ろも さん プロフィール

  •  
ろもさん: まさかの卵巣嚢腫闘病記録2016
ハンドル名ろも さん
ブログタイトルまさかの卵巣嚢腫闘病記録2016
ブログURLhttp://goodbye-cyst.net/
サイト紹介文新婚旅行で体調を崩し空港から病院直行したらまさかの入院。その上まさかの卵巣嚢腫が発覚したアラサの記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 254日(平均2.2回/週) - 参加 2016/03/19 20:14

ろも さんのブログ記事

  • 卵巣嚢腫(開腹手術)で入院、あると便利な持ち物リスト
  • 卵巣嚢腫の開腹手術を終え無事に退院をした。入院時の持ち物については基本的に病院から渡される「持ち物リスト」通りに揃えれば問題は無い。しかし、病院から指定された持ち物以外にこれは持って行って良かった!これがあればよかった…というものが何点かあったので紹介したいと思う。これから入院をされる方はご参考いただければ幸いだ。まずは”これは持って行って良かった!”物からネピア ウェットントン 除菌ウェットティ [続きを読む]
  • 卵巣嚢腫(開腹手術)で入院、おすすめの腹帯はコレ
  • 卵巣嚢腫の記録と並行して書いていきたいと思っているのが情報提供である。というのも私自身、手術はおろか入院すら初めての経験で色々と不安を感じたからだ…。入院前の1か月は色々な方の闘病記録にお世話になった。なにかとナーバスになりがちな闘病生活を、ほんの少しでも快適に・安心して入院や手術が受けられるよう手伝いができたら、と考えている次第だ。 というわけで、第一弾はこちら。おすすめ入院グッズ、腹帯編!& [続きを読む]
  • 以前に書いた記事を更新しました
  • 以前にやっつけ仕事で書いた記事を更新した。書いていた当時は「毎日更新しなきゃ」という自分ルールに追われ、雑な内容になっていたが、少しは読みやすくなったと思う。これから入院される方の参考に少しでもなれば幸いだ。卵巣嚢腫(開腹手術)で入院、あると便利な持ち物リスト卵巣嚢腫の開腹手術を終え無事に退院をした。入院時の持ち物については基本的に病院から渡される「持ち物リスト」通りに揃えれば問題は無い。しかし、病 [続きを読む]
  • 大腸内視鏡検査を受けてきた話(後編)
  • 9時過ぎに病院に到着した。診察は9時からとなっているのに、既に10人以上の患者が待合室にいた。消化器系専門の小さな病院にも関わらず、こんなに混んでいるものなのかと驚いた。 この病院では2通りの検査方法がある。1つは家で下剤を服用してから来院して検査する方法。もう1つは下剤の服用から検査まで全て病院でする方法だ。私は前者を選択したのだが、後者を選ぶ人の方が多いらしく、5人くらいの人が専門の待合室で下剤を [続きを読む]
  • 大腸内視鏡検査を受けてきた話(前編)
  • 先週は1度もブログを更新せず、毎日見に来てくださっている方々には申し訳ありませんでした。 実は世界一周したときの旅行記をとあるサイトに(今更)寄稿している。アマチュアながらもきちんと契約をしてくれ、対価が払われるシステムなので数か月前からコンスタントに続けていた。サクサクと書ければ問題無いのだが、1本あたりの下限文字数が多く、作文が苦手な私には気分が乗らないと中々書き上げることができなかった。と [続きを読む]
  • 大腸内視鏡検査の事前診察
  • 昨年末に大腸憩室炎を発症した。その時の様子をまとめた記事がこちら。大腸憩室炎の話若い場合はほとんど可能性は無いそうだが、「憩室炎ができた場所に癌がある」ことがまれにあるそうなので、念の為大腸の内視鏡検査を受けることにしている。今日は検査前の事前診察に行ってきた。 内視鏡検査を受けると決めるまでに時間がかかった。というのも、検査前に飲む下剤が大嫌いなのだ…。卵巣嚢腫の手術をする前日にも下剤を飲ん [続きを読む]
  • 卵巣嚢腫で受けたMRI検査について
  • 検索で「卵巣嚢腫 MRI」というキーワードでこのブログに来てくれる方が多い。それなのに過去の記事では検査の詳細について一切書いていなかった…。(タイトルに「MRI検査」と入っているのに、検査内容については気持ちよい程すっぱり書き飛ばされている記事はこちら↓笑)卵巣嚢腫発覚の経緯その4(MRI検査と診察)そいうわけで、今日はMRI検査当日のことを思い出しながら書いてみたい。 私は「卵巣嚢腫」と診断さ [続きを読む]
  • 卵巣嚢腫の開腹手術を経て変化したこと
  • ふと卵巣嚢腫の手術を行う前後で何か変わったか考えてみた。家では常温のミネラルウォーターを飲むようになった退院以来、冷たい水を飲むのを控えている。というのも、卵巣嚢腫の原因は突き止められていないようだが、一部では冷えやストレスが原因であるとも言われているからだ。 振り返ってみると私はかなりの冷え性だと思う。夏場、どんなに暑くても足先は冷えている程だ。それなのに冷たい飲み物が大好きで、季節に関係無 [続きを読む]
  • (そういえば)twitterやってます
  • ブログの更新をtwitterでお知らせしています。他にもどうしようもないことを呟いています、笑ブログの更新が無い日もtwitterは更新することが多いので、よろしければフォローして下さい。あ〜〜タイ行きたい!どうせ暑いならタイで暑くなりたい!タンクトップにタイパンツ履いてビール片手にその辺ウロウロしたい〜〜— ろも (@s_hihoooo) May 23, 2016北海道や沖縄行くより断然安いよタイ…1人で行くのもいいけどたまには夫 [続きを読む]
  • 退院後の様子(2か月目)
  • 退院直後〜8週目までの記録はこちら退院後の様子(1週目)2016年3月23日〜30日 実家→自宅→実家退院後の様子のまとめ。3月23日(退院1日目)退院したものの、”横になる・起き上がる”や”くし......goodbye-cyst.net2016-04-04 13:36退院後の様子(2週目)2016年3月31日〜4月5日 実家→自宅退院して2週目の様子のまとめ。3月31日(退院9日目)前日のような酷い腹痛はおさまったものの、出血は続いていた......goodbye-cyst.net [続きを読む]
  • 大腸憩室炎の話
  • 私の卵巣嚢腫が発覚したのはエクアドルで発熱と腹痛を発症したからだ。しかし、結局のところ卵巣嚢腫と発熱・腹痛は全く関係無かった。大腸の憩室炎を発症し、それに伴う検査を行った際にたまたま卵巣嚢腫が見つかったからだ。大腸の憩室炎についてこれまでほとんど触れてこなかったので、今日はその話をしたい。大腸の憩室炎とは詳しくはこちらをご参照いただきたい。簡単に言うと、大腸には憩室と呼ばれる突起部分がある。(10人 [続きを読む]
  • 記事を加筆・修正しました
  • 公開以来、なかなかのアクセス数があるかんぽの記事。卵巣嚢腫に係る保険金請求について(かんぽ生命版)以前、卵巣嚢腫の入院・手術にてかかった費用を公開した。エクアドルでの診療など卵巣嚢腫発覚前の入院からのトータルで見ると、合計で約33万円かかっていた。今回は保険金請求で......goodbye-cyst.net2016-05-09 14:18検索でも「卵巣嚢腫 かんぽ 保険金」などのワードが数多く見られ、かんぽってユーザーが多いんだなぁと驚 [続きを読む]
  • 富山の「行って良かった!」観光スポットまとめ
  • 富山ガラス美術館http://toyama-glass-art-museum.jp/昨年(平成27年)にオープンしたばかりの富山ガラス美術館。新しすぎて旅行ガイド等にはまだ載っていないことが多い。しかし行ってみると、富山の新名所になること間違いないのではないと思わされる素晴らしい美術館だ。建物は隈研吾さんのデザイン。中に入ると「うわぁぁ」と思わず感嘆の声が漏れる。新国立競技場のデザイン案を決める時には色々と批判も聞かれたが、この美術 [続きを読む]
  • 退院後の様子(7、8週目)
  • 2016年5月3日〜13日 4月27日に熱を出して以来、10日間程熱が上がったり下がったりする状態が続いた。(実は富山旅行も発熱しながら出かけたのだ…笑) 高い時は39度出る日もあった。不思議なことに喉の痛みや頭痛、鼻水等は一切無く、ひたすら熱だけが出る状態だった。熱が続けば病院の受診も考えたのだが、いかんせん日々体温が大きく変化するので受診をためらっていた。(平熱の時に病院に行ってもなぁ…という感じ) [続きを読む]
  • 日本のベニス・新湊内川が思いがけず素敵だった話
  • 今回の富山旅行では割と時間に余裕があった。なので当初は行く予定が無かったところにも寄り道することができた。寄り道したところの中でも、全くノーマークだったにも関わらず”ここに来てよかった!”と思えるスポットがあったので紹介したい。 それは新湊にある「内川」と呼ばれる川沿いのスポットだ。ガイドブックには写真1枚だけでこっそりと紹介されているような存在感の薄いところだ…。 なぜ目についたかという [続きを読む]
  • ホタルイカの身投げを見てきた話@氷見〜新湊
  • ホタルイカの身投げとは富山に旅行した一番の目的はホタルイカの身投げを見ることだった。ネーミングからは不穏なイメージが思い浮かぶが、実際はこういことだ。参考リンクhttp://himi-aoyagi.com/hotaruika_minage.html青く光る性質を持つホタルイカ。海岸付近で産卵をしたメスが力尽き、流され、砂浜に打ち上げられる。→夜の海岸線がホタルイカの青い光で彩られる。というのがホタルイカの身投げと言われている。もう少しポジテ [続きを読む]
  • ホタルイカの身投げを見てきた話@氷見〜新湊
  • ホタルイカの身投げとは富山に旅行した一番の目的はホタルイカの身投げを見ることだった。ネーミングからは不穏なイメージが思い浮かぶが、実際はこういことだ。参考リンクhttp://himi-aoyagi.com/hotaruika_minage.html青く光る性質を持つホタルイカ。海岸付近で産卵をしたメスが力尽き、流され、砂浜に打ち上げられる。→夜の海岸線がホタルイカの青い光で彩られる。というのがホタルイカの身投げと言われている。もう少しポジテ [続きを読む]
  • 卵巣嚢腫に係る保険金請求について(かんぽ生命版)
  • 以前、卵巣嚢腫の入院・手術にてかかった費用を公開した。卵巣嚢腫の入院・手術費用大公開私自身の概要については以下の通り。保険料負担3割高額療養費制度利用(区分ウ)国立病院での診療かかった費用は以下の通りだ。【入院前】卵巣嚢腫と診断され......goodbye-cyst.net2016-04-07 14:16エクアドルでの診療など卵巣嚢腫発覚前の入院からのトータルで見ると、合計で約33万円かかっていた。今回は保険金請求でその大部分が返って [続きを読む]
  • 退院後の様子(5、6週目)
  • 2016年4月20日〜5月2日 気になっていた数日おきのチクチクした痛みも今週はほとんど感じなかった。体力にも自信がついてきたので一人で出かけることが多くなった。 4月27日いつも通り朝目が覚めるとものすごく汗をかいていることに驚いた。ダルさもあったので一瞬で「だいぶ熱がある…」とわかった。測ってみると37度7分ほどだった。 日中も大人しく布団の中で過ごしたが、熱は上がる一方だった。一番高いときで38 [続きを読む]
  • まさかの高熱
  • いつも「まさかの卵巣嚢腫闘病記録2016」にご訪問いただき、ありがとうございます。現在発熱により記事の更新ができない状態です。手術をしてからというもの、熱が出ることが多くなったような気がします…。昨日コメントを下さったかた、どうもありがとうございます。回復し次第コメントの掲載や記事の更新など通常営業に戻ります。またのお越しをお待ちしております。 [続きを読む]