ダイアリー・オブ・カントリーミュージック・ライフ さん プロフィール

  •  
ダイアリー・オブ・カントリーミュージック・ライフさん: ダイアリー・オブ・カントリーミュージック・ライフ
ハンドル名ダイアリー・オブ・カントリーミュージック・ライフ さん
ブログタイトルダイアリー・オブ・カントリーミュージック・ライフ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bigbird307
サイト紹介文現代Country Musicのガイド・サイト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/19 18:04

ダイアリー・オブ・カントリーミュージック・ライフ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Don Williams ドン・ウィリアムス - You're My Best Friend / Harmony / Country Boy
  • 最近、少々こだわってアップをしている、カントリー界のレジェンド、ドン・ウィリアムス。全盛期のオリジナル・アルバム・リイシューのご紹介で、「Volume 1 & Volume 2」に続く第2弾です。リリースはイギリスのBGO Recordsというレーベル。ここに納められている3作は、1975年から1977年の期間の、メジャー・レーベル、ABCからリリースされたもの。ドンがメジャー・ブレイクした直後のこの間、6曲ものカントリー・シングル・チ [続きを読む]
  • Margo Price マーゴ・プライス - Midwest Farmer's Daughter
  • カントリーではほとんど見かけない、アーティスティックでファンシーなジャケット・イメージにまず引き付けられる、マーゴ・プライスの2016年デビュー作です。歌詞を掲載したブックレットもカード形式で、薄紫色に印刷された凝った作り。でも、その音楽の根幹は、クラシックなホンキー・トンク・カントリーであり、マーゴ自身の声も、甘さとキレが同居したパワフルな正統派カントリー・ボイスなのです。アルバム・タイトルは、もち [続きを読む]
  • Don Williams ドン・ウィリアムス - Volume 1 & Volume 2
  • 2つ前の記事で、今年2016年に突如リリースされたDVD「Don Williams In Ireland :The Gentle Giant In Concert」を取り上げさせていただいた、70年代から活躍し続ける重鎮、ドン・ウィリアムス。その記事の最後でも少し触れましたが、彼の全盛期のオリジナル・アルバムが近年リイシューされており、今回はその中でも、歴史的なデビュー作とセカンド・アルバムが2in1された、実に贅沢な盤をご紹介します。こういうのってあ [続きを読む]
  • Alan Jackson アラン・ジャクソン - DVD Keepin' It Country : Live at Red Rocks
  • 少し前に、デビュー25周年記念にまつわるインタビュー記事をご紹介した、現代メインストリーム・カントリー界の皇帝、アラン・ジャクソンが、今年2016年、その25周年記念ツアーでのプレイを収録した、フル・ライブ・DVDをリリースしてくれました。ライブ中のMCによると、25都市を巡ったそのツアーのラスト・ストップ、25箇所目のコロラド州モリソンのレッド・ロック・アンフィーシアターでの演奏です。ビデオクリップを収 [続きを読む]
  • Vince Gill ヴィンス・ギル - Down to My Last Bad Habit
  • カントリー界の押しも押されもせぬ大物であり、素晴らしいギタリストでもあるヴィンス・ギル。メジャーMCAでのデビュー以降、堂々の15作目のオリジナル・アルバムです。だいぶ前に、2006年リリースの4枚組み大作「These Days」(全曲書き下ろし!)をご紹介しましたが、それ以降、ホーム・レコーディングの「Guitar Slinger」、凄腕ウェスタン・スウィング・バンドThe Time Jumpersへの参加、ペダル・スティール・ギターの名手、ポ [続きを読む]
  • Alan Jackson アラン・ジャクソン-"Keepin' It Country"を貫いた25年
  • そのキャリアの全盛期でもリリースが実現しなかった、ライブDVD「Keepin It Country: Live at Red Rocks」をこの2016年にリリースしたばかりの、現代カントリー・ミュージック界の皇帝、アラン・ジャクソン。そのライブ作品もとても楽しみなのですが、ここでは彼のデビュー25周年(!)に当たるアニバーサリー・イヤーにCMAが取材したインタビュー記事を紹介しましょう。ライターはKip Kirby氏。25年もトップクラスの人気を、 [続きを読む]
  • Florida Georgia Line フロリダ・ジョ−ジア・ライン - Anything Goes
  • 2012年のデビュー曲"Cruise"でいきなり、歴代ビルボード・カントリー・シングルチャート1位の獲得週記録を更新してしまった、フロリダ・ジョージア・ライン(FGL)。なんせ、これまで記録を保持していたのは、ウェッブ・ピアーズ、ハンク・スノウ、エディ・アーノルドなどの、60年ほど前のクラシック・レジェンド達。普通なら、時代が違うんだから今の時代ありえないよ、と言いたくなる事をやってのけたのですから凄かった。そんな [続きを読む]
  • Kacey Musgraves ケイシー・マスグレイヴス - Pageant Material
  • メジャー・デビューアルバム、「Same Trailer Different Park」が、2013年のグラミー賞でカントリー・アルバム賞を獲得し、早くもメジャー・カントリー界を代表するアーティストとなったケイシー・マスグレイヴス。昨年2015年のこの2作目も、現代性をしっかり保ちつつも、本物感たっぷりのリアル・カントリー作品で、CMAアワードおよびグラミー賞の両方で、カントリー・アルバム賞にノミネートされました(共に受賞したのは [続きを読む]
  • Eric Church エリック・チャーチ- Mr.misunderstood
  • 以前、2011年の「Chief」をご紹介した事の有る、エリック・チャーチの2015年最新作です。今やCMAアワードでも、男性ボーカル部門だけでなく、エンターテイナー部門にもノミネートされるビッグな存在となった彼。ポップ界にはなかなかいない、”アーシーなテナーボイス”の持ち主が、特に事前のプロモーションもなしに突如2015年にリリースした好盤です。「Chief」にてアカデミー・カントリー・アワードのアルバム賞を [続きを読む]
  • Maddie & Tae マディ & タエ - Start Here
  • 我が国の公のネットメディアでも結構取り上げられていて、テイラー・スウィフトに続く女性アーティストとして上々の評価を得ているマディ & タエの、2015年デビュー作。ジャケで言うと、左がメイン・ボーカルのマディー Maddie Marlow、右がサウスポーのタエ Taylor Dyeです。10代の頃に同じボーカルの先生に付いてた友達とのことですが、ビデオを見ててもなかなか魅力的なマッチングの2人で、健全なセクシーさを持ち合わせてい [続きを読む]
  • Cam カム - Untamed
  • 一見、とてもカントリーとは思えないお洒落っぽい雰囲気のCDジャケット。裏面では背中を露出する大胆なショットも。ただよく見ると、チョッと垢抜けない感じもしたりで。2016年のグラミー賞で、堂々カントリーパフォーマンス部門でノミネートされた、カントリー・アーティスト、カムの、なかなか斬新なデビューアルバムです。生まれも育ちもカリフォルニア州、ラファイエットと言う小さな町で、カントリー・レジェント、パッ [続きを読む]
  • Chris Stapleton クリス・ステイプルトン - Traveller
  • お久しぶりです。だいたい2年半ぶり・・・チョとまたアップしていこうかな・・・と思いたちまして。。以前よりもう少し軽〜く、気楽なスタイルで。よろしくお願いいたします。このクリス・ステイプルトン、昨年2015年のCMAアワードで、突然3部門(男性ボーカル、アルバム、そして新人部門)で堂々の受賞。ココで一般のファンにも広く知られ、チャートや売り上げが伸びていったという、稀有なプロセスで成功しました。続く [続きを読む]
  • 過去の記事 …