まどろみ さん プロフィール

  •  
まどろみさん: 私にとってのふつう
ハンドル名まどろみ さん
ブログタイトル私にとってのふつう
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/watashinosakuhin/
サイト紹介文大学院生による作詞作曲と四コマ漫画。
自由文小学生時代から作詞作曲をふふふーんと続けていたブログ著者が25歳の夏に急にインスピレーションがびびびーんと降りてくるようになってから一年半ほどで40〜50曲ほど作った曲といまもらららーんと作っている曲を載せるブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/03/20 03:01

まどろみ さんのブログ記事

  • 2. やさしい人でした
  • 7th album「忘れていいよ」 収録曲2. やさしい人でした 小石が転がり続ける坂道をあるべき道をやめて上(のぼ)ってきたやさしい人でしたインターフォンをつまんで捨てたあなたはあなたを諦めて私をひしゃげた秋はあなたはただのやさしい人でした30年後の私たちはもうお互... [続きを読む]
  • アルバムまとめ
  • アルバムの枚数も増えてきたので、一気に参照できるように1つのページにまとめることにしました。1st album 「私たちは違う生き物になってしまった」1, Bar de Minako2, さよならご乱心3, あなたと私の部屋だった4, 私たちは違う生き物になってしまった5, 結婚式はしない... [続きを読む]
  • 7. さよならの景色
  • 5th album「いつまでも同じではいられない」7. さよならの景色 一緒にいたいなと相等しい思いだとほしいままに誤信する難点はもう直そういつまでも同じ回転木馬で生きては行けないから肩をぶつけて歩いた径(こみち)は今年で3度目のさよならの景色君も口をつむいだままに遠... [続きを読む]
  • 8. あなたがいれば
  • 5th album「いつまでも同じではいられない」8. あなたがいれば あなたがいたら あなたがいたら迷妄の中 踊っているわ魚になって 車に乗って体を待って 飛び出すわ身を焦がした私をあなたがあなたがいれば私は頷く朝が来たなら 枝を手折るの溜まりゆくほど 愛しくなる... [続きを読む]
  • 5. きみの右手
  • 5th album「いつまでも同じではいられない」5. きみの右手 蜻蛉(かげろう)がはためく裏道を伝ってようよう深まる闇の予感はざわめいたよ見えかけた夜風の向こう溢れた香り留めようと君の右手延べた左手違う極ではもう何も聴こえない山茶花がまばゆく蜻蛉をかきけすようよ... [続きを読む]
  • 9. 君の生活は君のものだから
  • 5th album「いつまでも同じではいられない」9. 君の生活は君のものだから 鶏冠(とさか)が取れたブロイラー俄かにそんな気分に夜がなよっぴて心を通わせたつもりだったけど夜半(やはん)のコンビニにてテンション高めに食を漁る信号でもう別れて仕舞えばよかったけど君の... [続きを読む]
  • 6. 結婚式のあとで
  • 5th album「いつまでも同じではいられない」6. 結婚式のあとで 結婚式が終わった後に気づいてしまった好きだけど愛していない彼の横顔が蜃気楼の向こう!同じ部屋で寝食を共にするようになって2週間が過ぎたけれど些細なにおいも気になっちゃって足指に挟まった短い白髪を見... [続きを読む]
  • 3. あした
  • 5th album「いつまでも同じではいられない」3. あした 遠い昔日の思い出はいつも振り向いたら正面に君がいるみたいで恋をしてきたと思い込んでいたのはAとZほどの違いAは一つだけだったのにさっぱりとした性格だけど忘れられないことと相矛盾はしないさ未だに開けないアルバ... [続きを読む]
  • 4. 遠い街で
  • 6th album 僕たちの未来はなんちゃって 収録曲4. 遠い街で 水玉模様のシャツをいつも着ていたどうして覚えているのだろう躓く前に君の背中に触れて心は弾む前に直観して今はいくら手の数を増やしても電波以上の鼓動で繋ぐから待っていて遠い街で空の性質(いろ)も違うけど... [続きを読む]
  • I 誰か...(piano cover)
  • 小松未歩 23rd single「I 誰か...」 「私っていったいなんなんだろう」若年世代の中では「中二病」と呼ばれているような考え方だけれども、私はそれをバカにしてはいけないと思う。若かろうが、妙齢であろうが、年寄りであろうが、日々目まぐるしい変化が訪れる昨今である。... [続きを読む]
  • Love gone(piano cover)
  • 小松未歩 12th single「Love gone」 2001年1月に発売されたこの楽曲。4th albumの紹介文ですでに感想をレビューしているので、楽曲に関してはこちらをご覧ください。ピアノに関しては、本来ピアノベースっぽい曲ではないことから、実は何度弾いても納得いかない曲です。こ... [続きを読む]
  • 6. 暗示
  • 6th album 僕たちの未来はなんちゃって 収録曲6. 暗示 時々脇に挟みすぎて気付かない体温計の音折から鳴り渡ったドアフォンはくしゃみで相殺したよ君もそんな風に安定するために操って脚のついた絨毯の上で多分それは暗示きっとそれも暗示デリュードされたみたいゴミ箱の中... [続きを読む]
  • 大空へ(piano cover)
  • 「小松未歩6th〜花野〜」収録曲「大空へ」 「突然」や「DAN DAN 心魅かれてく」で有名なFIELD OF VIEWのアルバム曲である本曲。曲のクオリティの高さや、MVがあるということから、シングル曲として発売されていたかと思っていたが、実際はシングル曲として発売される予定だっ... [続きを読む]
  • dance(piano cover)
  • 小松未歩 16th single 「dance」 2002年に発売された小松未歩16th single。CDジャケットというのはプラスチックが主流でしたが、このシングルは紙を用いていたのが非常に印象的でした。萌黄色を主としたジャケットのデザインも好きでした。ただ、以前から度々書いているよう... [続きを読む]
  • 哀しい恋(piano cover)
  • 小松未歩 10th single「あなたがいるから」 c/w、4th album「小松未歩4th 〜a thousand of feelings〜」収録曲「哀しい恋」 小松未歩4th 〜a thousand of feelings〜に関する記事でも紹介した一曲。17年ほども前の曲になるのに、未だに色褪せずに耳を楽しませてくれる音楽で... [続きを読む]
  • 10. 忘れていいよ
  • 8th album「忘れていいよ」収録曲10. 「忘れていいよ」静かに2人で下ろした緋色の天幕の裏で最後の口づけを交わし上手と下手へわかれた君と僕は違う言葉の中で生きているからもう「忘れていいよ」スポットライトが消えた舞台の上は過去も未来も見えない小さなフロアに虚し... [続きを読む]
  • ふたりの願い(piano cover)
  • 小松未歩 18th single「ふたりの願い」 2003年春に発売された小松未歩18枚目のシングル。前作「mysterious love」とは打ってかわって、愛する人への思いを率直に表現した内容になっています。単調なリズムの中に、穏やかさと愛する強い気持ちがないまぜになって表現されてい... [続きを読む]
  • 翼はなくても(piano cover)
  • 小松未歩 20th single「翼はなくても」 2003年秋に発売された、小松未歩20枚目のシングルになります。5th album「小松未歩5th 〜花野〜」以降明確になってきた彼女の自分自身の1990年代の作品を意識した流れの骨頂とも言えるシングルになっています。要するに、彼女はソング... [続きを読む]
  • 5. インタンジブルな戦い
  • 3th album 「インタンジブルナタタカイ」 収録曲5. インタンジブルな戦い 飲み過ぎたあのカレーも喉元過ぎればさらばばば壊した体温計がずっと5時を指したまま表しきれずに錯乱しているように見えたのなら多分君の負けだよイエスかノーかはハッキリしないお金には実は触れ... [続きを読む]
  • 7. あの人の何が好きだったんだろう
  • 3th album 「インタンジブルナタタカイ」 収録曲7. あの人の何が好きだったんだろう 引っ越したばかりの 日当たりの悪い部屋1人で生きてゆくには十二分ね逃げるようにあなたの部屋を出たけど好きになったのは私の方だったのに何があったというわけじゃない突然あなたが何... [続きを読む]
  • 未来(piano cover)
  • 小松未歩 2nd〜未来〜 収録曲「未来」 小松未歩最大のヒットアルバムだけあって、表題曲である「未来」からは、小松の他のどの曲にもないスケール感が感じられます。アレンジの問題もあるけれども、本来ピアノ本位の曲ではない感じがするけれど、限りなく原曲に近い感じを... [続きを読む]
  • 青い空に出逢えた(piano cover)
  • 小松未歩 1st album「謎」収録曲「青い空に出逢えた」(piano cover) 10代以前及び10代に受けた芸術的感覚というのはバカにできないもので、自分がこの曲をはじめて聴いたのは10歳前後の頃だったと思いますが、今聴いても何か心に迫るものを感じます。悪く言えば思い出フィ... [続きを読む]