだけでビールでも飲みながら、 コメが炊けるのを待ってる、ってことでもできますが  子どもはそうは行きませんからね。 特にウチの子はコメ好きなもん [続きを読む]
  • 子育てで一番楽しいのは、子どもと勝負する時かもしれない
  • ☆いや、このおばあちゃんカワイイですね。 孫とゲームで対決で、 そのゲームにハマってしまうなんて。 時々見せる「あちゃー、そこ行くかー」という 笑顔がホントにカワイイです。 ☆ウチも、 ツマ家族が、こういう系のゲームや 子どもと楽しめるトランプをよく知っていて 3代で楽しんでいます。 一時期、ウチの家で流行っていたのが将棋。 子どもでも駒の動き方をすぐ憶えられるように、 こんな将棋があるんです。  [続きを読む]
  • 塾通い・・・いや、ホント大人が考える以上に子供はガンバってますよ
  • ☆いやー子供の考えることと、 行動力はハンパないっすねー  ようこんなことできますな。 特に二つ目何よあれ・・・ 組み立て体操みたいにして、 ドアロックチェーンを外そうとするなんて。 なんて賢いんだ。 ☆これを見ていると、 ちょっと(いや、違うか?) 子供の無限の可能性に気づきますよね。    「なんで、そんなこと思いつくの?」 ということや、   「いやー、真似出来ないわ、スゴイ」 と思うような [続きを読む]
  • 親は「こんな子に育って欲しい」と思うところから子供を殺す
  • ☆こどもに、 どんな風に育って欲しいか、というのは、 どの親も平等に持っていて、 でも、そういうのって「正解」といえるものがないし、 正解かどうかわかるのが20年後なので、 今の時点で、どう思っていようが、 夫婦間のパワーバランスによって(笑)、 (往々にして、ツマ意見が通るという意味です) 子供への実際の接し方が変わってきます。 例えば、ウチであれば、 上の子は「絵を描くこと」がホントに小さいころ [続きを読む]
  • そんな感じしないけど、子供の数ってピークの半分になってるんだね
  • ☆そろそろ子どもの日も近いので、 ちょこっと考察ネタを。 少子化だって、 言われだして久しいですが、 この感覚って、その時代にしか生きていないので、 本当のところはよくわかりませんよね。 例えば、このGW中だって、    ▼子供が集まるところには集まっている   ▼その数は決して少なくない印象   ▼その道中はほぼ渋滞 ということなので、 ど真ん中の子育て世代として、       ■いやー子供少ない [続きを読む]
  • 植物との関係における兄弟間の違いについて
  • ☆はい、20年ぶりにシングルを出された 小沢健二さん風なタイトルではじめてみました(笑) ただ、それだけです。やってみたかっただけ。 では本文はいります。 下の子の 保育園の卒園記念でもらってきた チューリップを枯らしてしまいまして、 そのことを下の子に言うと、    「お父さんが水やらへんから」 みたいなことを ほざきやがりまして:-( なんて他人任せのことを言うんだ この野郎、と思ってしまいました [続きを読む]
  • ワーママ・イクメンこそ、働けること自体に感謝するのが良いよ
  • ☆世間はGW真っ盛りですが、 マジメに仕事のお話をば。  先日まで海外に出張に行っておりまして、 1週間の結構ハードな出張でした。 まるまる一週間空けるということで、 ツマもそうですが、 手伝いに来てくれている おばあちゃん(義理の母)にも感謝です。 ワーママ・イクメンの家庭で、 1週間のブランクをつくるというのは、 残されたほうからするとホントに大変なんです。☆出張でこれだけ大変なんですから、 単身 [続きを読む]
  • 通勤時間さえもモッタイナイので、一人用の飛行機はどうですか
  • ☆さて、世間は GWに突入していますが、 今日は   ●通勤時間 について。☆ワーママ・イクメンやってると通勤時間って もったいなく感じてくるんですよね。  例えば電車の中で本などを読める時間があるとしても、 ドア・トゥ・ドアで考えると、 「駅から自宅までの徒歩時間」とか 「電車待ち時間」など、     ●ロストしている時間 がどうしても生まれるからです。 そういう時間って非常にもったいなくて、   [続きを読む]