Worih さん プロフィール

  •  
Worihさん: なんちゃってアコギ リペアーマンの写真 ブログかな?
ハンドル名Worih さん
ブログタイトルなんちゃってアコギ リペアーマンの写真 ブログかな?
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/priusxp2002
サイト紹介文素人の見よう見まねのアコギのリペアーや演奏のプログ。日本のビンテージアコギもあり。
自由文アコギ意外にも、過去のヨーロッパの各所の滞在記事を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 328日(平均1.3回/週) - 参加 2016/03/19 20:57

Worih さんのブログ記事

  • Dream368を試してみた onハミングバードもどき
  • YAMAHA FG600S  通称 ハミングバードもどきをステージデビューのためにピックアップ Dream368を装着しました。・・・・前回 では、さそくDream368を試してみました。 いつものカラオケやさんで。で、結論先に言います。 現仕様(りゃん面テープ重ねあわせ仕様)は ”失敗” でした。6弦のなりがおかしい。 原因、ピエゾがまったく拾えていません。(以前は拾えたのだが)たぶん、バックに設置したのが主要因でしょう。ま [続きを読む]
  • ハミングバードもどきに Dream368
  • どうにか弾けるように仕上がった、FGG600S 通称 ハミングバードもどきライブに出るためには、ピックアップが必要である。なので、手持ちのピックアップ Dream368を装着することにします。Dream368: 解説・コンデンサとピエゾ(アンダーサドル)のMixができるピックアップ・3016ボタン電池X3で駆動 とちょっとめずらしい。・3バンドイコライザーつき・お値段は、Amazoneで約1800円と産地直送ですが、怪しい価格・ [続きを読む]
  • YAMAHA ハミングバードもどき FG600S 奏でてみた
  • YAMAHA ハミングバードもどき FG600S 奏でてみた。Topは、合板です。通常はこのクラスになると単板だとおもいますが、むちゃくちゃ分厚い合板です。たぶん、緑ラベルでもあり、ギブソンもどきなので、ヘビーゲージでもOK! 仕様なのだとおもいます。なので、表の板では鳴らしていなく、裏のマホガニーで鳴らしているのだと思います。なので、弾いているとお腹にズイズシときます。定かではないですが、振動の伝わり方から [続きを読む]
  • YAMAHA FG600S ピックガードの手直し
  • FG600S ハミングバードもどきのリペアー、ポジションマークの補修に引き続きピックガードです。 厚手の立派なピックガードですが、剥がれかかっています。一度はがれて、接着剤で貼り付けたものが、再度はがれかかっているのでやっかいです。スクレーパーで剥がしていきましたが、ほとんど外れている状態だったようで容易にはがれてしまいました。トップ板の表面とピックガードの裏面についている接着剤を、スクレーパーで剥がし [続きを読む]
  • YAMAHA FG600S(緑) ポジションマークはどこへ?
  • YAMAHAの緑ラベルのFGが迷い込んできました。1970年代半ばのころだと思いますが、YAMAHAもGibsonのコピーのようなモデル作ってたんですね。YAMAHA FG600Sという、Gibsonのハミングバードのようなモデルです。ところが、指板のポジションマークのいくつかが、ありません。 これでは、演奏にも支障が出ます。こんな、セルロイドのパール模様のポジションマークがはいってます。どうしたものか、そのままパテで埋めるか? ピックガ [続きを読む]
  • YAMAHA FG230赤レベル(1969)復活 いい音してる
  • 数ヶ月前にオークションで落札した、YAMAHAFG230赤ラベルの12弦手がつけられずに、ずーーーーーーと、ハンガーで吊り下げられていましたが、ブログで紹介しているように、この休みに手を入れて復活をしてみました。入手時の状態・赤ラベルですが、音叉ではなく、”YAMAHA”ロゴです。 もっているFG180と同じ時期の赤ラベルです。・タバコのヤニで燻製状態、半端じゃないヤニコーティング。・12フレットの弦高が高ーーーーい。 一 [続きを読む]
  • 格安 エンドピンジャックを試してみた。
  • LA Baggsのピックアップを2つ持っています。本体にピンプラグで接続できるようになっており、複数のアコギを持っているとピックアップの固定ができないので、なかなか重宝しています。でも、コードをブラブラぶら下げるのは、非常にうっとおしく、危険でもあるのでエンドピンジャッゥを使って接続したい。 純正のエンドピンジャックもヤフオクなどにはありますが、高いんです。2500-3500円ぐらいします。自作すればいいんです [続きを読む]
  • やにおとしは これ! でも大変
  • オークションでアコギを手に入れると、たまに、タバコのやにでコーティングされたものが届きます。これが、ちょっと拭いただけでは、綺麗になりません。 大変です。いろいろ試していますが、今回はコレ ↓”電解水クリーナー” + ”メラニンスポンジ”メラニンスポンジ軽くゴシゴシこすうってやると、こんな感じに、乾くと白くなりますので、乾ききる前に、布でぬぐってやります。ただし、塗装の光沢がなくなることを覚悟でや [続きを読む]
  • Guildのブレーシング 細い
  • Guild D55のピックアップを付け替えてやってる最中に、ブレーシングに目がい行った。ブレーシング 細せーー。Guild のあの鳴りは、この細細ブレーシングのなせる業なのか? また、来年も、 ぼちぼち つづく。 [続きを読む]
  • どうだ このストラップ止め SPEC公開
  • 最近、アコギを立って弾くことが多く、ストラップを良く使います。皮のストラップを使用してますが、基本はネックヒール部にストラップピンをつけています。こうして使っていると気になるのが、ストラップのピンからの外れです。下手をすると、アコギがおっこちて、ネックを折ることになります。この外れを防止するために、ラバーのストラップ止めが売られています。これが、丸いラバーに穴が開いているやつで、400円ぐらいします [続きを読む]
  • 不思議だ  勝手にハモリ?
  • Zoom Q3での、生撮りで、まったくエフェクトをかけていません。アコギは、FG180(赤)で激鳴君です。さらにエリクサー(キラキラ)の弦をつけて、最強Specにしてます。で聴いていると、不思議なことが1点あります。カウントの3:48 以降の最後のフレーズのところです。なんか・・・・・・・・・・、ハモりが入ってないですかね? エリクサーのキラキラ効果で、こんな感じにきこえるのでしょうか?原本のファイルを聞いても同じでした [続きを読む]
  • 便利なピックケース
  • 以前から思っていたのですが、アコギを弾いているときに、手元にピックケースを置いときたいなとおもってました。市販のピックケースをアコギに貼り付けるヤツは、日焼けしたりするので、遠慮してたのですが、こんなん、作ってみました。材料: ①ダンロップ  ピックケース (調達先:サウンドハウス)     ②ヘアーピン (調達先: ダイソー)ウラ ↓そうです、ピックケースにヘアーピンを貼り付けただけです。使用例 [続きを読む]
  • YAMAHA_CJ12_with_Dream386 パブリックデビュー!
  • 前回までのあらすじ*******************************************************************AMAZONから探し当てた、画期的なピックアップシステム ”Dream  368”YAMAHA CJ12 飛鳥モデルに、インストールしてみました。こんな感じになりました。Dram 368: サドル下のピエゾと本体からアームが出ているマイクで音の収録をするシステムで、サウンドホールに取り付け手ある本体は電池boxとイコライザー&ボチューム機能が付い [続きを読む]
  • 結構重要な譜面台
  • 最近、ありがたいことに、ライブノステージで、ちょっとばかしで歌わさせていただく機会をいただくことがあり、がんばっております。・・で、今日は、譜面台の話。 家で弾くときは、あんまり考えたことはなかったのですがネ。ステージで使っていると、重要な備品であることがわかります。・・いつも使っていた譜面台がこれ。 たしか、キョーリツのだった気がします。一番安価で、たぶん世の中に一番普及しているのではと推察しま [続きを読む]
  • Ibanez ブリッジ接着編 くっつくかな?
  • 前回までは、ブリッジ接着までの下準備をアップしました。タイトボンドを塗って、貼り付けます。クランプで、止めて、しっかり放置! はみ出た接着剤はふき取り。このクランプ、普通のホームセンターで見つけて買ったやつですが、よく考えると、アームの長さピッタシですな。2-3日置いて、しっかり乾燥させます。うまく、接着できたのですが、写真撮るの忘れました。では、修理後の試奏 つづく [続きを読む]
  • Ibanez ブリッジの貼り直し 下準備編
  • 友人から預かった、IbanezサンバーストのFolk型で、なかなか渋いです。しかーし、  ブリッジが、はがれかかっています。拡大図  はがれてるでしょ。まずは、ブリッジを剥がす作業をしますが、その前にマスキングをします。スクレーパーをブリッジの隙間に入れて、イゴイゴしていくと、接着剤がはがれて、ブリッジははがれます。ラッカー塗装の上から接着しているので、簡単にはがれてしまいます。手工の高級ギターでは、ブリッ [続きを読む]
  • てきとうな? スピーカースタンド
  • 屋外にも持っていけるようにと、乾電池式駆動で、サウンドハウスの Playtechブランドのアンプを以前買ってました。これは、けっこう優れもので、充電池もつかえて、本体内で充電できます。inputも2系統でマイクも別系統、コーラス、リバーブもついていて7000円ぐらいでしたでしょうか。でも、とにかくこのアンプ、足元にあると邪魔でしょうがない。音鳴らすときも、床においておくと聞こえにくいのでこのアンプを置くスタン [続きを読む]
  • お手軽 ギタースタンド ”見ため度外視君”
  • 今まで部屋においていた電子ドラム、叩くと周りから苦情が来るので置物になってましたが、またいつか陽の目にあうことを祈りつつ、倉庫に引っ込んでもらった。そのスペースに、これを置いた。  お手軽 ギタースタンド ”見た目度外見君”どこにでもあるハンガースタンドですが、ダイソーでGetした、これと配水管などのにまく、凍結防止スポンジパイプを、こんな感じで、加工して (バンドを通すだけ)で、ハンガーのパイプ [続きを読む]
  • Chaki W50 Repair Vol.2 ナット
  • Chaki W50 repeir Vol.2は、ナットの再生です。弾いてやると、どうも6弦がビビリます。 ネックは元起きで、トラスロッドをできれるだけ閉めこみたいですが、ビビリがでるので限界があります。なので、ナットの部分を少しだけ嵩上げしてやります。 しかし、ナット全部をやりかえるのは大変なので、パテを使って再整形してやります。パテを盛ってやります。 パテは、いつものダイソーで買ったやつです。しっかり接着して、強度( [続きを読む]
  • Chaki W50 Repair Vol.1
  • Chaki(茶木)は、京都に在る工房がつくったアコギで、通常はコントラバスなどを茶木では製作していました。 数も少なく、なかなかいい状態のものがないのですが、Chaki W50が一本我が家に転がり込んできました。普通、ヘッドの付き板の部分で割れているものが多いのですが、当該品はOK!.しかーし、やっぱり、傷はありました。たぶん、ネックの頭から落下したのではないかとおもいますが、ネックが後方へ食い込む感じになっており [続きを読む]
  • Guild D55 軽量化 大作戦? 第2弾 
  • Guild D55 軽量化 大作戦? Vol.2 の前に、第一弾はコチラ。第2弾では、まえから取り外したいと思っていた、D55の本体に内蔵しているプリアンプをとっぱらいます。乾電池2本を本体に抱えた、重いやつです。さらに取付金具なども、重厚感のある重いやつです。アンダーサドルのピエゾ式ですこの蓋を空けて、乾電池2本をいれるようになってます。 見るからの重たそうです。本体から取り外してみた。で、一番問題になるのがコレ  [続きを読む]
  • Guild D55  軽量化 大作戦1
  • これ、わたいがもってます、Guild D55です。とにかく、重たいのです。Mediumか、Heavyゲージでガンガンしないと、いけないのだろうけど。 とにかく重たく、立って弾くと肩こります。というわけで、前々から、軽量化大作戦をしたく、この度、準備整い実行に移す!作戦1、このGroverのペグをどうにかくべし。 特に、このつまみがね、重いのです。以前も、ペグ交換で、音がどう変わるか試したことがありますが、ヘッドを軽くする [続きを読む]
  • あこがれの Tomson TG250 DOVEレプリカ
  • あこがれあのTomson、サドルがないジャンク状態で入手しました。本体は、傷がほとんどなく、綺麗な状態です。 どうにかサドルをつけて復活させたいです。TomsonはOEMで、さまざまな製造会社が生産していましたが、このDoveは、あの老舗であるKiso SUZUKI製です。Gibson用のアジャスタブルサドル(TASQ)を買ってきて、これを加工してブリッジを取り付けてやります。 たぶん、もともとは、チューンマチックが付いていたので [続きを読む]